閉経の兆候について知っておきたいこと

女性の生殖機能は、30代後半になると減少し始めます。高齢出産が35歳以上となっているのは、生殖機能の低下によって妊娠しても様々なトラブルが発生しやすいためと言われています。

そして40歳の声を聞くと、気になってくるのが閉経ですね。ただ、ある日突然ぴったり生理が止まるというわけではなく、ホルモン減少に合わせて少しずつ変化し、色んな症状を伴いながら閉経に向かっていきます。

閉経は女性の大きな節目ですから、慌てることなく心の準備をしていきたいですね。そこで、閉経の兆候や気をつけるべきことなどをご紹介していきます。

PR

閉経とは

閉経とは

閉経の定義はWHOによると「卵巣の卵胞の消失による永久的な月経の停止」となっています。ただ、卵胞の消失は検査をしなければ分かりませんので、医学的には40歳過ぎて1年以上生理がない場合に閉経と定義されます。

いつ閉経するかに関しては個人差があり、早い方では40代前半で遅い方は50代後半で閉経を迎えると言われていて、平均は50歳前後となっています。

ホルモン検査ってどんなもの?

ホルモン検査ってどんなもの?

今のホルモンバランスがどのような状態かを知るためには、血液検査で血中ホルモン濃度を測るのが一般的で、その結果で治療方法が定められます。

その他には卵胞の残りがどれくらいあるかを調べるAMH検査があります。初期の卵胞から分泌されるホルモンを調べて数値が高ければ卵胞数が多く、低ければ卵胞数が少ないことが分かります。

不妊治療でも用いられますが、保険対象ではないので興味のある方は料金も合わせて詳しく調べてみてください。

早発閉経とは

早発閉経とは

上に述べたように一般的な閉経年齢は50歳前後ですが、中には20代・30代で閉経の兆候を示す方もいらっしゃいます。

早発閉経は43歳未満で排卵が停止してしまう状態で、生活に影響が出たり妊娠が難しくなってしまいます。早発閉経は染色体異常や自己免疫の異常・以前の手術によって起こると言われていますが、若い時は無月経と間違えやすいため、自覚した時には閉経が進んでしまっていることも多いです。

遅発閉経とは

遅発閉経とは

平均的な閉経年齢は50歳前後で、大体は45歳~55歳の間に閉経します。しかし、中には60歳になってから閉経を迎えたと言う方もいらっしゃいます。

このように閉経の平均年齢を超えて56歳以降で閉経した場合を、遅発閉経と呼びます。早発・遅発閉経はどんな方にでもなる可能性がありますが、遅発閉経はもともと子宮筋腫カがあったり分娩回数の少ない方などに多い傾向です。

まだエストロゲンが分泌されていると言うことですから羨ましく感じますが、その分大出血・子宮体がん・乳がんのリスクが上がります。

閉経とホルモン変化

閉経とホルモン変化

ホルモン分泌は20代後半でピークとなりますが、その後は緩やかに減少し始めエストロゲンは40歳くらいから、プロゲステロンは45歳くらいから急激に減少し始めます。

このままだと閉経後は女性ホルモン分泌がゼロになってしまうのではと心配になってしまいますが、実際は脂肪組織や卵巣などに存在する酵素が副腎皮質にある男性ホルモンをエストロゲンに変えるため、エストロゲン分泌が無くなることはありません。

ただ、以前ほどの量が分泌されるわけではないので、骨粗しょう症や肥満・高血圧などを発症しやすくなります。

閉経の兆候

閉経が始まると言われる年齢になると、いつ始まるのか、更年期障害がどのようにして現れるのか、考えては不安になってしまいますね。

生理に関するあれこれは個人差が大きいため、周りと比較できず余計不安になってしまうものですが、それでも多くの方に共通する閉経の兆候がいくつかあります。生理の兆候にはどのようなものがあるのか見ていきましょう。

生理周期が不安定になる

生理周期が不安定になる

女性ホルモンの分泌量が少しずつ減少するので、今まで一定だった生理周期が不安定になります。これまで女性ホルモンの崩れが生理周期に影響すると、どんどん長くなっていくか短くなっていくかのどちらかがほとんどでした。

しかし、閉経が近くなっている場合の生理周期は、長い月の後は急に短くなったりと次の生理周期の予測がつかないほど不安定になってしまうことが多いのです。ホルモン分泌の傾向を知ろうとしても、残念ながら基礎体温もガタガタになって体の状態を知ることが難しくなります。

