生理前の肌荒れについて知っておきたいこと ニキビ 吹き出物 原因 対処方法 など

生理前になるとなぜかニキビや吹き出物が増えてしまい、メイクののりも悪く、憂鬱な思いをしてしまう。こんなことも多いのではないでしょうか?これは生理前に起こる肌荒れのせい。生理前の肌荒れの原因は、排卵後に分泌の増加する黄体ホルモンにあるといわれています。

黄体ホルモンは卵胞ホルモンと並び、女性の生理機能と健康・美容に多大な影響を与える女性ホルモン。

生理周期の中でも黄体ホルモンの分泌が急激に増える生理前は、肌トラブルがもっとも生じやすい時期。生理前の肌荒れを改善するには、黄体ホルモンや生理周期に関する知識を備え、その上で適切な対処法を取る必要があります。生理前の肌荒れに対する効果的な対処方法をまとめてみましたので、ぜひ参考にしてください!

PR

生理前に肌荒れが起こる原因とは?

生理前に肌荒れが起こる原因とは?

生理前に肌荒れが起きる主原因は、黄体ホルモンの分泌量が増加するためとされています。黄体ホルモン(プロゲステロン)は、もう一つの女性ホルモン卵胞ホルモン(エストロゲン)と並び、女性の身体の状態を大きく左右します。

卵胞ホルモンが美のホルモンと呼ばれるのに対して、黄体ホルモンの分泌が盛んになる時期は、身体に不調が出やすくなる時期。排卵日以降の2週間の間は、肌トラブルだけでなく、体にさまざまな不快な症状があらわれます。

生理前の肌荒れの原因は黄体ホルモン

生理前の肌荒れの原因は黄体ホルモン

生理前の肌荒れの原因はこのように黄体ホルモンの分泌が増加することにあります。プロゲステロン(黄体ホルモン)の作用には、皮脂の分泌やメラニン色素の生成の促進が含まれています。

排卵日以降生理前までの間、ニキビや吹き出物が出来やすいのはこのため。ニキビや吹き出物以外にも、肌のくすみ、むくみ、たるみ、痒み、小じわ、赤みなどのスキントラブルが生じやすくなります。黄体ホルモンは基礎体温を上げ、体内の水分や脂肪を溜め込もうとするため、皮膚に熱がこもりやすくなり、肌のトラブルとなってあらわれます。

黄体ホルモンとは?

黄体ホルモンとは?

黄体ホルモンは妊娠に備えて女性の子宮に血液を集め、子宮内膜に受精卵が着床しやすい環境を作ります。また受精卵が着床し、妊娠が成立した場合には、妊娠の状態を継続していくための手助けも行います。

黄体ホルモンの分泌が盛んになる時期とは?

黄体ホルモンの分泌が盛んになる時期とは?

女性の体は生理周期に応じて規則的な変化を遂げますが、これは卵胞ホルモンと黄体ホルモンの二つのホルモンの分泌が増減することにより起こります。

卵胞ホルモンの分泌がピークを迎えるのは排卵日より少し前で、その後分泌量は減り、生理の始まる少し前に急激に減ります。

反対に黄体ホルモンの分泌がピークを迎えるのは排卵日を少し過ぎてからで、この時期は黄体期と呼ばれています。黄体期には基礎体温が上がり、高温期を迎えます。

黄体期の特徴とは?

黄体期の特徴とは?

黄体ホルモンの分泌が多い時期の特徴を挙げてみましょう。黄体ホルモンには体温を上げる作用があるため、体にほてりを感じることがあります。

頭痛、下腹部痛、胃痛、腰痛なども症状のひとつで、他にも肌荒れや便秘、下痢、情緒不安定などの症状があらわれやすくなります。

月経前症候群(PMS)の症状としての肌荒れ

月経前症候群(PMS)の症状としての肌荒れ

月経前症候群とは、生理前にあらわれる不快な症状の総称。月経前症候群といえば、頭痛、イライラ、眠気、下腹部痛などが主な症状ですが、ニキビや吹き出物、肌荒れ、口内炎、唇の荒れなどの肌のトラブルもまた月経前症候群の一つ。

月経前症候群は症状が軽い場合にはさほど気になりませんが、日常生活に支障を来たすほどひどい場合には、薬の服用も考慮にいれたほうが良さそうです。生理前に肌荒れに加えて、その他にも月経前症候群の症状が複数見られ、症状の度合いがひどいときは、早期に専門医の診察を受けるようにしましょう。

ホルモンバランスの乱れ

ホルモンバランスの乱れ

卵胞ホルモン(エストロゲン)と黄体ホルモンは生理周期に従って、分泌量の増減を繰り返しています。二つのホルモンが適正な分泌量を維持し、規則的に変化しているときは、体調も良く問題ありません。しかし分泌量が多すぎたり、反対に少なすぎると、ホルモンバランスが崩れ、これによって体調は悪化し、皮膚のバリア機能も低下します。

