生理前の便秘について知っておきたいこと

なんだか最近便秘が続いている、もしかしたらそろそろ生理がくるのかも?そう思う女性はたくさんいらっしゃいます。生理前になると多くの女性が便秘に悩みますが、なぜ毎月のように便秘は繰り返されてしまうのでしょうか。

人によっては何日も便通が起きないこともあるため、お腹が張って苦しくなったり、腹痛を引き起こしたり、痔に悩まされたりすることがあります。なかなか人には相談しづらい悩みなので、人知れず悩んでいる方も多いことでしょう。そこで、生理前や生理中の便秘に関する情報を原因から対策方法まで幅広くご紹介していきたいと思います。

PR

生理前に便秘が起きる原因は?

生理前に便秘が起きる原因

生理前になると毎月のように便秘になってしまうのは、何が原因なのでしょうか。

女性ホルモンの影響で便秘に

便秘を引き起こす原因にはさまざまなことがありますが、まず取り上げたいのが女性ホルモンの影響です。女性ホルモンには大きく分けて2種類あり、それぞれ役割が異なります。

卵胞ホルモン、黄体ホルモンが交互に活発に分泌されることで、生理が繰り返され、妊娠することができるのです。では、このふたつの女性ホルモンについて、それぞれの働きを詳しく見ていきましょう。

卵胞ホルモンとは?

卵胞ホルモンとは?

肺胞ホルモンは、卵子が排卵されるための準備を行う女性ホルモンで、エストロゲンと表示されることもあります。生理が終わると卵胞ホルモンの分泌が活発になり、卵子を育て無事に排卵されるまでをサポートをします。

卵胞ホルモンは、卵子を育てるためのエネルギーをどんどん使うため、新陳代謝が加速し、ダイエットする時期としても最適だと言われています。また、身体も快調になり気持ちも上向きになるため、新しい化粧品を試したりするのも良いでしょう。

黄体ホルモンとは?

黄体ホルモン(プロゲステロン)

黄体ホルモンは、精子と受精した卵子が子宮の中で育つための準備を行う女性ホルモンで、プロゲステロンと表示されることもあります。

卵子が排卵された後に黄体ホルモンの分泌が活発になり、受精卵が着床しやすい環境を準備し、着床した受精卵を育てるサポートをします。

黄体ホルモンは、受精卵が着床しやすいように豊富な栄養をどんどん蓄えるため、新陳代謝が減少し、身体がむくみやすくなったり体重が増えやすくなったりします。また、生理前になると身体の不調があちこちに出てきて気持ちも下向きになるため、ひとりでゆっくりと過ごすのがオススメです。

生理前に分泌される黄体ホルモン

生理前に分泌される黄体ホルモン

生理前になると便秘になってしまうのは、排卵後に分泌される黄体ホルモンの影響を受けているからです。黄体ホルモンは、排卵後から生理が始まるまでの期間分泌される女性ホルモンですが、これがなぜ便秘を引き起こしてしまうのでしょうか。

黄体ホルモンは、受精卵を着床させ育てるために働いていますから、受精卵を守るために安定した環境をキープしようとします。子宮周辺の筋肉が強く収縮してしまうと、せっかく着床した受精卵が流れてしまう可能性があるため、筋肉の動きを弱めようとするのです。

子宮周辺の筋肉の働きを弱めると、周囲の筋肉や臓器も影響を受け動きが鈍くなってしまいます。腸は子宮のすぐそばにあるため、黄体ホルモンの影響を如実に受けてしまうのです。そのため、黄体ホルモンが分泌されやすい生理前は、便秘になりやすい状態になってしまいます。

生理前に便秘と下痢を繰り返すケース

便秘と下痢を繰り返すケース

生理前になると、便秘になりやすい女性が多いですが、生理の直前や生理が始まると途端に下痢に切り替わることもあります。

これは、生理が始まったタイミングで黄体ホルモンの分泌が減り、代わりに卵胞ホルモンの働きが活発になるからです。

今まで黄体ホルモンにより制御されていた子宮周辺の筋肉が再び活発に動けるようになるため、急に腸が動き始めて下痢を引き起こしてしまうのです。

また、次の排卵に向けて身体をリセットしようとする働きが強まるため、腸にたまった便も一掃しようとするとも言われています。

生理前に下痢になるケース

生理前になると、多くの女性が便秘になりますが、一部の方は下痢になることもあります。生理前になると下痢になってしまうのは、慢性的な身体の冷えが原因です。

慢性的に身体が冷えている状態になると、血流が滞り筋肉の動きも鈍くなって排便しようとする力が弱まってしまいまので、できるだけ身体を冷やさないようにしましょう。

便秘が治るケース

便秘が治るケース

生理前になると便秘や下痢で悩む方が多くなりますが、中には生理前になると快便になるという方もいらっしゃいます。どちらかというと、生理直前に快便になる傾向が多く、不要になった子宮内膜の組織と共にデトックスが始まっていることが関係していると言えるでしょう。

