排卵日の体温について知っておきたいこと

そろそろ赤ちゃんを授かりたいと思いさまざまな知識を探ってみると、「まずは基礎体温からチェックしましょう」と推奨されていることが多くあります。基礎体温をチェックすることで、身体の状態を把握することができますが、何よりも重要なのが排卵日を見つけやすいということです。

排卵日には体温が変動するため、基礎体温をチェックしておくことでその変化をいち早くキャッチすることが可能になります。

基礎体温はどうやって測るの?排卵日にはどんな体温の変化があるの?排卵日がわかったらどうすればいい?などさまざまな疑問が湧きあがってくることでしょう。そこで、排卵日の体温について詳しい情報を幅広くご紹介していきたいと思います。

PR

排卵日と体温の関係は?

排卵日と体温の関係

赤ちゃんを授かりたい方にまず推奨されるのが基礎体温のチェックです。基礎体温をチェックすることで、身体の状態を把握することができますし、何より排卵日を特定しやすくなります。

排卵日と体温には大きな関係があり、基礎体温をチェックしておけばその変化を見過ごしにくくなるでしょう。

女性の体温は低温期と高温期の2種類に分かれていますが、排卵をきっかけに低温期と高温期は入れ替わる仕組みとなっています。

2種類の時期にわけられるのは、それぞれの時期に活発に分泌されている女性ホルモンに違いがあるからです。低温期と高温期、そして女性ホルモンについて詳しくご説明していきましょう。

低温期とは?いつからいつまで?

低温期とは

女性の体温は低温期と高温期の2種類に分かれていますが、低温期とはどのような状態の時期なのでしょうか。低温期と書くと体温が低くなると感じてしまいますが、低温期は通常の体温だと考えて良いでしょう。

いわば平熱のフラットな状態が低温期だということです。低温期には、エストロゲンと呼ばれる卵胞ホルモンが活発に分泌されており、この時期に卵子が卵巣で発育したり、子宮内膜を厚くする作業が行われたりするようになっています。低温期は、生理終了後から始まり、排卵直前まで続きます。

高温期とは?いつからいつまで?

高温期とは

低温期は平熱のフラットな状態の体温のことですが、高温期は体温が上昇することから名づけられています。

高温期にはプロゲステロンと呼ばれる黄体ホルモンが活発に分泌されており、この時期に受精や着床が成立します。プロゲステロン(黄体ホルモン)には体温を上昇させる作用がありますが、これは体温が高い方が受精や着床が成立しやすいからです。高温期は排卵後から始まり、生理直前まで続きます。

排卵日の体温の変化について

排卵日の体温の変化について

女性の身体は低温期と高温期の2種類に分かれていることをご紹介しましたが、それぞれ排卵と生理を挟んで切り替わっていきます。では排卵日に体温はどのように変化するのでしょうか。

排卵日は低温期後半に起こることが多く、排卵日直前になると低温期の平均よりもさらに体温が低くなる日が訪れます。

その後、無事に排卵が行われると体温は上昇し高温期に切り替わるため、低温期後半にガクンと体温が下がるタイミングが合ったら排卵日直前のサインだと気づくことができます。

ホルモンバランスの急変

ホルモンバランスの急変

排卵日の直前に体温は下がり、排卵が行われると今度は体温が上昇していきます。このような変化が生じるのは、ホルモンバランスが切り替わっているからです。

低温期はエストロゲン(卵胞ホルモン)が分泌されている期間ですが、分泌がピークに達したときにプロゲステロン(黄体ホルモン)が分泌されることが刺激となり、卵巣から卵子が排卵される仕組みとなっています。そのため、体温に大きな変化が生じるのです。

ただ、ホルモンバランスも急変するため体調が一時的に不調になることもあります。微熱を感じたり、吐き気を感じたり、時には不正出血が引き起こされたりすることもあるでしょう。

