生理前の風邪の症状の知っておきたいこと 正体は?風邪をひきやすい?

生理前になるとなんとなく体がだるく、熱っぽく感じられることがあります。体のだるさ、熱っぽさ、鼻炎、腰の痛みなど、生理前にあらわれる症状は、風邪の初期症状によく似ています。

排卵日以降生理開始までは、女性ホルモンの分泌量に大きな変化が起こり、そのため体や精神状態にさまざまな不調が起こります。生理前の風邪に似た症状の正体もその一つ。風邪に似た症状が出やすいだけでなく、ホルモンバランスが崩れることから、生理前は実際に風邪をひきやすい時期でもあります。

生理前の不快な症状を上手に抑えるには、どうしてこのような症状があらわれるのか、その原因について正しい知識を得ておく必要があります。月経前症候群や生理前の風邪に関して知っておきたいさまざまな情報を幅広くご紹介していきます。生理前に決まって体調が悪くなる方はぜひ参考にしてください。

PR

生理前の風邪の症状と月経前症候群の関係とは?

生理前の風邪の症状と月経前症候群の関係とは?

生理前の風邪に似た症状があらわれるのは、月経前症候群(PMS)のせい。生理前に起こる不調は「月経前症候群(PMS)」と呼ばれています。女性のうち約8割以上が経験しているといわれる「月経前症候群」。

主な症状を挙げてみると眠気、胸の張りや痛み、感情の起伏、頭痛、下腹部痛など。この他にも腰痛、吐き気、のぼせ、ほてり、めまい、貧血、微熱、むくみ、倦怠感、寒気など、月経前症候群の症状は、一人一人の女性によって異なります。

上に挙げた症状から分かるように、月経前症候群の症状は風邪の症状に酷似しています。生理前に風邪の引き始めのような症状が起きたら、それは月経前症候群(PMS)かもしれません。

月経前症候群(PMS)について

月経前症候群(PMS)について

月経前症候群の症状は、生理の始まるおよそ2週間から1週間前から始まり、生理の始まりとともに徐々に収まっていきます。月経前症候群の原因については、医学的にはいまだ確定的に証明されたわけではありませんが、排卵日以降に起こるホルモン分泌の変化になんらかの原因がある、とされています。

月経症候群は症状が軽い場合にはそれほど辛く感じませんが、症状が重度になると日常生活を送る上での支障が出るほどになります。

月経前症候群の症状は多種多様

月経前症候群の症状は多種多様

月経前症候群の症状は一人一人の女性によって異なります。また毎月同じような症状が出る方もいれば、月によって異なる症状があらわれる方もいます。

月経前症候群の典型的な五つの症状とは、眠気、腹痛、頭痛、イライラ、胸の張りですが、これ以外にも月経前症候群の種類はたくさん。月経前症候群の症状の種類はなんと200種類にものぼるといわれるほど。その中には風邪に似た症状も多く見られます。

熱っぽさ、ほてり、だるさ、吐き気、のぼせ、微熱、胃のむかつきなど、生理前に風邪に似た症状があらわれたら、月経前症候群である可能性が高いといえるでしょう。

生理前に風邪に似た症状があらわれる理由とは?

生理前に風邪に似た症状があらわれる理由とは?

生理前にあらわれる体と心の不調。腹痛や腰のだるさといった症状であれば、生理と直接関係あるような気がしますが、熱っぽさやだるさといった風邪に似た症状が起きるのはなぜでしょうか?

女性ホルモンの分泌量の変化

女性ホルモンの分泌量の変化

生理周期にしたがって増減を繰り返す女性ホルモン。生理周期全体を通じて優勢なのは、卵胞ホルモンですが、排卵後から生理が始まるまでの間は、一時的に黄体ホルモンの分泌量が卵胞ホルモンの分泌量よりも増えます。

卵胞ホルモンの分泌量は減り、反対に黄体ホルモンの分泌量が増えるというこの変化に体がうまく対応できないとき、風邪の症状に似た体調不良が生じます。

黄体ホルモンによる体温上昇

黄体ホルモンによる体温上昇

黄体ホルモンは女性の生理機能にとって非常に重要なホルモン。黄体ホルモンは妊娠を助けるホルモンとも呼ばれ、子宮に受精卵が着床しやすい状況を整えます。これに加えて、黄体ホルモンには体温を上げるはたらきがあります。

体温を上げ、体を休ませることにより、受精・着床しやすい環境を作り出すことは、黄体ホルモンの重要なはたらきの一つ。基礎体温の上昇により、風邪を引いたときのようなだるさや熱っぽさを感じます。

