生理前イライラについて知っておきたいこと

何か原因があるわけではないのに、とにかくイライラしてしまうことってありませんか?彼氏に八つ当たりをしてしまったり、仕事に集中できなかったりすることも多いため、自分を責めてしまう方もいらっしゃいます。

しかし、「何でこんなにイライラしているんだろう?」と不思議に思っていると生理が来て、そうだったのか・・と納得することも多いのではないでしょうか。生理前になるとイライラする女性は数多くいらっしゃいます。

しかし、生理前のイライラの原因や解消方法を知っている方は実はとても少ないのが現状です。そこで、生理前のイライラを乗り越えるために、さまざまな原因や解消方法など幅広い情報をお届けします。

PR

生理前にイライラするのはなぜ?

生理前にイライラするのはなぜ?

生理前になるとイライラしてしまう女性はたくさんいらっしゃいます。割合で言えば、女性の約80%が生理前になるとイライラなどの不快感が生じると言います。

生理前にイライラするのは、ホルモンバランスが変化していることが関係しています。排卵日を境に、生理に向けてホルモンバランスは急激に変化するため、身体がその影響を受けて精神的なイライラにも繋がってしまうのです。

女性ホルモンの働きが影響

女性ホルモンの働き

排卵や生理に関わる女性ホルモンには、大きく分けて2種類あります。ひとつはエストロゲンと呼ばれる卵胞ホルモン、もうひとつはプロゲステロンと呼ばれる黄体ホルモンです。この2つの女性ホルモンが働くことにより、排卵が起こり、生理が起こります。

生理後~排卵の期間は、エストロゲンが活発に分泌されており、新陳代謝が活発になったり明るい気持ちになったりする作用が強まります。

排卵後~生理前の期間は、プロゲステロンが活発に分泌されて おり、次の排卵に備えるために水分や栄養を蓄えようとしたり、身体の不調に気持ちが落ち込んだりする作用が強くなります。

生理前にイライラするのはプロゲステロンの作用が関係しており、排卵後~生理前の期間は急速にホルモンバランスが変化するため、それに身体が対応しきれず、イライラへと繋がってしまうとも言われています。

排卵前はエストロゲンの働きが活発なので明るい気持ちが強まる傾向にありますが、排卵後には急速に気持ちが落ち込んでくるため、その落差が大きく影響していると言えるでしょう。

イライラの期間はどれくらい?

イライラの期間

生理前にイライラしてしまうのは、女性ホルモンのプロゲステロンが影響していることが関係しているとご紹介しました。では、具体的にどれくらいの期間、イライラが継続してしまうものなのでしょうか。

イライラする期間として最も多いのが、生理前の1週間前後です。早い人だと、生理の10日前からイライラし始めることもあるようです。日によってイライラに波があることも多く、イライラの強弱もかなりの個人差があります。

しかし、生理が始まった途端イライラがピタリと治まり、不思議なほどイライラしなくなることがほとんどです。

イライラ以外の様々な症状

イライラ以外の症状

生理前にイライラしてしまう女性はたくさんいらっしゃいますが、イライラだけでなくさまざまな症状が引き起こされることもあります。例えば、イライラしていたと思ったら急に悲しい気持ちになって涙が出てしまったり、急に人と会うのが面倒になって距離を取るようになったり、何をするにもやる気が起きず、憂鬱な気分になってしまうこともあります。

これらの症状も、女性ホルモンのプロゲステロンが関係していると言われており、他にも身体にさまざまな症状が引き起こされます。腰痛や腹痛、頭痛や便秘なども同時に発生することが多いため、イライラはますます増幅してしまうのです。

生理前にイライラをはじめ、このようなさまざまな不調の症状が現れることを月経前症候群(PMS)と言います。生理前に変化するホルモンの影響は、気持ちや身体に大きく影響するものなのです。

空腹はイライラの原因に

空腹はイライラの原因に

生理前は、食べてもすぐにお腹が空いてしまう事が多いですね。生理前は妊娠に備えてエネルギーを溜めようと体が動くので、普段以上にカロリーが必要になります。

しかし空腹の状態が続くと低血糖になり、精神的に不安定になる・イライラする・落ち着かないといった症状が現れます。

ですから生理前は食事を小分けにして、お腹が空かないように少しずつ食べるのがベスト。お腹が空いたからと、甘いものを大量に摂取すると低かった血糖値が急激に上がってしまいます。体に大きな負担をかけてしまうので、この食べ方はなるべく避けるようにしましょう。

ホルモン以外の影響は

生理前にイライラしてしまうのは、女性ホルモンのプロゲステロンが影響していますが、実はそれだけが原因と言うわけではありません。

実は、生理前にイライラしてしまう原因には、生活環境やストレス、食べ物の好みや、運動量なども関係してくると言われています。生理前に必ずイライラしてしまい、自己嫌悪に陥ってしまう人は、生活習慣や食べ物などを修正してみると良いでしょう。

イライラしやすいタイプや性格が関係している?