ホルモンバランスの乱れは、生理周期全体を通じて女性の体と心にさまざまな悪影響を及ぼします。とくに生理前の時期は、卵胞ホルモンと黄体ホルモンの分泌量の変化が大きい時期で、ホルモンバランスの乱れは、この時期に女性の体と精神状態にもっとも強く影響します。

生理前のニキビの対処法

生理前のニキビの対処法

生理前の肌荒れがひどく、毎月生理前になると必ず、顔やあごにぽつぽつニキビが出る方も多いようです。生理の後半からは肌の調子もよく、ニキビや吹き出物もすっかりなくなる方でも、なぜか生理前になると、肌の肌理(きめ)が荒くなったり、べたついたり、また反対にかさかさと乾燥したりと、肌のトラブルが絶えないことがあります。

生理前のニキビは通称「生理ニキビ」と呼ばれています。生理ニキビは生理前の肌荒れの典型的な症状。ぽつぽつと顔にニキビが出来てしまうと、メイクののりも悪くなります。

あごや額に出来る生理ニキビ

あごや額に出来る生理ニキビ

生理前のニキビや吹き出物は、皮膚が薄い部分に出来やすく、ぽつぽつと小さなニキビが皮膚の薄い部分できてしまいます。

ニキビのせいで顔の見栄えも悪くなり、丁寧にメイクをしてもニキビのある部分から化粧がはがれることもあります。生理前は皮脂の分泌量が普段よりも増えるため、Tゾーンと呼ばれる皮脂腺の多い部分は、とくにニキビが出来やすくなります。

ニキビは手で触らないようにする

ニキビは手で触らないようにする

生理前にニキビが出来たら、まず絶対に手で触らないようにしましょう。顔にニキビが出来ると気になってつい触りたくなりますが、これはニキビに逆効果。手に付着した雑菌が毛穴に移り、皮膚の毛穴詰まりをさらにひどくさせる原因になります。

また皮膚に必要以上に触ると、角質を固くすることにもつながります。角質の硬化は毛穴詰まりの原因のひとつ。生理前にニキビが出来たら、出来るだけ触らないようにしましょう。

洗顔はぬるま湯で優しく行う

洗顔はぬるま湯で優しく行う

肌を清潔に保とうとするあまり、洗顔の回数を増やしてしまうのは逆効果。肌に合わない洗顔料や洗浄力の強すぎる洗顔料は控え、まずぬるま湯で汚れや余分な皮脂を落とすつもりで優しく洗いましょう。

ごしごしと指で顔をこすってしまうのもNG。洗顔をする際は、十分に洗顔料を泡立て、泡の吸着力で汚れと皮脂を落とすようにします。肌にダメージを与えないように、くれぐれも皮膚をこすらないように注意しましょう。手の指でこすってしまうと、皮膚の角質を固くし、皮膚のバリア機能を損ねてしまいます。

生理前の肌荒れの対処法について

生理前の肌荒れの対処法について

生理前の肌荒れを改善する方法について見ていきましょう。生理前の肌荒れの対処法は二通りです。

一つはメイクの仕方や洗顔方法に配慮すること、もう一つは食べ物や生活習慣を正し、肌荒れが起こらないように体質を改善していくこと。前者は肌荒れに対する応急法、後者は肌荒れの予防法といえます。

これら二つはどちらか一方だけを行えばいいというものではなく、生理周期に応じて、予防法と応急手当を適切に選ぶことが必要です。生理前の肌荒れの対処法について、予防法と対処法の両方を詳しく覚えておくようにしましょう。

生理前に肌荒れの症状が出てしまったら

生理前に肌荒れの症状が出てしまったら

生理前に肌荒れの症状が出てしまった場合は、スキンケアやメイクに特別な配慮が必要になります。普段と同じように洗顔やメイクを続けていると、肌荒れの改善は到底見込めません。

生理前はニキビや吹き出物だけでなく、肌のほてりやたるみなども多く感じられます。生理現象といえばそれまでですが、女性にとって肌荒れは悩みの種。生理前の肌荒れを効果的に改善する方法について学んでみましょう。

メイクで肌に負担を与えないようにする

メイクで肌に負担を与えないようにする

生理前は普段よりも皮脂の分泌が増えますので、いつものメイクを使っているとさらに肌に負担をかけてしまいます。生理前はメイクは出来るだけ控えめにし、肌に優しい化粧品を利用しましょう。

肌荒れを隠そうと、生理前はリキッドタイプやクリームのファンデーションを厚めに塗ってしまう方もいるようです。しかしこれではかえって肌の炎症を進行させてしまいます。パウダータイプのほうが肌への負担は少なくなりますが、全部が全部肌に優しいとは言い切れません。

パウダータイプの中にも、配合成分に刺激の強い成分を含むものがありますので、使用する前にはまずパッチテストを行うようにしましょう。

化粧品に配合されている成分が原因で、ニキビや吹き出物を悪化させることもあります。生理前はオーガニックコスメや敏感肌用コスメのように、肌への負担の少ないものを控えめに付けることがポイントです。

