不正出血の原因や症状について知っておきたいこと

生理予定日でもないのに突然出血が起きると、病気なのかもしれないと不安になってしまいますよね。基本的に生理以外の出血は「不正出血」として扱われますが、不正出血が起きる原因はさまざまです。

心配のない原因であることもあれば、病気のサインである可能性もあるでしょう。不正出血は見過ごさず、原因をきちんと突き止めることが何よりも重要です。

そこで、不正出血の原因について詳しくご紹介していきますので、参考にしていただければと思います。

PR

不正出血とは

不正出血とは、生理以外に膣から出血することをいいます。おりものに少量の血液が混じっただけでも不正出血とされるため、幅広い症状があてはまると言えるでしょう。

不正出血が起きる原因はさまざまで、単純に組織が傷ついたことから引き起こされる場合もあれば、病気により引き起こされている場合もあります。不正出血の原因にはどんなものがあるのか、詳しく見ていきましょう。

排卵出血が原因の不正出血

排卵出血

妊娠しているかどうかに関わらず、生理的に不正出血が起きることもあります。そのひとつが、排卵出血です。

排卵出血は、卵子が排卵されるときに起きるもので、ホルモンバランスの変化から引き起こされます。排卵出血は、生理と生理の間に起きることが多いため、変なタイミングに生理が来たと勘違いする方もいます。

排卵出血は異常ではありませんが、明らかに量が多い場合や痛みを伴う場合は、別の原因がある可能性があるので病院で診てもらうようにしましょう。

ホルモンバランスの変化が原因

ホルモンバランスの変化が原因

不正出血は、ちょっとしたことでも生じてしまうものです。ホルモンバランスが変化したことにより引き起こされることもあります。女性の身体では、さまざまな女性ホルモンが活動していますが、排卵や生理に関係している女性ホルモンは主に2種類あります。

黄体ホルモン(プロゲステロン)と、卵胞ホルモン(エストロゲン)というホルモンで、それぞれのホルモンが安定して分泌されることで、排卵や生理がコントロールされています。

しかし、ひとたびホルモンバランスに乱れが生じ、分泌が増減されてしまうと子宮内部の状態も不安定になってしまうため、不正出血が起きやすくなってしまいます。どのようなメカニズムで不正出血は引き起こされるのか、詳しく見ていきましょう。

子宮内膜とホルモンの関係

子宮内膜とホルモンの関係

女性の身体に排卵や生理が起きるのは、女性ホルモンの分泌が作用しているからです。排卵や生理に関係しているのは、黄体ホルモン(プロゲステロン)と卵胞ホルモン(エストロゲン)ですが、それぞれ活躍している時期と役割は異なります。

卵胞ホルモン(エストロゲン)は主に子宮内膜を厚くし、卵巣にいる卵子を育てるために作用します。黄体ホルモン(プロゲステロン)は主に排卵された卵子を受精させ、育てるために作用します。

しかし、受精卵が成立しないとふたつのホルモンの分泌は減少していきます。ホルモンの分泌が減少すると子宮内膜の組織は剥がれ、経血と共に膣の外に押し出され生理が引き起こされます。

ところが、ホルモンの分泌が意図しないタイミングで急に減少すると、子宮内膜の組織が剥がれ始めてしまうので、少量の不正出血が起きてしまうのです。

ホルモンの分泌が乱れる原因

ホルモンバランス乱れ

女性の身体に排卵や生理が起こるのは、女性ホルモンがきちんと活動しているからです。しかし、女性ホルモンの分泌に乱れが生じると、子宮内膜の組織が剥がれはじめ不正出血を引き起こすことがあります。

では、女性ホルモンの分泌が乱れてしまうのは何故なのでしょうか。

女性ホルモンの分泌は、脳の視床下部から命令か下され、下垂体、卵巣へと伝達されます。どこかに不具合が生じれば、伝達はうまく繋がっていきませんし、命令そのものが正しくなくなることもあります。

不具合を生じさせるものとしては、ストレス、睡眠不足、不規則な食事、運動不足などが挙げられるでしょう。つまり、不摂生な生活をしていて、ストレスを強く受けていると簡単にホルモンの分泌は乱れてしまい、不正出血が起きやすくなってしまうということです。

また、ホルモンの分泌が乱れると不正出血だけでなく生理周期も乱れてしまいます。身体の不調を加速させてしまいますので、できるだけ身体と心に優しい生活を心掛けるようにしましょう。

無排卵が原因の不正出血

無排卵

生理は排卵された卵子が受精に至らなかった場合に引き起こされるものです。しかし、生理周期が乱れていたりすると、排卵が起きない状態が発生することがあります。

無排卵月経と言われるもので、いつもの生理とは違う状態になるため、不正出血として捉えられることもあります。

初潮を迎えて数年の間は、無排卵状態であるため、生理周期は安定せず不正出血も起きやすいですが、大人になってから無排卵になる場合、強いストレスや生活習慣の乱れが原因である可能性があるので、注意しましょう。