イライラしやすいタイプや性格が関係している?

生理前は、周りが恐縮してしまうほどイライラが出てしまうタイプと、普通の状態とほぼ変わらないタイプがいます。ホルモン分泌バランスによってこのような違いが現れますが、その他にも本人の元々の性格も関係している事が多いです。

例えば、几帳面で真面目な方や毎月の生理を煩わしいと思っているような方は、生理前のイライラが強くなる傾向にあります。また、自律神経失調症だったり、チョコレートやコーヒーなど興奮作用のある嗜好品を多く食べるような方も、イライラしやすくなると言われています。

自分の性格はすぐに変えられないので、他の部分でイライラを抑えていけるよう一度生活を見直してみましょう。

生理前イライラの対策

生理前にイライラしないための対策について詳しくご紹介していきます。

生理前のイライラに効く睡眠の大切さ

イライラに効く睡眠

生理前にいつもイライラしてしまう方は、生活習慣をひとつひとつ見直してみましょう。

まず、イライラを鎮めるために一番必要なのが質の高い睡眠です。ぐっすりと眠ることができれば、ホルモンバランスも整いやすくなりますし、身体の疲れも取れてスッキリ爽快になります。仕事や家事で長い睡眠時間が取れないという方は、質の高い睡眠をとることができれば、同じ効果を得ることができるでしょう。

身体を締め付けないパジャマに着替え、照明を暗くしてリラックスできる音楽やアロマを準備してください。寝る前にスマートフォンやテレビなど明るい画面を見ていると、目からの刺激で脳が興奮しなかなか寝付けなくなってしまいますので、ベッドに入る30分前には部屋の明かりを暗くし、徐々に眠りやすい体制に整えていくようにしましょう。

また、同じ睡眠時間でも朝早い時間帯に目覚めた方が体内時計もリセットされやすく、ホルモンバランスも整いやすくなります。夜更かしせず早起きすることを優先させ、質の高い睡眠を確保することができれば、徐々にイライラは軽減されていくはずです。

生理前のイライラに効く食べ物

イライラに効く食べ物

生理前にいつもイライラしてしまうという方は、食べ物を見直してみてはいかがでしょうか。イライラするという事は、神経を興奮させる食べ物を摂取している可能性が高いからです。

カフェインやアルコール、甘い食べ物や脂っこい食べ物は、イライラを増幅させてしまう恐れがあるため、できるだけ控えるようにしましょう。朝食代わりに菓子パンを食べて甘いコーヒーを飲んでいる生活をしている人は、イライラしやすくなるため、和食中心の食べ物に切り替えていきましょう。

生理前のイライラに効く食べ物としては、γ-リノレン酸とビタミンB6を含む食材が良いと言われています。γ-リノレン酸は、種子系の油や、昆布やひじきなど海藻類に含まれています。

またビタミンB6は、豚肉や大豆、玄米や小麦の胚芽、イワシやサバ、カツオなどの魚類に豊富に含まれています。生理前にイライラしがちな人は、和食中心のヘルシーな食事に切り替えていくと良いでしょう。

生理前のイライラに効く運動

イライラに効く運動

生理前にいつもイライラしてしまうという方は、身体を動かしてリフレッシュしてみてはいかがでしょうか。軽くストレッチをしたり、ジョギングしたりするのも良いですし、ヨガで呼吸を整えるだけでもイライラが治まってくるでしょう。

身体を適度に動かすことで、身体と脳の血液循環が改善されるので、生理前の身体の不調も整えやすくなります。ちょっとイライラし始めたなと感じたときは、外の風に当たり適度に身体を動かしてリフレッシュするようにしましょう。

生理前のイライラに効くストレス発散

イライラに効くストレス発散

生理前にいつもイライラしてしまう方は、ストレスがたまっている可能性が高いと言えます。生理前のイライラは、女性ホルモンの影響が関係しているとお伝えしましたが、ストレスの強弱により症状の出方も変わってくるのです。

ストレスがたまっている人ほどイライラも大きくなる傾向があるので、適度に発散させるようにしましょう。カラオケで大声を出したり、好きな趣味に没頭したりするのも良いでしょう。

イライラを我慢し続けるのもストレスになりますので、こんなことにイライラしていると周りの人たちに話すことも発散に繋がります。女性は話すことでたくさんストレスを発散することができますから、会ったり電話したりして適度にイライラを解消するようにしましょう。

生理前のイライラに効くツボ

生理前のイライラに効くツボ

生理前にいつもイライラしてしまうという方は、ツボを試してみてはいかがでしょうか。

三陰交(サンインコウ)、百会(ヒャクエ)、失眠(シツミン)、手の井欠(セイケツ)労宮(ロウキュウ)、内関(ナイカン)、神門(シンモン)などが効果的です。

ツボを押していくことで、さまざまな身体の不調を和らげ、精神的にリラックスすることができます。ツボを押す時はグリグリと強く押しすぎず、呼吸に合わせてゆっくり優しく押すようにしましょう。指の関節が弱い方は、ツボ押しの棒やアイテムを利用することで負担をかけずにツボ押しすることができます。

