生理がきそうでこないときに知っておきたいこと

女性にとって生理がいつ訪れるかはとても重要なことです。仕事や旅行の計画などに影響するため、生理がきそうでこない状態が続くとモヤモヤしてしまいます。

生理がきそうでこない状態が続く場合、さまざまな原因が影響していることがあります。

生理周期の乱れだけでなく、妊娠の可能性や病気の可能性もあるため、生理がこない状態が続いている時は、慎重に身体の状態を観察する必要があるでしょう。そこで、生理がきそうでこない時の原因や特徴など幅広い情報をご紹介していきたいと思います。

PR

生理周期の確認

生理周期の確認

生理がきそうでこない時は、前の生理がいつ訪れたのかチェックするようにしましょう。生理周期は、25日~38日の範囲であれば正常だと言われています。

いつもより生理が遅れていたとしても、数日なら大きな生理周期の乱れにはなりません。ただ、生理周期の正常な範囲を超えてもなかなか生理がきそうでこない時は、何かの原因が隠されている場合があります。その原因について、それぞれ詳しく見ていきましょう。

生理がきそうでこない時 妊娠の可能性

生理がきそうでこない時 妊娠の可能性

生理がきそうでこない時、まず疑うべきなのは妊娠の可能性です。基礎体温を計測している方なら、すぐに妊娠の可能性を確認することができるでしょう。

妊娠している場合、高温期が続いている状態がキープされています。生理が始まる直前の状態なら、基礎体温は下がり始め高温期は終了しているので、その違いはハッキリ読み取ることができるでしょう。

基礎体温を計測していない方は、さまざまな症状から妊娠の可能性を考える必要があります。妊娠初期と、生理前の症状は非常に似ていますが、微妙に異なる部分もあるため、具体的にご紹介しておきましょう。

生理前と妊娠の症状は

生理前と妊娠の症状は

生理がきそうでこない時、妊娠の可能性があります。生理前と妊娠初期の症状は非常に似ているため、今にも生理が来そうな状態に感じることがあるでしょう。

妊娠初期の症状として多く取り上げられるのが、倦怠感、下腹部痛、腰の重さ、胸の張り、眠気などがあります。妊娠すると、いつもの生理前に比べると症状が強く出ることがありますが、全く同じような症状が出ることもあります。

さらに、妊娠するといつもの生理前の症状が出ないという方もいらっしゃるでしょう。妊娠か、生理前の症状か区別する材料としては、「いつもとどう違うか」というのがポイントです。

明らかにいつもより眠気が強い、明らかに胸の張りが強い、また生理前の症状が全くない、という意見が多いため、いつもと異なる違和感が出た場合は、妊娠の可能性が高くなっていると言えるでしょう。

妊娠検査薬を試す時期は

妊娠検査薬を試す時期は

生理がきそうでこない時、妊娠の可能性があるため一刻も早く結果を知りたくなりますよね。しかし、一般に流通している妊娠検査薬が反応するのは生理予定日から1週間を過ぎてからになります。

それより前の検査は「フライング検査」と言われ、生理がきそうでこない原因をすぐに確かめたい人は行う傾向があります。最近に妊娠検査薬は精度が高くなっているため、フライング検査でも薄い反応が出る場合があります。

ただ、フライング検査をすると知る必要のない情報を知ってしまう可能性もあるので注意が必要です。フライング検査により陽性反応が出たとしても、着床が安定しなければ受精卵は流れてしまい、通常より少し重めの生理が始まってしまいます。

受精卵の着床が安定せず流れてしまうことはよくありますが、フライング検査をしなければ流産したことを知ることもありませんし、一喜一憂しなくて済みます。

また、子宮外妊娠の場合でも妊娠検査薬は反応するため、陽性反応=正常妊娠とは限らないことも知っておきましょう。これらの情報を踏まえたうえで、妊娠検査薬は生理予定日を1週間過ぎてから試すようにしてください。