つらさの差はどうして現れる

つらさの差はどうして現れる

生理前の風邪のような症状をまったく感じずに過ごす方もいれば、日常生活が送れないほど辛く感じてしまう方もいます。この差はどうして現れるのでしょうか。

もちろん体格や性格なども関係しますが、やはりホルモン分泌変化が正常範囲であるかどうか、といった点が重要です。体の冷え・食事の偏り・睡眠不足など男女問わず多くの方がこのような環境の中で生活していますが、この状態ではホルモン分泌のバランスが崩れてしまい、月経前症候群や生理痛の症状が悪化しやすくなります。

体が不調を訴えると、脳は生存に関係の無いホルモン機能を最初に切り捨てようと指令を出します。ですから、ホルモンバランスが崩れることは、体に何か問題が発生しつつあるのだと考え、辛い時は我慢せずに病院で相談しましょう。

生理前は風邪を引きやすい?

生理前は風邪を引きやすい?

生理前の風邪の症状は月経前症候群の一つ、ということを見てきましたが、これとは別に生理前の女性は実際に風邪を引きやすいことをご存知ですか?

女性ホルモンのはたらきにより、風邪に似た症状が出るだけでなく、実際に風邪にかかることも多い生理前は、普段よりも体調管理を厳重に行わなければなりません。

生理前に風邪を引きやすい理由とは?

生理前に風邪を引きやすい理由とは?

生理前に風邪を引きやすい理由をいくつか挙げてみましょう。ます生理前の女性の体は免疫機能が若干低下しています。これは黄体ホルモンのはたらきによるもので、体の機能全体が受精・着床に向けて整えられいきますが、このとき体の免疫機能は少し落ちていきます。

生理前や生理中はデリケートゾーンのかゆみやかぶれ、肌荒れなども起こりやすくなりますが、このような症状もまた免疫機能の低下により引き起こされます。風邪を引くのもそのせいで、免疫力が落ちている上に、月経前症候群により体調が著しく悪いため、ちょっとしたことで風邪のウイルスに感染してしまいます。

風邪かどうかの見極め

風邪かどうかの見極め

すでに見てきたように、生理前に起きる月経前症候群の中には、風邪によく似た症状も含まれます。

基礎体温が高温期にあるため、普段よりも体温は少し高め。なんとなく熱っぽいだけでなく、実際に微熱がある場合には、月経前症候群によるほてりなのか、風邪を引いてしまったのかすぐには区別が出来ないこともあります。

基礎体温から判断する

基礎体温から判断する

風邪なのか、それとも単なる生理前の症状なのか、この見極めはどのようにして行えばいいのでしょうか?熱がある状態とは通常37℃以上を指しますが、平熱に関しては個人差があり、また基礎体温の低温・高温にも当然差があります。

基礎体温の高温期の温度は標準的には36.7℃から37℃程度。もちろんこれはあくまでも平均で、これよりも低い方も大勢います。つまり体温が高い、というだけでは風邪なのか、それとも月経前症候群のあらわれなのか、判断することは出来ません。

目安となるのは、高温期の体温。高温期の体温よりも1℃以上高い場合には、風邪を引いている可能性があります。もちろんこれはあくまでも目安であり、すべてのケースに当てはめることは出来ませんが、とりあえずの目安として覚えておくようにしましょう。

体調が悪かったり、疲労がたまっているときも体温は高めになります。他になんの病気も問題もなく、基礎体温よりも1℃以上高い体温が数日続く場合には、風邪を引いている可能性がありますので、妊娠を希望している方は、うかつに市販薬などを服用しないように注意しましょう。

咳や喉の痛み、鼻水や鼻炎

咳や喉の痛み、鼻水や鼻炎

基礎体温以外にもうひとつ、風邪か、それとも生理前の症状なのかを見極める手段があります。ほてり、熱っぽさ、のぼせ、疲労感、だるさ、頭痛などの症状は、風邪および月経前症候群に共通する症状で、これらの症状だけでは、一体風邪なのか、それとも月経前症候群なのか、はっきりとは断定できません。

ここで注意していただきたいポイントが喉の痛みや咳。喉の痛みや咳は風邪に特有の症状なので、喉の痛みや咳が出る場合は風邪の可能性が非常に高いといえるでしょう。

鼻水や鼻づまりの症状ですが、これらは基本的には風邪の症状といえますが、妊娠の超初期にもあらわれることがあります。妊娠初期には鼻炎や胃痛といった症状を経験する方もいますので、鼻水や鼻炎の症状がある場合には、他に妊娠超初期の症状があるかどうかも観察するようにしましょう。

生理前の風邪の症状は妊娠の兆候?

生理前の風邪の症状は妊娠の兆候?

