ひどい生理痛を緩和したいとき知っておきたいこと

生理が始まると、途端に憂鬱な気分になったりしませんか?生理痛がひどい方だと、仕事や育児に集中できなくなって辛くなりますよね。

どうにかして緩和したいと思っていても、なかなか良い緩和策が見つけられないこともあります。それは、生理痛のメカニズムを理解していないからです。生理痛が起きるメカニズムを知ることで、適した緩和策を選ぶことができるでしょう。

そこで、生理痛に関する詳しい情報や、生理痛を緩和したい時に行うべき方法など、幅広くご紹介していきましょう!

PR

生理痛のメカニズム

生理痛のメカニズム

ひどい生理痛に悩んでいる女性は数多くいますが、生理痛はどうして起きるのかは意外と知られていません。実は、生理痛が起きる時期や症状によって生理痛が起きるメカニズムは異なります。

生理痛が起きる時期で分類すると、生理前、生理前半、生理後半があります。それぞれの時期にどのような現象が身体に起きているのか、詳しくご説明していきましょう。

生理が始まる前からの不調

生理痛は、生理が始まってから起きるとは限りません。生理が始まる前からすでにひどい生理痛が始まっている方はたくさんいらっしゃいます。PMSという言葉や、月経前症候群という言葉を聞いた方も多いのではないでしょうか。

生理前には、このようなPMS(月経前症候群)の症状が現れやすく、8割近い女性が悩んでいるとも言われています。生理前の生理痛は、どのようなメカニズムから引き起こされているのでしょうか。

生理前に起きる生理痛のメカニズム

生理前に起きる生理痛のメカニズム

生理前にひどい生理痛が起きるのは、女性ホルモンが作用しているからです。生理は、2つの女性ホルモンから引き起こされるメカニズムとなっており、黄体ホルモンと卵胞ホルモンという物質がコントロールしています。

生理前には黄体ホルモンの分泌が活発で、それが原因でPMS(月経前症候群)を引き起こすと言われているのです。

また、生理直前になると黄体ホルモンと卵胞ホルモンの分泌が一気に減少してしまうため、体調を崩しやすくなってしまいます。

女性ホルモンが引き起こす症状

女性ホルモンが引き起こす症状

生理前にひどい生理痛が起きるのは、女性ホルモンが作用しているからです。PMS(月経前症候群)と言われていますが、具体的にどのような症状を引き起こしてしまうのでしょうか。

症状の現れ方には個人差がありますが、主に腹痛、腰痛、だるさ、微熱、吐き気、食欲増加、食欲減退、下痢、便秘、寒気、冷えなどがあります。

毎月のように現れる場合もあれば、ほとんど症状を感じないという場合もあります。症状の現れ方に波があるのは、女性ホルモンのバランスが崩れて分泌量が変動しているからです。

バランスが崩れる理由

バランスが崩れる理由

生理前にひどい生理痛が起きるのは、女性ホルモンの影響が関係していますが、分泌量のバランスが崩れると症状は悪化してしまいます。では、何が原因でバランスが崩れてしまうのでしょうか。

女性ホルモンのバランスが崩れてしまう原因としては、不規則な生活や、偏った食事、強いストレス、飲みすぎやタバコの吸い過ぎなどが関係しています。

長い期間このような要素が蓄積していくと、生理痛も慢性化してしまうでしょう。

生理前の生理痛の緩和策

生理前の生理痛の緩和策

生理前にひどい生理痛が起きる場合、どのように緩和していけばよいのでしょうか。まず、女性ホルモンのバランスを崩してしまう原因を根本から排除していきましょう。

そのためには、毎日の生活習慣を見直す必要があります。何時に起きて、どのような食事をどれくらい何時摂っているのか、まずは記録して把握していきましょう。

理想的なのは、朝7時に起きて朝ごはんを食べ、お昼12時には昼食をとり、15時におやつ、19時に夕食、22時に就寝となります。

しかし、家事や育児、仕事の都合で毎日続けるのは難しい部分があるでしょう。そんな時は、朝起きる時間を決めるようにしましょう。朝起きる時間を決め、太陽の光を浴びることで体内時計をリセットすることができるからです。

また、食事が同じ時間に取れないという方は、朝と夕食の時間に気をつけるようにしてください。特に夕食は夜遅い時間に食べると内臓に負担がかかってしまうため、21時ごろまでには終えておくようにしましょう。

