生理前の眠れない(不眠)について知っておきたいこと

生理前になると身体に不調が現れる女性は数多くいます。しかし、どのような症状が出るかは人によって違いがありますし、強弱も異なるでしょう。

生理前の症状として、「眠れない」「不眠になりやすい」という不調が身体に現れることがあります。眠れないままでいると、次の日の身体はだるく集中力も持続しないため、何とかしたいと思っている方も多いのではないでしょうか。

そこで、生理前に眠れない原因や不眠解消方法などの情報を詳しくご紹介していきましょう。

PR

生理前の不調について

生理前の不調について

生理前になると、身体にさまざまな不調が現れるようになります。腰が重くなったり、頭痛がしたり、食欲が増加したり、イライラしたりすることもあるでしょう。

このような生理前の不調は、「月経前症候群」と呼ばれ多くの女性の悩みの種となっています。月経前症候群の現れ方には個人差があり、一般的な症状にあてはまる方もいれば、少数意見という方もいらっしゃいます。

生理前に起きる症状の中では、圧倒的に「生理前になると眠くなる」と言う意見が多いため、「生理前になると眠れない」と言う意見は少数派となってしまいます。

そうなると「違う病気が関係しているのかもしれない・・」と不安になることもあるでしょう。しかし、生理前に眠れなくなるのにはちゃんとした原因がありますのでご説明していきたいと思います。

生理前に眠れなくなる原因

生理前に眠れなくなる原因

生理前になると眠れなく原因には、いろいろありますが、まずご紹介したいのが女性ホルモンの存在です。女性ホルモンは、排卵や生理をコントロールしているもので、時期によって分泌される女性ホルモンは異なります。

生理前は、黄体ホルモン(プロゲステロン)という女性ホルモンが活発に分泌されていますが、これが眠れなくなる原因のひとつとなっているのです。

黄体ホルモン(プロゲステロン)には、体温を上昇させるという作用があります。体温を上昇させることで、受精しやすくなり、着床した受精卵も成長しやすくなるからです。

生理前は黄体ホルモン(プロゲステロン)の分泌が活発なことから、体温がずっと高い状態が続くようになります。そのことが、眠れなくさせてしまうのです。

眠気のメカニズムについて

眠気のメカニズムについて

生理前になると眠れなくなるのは、黄体ホルモン(プロゲステロン)の分泌により体温が上昇することが関係しています。では、なぜ体温が高い状態が続くと眠れなくなるのでしょうか。

ヒトの体温は起床すると高くなり、活発に行動するお昼前後にピークになった後、就寝時に低くなるメカニズムとなっています。眠気を感じスムーズに睡眠に入るためには、体温の温度差が必要になります。

そのため就寝時に体温が下がれば眠りやすい状態になりますが、黄体ホルモン(プロゲステロン)の分泌により体温が高い状態が保たれてしまうと、体温の温度差が生まれず眠気を感じにくくなったり眠れなくなったりしてしまうのです。

生理前は眠りが浅くなる

生理前は眠りが浅くなる

生理前になると眠れなくなるのは、黄体ホルモン(プロゲステロン)が深い睡眠を妨げているからです。睡眠中は、深い睡眠のノンレム睡眠と、浅い睡眠のレム睡眠が繰り返されています。

しかし、生理前は黄体ホルモン(プロゲステロン)の働きが深い睡眠のノンレム睡眠を減少させ、睡眠ホルモンと呼ばれるメラトニンや、すっきりとした目覚めを引き起こすコルチゾールまで減少させてしまいます。

その結果、眠れなくなり目覚めもスッキリしないことから「思ったように眠れなかった」となってしまいます。

月経前症候群の様々な症状が原因

月経前症候群の様々な症状が原因

生理前の不眠は、他の月経前症候群の症状が原因で起きることも多いです。不眠の他に、多くの方が下腹部痛や頭痛・肩こり・だるさといった月経前症候群に悩まされますが、あまりにも痛みが強いとその痛さで眠れなくなることがあります。

特に生理前の頭痛には市販の頭痛薬が効かないので、頭が痛くて眠るどころでは無いという方も少なくありません。月経前症候群が強く出るのはホルモンバランスが一定でない10代~20代前半の方や、女性ホルモンの分泌量が減少しつつある閉経に近い方に多いですが、年齢に限らず冷え性の方や痩せすぎ・太りすぎの方にも当てはまります。

妊娠初期症状による不眠の場合も

妊娠初期症状による不眠の場合も

いつも生理前は寝てばかりいるのに今回はまったく眠れないというような方は、妊娠の可能性が考えられます。受精後は妊娠状態を維持するためにプロゲステロンがいつも以上に分泌されるため、その影響で不眠症状が現れるようになります。

生理前に現れる不快な諸症状は月経前症候群と呼ばれますが、妊娠した場合には症状発生の原因が異なるため妊娠超初期症状と呼ばれることもあります。

ただ、ストレスや環境によって生理前の症状は容易に変化することに加え、妊娠を望んで常に意識している方以外はその症状の違いに気がつかないことも多く、妊娠が分かって初めて「もしかしたら、あの不眠が妊娠超初期症状だったのかも」と振り返るケースがほとんどです。