ホルモンバランスが急変することにより精神的にイライラしてしまうこともあります。それほど、ホルモンバランスが急変するということは身体にとって大きな出来事なのです。

排卵日を正確に知る 基礎体温

基礎体温の計測方法について

基礎体温を計測することで、排卵日を予測しやすくなります。では、具体的に基礎体温はどのように計測するものなのでしょうか。

基礎体温は少しの変化で左右されるため、毎日同じ条件で計測することが必要です。身体が最も安定している朝目が覚めた時に計測すると良いでしょう。身体を起こしてしまうと血液循環が加速し筋肉も使用してしまうため体温に変化が生じてしまいます。

そのため、枕元に体温計を準備しておき目が覚めたら身体を動かす前に手に取れるようにしておきましょう。起床時間は計測時間となるため、できるだけ同じ時間に起きて計測するようにしてください。

体温を測る場所は、舌下が最適です。ワキや耳だと体温を正しく測れない可能性がありますし、舌下が最も安定して計測することが可能です。

普段使用している体温計だと舌下に使用するのは抵抗があるという方は、基礎体温専用の体温計を準備しておくと良いでしょう。

体温計の種類について

体温計の種類について

基礎体温を計測する体温計は、大きく分けて2種類あります。予測型と実測型があり、スピーディーに計測できるのは予測型です。

ただ、予測型は多少の誤差が生じることもあるため、計測に時間はかかりますが実測型の方が精度は高いでしょう。体温を計測したら、グラフに数値を記入していってください。グラフに書き込むことで、体温の変動を把握しやすくなりますし、高温期や低温期も確認しやすくなります。

体温を測ったら、メモとしてその日の体調や気分も書き込んでおけば、基礎体温と共に体調や気分がどのように変化するのか、把握することができるので次の生理周期に体調を予測することができるようになるでしょう。

基礎体温差はどれくらい?

体温差について

基礎体温を計測していくと、低温期と高温期の差が非常にわずかであることがわかってくると思います。大きな差があるように感じますが、実際は0.3℃~0.5℃です。低温期と高温期の差が0.3℃も開いていない場合は、排卵が行われていない可能性があります。

排卵はプロゲステロン(黄体ホルモン)の分泌により引き起こされるものなので、プロゲステロン(黄体ホルモン)が十分に分泌されていない可能性があるでしょう。

また、高温期が10日以上続かない場合もプロゲステロン(黄体ホルモン)が十分に分泌されていない可能性があります。

高温期は平均して14日間続くとされていますから、10日以上高温期が続かない場合は黄体機能不全が疑われるため、一度病院で診てもらうようにしましょう。

体温がバラバラの場合は?

体温がバラバラの場合

排卵日は低温期から高温期に切り替わることから確認することができます。しかし、どの時期が低温期なのか、高温期なのかわからないほど数値がちぐはぐになっていることもあるでしょう。

体温が2つの時期にわかれておらず、バラバラの状態になっている場合ホルモンが正しく分泌されていない可能性があります。ホルモンが正しく分泌されていなければ、無排卵となる可能性もありますし生理周期が乱れてしまうことも増えてきます。

ホルモンが正しく分泌されない原因としては、生活習慣の乱れやストレス、病気などが関係している可能性があるため、病院で診察を受け原因を知り、適切に対処するようにしましょう。

医師の指導の元、ホルモンバランスを整えることができれば、低温期と高温期もわかりやすくなり、排卵日も予測しやすくなります。

基礎体温は体調や気温の影響をうける

体調や気温の影響

基礎体温は、0.1℃単位で計測していくため非常に些細なことでも変動してしまいます。例えば、ちょっと疲れが溜まっていたり、風邪を引いて体調を崩しかけていたりすると基礎体温に影響することがあります。

また、季節の変わり目や暑い日や寒い日も、基礎体温に影響してしまうことがあるでしょう。そのため、基礎体温の情報だけでは排卵日を予測することが難しくなることがあります。

そこで、役に立つのが排卵検査薬です。排卵検査薬とは、専用の機会に尿をかけて陽性反応を確認し、排卵日が近づいているかどうかを判定するものです。基礎体温に加え排卵検査薬も併用すれば、より確実に排卵日を予測することができるでしょう。