おやつの食べ過ぎに注意

おやつの食べ過ぎに注意

生理前のひどい生理痛を緩和させたいという方は、おやつにも気をつけるべきです。生クリームたっぷりの甘いスイーツには、糖分や脂質もたくさん含まれています。また、おやつを食べるときに組み合わせるコーヒーや紅茶にはカフェインが含まれています。

これらを摂取しすぎると、女性ホルモンの分泌をコントロールしている脳に影響が出て、分泌量が乱れてしまう可能性があります。

毎日何杯もコーヒーを飲んでしまうという方や、つい甘いものに手が伸びてしまうという方は気をつけるようにしましょう。

生理が始まると生理痛も始まる場合

生理が始まると生理痛も始まる場合

生理前の生理痛は、女性ホルモンが関係していますが、生理が始まるとひどい生理痛も出てくるという方は別の物質が関係している可能性があります。

それはプロスタグランジンという物質で、生理と大きく関係しているものです。プロスタグランジンは、子宮内部にたまった組織や経血を身体の外に押し出す働きがあります。

子宮を大きく収縮させるため、その動きが生理痛として現れてくることがあります。下腹部の痛みだけでなく、お腹の周りがチクチクしたり、腰痛がひどくなったり、下痢などの症状が現れることもあります。

生理中前半の緩和策

生理中前半の緩和策

生理が始まると生理痛も始まる場合、プロスタグランジンの働きが影響していると考えられます。生理が起きるうえで必要な働きなので、痛みを緩和させるためにその働きをストップさせることは難しくなります。しかし、プロスタグランジンの分泌量を抑えることはできるでしょう。

プロスタグランジンの分泌は、子宮がどれくらい収縮しているかによって変わってきます。子宮周辺の筋肉が良く動き収縮できているようなら分泌量は抑えられ、なかなか収縮できない場合は分泌量が多くなります。

そのため、子宮周辺の筋肉が動きやすいようにするのが、ひどい生理痛の緩和に役立つと言えるでしょう。では、具体的にどのような緩和策に効き目があるのでしょうか。

固まった筋肉を解きほぐそう

固まった筋肉を解きほぐそう

生理前半のひどい生理痛は、プロスタグランジンの働きが関係しています。子宮周辺の筋肉の動きにより、プロスタグランジンの分泌量は変わってくるため、できるだけ筋肉が動きやすい状態にすることが必要になります。

第一前提として身体が冷えている状態なら温めるようにしましょう。湯船でお腹周りをしっかりと温めたり、ホッカイロで腰とお腹を挟むようにしたりすることで、冷えを除去することができます。

身体が冷えた状態になると、血流が悪くなり筋肉の働きも鈍ってしまいます。しかし、身体を温めれば血流は改善され筋肉も動きやすくなるので、生理痛の緩和策としてすぐに実行するようにしましょう。

お腹を温める

お腹を温める

生理前半のひどい生理痛を緩和したいのなら、温めるのがイチバンですが、冷えない対策も必要です。お腹周りをできるだけ冷やさないようにするためにも、はらまきやカイロなどを活用してみましょう。

はらまきなら、お腹周りをしっかり温めることができますし、服のコーディネートにも影響しづらいのでオススメです。最近は薄型のものやさまざまな素材のものが出ていますので、自分に適したはらまきを身に着けておくと良いでしょう。

生理中後半にかけての生理痛

生理中後半にかけての生理痛

ひどい生理痛が、生理後半にかけても続いたりする場合、別の原因が隠されている場合があります。この時期に生理痛が続く場合、うっ血が関係している可能性が高いでしょう。

うっ血とは血流が滞った状態のことで、古い血液が停滞することから必要な栄養や酸素が組織に行きわたらなくなってしまいます。

そのため、うっ血による生理痛は、冷えやだるさが出やすく、痛みにおいても鈍痛として現れることが多いでしょう。いわゆる「だる重い」という症状がお腹周りだけでなく身体全体に発生してしまいます。

生理中後半の緩和策、対処方法

生理中後半の緩和策

生理後半のひどい生理痛を緩和させるなら、血流を促進させるのがイチバンです。生理後半の生理痛は、うっ血が関係していることが多いため、血流を改善させることで古い血液を一掃し、新しい血液が巡るようにしてあげましょう。

