基礎体温グラフの種類について知っておきたいこと 何がわかる?チェック方法は?

女性の体は、エストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)という二つの女性ホルモンのはたらきにより、周期的な変化を示します。この生理的な周期を体温で示したものが基礎体温で、基礎体温を観察することにより、体の状態の良し悪しや妊娠しやすさなどを判断することが出来ます。

毎日の基礎体温を記録したグラフですが、これはいくつかのパターンに分けることが出来ます。ここでは基礎体温のグラフの種類について、全グラフの種類を詳しく解説。基礎体温のグラフから分かることはたくさんあります。

基礎体温のグラフはグラフの見方を把握しさえすれば、妊活動だけでなく、健康管理や体調管理にも利用することが出来ます。基礎体温の重要性を再認識し、グラフを利用して体調管理や妊活動にぜひ役立てください。

PR

女性の体と基礎体温

女性の体と基礎体温

女性の体はホルモン分泌の変化により四つの周期に分けることが出来ます。この四つはそれぞれ卵胞期、排卵期、黄体期、そして月経期と呼ばれています。女性の体の生理的な変化は基礎体温を通して把握することが出来ます。

基礎体温を測り、これを観察することにより、体の状態がどのように推移しているか、見極めるようにしましょう。

基礎体温の特徴

基礎体温の特徴

女性の体はホルモン分泌の量の変化により、周期ごとに異なる特徴を示します。理想的な状態では基礎体温はくっきりとした二層、すなわち低温期と高温期の二つに分けることが出来ます。

低温期には卵胞ホルモンが、そして高温期には黄体ホルモンの分泌が活発になり、女性の体を受精・妊娠しやすい状況に整えてくれます。

基礎体温の正しい測り方とは?

基礎体温の正しい測り方と11は?

基礎体温は体を維持していくのに最低限の機能しかはたらいていないときに測る必要があります。起きて活動しているときに体温を測っても意味がありません。人間の体温は活動状況に応じて刻々と変化していますので、これをもとに女性の生理的な体の状態を把握することは出来ません。

基礎体温は朝起床時、横たわったままの状態、すなわち絶対安静の状態で測ることが基本です。起き上がらずに計測するには、体温計を枕元に置いておき、朝目が覚めたらすぐに測れるようにしておきます。

基礎体温を測る時間

基礎体温は毎日出来るだけ同じ時刻に測るようにするのがベスト。ただし基礎体温は毎日付けなければ意味がありませんので、起きる時間がずれても計測は必ず行うようにします。睡眠時間が不規則な方や睡眠時間が短い場合、短い仮眠ではなく、ある程度まとまって熟睡したあとに計測するようにしてください。

基礎体温グラフから分かることとは?

基礎体温グラフを観察することにより、女性の体の状態についてさまざまなことを知ることが出来ます。

基礎体温は生理周期の推移を具体的な数字として見ることの出来る貴重なデータ。基礎体温のグラフを妊娠に向けた体質改善に役立てるには、まず基礎体温から分かることについての知識を備えておくことが大切です。

排卵日を予測できる

排卵日を予測できる

妊娠を行っている方にとって大切なのは排卵日を見極めること。低温期から高温期に移行する際に、ひときわ温度の低い日があれば、それが排卵日である可能性が高いといえます。

妊娠しやすいのは排卵日の前後数日間になります。一ヶ月分だけの基礎体温グラフをもとに確実なことは言えませんので、排卵日を予測するには少なくとも三ヶ月分のグラフを用意しましょう。

次の生理開始日を予測できる

次の生理開始日を予測できる

高温期が続く期間をカウントすることにより、次の生理予定日を予測することが出来ます。生理開始日から次の生理までの期間を計算することにより、自分の生理周期を算定することも可能です。

身体的・精神的な状態を把握できる

身体的・精神的な状態を把握できる

基礎体温を計測することにより、体調の良し悪しや精神的なストレスや疲れなどの状態を判断することが出来ます。

低温期なのに体温が高温な場合は、風邪を引き始めているのかもしれません。また精神的な落ち込みやストレスにより、基礎体温のリズムに乱れが出ることもあります。

妊娠の状態を確認できる

妊娠の状態を確認できる

低温期が来るはずなのに基礎体温は高温のまま。こんな場合は妊娠も考えられます。また妊娠初期で高温期が続いていたにも関わらず、急に基礎体温が下がった場合などは、早期流産の恐れも捨て切れません。

また妊娠初期のつわりのときなど、体調の良し悪しを把握するのにも役立ちます。

基礎体温グラフの種類とは?

女性の基礎体温は基本的に低温期と高温期の二つの相に分けられます。低温期と高温期の差は通常0.3℃から0.5度程度あることが望ましいといわれています。

基礎体温のグラフのパターンはその特徴によって分けることが出来ます。基礎体温のグラフを見る際にポイントとなるのは、低温期と高温期の温度差、続く期間、低温期から高温期へ移行するタイミング、など。以下にそれぞれの特徴や考えられる原因などについて詳しく見ていきましょう!

1.理想的な基礎体温グラフ

理想的な基礎体温グラフ

理想的な基礎体温のグラフは低温期と高温期がくっきりと二層に分かれます。くっきりとした二層に加えて、排卵日の体温がそれまでよりも低く、がくんと一段落ち込み、その後一気に高温期に突入しているようなグラフが理想です。

また高温期が12日から14日間ほど続くこと、生理周期が28日間から30日間あること、低温期と高温期の差が最低0.3℃以上あること、高温期の体温が36.7℃から37℃程度あることなども、このパターンの特徴になります。

基礎体温は毎日記録する

基礎体温は毎日記録する

基礎体温は体調や気分によっても変化します。基礎体温は最低でも数ヶ月記録しなければ、グラフから体の状態を判断することは出来ません。基礎体温は毎日計測してこそ、意味がありますので、一度始めたらやめずに毎日測定するようにしましょう。

またその際、体調や気分などについても記録を残しておくようにすると、さらにグラフを有効に利用することが出来ます。

2.高温期が不安定に続くパターン

高温期が不安定に続くパターン

正常なグラフの場合、排卵日以降一気に高温期に入り、高温期が維持されますが、このパターンでは高温期 を保ちきれずに途中で基礎体温が下がってしまいます。高温期なのに、基礎体温が上下に移動することがこのパターンの特徴です。

高温期が不安定になる原因とは?