排卵が起きているかどうか確認したい場合は、病院で検査を受けることも必要です。

無排卵が原因の出血2

気軽に調べたいという方は、基礎体温を測ってみると良いでしょう。基礎体温を測ると、排卵の有無だけでなくホルモンの分泌バランスも把握することができます。

排卵が起きているか調べる

排卵が起きているか調べる

基礎体温を測ることで、排卵が起きているか、ホルモンバランスは安定しているかを把握することができます。基礎体温は女性ホルモンの活動の影響を受けているため、どのホルモンが活発になっているかによって基礎体温に変化が生じてきます。

基礎体温が低い状態の時は、卵胞ホルモン(エストロゲン)が活発になっており、基礎体温が高い状態の時は、黄体ホルモン(プロゲステロン)が活発になっています。どちらも14日ほど続いて切り替わることが多いため、低温期と高温期で分けて観察するのが通常です。

排卵は、低温期の終盤に一段と基礎体温が下がり、その後高温期へと急上昇することで確認することができます。

基礎体温が綺麗に低温期と高温期に分かれておらず、ランダムになっているときはホルモンバランスが乱れている可能性が高いと言えるでしょう。

着床出血が原因の不正出血

着床出血

不正出血の原因を特定する上で重要なのが、妊娠の可能性があるかないかということです。妊娠している可能性が高い場合、妊娠により不正出血が起きることがあります。

まず、妊娠した直後に起きるのが着床出血です。着床出血は、受精した卵子が子宮内膜に着床する時に、絨毛が子宮内膜の組織を傷つけたことにより出血が起きます。生理予定日より少し前に発生することが多く、数日でストップすることが多いでしょう。

また、受精卵が成長する時にも出血が起きることがあります。受精卵が成長する時に絨毛が再び子宮内膜を傷つけてしまうことから発生するもので、どちらも原因は同じです。

特徴としては、おりものに少し血液が混じった状態のものや、茶色いおりものの状態が多いですが、鮮血や普通の生理と同じように出血することもあります。

妊娠中の切迫流産の不正出血

妊娠中の切迫流産のサイン

妊娠していることが判明してから不正出血が起きた場合、すぐに病院で診てもらうようにしましょう。受精卵が成長する時に発生する出血である可能性もありますが、流産の可能性もあるからです。

下腹部痛があったり、身体に不調が生じたりしている場合の不正出血は、緊急性を要することもあるので楽観的に考えるのは禁物です。妊娠中に無理をして仕事をしたり、家事を続けていたりすると、身体に負担がかかって切迫流産を引き起こすことがあります。

切迫流産のサインとして不正出血がありますが、これが確認されたら絶対安静は必須です。そのまま無理を押し通してしまうと、流産してしまいますので、医師の指示に従うようにしましょう。

膣が傷ついての不正出血

膣が傷ついてしまった場合

妊娠していない可能性が高い場合は、外傷的な原因であると言えるでしょう。妊娠してない可能性が高い場合、性交などにより組織が傷ついて不正出血となることがあります。

初めて性交を行った場合、処女膜が傷つき不正出血を招く場合があります。また、性交の経験があっても膣の状態によっては不正出血する場合もあります。

いずれの場合も不正出血はすぐに止まりますが、痛みが伴う場合や、長く不正出血が続く場合は、産婦人科で診てもらうようにしましょう。

頻発月経が原因の不正出血

頻発月経が原因の不正出血

生理周期は25日から38日が正常で、24日以下の場合は頻発月経、39日以上の場合は希発月経と呼ばれる月経異常になります。頻発月経は無排卵であるケースがほとんどで、そのため生理周期が短くなるのです。

酷い場合には10日程度で出血を繰り返すようになるので、この状態に慣れてしまっている方は生理が1ヶ月に複数回来ると思い込んでしまう事がありますが、実は頻発月経ではなく不正出血だったというケースも少なくありません。

1ヶ月に複数回生理が来るというだけでは無排卵月経による頻発月経なのか、病気による不正出血なのか判断が難しいので、病院にいく前に基礎体温を1ヶ月ほど計り受診時に見せると、原因を特定しやすいのでスムーズに診察してもらえるでしょう。

