生理痛の吐き気について知っておきたいこと

生理が起きると、女性の身体にはさまざまな不具合が生じます。ある女性は腹痛に悩まされ、ある女性は腰痛に苦しみ、またある女性は身体をまっすぐにできないほど激しい腹痛に襲われることがあります。

人により生理痛の現れ方には違いがありますが、やっかいなのが「吐き気」症状を伴った生理痛です。

胃がムカムカしたり、吐き気が治まらず食欲が減ってしまったり、本当に吐いてしまったりする方もいらっしゃいます。中には、吐き気が生理痛のひとつだと気づいていない方もいらっしゃるでしょう。そこで、生理痛における吐き気について詳しい情報をお届けしていきたいと思います。

PR

生理中に吐き気が起きる原因は?

生理痛と共に吐き気が起きてしまうのは何が原因なのでしょうか。生理痛として思い浮かぶ症状と言えば、腹痛や腰痛、身体のだるさや情緒の不安定さが思い浮かぶと思います。

それに吐き気が伴うということは、生理痛の症状も悪化している状態に近いと言えるでしょう。生理痛は、さまざまな状況で簡単に悪化してしまいます。

生理痛や吐き気を悪化させるものにはどんなものがあるのか、原因を詳しく探っていきましょう。

生理痛や吐き気を悪化させるものとは

生理痛や吐き気を悪化させるもの

生理痛や吐き気を悪化させるものとして、生理に欠かせないある物質が関係していることが考えられます。身体に生理が起きるということは、受精が行われず不要になった子宮内膜の組織や経血を、身体の外に出すという作業が開始されたということです。

子宮内膜の組織は黄体ホルモンや卵胞ホルモンと呼ばれる女性ホルモンが働きかけ、厚みを出して受精卵が着床しやすいようにしていましたが、受精に及ばなかった場合はその組織が不要になるため、女性ホルモンの働きがストップし、剥がれおちてしまうのです。

そして、不要になった子宮内膜の組織や経血を、身体の外に出すために必要なのが「プロスタグランジン」という物質です。このプロスタグランジンが生理痛や吐き気を引き起こしていると考えられています。

プロスタグランジンの影響

プロスタグランジンの影響

プロスタグランジンは、不要になった子宮内膜の組織や経血を、身体の外に出すために作用する物質です。主に子宮周辺の筋肉を刺激し、大きく収縮させることでポンプのように子宮内部にある組織や経血を押し出していきます。

排卵後から生理が始まるまでの期間は、黄体ホルモンが積極的に分泌されているため、子宮周辺の筋肉は制御され活動も最小限になっていましたが、急に目を覚ませるようにプロスタグランジンが筋肉を刺激して動かすため、生理痛が発生しやすくなるのです。

そのため、プロスタグランジンにより生理痛は下腹部に起きることが多く、キリキリとお腹が絞られるような痛みを感じたり、チクチクと刺されるような痛みを感じたりするのです。

また、プロスタグランジンの働きは、子宮周辺の内臓にも影響してきます。そのため、胃を強く刺激し吐き気も引き起こしてしまうのです。

プロスタグランジンによる吐き気

プロスタグランジンによる吐き気

プロスタグランジンは、不要になった子宮内膜の組織や経血を、身体の外に出すために子宮周辺の筋肉を刺激するため、子宮周辺の内臓にも影響を及ぼします。

子宮のそばには胃や腸があるため、プロスタグランジンの働きによって胃が圧迫されたり強く刺激されたりします。そのため、胃酸過多になって吐き気が催したり胃が圧迫されて胃もたれのように感じたりしてしまうのです。

プロスタグランジンがどんどん分泌されてしまうと、筋収縮も激しくなるため、より生理痛や吐き気が強まってしまいます。これらの症状を抑えたい場合は、プロスタグランジンの分泌を抑える必要があるのです。

貧血の人は生理中、吐き気になりやすい?