生理前に風邪に似た症状がある場合、妊娠している可能性もあります。生理が始まるとそれまで盛んだった黄体ホルモンの分泌は減っていきますが、反対に妊娠が成立すると、黄体ホルモンの分泌が増えたまま。基礎体温もそのまま高温期を維持しますので、微熱のような体温が続きます。

生理前に微熱が続く場合には、妊娠している可能性もあります。妊娠を待ちわびている方にとっては、生理前に風邪に似た症状や微熱があらわれると、もしかして妊娠したのでは?と期待を抱いてしまうでしょう。

風邪に似た症状があらわれたら、さらに注意深く体調や症状を観察しなければなりません。生理前に風邪に似た症状が出たからといって必ずしも妊娠しているとは限りませんが、生理予定日を越えても基礎体温が下がらない場合、妊娠の可能性も十分にあります。

妊娠の兆候?風邪?月経前症候群?

妊娠の兆候?風邪?月経前症候群?

どんなに健康的な方であっても、生理前は体調が普段に比べると悪くなるのが普通。月経前症候群の症状をほとんど感じない方は別ですが、ほとんどの女性はなんらかの症状を経験します。

生理前に生じる症状の正体が何であるかを見極めるには、日頃から自分の生理周期や基礎体温についてきちんと把握しておくことが必要です。生理周期を把握していないと、次の生理予定日を確定することが出来ません。

また低温期と高温期の体温について把握していなければ、熱っぽいだけなのか、それとも実際に発熱しているのか、的確に見極めることが困難になります。妊娠を希望している方も避妊している方も、普段から自分の生理周期や生理前・生理中の症状について正確に把握しておくようにしましょう。

妊娠しているかどうかの判定

妊娠しているかどうかの判定

市販の妊娠検査薬を生理前に利用することは出来ません。妊娠検査薬の性能は日増しに向上していますが、現在市販されている妊娠検査薬のほとんどは、生理予定日の一週間後からの使用になります。つまり生理前の段階では妊娠しているかどうか、確実に知る方法はありません。

またたとえ妊娠判定薬で陽性が出たとしても、産婦人科での診察を受ける必要があります。産婦人科での診察で妊娠が確認できるようになるのは、生理予定日から1~2週間後、生理前に妊娠の兆候のような症状が出た場合、生理予定日が過ぎるまで慎重に体調の変化を見守るようにしましょう。

薬を服用する場合にも注意が必要。妊娠中に服用できない薬を間違って飲んだりしないよう、十分に注意してください。

生理前の風邪への対処法

生理前の風邪への対処法

生理前に風邪を引いた場合の対処法について見ていきましょう。生理前は免疫力や代謝機能が低下しています。

月経前症候群による不快な症状もあらわれていますので、風邪を引いたと分かったらすぐに対処するようにしましょう。

体を温める飲み物や食べ物を摂る

体を温める飲み物や食べ物を摂る

風邪を引くとぞくぞくと悪寒がしますが、生理前で基礎体温は上がっているため、顔や上半身にはほてりやのぼせを感じることもあります。ほてりと寒気という正反対の症状が出ますが、なんとなく熱っぽいという理由だけで、冷たい飲み物や食べ物を摂るのは控えましょう。

体を内側から温める食材を食事に取り入れ、飲み物もまた冷たいものや糖分の多いものは避け、おなかに優しい、消化に良いものをたくさん摂るようにします。

むくみや血行不良改善 お風呂で体を温める

むくみや血行不良改善 お風呂で体を温める

生理前は体に水分がたまりやすくなり、むくみや血行不良が起こることもありますので、極力体を冷やさないようにしましょう。風邪だけでなく、月経前症候群の症状は冷えやむくみにより悪化することがあります。体、とくに下半身を冷やさないように注意しましょう。

入浴はシャワーだけで済ませずに、体全体が温まるよう、じっくり浴槽に浸かりましょう。入浴後は湯冷めしないように注意します。

体調管理を万全に行う重要性

体調管理を万全に行う重要性

生理前だけでなく、常日頃から体調を万全に整えておくようにしましょう。生理前の体調不良はホルモンバランスや自律神経の乱れの引き金になることが多く、月経前症候群の悪化にもつながります。

月経前症候群の症状を改善し、生理周期を正すことは、免疫力や代謝機能の向上に確実につながります。不摂生な日常生活を改め、規則正しい生活を目指しましょう。

まとめ

生理前に起こる「月経前症候群」の症状は人によってさまざま。頭痛・腹痛・イライラなどの典型的な症状に加えて、風邪に似た症状もあらわれます。生理前の風邪の症状は、その正体を的確に見極めることが重要です。

生理前に風邪に似た症状が出たら、体調や症状をじっくり観察し、実際に風邪を引いているのか、それとも月経前症候群のあらわれか、あるいは妊娠の兆候なのか、的確に見極め、適切に対処しましょう。

PR

シェア