簡単な緩和策としてはストレッチがあります。脚の指を動かし、足首をぐるぐると動かした後、足首から太ももにかけてマッサージすることで下半身の血流を改善することができるでしょう。

また、立った状態で腰を時計回り、反時計回りに動かすことで、骨盤周辺の筋肉を刺激し血流を改善することができます。上半身に関しては両手を万歳の状態にあげて、状態をそらすようにして大きくストレッチしましょう。

血流の改善だけでなく、気持ちもリフレッシュできるので是非実行してみてください。

生理痛が起きている時の対処方法

生理痛が起きている時の対処方法

生理前、生理前半、生理後半とさまざまなタイミングで生理痛は現れてきます。つい憂鬱な気分になってしまい、仕事や育児に集中できないこともあるでしょう。

ひどい生理痛のせいでうまくいかないとイライラしてストレスも溜まってしまいがちですが、生理痛が起きている時期だからこそ完璧を目指さないことも重要です。

生理痛は誰にでも起きるものですが、我慢しなければならないものではありません。生理痛が来たな、と思ったら作業の手を休め、リラックスするよう心掛けましょう。温かい飲み物を飲み、好きな香りを嗅ぐことが、生理痛に一番効く緩和策とも言えます。

病気の可能性について

病気の可能性について

生理痛は、さまざまなタイミングで発生しますが、生理前や生理中に関係なく現れることがあります。慢性的に下腹部に痛みを感じていたり、ひどい生理痛が続いたりする場合は、一度産婦人科を受診してみるようにしましょう。

生理が関係していない時期に生理痛に似た症状が起きる場合、思わぬ病気が隠されている場合があります。

子宮筋腫や、子宮頸がん、卵巣がんなどの影響で、生理痛に似た症状が引き起こされていることもあるのです。

これらの病気は、早期発見することで適切な治療を受けることができ、回復も早まります。いつもとは違うタイミングで生理痛が発生し、我慢できないほどひどい生理痛が起きた場合は、迷わずすぐに産婦人科で診てもらうようにしましょう。

いつまで生理痛は続く?

いつまで生理痛は続く?

毎月のように生理痛が起きている方にとって、この先もずっとひどい生理痛が続くと考えると憂鬱な気分になりますよね。女性の生理は約40年続くと言われており、10代の頃に初潮を迎えてから、50代の時期まで基本的に毎月発生します。

妊娠や授乳により、一時的に生理がストップすることもありますが、長い期間生理と付き合っていくのですから、生理痛も軽視せずきちんと向き合うようにしましょう。

生理の周期だけでなく、生理痛の症状や現れる期間、どのような痛みか、痛みのレベルはどれくらいか、詳しく記録しておくことで自分の体調管理に役立てることもできるでしょう。また、基礎体温を測ることで次の生理を予測し、体調の変化を事前に把握することもできます。

生理痛が起きる時期をあらかじめ予測できたら、少し心の余裕も生まれるのではないでしょうか。生理や体調だけでなく、妊娠を望む方は基礎体温を毎日測るようにしましょう。

基礎体温は重要なデータ

基礎体温は重要なデータ

自分の生理周期や生理痛が起きるタイミングを予測する上で、基礎体温は重要なデータとなります。女性の身体は、低温期と高温期に分かれており、低温期から高温期に切り替わるときに排卵が起き、高温期から低温期に切り替わるときに生理が起きるメカニズムになっています。

生理痛が起きやすいのは、高温期の時期ですが、基礎体温の上昇や下降が激しい場合はホルモンバランスが崩れている可能性が高いので、産婦人科を受診して診てもらうようにしましょう。

事前に自分の身体のメカニズムを知っておくことで心に余裕が生まれ、生理痛も緩和しやすくなります。

まとめ

ひどい生理痛をについての詳しい情報や、緩和策など幅広くご紹介しました。女性の生理は40年近くつづくもので、この先もずっと続いていくものです。

だからこそひどい生理痛は我慢せず、原因を探って緩和していくようにしましょう。そして、どうしても我慢できない時はきちんと産婦人科を受診し、治療を受けることが大切です。

生理痛を起こすさまざまな原因を探り、緩和策や治療を行うことで、今後も生理とうまく付き合っていけるようにしましょう。

PR

シェア