出血量が変わる

出血量が変わる

閉経間近の生理は、1回ごとに変化すると思ってよいでしょう。生理周期はもちろんですが、出血量も変化します。

閉経が近くなると女性ホルモン分泌量が低下するのだから出血も少なくなるとイメージしますが、今月の出血量が少なかったとしても翌月は出血が急に増えることもあり得るのです。

また、生理の出血以外に不正出血が起きることも多く、不正出血と生理の出血が重なれば、ナプキンを頻繁に取り替えても間に合わない・生理が止まらないといった症状が現れることもあります。

おりものに変化がある

おりものに変化がある

おりもの量はエストロゲンの分泌に比例するので、エストロゲン分泌が最大になる排卵日前後におりものの量も多くなります。

閉経が近づくとプロゲステロンよりも先にエストロゲンの分泌が減少するのですが、それに伴っておりもの量も減っていきます。

おりものは膣内の環境を保って雑菌の進入を防いだり精子を通りやすくする役目がありますが、おりものが減ると膣内が乾燥してしまうため、菌が繁殖して炎症の原因となったりかゆみを引き起こすようになります。

また、おりものがある場合でも茶色くなったり血が混じるなど、おりものそのものにも変化が現れます。

下腹部痛

下腹部痛

生理周期には女性ホルモン以外にも多くのホルモンが分泌されていて、上手くバランスを取り合って排卵・生理が行われています。

しかし閉経近くになると女性ホルモン分泌が減少するため、このバランスが崩れてしまい他のホルモンにも影響して様々な症状を引き起こします。

多いのが生理時のような下腹部痛ですが、これは生理時に子宮を収縮させて子宮内膜を排出させるプロスタグランジンというホルモンが過剰に分泌されたために起こるものです。また子宮自体が小さくなろうと動いているため、これもまた下腹部痛が起こる理由の一つとなっています。

更年期の症状から見る閉経について

更年期について

閉経前後の5年間は女性ホルモンの減少に伴って様々な症状が現れる時期で、この時期を更年期と言います。

これらの症状が何らかの病気によるものではない場合に更年期症状と呼ばれますが、日常生活を送るのが困難なほど症状が強く現れた場合は更年期障害と呼びます。

更年期症状の現れ方も個人差が大きいため、自分の症状の程度が分からず我慢して過ごす方も非常に多いですね。主な更年期症状は原因によって以下の3つに分けられます。

自律神経失調症による症状

自律神経失調症による症状

ホルモン分泌と自律神経をコントロールするのは、どちらも脳の視床下部です。ホルモン分泌が急激に変化するともちろん自律神経も影響を強く受けて、様々な症状が現れます。

更年期の代表的な症状としてのぼせや火照りがありますが、それはこの自律神経が乱れて起こるものです。その他には、体の冷え・動悸・息切れ・疲れやすいなどが挙げられます。

精神的症状

精神的症状

女性ホルモンバランスが崩れるのは閉経前でなくとも良くあることで、生理前になると必ずイライラしてしまう・落ち着かない気持ちになる方も多いでしょう。

閉経近くになると同じような症状が起きますが、女性ホルモンバランスの崩れは通常の比ではなく急激に起こるため、精神的な症状も悪化しやすくなります。

イライラするだけでなく、急に泣いたり落ち込んだりと感情の起伏が今までになく大きくなるのも更年期症状の特徴です。

肉体的症状

肉体的症状

エストロゲンは血圧やコレステロール・血糖値をコントロールする働きがあります。更年期でエストロゲンの分泌が減少するとこの働きが鈍り、高血圧や肥満に結びつきやすくなります。

更年期は血流が鈍って筋肉が出した老廃物を上手く排出できなくなるのと、コラーゲンの生成にエストロゲンが必要なため、皮膚の乾燥によるかゆみや腰痛・関節痛に悩まされるようになってしまうのです。

更年期症状の緩和方法

更年期症状の緩和方法

更年期の症状は個人差があると述べましたが、そのまま我慢する必要は全くありません。病院では治療法がありますし、日常生活で気をつけていけば症状を緩和することも可能です。

閉経時期にはまだ時間があるから大丈夫と思っている方も、今から習慣にしていけばトラブルの発生も抑えられますし健康にも良いですから、ぜひ今日からでも初めてみてください。