貧血の人は生理中、吐き気になりやすい?

自分は貧血であると自覚している方は、貧血と吐き気が大きく関係していることを知っておきましょう。通常の貧血は鉄分不足による赤血球の減少が原因の鉄欠乏性貧血ですが、生理時は子宮周辺に血液が集中して量が不足し、脳に回らなくなってしまう虚血性貧血と呼ばれています。

貧血の原因は異なりますが、どちらも吐き気やめまい・頭痛といった症状を引き起こします。生理時には貧血でない方も虚血性貧血になってしまう事が多いので、元々貧血という方の場合は推して知るべきでしょう。

毎月生理時には吐き気に悩まされるという方は、その場の吐き気対策よりも時間をかけた貧血対策を行う方が、吐き気を抑える結果につながりやすいです。

プロスタグランジンの分泌を抑える方法

プロスタグランジンの作用は、時に生理痛や吐き気を引き起こしてしまいます。プロスタグランジンの分泌が活発になると、症状も悪化してしまうため分泌を最小限に抑えることが必要です。では、プロスタグランジンの分泌を抑えるためには何をすればよいのでしょうか。

身体を温めて改善

プロスタグランジンの分泌を抑える方法

まず、これ以上分泌させないために身体をしっかりと温めるようにしましょう。身体が冷えている状態になると、血行不良が生じ筋肉の動きも制御されてしまいます。すると、どうにかして筋肉を動かそうとプロスタグランジンの分泌が増えてしまうため、冷えは早めに取り除く必要があるのです。

半身浴をして骨盤周りを温めたり、ホッカイロで直接冷えを取り除いたりするのも良いでしょう。もちろん、お腹が冷えやすい格好や冷たい飲み物も控えるようにしてください。

身体の中から温めることで改善(ホットドリンク)

身体の中から温めることで改善(ホットドリンク)

プロスタグランジンの分泌を抑えて、生理痛や吐き気を緩和させるためには、飲み物にも注意を払うべきです。冷たい飲み物を飲むと、内臓が冷えて血流も悪くなってしまうため、子宮周辺の筋肉の動きが鈍くなってしまいます。

子宮周辺の筋肉の動きが鈍くなると、プロスタグランジンの分泌が増えてしまうため、温かい飲み物を摂るようにしましょう。

ただ、温かい飲み物だからとコーヒーや紅茶を飲みすぎてしまうと、かえって身体を冷やしてしまうことがあります。カフェインが多く含まれている飲み物を摂りすぎると、毛細血管が収縮して結果的に身体を冷やしやすくしてしまうからです。

また、カフェインには自律神経を興奮させる作用もあるため、血流が一時的に悪くなることがあります。生理痛や吐き気が強く出ている方は、カフェインの摂りすぎに注意するようにしましょう。

甘いものの食事を改善する

ドロドロ血液に注意

プロスタグランジンの分泌を抑えて、生理痛や吐き気を緩和させるなら、食事にも気をつけましょう。脂が多く、糖分がたっぷり含まれている食事を続けていると、血液がドロドロになって血行不良を招いてしまうからです。

特に洋食や洋菓子は脂も糖分もカロリーも多いため、できるだけ控えるようにしましょう。食物繊維が豊富でビタミンやミネラルも豊富に含まれている食材を選び、和食などアッサリした味付けを心掛けるようにしてください。

野菜に欠けるドレッシングも、ノンオイルのものやヘルシーなものを選ぶようにしましょう。また、肉より魚の方が同じ脂質でもサラサラしていて血行促進に役立ってくれるので、積極的に取り入れるようにしましょう。

適度な運動で血行促進で吐き気を改善

適度な運動で血行促進

生理痛や吐き気を緩和させるためには、プロスタグランジンの分泌を抑える必要がありますが、適度な運動をすることも大切です。

生理が始まる予定日の1週間ほど前から、ストレッチやヨガなどを実践していると、血流が滞りにくくなります。生理が始まってしまうと、経血の漏れや身体の重さが気になり、運動を積極的に行わなくなってしまいます。