血液の病気が原因の不正出血

血液の病気が原因の不正出血

不正出血から思わぬ病気を発見することがあります。普段から歯茎の出血が多い場合や、怪我をした時に血が止まりにくい方の場合、血液の病気である可能性があります。

血液の病気が原因だと、血液が固まりにくくなったり、出血が止まりにくくなったりします。

産婦人科で原因がわからないという場合で、歯茎や怪我など思い当たる部分があるときは、血液の専門医に相談するようにしましょう。

卵巣の異常と不正出血

不正出血の原因は子宮からだけではありません。卵巣からの出血による不正出血も意外と多く、例えば不妊の原因となってしまうものに多嚢胞卵巣症候群があります。

卵胞が排卵できる大きさまで成長しても、エストロゲン濃度が高くなって排卵できず卵巣内にどんどん溜まってしまう病気で、不正出血を伴います。他にも、排卵後卵巣内に出血が溜まり、卵巣が腫れて不正出血してしまう卵巣のう胞という病気があります。

子宮以外からの出血はまた心配な部分がありますが、多嚢胞卵巣症候群には原因に応じた対策が確立していますし、卵巣のう胞は安静にしていれば治る事がほとんどです。病院で検査をしてもらい、医者の指示に従うようにしましょう

病気の可能性が原因の不正出血

不正出血が起きる原因として、病気が関係していることがあります。不正出血を引き起こす病気としては、子宮腟部のびらん、委縮性膣炎、子宮頚管ポリープ、子宮内膜ポリープ、粘膜下子宮筋腫、クラミジア頚管炎、子宮体がん、子宮内膜増殖症、子宮頸がんなどがあります。

それぞれどのような病気なのか、どのような治療方法があるのか、簡単にご紹介しておきましょう。

子宮腟部のびらんについて

子宮腟部のびらん

 

子宮腟部のびらんは、病気というよりも不正出血が起きやすい状態のことを言います。子宮の出口部分がもろくなっているため、ちょっとした刺激で不正出血が起きやすくなるのです。

性交などで不正出血が起きやすくなりますので、安定するまでは控えた方が良いでしょう。また、何度も不正出血が繰り返される場合は、レーザー治療で改善することができます。

萎縮性腟炎

萎縮性腟炎

 

委縮性膣炎は、主に閉経後の女性に起きるものです。閉経したことにより女性ホルモンの分泌が急減し、膣の粘膜が渇いた状態になってしまいます。

そのため、膣や子宮の出口がただれやすく、少しの刺激で不正出血が起きやすくなってしまうのです。改善方法としては、腟内にホルモン剤を入れてうるおいをプラスする治療法があります。

子宮頚管ポリープ

子宮頚管ポリープ

子宮頸管ポリープは、子宮の出口にできます。良性のポリープなので深刻になる必要はありませんが、不正出血が起きやすいため、頻度が高い場合は切除しておくと安心です。

子宮頸管ポリープは、麻酔無しで簡単に切除できるので気軽に処置することができます。

子宮内膜ポリープ

子宮内膜ポリープ

子宮内膜ポリープは、子宮の奥にできます。多くのケースで良性ですが、子宮体がんがポリープのように発育してしまう場合もあるので、良性か悪性か検査で確認しておきましょう。

治療としては、ピルなどの薬で子宮内膜のポリープを小さくしていくか、子宮内膜手術で切除するかのどちらかになります。

粘膜下子宮筋腫

粘膜下子宮筋腫

粘膜下子宮筋腫は、子宮内に発生します。少しの刺激で不正出血が起きやすいですが、生理の時に経血の量が増えることもあるので、注意が必要です。

治療としては、ピルなどで不正出血を安定させるか、子宮鏡手術で切除していくかのどちらかになります。

クラミジア頚管炎

クラミジア頚管炎

クラミジア頸管炎は、クラミジアが感染したことにより、子宮出口が炎症してしまった状態のことを言います。治療方法としては、抗生剤を内服することで改善していきます。

ただ、妊娠中にクラミジア頚管炎を発症すると、流産や早産、破水を引き起こす可能性があるので注意が必要です。

子宮内膜増殖症

子宮内膜増殖症

子宮内膜増殖症は、子宮内膜が厚くなりすぎることを言います。黄体ホルモンの分泌が過剰になりすぎることで子宮内膜が厚くなり、不正出血が発生しやすくなってしまいます。

子宮体がんに変化してしまうこともあるので注意が必要な病気です。黄体ホルモンの分泌をコントロールするために、ピルを使って治療をしていきます。

子宮体がん

子宮体がん

子宮体がんは、子宮の奥にできたがんのことを言います。悪性の悪性のですので、手術や抗がん剤による治療、放射線治療が必要です。

早期発見が重要になりますので、不正出血が起きたときはすぐに診てもらうようにしましょう。

子宮頸がん

子宮頸がん

子宮頸がんは、子宮の出口にできたがんのことを言います。悪性の主要ですので、手術や抗がん剤による治療、放射線治療が必要です。

まとめ

不正出血の原因や症状について詳しくご紹介しました。自己判断しづらい部分もあるので、少しでも違和感があったらすぐに病院で診てもらい、原因をきちんと特定して治療を行うようにしましょう。不正出血の原因を探り対処することで、健康な身体を取り戻してくださいね。

PR