生理は、着床した受精卵を育てるために用意されたさまざまな組織を身体の外に排出する作用のことです。不要なものを外に出すという作用が、腸内にたまった便を排出するという部分にも働きかけてきます。

黄体ホルモンが活発な時期は、栄養や水分を身体に蓄積させようとする働きが強まるため、飽和状態になりますが、生理によりデトックスをしてリセットされるのが通常です。普段便秘になりやすい方や便が細い方ほど、生理前になると快便になるのはこのためだと言えます。

生理前のストレスによる便秘

ストレスによる便秘

生理前になると便秘になってしまう原因は、黄体ホルモンが関係しているからだとご紹介しましたが、強いストレスを受けて便秘になるケースもあります。

生理前になると、身体のあちこちに不調が出てきて、気持ちも乱れてしまうため、いつもより強くストレスを受けやすくなってしまいます。いつもは気にならないことに落ち込んでしまったり、ちょっとしたことで怒ってしまったりするため、自己嫌悪に陥ってしまう方もいるでしょう。

人間の身体はストレスを強く感じると、身体を管轄している自律神経の働きが乱れてしまいます。自律神経は呼吸や心臓の鼓動、内臓の働きなどをコントロールしているため、生理前にさまざまなストレスを受けると便秘になりやすくなってしまうのです。

生理前に繰り返し不調が起きる場合

生理前に繰り返し不調が起きる場合

生理前になると便秘だけでなく、身体のあちこちにさまざまな不調が現れてきます。人によって症状の出方はさまざまですが、これらをまとめて「月経前症候群」としています。PMSと略されることも多いため、耳にしたという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

月経前症候群は多くの女性が体験していることで、便秘だけでなく下痢、吐き気、下腹部痛、めまい、集中力の欠如、眠気など幅広い症状が現れます。

月経前症候群は、女性ホルモンの影響の切り替わりが関係していると言われており、それまで分泌されていた黄体ホルモンが生理をきっかけに卵胞ホルモンになるため、身体がその変化についていけなくなってしまうと言われています。

また、月経前症候群の原因は女性ホルモンだけでなく、さまざまなストレスや食生活などいくつもの原因が重なり合っていることもあります。毎月のように決まって月経前症候群が起きるという方は、一度医師に相談してみるのが良いでしょう。

生理が始まっても続く便秘

生理が始まっても続く便秘

通常、生理前の便秘は生理が始まると和らいできますが、中には生理が始まってもまだ便秘が治まらない場合があります。生理中も便秘がひどい場合は、別の原因が考えられるでしょう。

例えば、経血の量が便秘に関係していることがあります。経血の量が多い方の場合、下着を汚してしまわないか心配する傾向がありますが、生理が始まったばかりの1日目、2日目は経血の量が特に多いため、無意識に子宮周辺の筋肉を緊張させてしまうことがあるのです。

子宮周辺にある腸の筋肉も緊張した状態が続くため、蠕動運動がしづらくなってしまいます。黄体ホルモンはすでに緩和されているのに、便通が改善されず便秘が続いてしまうのは、このためなのです。

生理が始まったら下痢になる場合

生理が始まったら下痢

生理前になると便秘になる女性はたくさんいらっしゃいますが、ほとんどの女性が、生理が始まると下痢になったり便通が正常に戻ったりします。

生理とは、使われなかった受精卵を育てるための組織と経血が外に排出されることですが、これらを排出するために直接的にアプローチしているのが、「プロスタグランジン」というものです。プロスタグランジンはどのような作用を引き起こすのか、具体的にみていきましょう。

プロスタグランジンと下痢

プロスタグランジンと下痢

プロスタグランジンは、生理前から生理初期にかけて作用します。子宮周辺の筋肉を収縮させ、中にたまった受精卵を育てるための組織や経血を外に押し出そうとするため、それに伴い腸の蠕動運動が活発になって一時的に下痢になってしまいます。

また、プロスタグランジンは強い下腹部痛を引き起こすこともあるため、下痢症状がなくても痛みだけを感じて辛いという方もいらっしゃるでしょう。

プロスタグランジンを抑えよう

プロスタグランジンを抑えよう

生理前は便秘だったけれど、生理の直前や生理が始まるとひどい下痢になるのは、プロスタグランジンの分泌が活発になりすぎている可能性があります。プロスタグランジンの分泌を抑えるには、身体を温めるのが一番です。