身体を動かさない日が続くと、血行不良が加速して筋肉の動きが鈍り、プロスタグランジンの分泌が活発になってしまいますので、できるかぎり適度な運動は継続するようにしましょう。

生理中の吐き気を薬で抑える

生理中の吐き気を薬で抑える

毎月のように生理痛や吐き気が起きるという方は、プロスタグランジンの分泌を最初から抑えるのもひとつの方法です。最近は、プロスタグランジンの分泌を抑える薬が幅広く出てきているので、辛くなる前に服用するようにしましょう。

プロスタグランジンの分泌を抑える薬の成分としては、イブプロフェン、アスピリン、エテンザミド、ロキソプロフェンナトリウム水和物などがあります。

ただ、イブプロフェン、アスピリン、エテンザミドには胃がムカムカして吐き気が生じる副作用も含まれているため、薬を飲んでも吐き気が継続してしまうことがあります。

ロキソプロフェンナトリウム水和物は比較的胃に優しいので、吐き気の副作用が気になる方は試してみると良いでしょう。

また、脳が痛みを感じにくくなるイソプロピルアンチピリンや、アセトアミノフェンが含まれている薬も効果的です。薬剤師や医師に相談し、用法容量を守って正しく服用するようにしましょう。

ストレスは吐き気を悪化させる

ストレスは吐き気を悪化させる

ストレスは胃に強く影響しますが、それは生理の時も同じです。ストレスは生理システムの大敵ですから、ストレスが強ければ余計に生理痛が酷くなってしまいますし、ただでさえ影響を受けやすい胃が更に症状を悪化させてしまうのも頷けるでしょう。

今までは何ともなかったのに今月の生理は吐き気が酷いという場合には、もしかしたらストレスが急に溜まって体に影響した可能性があります。

急な吐き気に悩まされている方は、薬の服用と同時にストレスを速く解消するのが大事です。ただ、症状が悪化した場合は病院を受診した方が良いでしょう。

その他 生理中の吐き気を抑える方法

漢方で吐き気を抑える

漢方で解決

生理痛や吐き気を抑えたいけれど、薬だと副作用が気になると思う方は、漢方薬を試してみてください。桂枝茯苓丸、当帰芍薬散、加味逍遙散などがオススメです。

漢方薬なら自然の生薬を使用しているので、副作用は比較的少なくて済みます。ただ、体質やアレルギーなどの症状がる場合は、副作用が強く出る場合もありますので、薬剤師によく相談してから服用するようにしましょう。

ツボで吐き気を抑える

生理痛や吐き気を抑えたいという方は、ツボで対策してみてはいかがでしょうか。生理痛など子宮周辺に効果的なツボとしては、三陰交(サンインコウ)、照海(ショウカイ)、行間(コウカン)、血海(ケッカイ)、足三里(アシサンリ)、陰廉(インレン)と五里(ゴリ)、関元(カンゲン)、気界(キカイ)、中極(チュウキョク)、帰来(キライ)などがあります。

特に、三陰交と足三里は女性にとって万能のツボと呼ばれていますので、定期的にツボ押ししておくと良いでしょう。

足回りにあるツボ

「三陰交」は足首の内側にあるくるぶしの頂点部分から、4本指を上にあてたところにあります。親指をツボにあてて足首を掴むように握り、ゆっくり指圧すると良いでしょう。

膝にあるツボ

「足三里」は、膝下お皿の下側に親指をあてたとき、小指の位置にあります。親指を使ってゆっくりと刷り込むように押して3秒経ったら離すのを繰り返しましょう。

どちらのツボも、強く押し過ぎたり長時間続けたりすると逆効果になる可能性があるので注意が必要です。

サプリメントの活用で吐き気を抑える

サプリメントの活用で吐き気を抑える

生理痛は、ホルモンバランスや栄養状態・免疫力などが絡み合って原因となっていますから、もし吐き気があった場合でも吐き気止めではなく体のバランスを整えるようにしていく方が効果的です。