生理がきそうでこない時 生理周期の乱れ

生理がきそうでこない時 生理周期の乱れ

生理がきそうでこない時、生理周期が乱れている可能性があります。生理周期の正常な範囲は25日~38日ですが、それより生理が遅れている場合、女性ホルモンのバランスが崩れている可能性があるでしょう。

女性ホルモンはストレスや環境の変化など、些細なことでも影響されてしまいます。

生理がきそうでこない時が多く、生理周期が常に乱れやすいという方は、一度しっかり検査を受けた方が良いでしょう。

生理が来る仕組みとは

生理が来る仕組みとは

生理がきそうでこない状態が続くと、生理はいつ始まるのかとモヤモヤしてしまいます。生理が遅れる原因として、女性ホルモンの存在がありますが、女性ホルモンと生理にはどのような関係があるのでしょうか。

生理は、卵胞ホルモン(エストロゲン)と黄体ホルモン(プロゲステロン)という女性ホルモンが減少することから引き起こされます。

妊娠すると、女性ホルモンの分泌量は一定を保たれるため、生理が起こらなくなるのです。しかし、女性ホルモンのバランスが崩れると、排卵が遅れ、生理予定日も後へとずれこんでしまいます。

そのため、生理がきそうでこない状態が長く続くようになるのです。生理周期を整えるためには、ストレスを溜めこまないようにし、できるだけリフレッシュを心掛けることが大切です。

また、生理周期の乱れが一時的ではなく、長期間続くようなら病院で女性ホルモンを整える治療を受けた方が良いでしょう。

低用量ピルで改善を

低用量ピルで改善を

生理がきそうでこない状態が長く続き、妊娠の可能性もない場合、女性ホルモンが乱れていることがあります。病院で診てもらい、女性ホルモンを整える治療を受けるようにしましょう。

女性ホルモンを整える治療としては、低用量ピルが使用されます。低用量ピルは、副作用が少なく生理周期も安定しやすいため、多くの病院で使用されている薬です。

一定期間服用し続けることで、排卵や生理のリズムを作っていけば、徐々に生理周期は安定してくるでしょう。詳しく:低用量ピルについて知っておきたいこと

生活リズムを見直しを

生活リズムを見直しを

生理がきそうでこない状態が長く続き、妊娠の可能性もない場合、女性ホルモンが乱れていることがあります。低用量ピルで治療することができますが、できれば薬を服用したくないという方は、生活リズムを見直すようにしましょう。

充分な睡眠を確保し、野菜や豆、魚類中心の食事を心掛けるだけでも生理周期は安定してきます。

また、三陰交や血海などのツボを試したり、漢方薬でコントロールしたりするのもオススメです。毎日の生活リズムを見直すことで、体調も気分も改善し、生理周期も安定してくるでしょう。

生理がきそうでこない時 病気の可能性

生理がきそうでこない時 病気の可能性

生理がきそうでこない状態が長く続き、妊娠の可能性もない場合、病気が隠されていることがあります。女性ホルモンを分泌する卵巣に不具合が生じていたり、ガンや脳の障害などで生理が遅れたりすることがあるからです。

生理が来たと思ったら、通常の生理とは大きく違い、経血量が多かったり極端に少なかったりすることもあるため、異常な生理だと感じた場合は、すぐに病院で診てもらうようにしましょう。

環境の変化やストレスなどで女性ホルモンの分泌は乱れてしまうため、生理がきそうでこない=病気と断定する必要はありませんが、病気の場合は早期発見が重要となるため、早めに病院を受診するようにしましょう。

まとめ

生理がきそうでこない時の原因や対処方法など幅広くご紹介しました。さまざまな原因がありますが自己判断しにくいことも多いため、一度病院で診てもらうことも大切です。

生理がきそうでこない時だからこそ、自分の身体を見つめなおすきっかけにしてください。

PR