身体が冷えてしまうと血行不良や筋肉の働きが鈍って子宮周辺の収縮率は下がり、受精卵の為の組織や経血を外に排出しづらくなってしまいます。

そうなると、子宮周辺の筋肉を活発に収縮させるプロスタグランジンが多く分泌されるようになるため、できるだけ身体を冷やさないようにしましょう。

生理前の便秘対策について

便秘対策について

毎月ほとんどの確率で生理前に便秘が起こるという方は、ストレスや食生活を見直してみる必要があります。腸にとって負担が大きい食生活を続けていると、生理前だけでなく普通の日でも便秘になってしまう可能性があるからです。

まず、脂の多いメニューや、甘いスイーツなどは摂りすぎないようにし、血液をサラサラに流れやすいようにしてください。食物繊維が豊富な野菜を選び、水分を積極的に摂取するようにしましょう。

水分が不足すると、便の水分抜けてどんどん硬くなり、ますます便秘をひどくさせてしまいます。朝起きたときや、食事の前後、移動中などにも積極的に水分を摂るようにしましょう。

カフェインには注意!

カフェインに注意!

生理前になると便秘になりやすいという方は、水分をたくさん摂取することが大切です。ただ、カフェインを多く含む飲み物を大量に摂取してしまうと、かえって便秘がひどくなることもあるので注意しましょう。

カフェインを大量に摂取すると、自律神経の働きを乱してしまう恐れがあります。自律神経の働きが乱れると、それまで正常に動いていた腸の蠕動運動が低下し、便秘を引き起こしてしまう可能性があるでしょう。

すでに便秘になっている方は、さらに悪化してお腹が苦しいほど張ってしまうこともあるため、カフェインレスの飲み物を選ぶようにしてください。

下半身を鍛えて基礎代謝を上げる

下半身を鍛えて基礎代謝を上げる

生理前の便秘解消には、体を温め血行促進させるのが一番の近道です。しかし、いちいちお風呂に入って体を温める時間がない方もいらっしゃるでしょう。そんな方には下半身の筋トレで平熱を上げる方法はいかがでしょうか。

何もしなくても体の熱を作り出すには筋肉が必要不可欠ですが、特に下半身は大きな筋肉が集まっているので、少しの筋トレで大きな効果が出ます。筋トレというと太るイメージを持ってしまいますが、女性は元々筋肉量が少ないため筋トレしても外見がガラッと変わる事はないので安心してください。

足やお腹を鍛える方法は沢山ありますので、自分の空いた時間にできそうなものを選んで始めてみましょう。

お腹をマッサージで緩和させる

お腹をマッサージ

生理前になると便秘になりやすいという方は、お腹をマッサージしてみましょう。仰向けの状態に寝て、お腹を「の」の字にマッサージしていきます。何度も「の」の字を描きながらマッサージすることで、腸の蠕動運動に似た刺激を便に与えることができます。

強い刺激は逆効果になりますので、お風呂上りで身体が温まったタイミングや、寝る前などのリラックスしているタイミングを選ぶようにしましょう。

生理前の便秘薬について

便秘薬について

生理前に便秘になりやすく、何日も出ない状態が続く場合は便秘薬を上手に利用しましょう。便秘を我慢しているとストレスもたまりやすくなり、月経前症候群も悪化してしまう恐れがあるからです。

初めて使用する場合は少量で低刺激の物を選ぶようにしてください。不安な場合は、薬剤師に相談してみましょう。

ただ、生理前の便秘が訪れる度に便秘薬を使用していると、腸の蠕動運動の働きが弱まってしまい、便秘薬なしでは排便できなくなる可能性もあります。身体を温めたり、マッサージをしたりしてできるだけ最終手段として便秘薬を使うようにしましょう。

生理前の下痢で妊娠の可能性?

妊娠の可能性について

いつもは便秘にならないのに、今回だけ生理前に便秘になったという場合は、妊娠を疑うべきかもしれません。妊娠の初期症状として、便秘になることがあるからです。

黄体ホルモンは、子宮の動きを抑えて着床した受精卵を守ろうとする役割があるため、便秘が長く続く場合があります。生理がなかなか来ない場合は妊娠を疑った方が良いでしょう。

まとめ

生理前の便秘についてさまざまな情報をご紹介しました。原因を探り、対策することで、生理前の便秘を少しでも和らげていきましょう!

PR

シェア