生理前に眠れない人の割合

生理前に眠れない人の割合

生理前になると眠れなくなるのはごく少数派です。なぜなら、「生理前になると眠たくなる人」は半数近くいるのに対し、「生理前になると眠れなくなる人」は非常に少ないです。

これは、黄体ホルモン(プロゲステロン)がアロプロゲステロンを生成することが多いからです。アロプロゲステロンは催眠作用を促す物質で、常に眠い状態を引き起こすと言われています。

この生成が弱く、体温が上昇し温度差がわずかな場合、「生理前になると眠れなくなる人」となるのです。

生理前の眠れないときの対処方法

生理前になると眠れない日が続く、不眠症に近い状態になるという方は、どのように対処していけばよいのでしょうか。

湯船で体を温め体温差で寝やすく

湯船で体を温め体温差で寝やすく

まず、就寝時に体温が下がることで眠気が生じ、スムーズな睡眠へと繋げやすくなるので、体温の温度差を生み出すようにしましょう。体温の温度差を生み出すために、就寝の1時間前にしっかりと湯船につかり、身体を温めるようにしてください。

湯船で身体をしっかりと温めることで、体温は上昇し入浴後は下がり始めます。その時に眠気が生じやすくなるので、入浴後は早めにベッドに入るようにしましょう。

温かい飲み物を飲み体温差で寝やすく

生理前になると眠れない日が続く、不眠症に近い状態になるという方は、就寝前に温かい飲み物を飲むようにしましょう。虫歯やカロリーのことを考えると、白湯がオススメです。

白湯とは、沸かしたお湯を覚ましたものです。ゆっくりと飲むことで、全身に温かさが広がるのを実感することができるでしょう。

飲みすぎるとむくみに繋がるので、コップ1杯程度で充分です。後はベッドに入り、体温が徐々に下がりはじめ眠気が生じてくるでしょう。

刺激物で体温差で寝やすく

温かい飲み物を飲み体温差で寝やすく

生理前になると眠れない日が続く、不眠症に近い状態になるという方は、体温を上昇させる刺激物を取り入れてみましょう。

ショウガやトウガラシには、体温を上昇させる作用があるため、料理に積極的に使うことで体温の温度差を生み出せるようになります。ただし、食べるのは夕食の時間帯で夜食にするのは厳禁です。刺激物により体温は上昇しますが、同時に神経を興奮させてしまうため、スムーズに眠れなくなってしまうので逆効果となります。

ストレッチや運動で体温差で寝やすく

ストレッチや運動で体温差で寝やすく

生理前になると眠れない日が続く、不眠症に近い状態になるという方は、ストレッチやウォーキングなど運動をプラスしていきましょう。筋肉を動かすことで、血液循環が促進され体温が上昇し、温度差が生まれやすくなるからです。

寝る少し前にストレッチを行えば、身体がポカポカしてくるのでオススメです。ただ、寝る前にハードな筋トレをしてしまうと、それが刺激となり神経が興奮した状態になって眠れなくなってしまうこともあります。

寝る前のストレッチは穏やかに行い、静かに眠りにつけるようにしましょう。

ホルモンの分泌量を抑える

ホルモンの分泌量を抑える

生理前になると眠れない日が続く、不眠症に近い状態になるという方は、黄体ホルモン(プロゲステロン)の分泌が活発になりすぎている可能性があります。

ホルモンの分泌異常が不眠の原因となっていることもあるため、病院で診察を受け治療を受けるようにしましょう。低用量ピルでホルモンの分泌量をコントロールすれば、辛い不眠を解消しやすくなります。

不眠が過食の原因になる場合も

不眠が過食の原因になる場合も

不眠が食べすぎの原因になることは、皆さんご存知でしょうか。睡眠時間が減ったことで睡眠中に消費されるカロリーが減るだけでなく、食欲抑制ホルモンの分泌が減少し食欲増加ホルモンの分泌が増加することで、過食に歯止めがかからない状態になるという研究結果が出ています。

特に生理前は、プロゲステロンの増加で睡眠に問題なくても食欲が増し、体重増加につながりやすい時期ですから、これに睡眠不足による過食が加われば、到底自分でコントロールできるものではありません

。また、太ってしまったということが更にストレスとなって、更に不眠となり食欲が止まらないという悪循環に陥ってしまう可能性すらあります。そういった点からも、生理前の不眠は早く改善すべき症状だといえるでしょう。

まとめ

生理前になると眠れなくなる原因や、対処方法について幅広くご紹介しました。不眠の原因となっているのは、生理前に分泌されている黄体ホルモン(プロゲステロン)の作用によるものです。

さまざまな対処方法を実践して、少しでも眠りやすい状態にしていきましょう。また、不眠が続く場合は分泌異常が起きている可能性がありますので、診察と治療を受けるようにしてください。

生理前に眠れなくなる原因を突き止め、それに適した方法で対処していくことで生理前の不眠から1日も早く解放されましょう。


シェア