肌の保湿に注意する

肌の保湿に注意する

生理前の肌荒れはニキビや吹き出物だけではありません。肌のくすみ、赤み、たるみ、小じわといった症状もまた肌荒れのひとつ。生理前は皮膚のバリア機能が低下していることが多く、皮脂分泌は多いにもかかわらず、肌は乾燥してしまうという悪循環に陥ることがあります。

顔がべたつくので洗顔を繰り返すのも乾燥の原因。肌のべたつきと乾燥は、一見正反対のように思えますが、実は表裏一体。間違ったスキンケアを行うと、べたつきと乾燥を繰り返してしまい、悪循環のループにはまりこんでしまいます。

過剰な洗顔に注意 洗顔から保湿まで

過剰な洗顔に注意 洗顔から保湿まで

洗顔を過剰に行うのはやめましょう。油浮きが気になる方はあぶらとり紙で随時やさしくふき取るようにします。洗顔は回数を増やさず、まずはたっぷりめのぬるま湯で顔全体を濡らし、浮き出た皮脂や汚れをお湯で洗い流すようにします。

そのあと肌に優しい洗顔料で優しく洗い、すすぎを十分に行ってください。洗顔後はすぐに保湿を行うようにしましょう。化粧水や保湿クリームも肌に優しい、刺激の少ないものを選ぶようにします。普段使いの化粧品を付けると、肌に刺激を感じる場合は、生理前だけでも化粧品を変えるようにしましょう。

生理前の肌荒れ予防方法は?

生理前の肌荒れ予防方法は?

生理前の肌荒れを予防するには、普段から生活習慣や食事に気を配る必要があります。生理前の肌荒れの原因は、黄体ホルモンの分泌増加だけでなく、ホルモンバランスや生活習慣の乱れにもあります。

生理前の肌荒れを予防するには、常日頃から健康的な毎日を送るよう、注意しなければなりません。

油分・糖分・塩分を摂りすぎないようにする

油分・糖分・塩分を摂りすぎないようにする

油分、糖分、塩分の摂りすぎは肌荒れやニキビ・吹き出物を引き起こす原因になります。美肌ホルモンと呼ばれる卵胞ホルモンの分泌が減少する生理前は、普段と同じ生活をしていても肌荒れを起こしやすい時期。

この時期に油分、糖分、塩分、さらに合成添加物や辛いものや刺激物を食べ過ぎると、肌荒れをさらに誘発します。生理前はこれらの食品は出来るだけ避けるようにしましょう。また生理前だけでなく、生理周期全体を通して、肌荒れにつながる食品を過剰に摂取することは慎みましょう。

規則的な生活を送る

規則的な生活を送る

寝不足や夜更かし、タバコやアルコールの飲みすぎ、暴飲暴食、過激なダイエット、栄養の偏った食生活、運動不足、ストレスや過労。これらは習慣は健康に良くないだけでなく、肌荒れを誘発する原因にもなります。

肌は健康のバロメーターという言葉が示すとおり、肌の状態は体全体の健康状態を如実に表します。肌の調子を改善するには、体調を整え、心身ともに健康な状態を維持する必要があります。

不規則な生活習慣や栄養に偏りのある食事は、それ自体が肌荒れの原因になると同時に、自律神経やホルモンバランスの乱れを生じさせます。肌荒れを予防するには、普段から規則的な生活習慣とヘルシーな食事を心がけるようにしましょう。

コスメや化粧品を見直す

コスメや化粧品を見直す

生理前に肌荒れが起きる傾向にある方は、今使っているコスメや化粧品を今一度見直すようにしましょう。毎月のように生理前に肌荒れが起きる方は、使っているコスメや化粧品が肌に負担を与えすぎているのかもしれません。

毎日肌に直接付けるコスメや化粧品だからこそ、肌に優しい、刺激の少ないものを選ぶようにすると、肌荒れが起こりにくくなります。無添加化粧品やオーガニックコスメを試してみるのもいいでしょう。

生理前の肌荒れがひどい場合

生理前の肌荒れがひどい場合

生理前の肌荒れの症状がひどい場合には、病院で診察を受けることも考慮に入れましょう。この際、何科で診察してもらうかですが、通常皮膚のトラブルは皮膚科での診察になりますが、生理前の肌荒れの場合は、産婦人科で診察してもらうことも可能です。

皮膚科での治療は外用薬や抗生物質の服用になりますが、これで症状に改善の兆しが見られない場合には、産婦人科で低用量のピルを処方してもらうことも出来ます。

ピルの服用

ピルの服用

ピルを服用することにより、ホルモン分泌が安定し、肌荒れを含めた月経前症候群の症状の改善につながることがあります。

ピルの服用に際してはいくつか制限があり、希望しても服用できないこともあります。ピルの服用に関しては、産婦人科で診察を受けた上で条件などを詳しく確認するようにしましょう。

まとめ

生理前はホルモンバランスの崩れのせいで体調も悪く、精神的にもイライラしやすい時期。生理前の不調は月経前症候群のあらわれで、ニキビや吹き出物などの肌荒れもその一つ。生理前に肌荒れの症状がたびたび起こる方は、まずは生活習慣から改めるようにしましょう!


シェア