運動を積極的に

運動を積極的に

エストロゲンには上に紹介した作用の他にも、脂肪代謝に大きく関わっています。更年期に入って太りやすくなったのに痩せなくなったという方が多いと思われますが、これはエストロゲンの減少が原因です。

体重が増えれば生活習慣病や腰痛・ひざ痛を発症して運動が出来なくなり、更にダイエットの効果が上がらなくなってしまうので、なるべくなら今のうちにフォローしておきたいですね。

そこでおススメなのがウォーキングや水泳などの有酸素運動です。運動を習慣づければ代謝のサポートができますし、ストレス解消にもなるでしょう。

食事のとり方

食事のとり方

上で述べたように、エストロゲンが減少すると様々な病気を発症しやすくなります。少しでも症状を軽くしたいと思っている方は、食事内容に注意しましょう。医者がこの時期に勧めるのが大豆に含まれるイソフラボンで、閉経後に食べる量を多くすると乳がんの発生リスクを抑えられると言われています。

ただし、イソフラボンのサプリなどは過剰摂取になりやすいので注意が必要です。幸い日本は大豆製品の種類が豊富ですから、毎日飽きずに食べられますね。

更年期外来での治療

更年期外来での治療

更年期の症状が辛く起きられない方は、我慢せず更年期外来などで治療を始めましょう。更年期症状の治療は大きく分けて3種類あり、早く効果を得られやすいのはホルモン剤を服用するホルモン補充療法です。

エストロゲンとプロゲステロンが含まれたピルを服用して、これまでの正常なホルモンバランスへと近づけます。ただしホルモン剤はアレルギーの副作用などでこの方法を使えない方もいらっしゃるので、その場合は漢方薬を処方して体のバランスを整えていきます。

また、睡眠障害や不安が過ぎる時は向精神薬や睡眠導入剤を処方されることが多いようです。あれこれ悩む前に更年期が以外に相談して見ましょう。

閉経前 気をつけたいこと 妊娠

閉経前 気をつけたいこと 妊娠

閉経の兆候が見られるようになると、もう性交しても妊娠しないと思ってしまいがちですが、閉経の定義である卵胞・卵子が消失したかどうかは検査をしないと分かりません。

また、生理のない状態が1年続いて初めて閉経となるわけですから、11ヶ月経って出血があれば、生理はまだ続いています。

ですから、数ヶ月生理がなかったから閉経したと思って性交した場合、妊娠する可能性はゼロではありません。40代の妊娠率はかなり低いですが実際に妊娠・出産された方もいらっしゃいますから、油断しないようにしてください。

病気の可能性

病気の可能性

閉経の年齢は子宮の病気を発症しやすい時期と重なっています。生理の間隔が短くなった・生理が終わらない・出血が多い等の症状がある時は、もしかしたら経血ではなく何らかの不正出血の可能性、または生理と不正出血が重なって出血量が増えた可能性があります。

不正出血はちょっとした体調の変化でも起こりますが、何回も大量の鮮血が続くようならば子宮筋腫・子宮内膜症・子宮がんなどの可能性があるかもしれません。軽度のうちに完治させるためにも、生理中の出血には十分注意しましょう。

女性の体は一定の周期で変化する

女性の体は一定の周期で変化する

東洋医学では女性の体は7年ごとに大きく変化すると言われています。簡単に紹介すると、14歳で初潮・21歳でホルモンバランスが成熟・28歳でホルモン分泌量がピーク・35歳でプレ更年期・42歳で女性ホルモンが減少・49歳で閉経・56歳で老年期突入となっています。

思い返してみれば、確かにかなり当たっているのではないでしょうか。例えば自分の年齢が35歳前後だとすると、それ以降の体の変化が一目で分かります。この変化を参考にして、今後の体や心の変化に準備していきましょう。

まとめ

閉経の平均は50歳前後ですが、あまりにも若すぎる場合は早発閉経、遅すぎる場合は遅発原因としてそれぞれ妊娠や生理に影響してトラブルを抱えるようになります。閉経の兆候は生理周期や出血量の変化で認められ、閉経前後の5年間は更年期と呼ばれ、最も症状が辛い時期です。

更年期の症状は様々ですが、あまりにも辛い時は我慢せずに病院で相談しましょう。更年期の症状は治療で緩和できますから、ぜひ利用してください。色んなサポートをもらいながら、少しでも楽に過ごせるようになると良いですね。

PR

シェア