生理前のイライラに効く漢方

イライラに効く漢方

生理前にイライラしてしまう方は、漢方薬を試してみてはいかがでしょうか。

生理前の症状に効く漢方薬としては、桃核承気湯(トウカクジョウキトウ)、五苓散(ゴレイサン)、抑肝散(ヨクカンサン)、当帰芍薬散(トウキシャクヤクサン)、桂枝茯苓丸(ケイシブクリョウガン)、加味逍遥散(カミショウヨウサン)、半夏厚朴湯(ハンゲコウボクトウ)などが主流です。体型やアレルギーの有無により適切な漢方薬は異なりますので、薬局で聞いてみると良いでしょう。

生理前のイライラに効く薬

イライラに効く薬

生理前にイライラしてしまう方は、薬を使用するのもひとつの方法です。一般的には低用量のピルを使用し、生理前のホルモンバランスの乱れを整えていきます。

仕事に支障が出たり、対人関係に問題が出たりするほどイライラしてしまう方は、ピルでホルモンバランスを整えることで精神のバランスを取れるようにしましょう。

副作用が心配な方や、アレルギーなどの不安がある場合は、事前に医師に相談しきちんと検査を受けてから服用するようにしてください。

もしかしてイライラする性格なの?

イライラする性格?

生理前にイライラしてしまうとわかっていても、日常的にイライラしてしまうこととどう見分ければいいか、わからないという方もいらっしゃいます。

単純にイライラしやすい性格なのかもしれないと、自分を責めたり嫌悪感を抱いたりする人が実は多いのです。しかし、イライラする感情の揺れも、月経前症候群という症状のひとつとしてあてはめられています。

病院に診察に行き、イライラの原因が月経前症候群であることがわかり、自分の性格のせいではないとわかってから、イライラが発生しにくくなったというケースもありますので、原因を知ることはとても重要なのです。どうせ自分の性格だからと自分を責めず、まずは受診してみるようにしましょう。

イライラとタバコ・アルコールの関係

イライラとタバコ・アルコールの関係

イライラ解消にタバコやアルコールを頼ってしまう方もいらっしゃるかもしれません。しかし実は、どちらも生理前に摂取すべきではありません。

タバコは血流の流れを悪くしますから、体が冷えやすくなり月経前症候群が強く現れるようになりますし、もちろんイライラも酷くなってしまうでしょう。

また、アルコールは適量ならば気持ちを上げるのに効果的ですが、エストロゲンには肝臓の分解作用を鈍らせる働きがあるので、生理前は悪酔いしたり酷い二日酔いになる可能性が高いです。

また生理前のイライラをアルコールで紛らわす事が続けば、アルコール依存症になってしまう可能性もあります。これら以外の方法でイライラ改善するように頑張りましょう。

イライラを周りに話しておこう

イライラを話しておこう

生理前にイライラしてしまうのは、ホルモンバランスの変化からくるものなので自然の作用とも言えます。いつも生理前になるとパートナーとケンカしてしまうという方は、生理前にイライラしておくことを伝えておくのもひとつの方法です。イライラしている原因がわからないから、パートナーもイライラしてケンカになってしまいます。

月経前症候群という症状の中にイライラも含まれていることを伝え、理解してもらうことで相手も受け入れやすくなるでしょう。また、毎月生理前にイライラすることがわかっていても、本人にその自覚は生まれにくいものです。

パートナーから「生理前だからイライラしているの?」と指摘してもらえれば、「あ、それでなんだ」と原因がわかり気持ちも治まってきます。生理が不順な女性ほど、生理前の状態を把握しづらい部分があるので、パートナーに良く理解してもらうようにしましょう。

相談が大切な場合も

相談が大切な場合も

理由もわからずイライラしてしまうと、自分の性格を責めたり、自己嫌悪に陥ったりしてしまいます。しかし、イライラの原因が生理前のホルモンバランスの変化や生活習慣の影響だと理解することができれば、それを受け入れることができるようになるでしょう。

「イライラは誰でもあること」「病院へ行くなんてオーバーだ」などと考えず、まずは相談してみるようにしてください。

些細なことでもイライラの原因がわかるだけで、心に大きなゆとりが生まれてきます。誰でもあることだと我慢せず、すぐに相談するようにしましょう。

まとめ

生理前にイライラする原因や対処方法などを詳しくご紹介しました。女性ホルモンの影響や、生活習慣、食べ物の好みなど意外なことが関係していることがお分かりいただけたでしょうか。

イライラの原因を探り、理解することで生理前のイライラと上手に付き合い、その時期を明るく乗り越えていけるようにしましょう。

PR

シェア