排卵日を正確に知る 排卵検査薬

排卵検査薬を使用するタイミング

排卵検査薬は、尿に含まれる「ヒト黄体形成ホルモン(LH)」が増量したときに反応する仕組みとなっています。

ヒト黄体形成ホルモン(LH)は、排卵を引き起こさせる物質なので、尿の中にその物質が増えてくると排卵日が近いということになります。

排卵検査薬はインターネットで注文できますし、安価なものも出回っているので試してみると良いでしょう。ただ、外国製の安価な排卵検査薬の中には、精度が低く陽性反応が出にくいものも混じっています。より確実に排卵日を知りたいという方は、少し高くなりますが日本製のものを選ぶようにしましょう。

排卵日を正確に知る オリモノをチェック

オリモノをチェック

排卵日を特定するには、基礎体温だけでなく排卵検査薬を併用するとより精度が上がります。さらに精度をあげるなら、オリモノの状態もチェックしておきましょう。オリモノは、膣内部を浄化する作用と受精をサポートする作用があります。

排卵日直前になると、オリモノの状態は透明で糸が引くほど粘りが強くなり、受精しやすい作用が強まってきます。他の時期に分泌されるオリモノとは違う状態になるので、毎日オリモノをチェックし、排卵のサインを見逃さないようにしましょう。

また、排卵日には稀に排卵出血が起きることがあります。排卵出血とは、排卵時に卵子が卵巣や卵管を傷つけることから発生するものです。オリモノに微量の血液が混じるため、排卵日だと気づくことができるでしょう。

ただ、排卵出血は誰でも起こるものではありませんし、病気により発生している可能性もあります。血液の量が多い場合や、下腹部痛が強い場合は、一度病院で診てもらうようにしましょう。

妊娠しやすいタイミングはいつ頃

妊娠しやすいタイミングについて

体温や排卵検査薬、オリモノなどをチェックし排卵日を予測しやすくなったら、妊娠が成立しやすいタイミングを知る必要があります。実は、排卵日当日にタイミングをとっても妊娠する可能性は低いと言われているのです。

妊娠する可能性が最も高まるのは、排卵日から2日前か3日前が良いとされています。それは、精子が卵管にたどり着くまでに時間が必要になることと、精子が卵子の膜を突破するのに時間がかかること、そして卵子が受精できるのは24時間以内であることが関係しています。

卵子が受精できる時間は限られているため、排卵日当日にタイミングととっても精子がたどり着く頃には受精可能な時間が終わってしまっている可能性があります。このことから、妊娠しやすいのは、排卵日の2日前か3日前がベストとされているのです。

精子はどれくらい生きる?

精子はどれくらい生きる?

妊娠しやすいタイミングを取るなら、排卵日の2日前か3日前がベストとされています。しかし、それでは精子の生命が持たないのではないかと心配になる方もいらっしゃるでしょう。たしかに多くの精子は死滅してしまいますが、強い精子は3日以上子宮の中で生き続けることができます。

子宮内部は雑菌が繁殖しないように酸性となっているため、精子が死滅しやすい環境ですが、糸が引くほど伸びるオリモノが出ている時期はアルカリ性に切り替わるため、精子が死滅しにくくなります。

中には1週間近く生き続けるタフな精子もいますから、排卵日前でも受精の確率は十分あると言えるでしょう。ただ、精子は生産されると劣化し体力が消耗されていきますから、久々にタイミングを取ったとしても古い精子であるため短い時間で死滅してしまうこともあります。

定期的に夫婦の営みを持っている方なら問題ありませんが、月に一度妊娠の為だけに行う場合は精子が古いため、タイミングは良くても妊娠が成立しないことも考えられます。このことから、普段から夫婦の営みを定期的に取っておいた方が妊娠の確率を上げることができるでしょう。

まとめ

排卵日と体温の情報を中心に幅広くご紹介しました。排卵日は、基礎体温を計測して把握し、排卵検査薬を使用し、オリモノをチェックすることで予測しやすくなります。

さまざまな情報を組み合わせることで、ベストなタイミングが取れるようにしましょう。また、体温から自分の身体を知ることで隠されていた病気やホルモンバランスの崩れを発見することもできます。妊娠だけでなく体調管理としても自分の体温を把握できるようにしておきましょう。

PR

シェア