しかし原因が複数あるため、一つずつ対応していくのがポイントで、例えば吐き気にはビタミンB6等のビタミンB群、貧血には鉄分と亜鉛、プロゲステロン過剰分泌を抑えるには魚などから取れる不飽和脂肪酸などが挙げられます。

食べあわせで吸収率が上がる栄養素もあるため、なるべくなら食事からこれらの成分を摂取するのがベストですが、毎日自炊は面倒という方も多いでしょう。そんな時は自炊回数を増やして、不足していると思う成分はサプリで補うという方法はいかがでしょうか。自分の食生活を改善するためにも、普段の食事内容をチェックしてみましょう

リラックスで吐き気を抑える

リラックスで解決

生理痛や吐き気を抑えたいという時は、リラックスを心掛けましょう。身体や心に強いストレスを感じると、自律神経が乱れホルモンバランスや体温調整が崩れてしまいますので、できるだけストレスをためないようにし、リラックスすることが大切です。

ただ、リラックスをしようとしてがんばってしまうとそれがストレスになってしまうため、簡単にできる方法を選ぶようにしてください。

アロマキャンドルに火を灯したり、好きな音楽を聞いたり、いつもより長めにお風呂に浸かったりするだけでも、充分リラックスすることができます。

生理中の吐き気がが治まらない場合

症状が治まらない場合

さまざまな対策をしても、生理痛や吐き気が治まらないという場合、他の原因が関係している可能性があります。

子宮内膜症や子宮腺筋症、子宮筋腫、などの病気が隠れていることがあるので、早めに産婦人科を受診するようにしましょう。

吐き気のほかに、生理周期が不規則になっていたり、下腹部痛が強くなってきていたり、性交痛や排便痛、不正出血などが確認できた場合は、すぐに診てもらってください。

最近は、20代の女性でもこれらの病気を発症することが増えてきています。自分は大丈夫だと過信せず、まずは一度検診を受けてみてはいかがでしょうか。

妊娠の可能性も考えられる

妊娠の可能性も考えられる

そろそろ生理が来る予定なのに、生理痛や吐き気があるだけでなかなか生理が来ないという場合、妊娠している可能性があります。妊娠の初期症状として、生理痛に似た症状や吐き気などが含まれているからです。

妊娠の可能性に心当たりがあるという方は、一度妊娠検査薬を試してみると良いでしょう。生理予定日から1週間ほど過ぎれば使用することができます。

もし、基礎体温を測っているなら高温期が続いていないかチェックしてみてください。体温は下がらず高温期が継続されているようなら、妊娠している可能性が極めて高いと言えるでしょう。

自己暗示に注意が必要

自己暗示に注意

毎月のように生理痛や吐き気が生じるという方は、そろそろ生理が始まるという兆候が表れると、気持ちが沈んでしまうことがあります。

また生理痛や吐き気が来てしまうと思うことがストレスになり、それがきっかけとなって同じような症状が続いてしまうことがあるので注意しましょう。

生理痛や吐き気は、毎回決まって生じるものではありません。プロスタグランジンの分泌が減少すれば、生理痛や吐き気を感じないこともありますし、ホルモンバランスや体調も整っていれば、生理中でも元気に過ごすことができるでしょう。

自己暗示にかけてしまうことで、負のループに陥ってしまうこともあるので深刻に考えすぎないようにしましょう。

まとめ

生理痛や吐き気についてさまざまな情報を詳しくご紹介しました。生理痛が起きるメカニズムや、吐き気が起きる原因を知ることで、少しほっとした部分もあるのではないでしょうか。

毎月続くものだからと諦めず、生理痛や吐き気の仕組みを知り、対策をしていくことで次の生理は快適に過ごしていけるようにしましょう。


シェア