高温期が不安定になる原因とは?

高温期が不安定に上下降する原因は、黄体機能が十分ではない、あるいは栄養不足や体調不良など、身体的な不調があることが考えられます。

黄体機能不全かどうかは精密な検査を行わなければ分かりませんので、生理のたびに高温期の体温が不安定になる方はいちど検診を受けてみるようにしましょう。

またこれとは別に栄養不足やストレス、過労などの理由によっても、高温期の体温を維持しきれない場合があります。心当たりのある方は日頃から意識して、栄養バランスの取れた食事を心がけ、ストレスを溜めないよう注意しましょう。

3.高温期が短いパターン

高温期が短いパターン

正常な基礎体温グラフの場合、高温期は12日間から14日間続きますが、高温期が短いグラフは高温期の期間が10日間以内と非常に短いことが特徴です。高温期が短くなる原因は、上記の高温期が不安定なパターンとほぼ同じと考えられます。

高温期が不安定なパターンとの違いは、高温期が不安定な場合には低温期に移るまで、基礎体温が上がったり、下がったりと不規則に移行しますが、高温期が短い場合、10日間以内に体温が下がってきて、そのまま低温期へと移行してしまいます。

4.低温期から高温期への移行に時間がかかるパターン

低温期から高温期への移行に時間がかかるパターン

理想的な基礎体温のグラフでは、排卵日以降基礎体温が一気に上昇しますが、このパターンでは低温期から高温期へと移行するのに時間がかかります。通常は低温期から高温期への移行は1日、2日で完了しますが、このパターンでは低温期から高温期に移行するまでに3日以上時間がかかります。

高温期と黄体ホルモンの関係

高温期と黄体ホルモンの関係

低温期には卵胞ホルモンの分泌が活発ですが、排卵日以降は黄体ホルモンの分泌が盛んになります。黄体ホルモンのはたらきのひとつに体温を上げ、受精卵が着床しやすくすることがあります。

排卵後に基礎体温が上がるのはこのため。排卵後、基礎体温が一気に高くならない場合も、黄体ホルモンの働きが十分でない可能性があります。

5.高温期の体温が低いパターン

低温期・高温期の区別がつかないほど基礎体温がガタガタな場合

基礎体温のグラフは二相に分かれているものの、高温期の体温が低い場合がこのパターン。自然妊娠しやすいといわれる低温期と高温期の差は0.3℃から0.5℃。低温期と高温期の温度差が0.3℃以内のグラフの場合、自然妊娠しにくいおそれがあります。

これに加えて、高温期の体温が低く、36.5℃に達しない場合も、自然妊娠しにくいといわれていますので、妊娠を希望している方はまずは冷え性を治すなど、体質改善に努めましょう。

6.基礎体温がガタガタで不規則なパターン

基礎体温がガタガタで不規則なパターン

基礎体温グラフがガタガタで不規則な波を描くのがこのパターン。ガタガタといっても、二相に分かれている場合もあれば、排卵日が予測できないほどばらばらな曲線を描くこともあります。

このパターンでもっとも心配なのは、グラフがガタガタな上に、全体的に体温が低い場合。体温が生理周期を通じて低く、低温期と高温期の見定めが出来ない場合、無排卵の可能性もあります。

基礎体温がガタガタになる原因とは?

基礎体温がガタガタになる原因とは?

基礎体温がガタガタになる原因のひとつは、疲れや精神的なストレスにあります。体調が悪かったり、自律神経のバランスが乱れていると、卵胞ホルモンおよび黄体ホルモンの分泌に支障が生じることがあります。

体調が悪い場合、ストレスなどにより自律神経のバランスが崩れている場合には、体調や精神状態が上向くにつれて、基礎体温グラフも徐々に正常に戻ります。

しかし数ヶ月たってもグラフが依然としてガタガタなときは、卵巣機能不全なども疑われます。生活習慣を見直すとともに、産婦人科で綿密な検査と診断を受けるようにしましょう。

7.月経周期が長いパターン

月経周期が長いパターン

女性の月経周期は25日間から38日間といわれています。もっとも標準的な月経周期は28日間ですが、月経周期はちょっとした体調の変化や精神状態によって、多少のずれが生じます。月経周期に6日間程度のずれが生じることはよくあることですので、生理開始が多少ずれたからといって不安に思う必要はありません。

正常な月経周期とは上に挙げた期間で、月経周期が39日以上に及ぶ場合には、無排卵症が疑われます。他にも多嚢胞性卵胞症候群や女性ホルモンの分泌を促す機能に問題が生じているという可能性があります。

稀発月経とは?

稀発月経とは?

稀発月経とは月経周期が39日間以上ある場合を指します。稀発月経の症状には個人差があり、この状態がずっと続く方もいれば、数回の月経を経て再び正常周期に戻ることもあります。

稀発月経の場合、無月経になったり、また月経周期がまったく不定期になる「不整周期月経」に陥ることもよくありますので、このような症状が見られたら、独断で判断せずに必ず婦人科で診察を受けるようにしましょう。

8.高温期が長く続くパターン

高温期が長く続くパターン

基礎体温グラフの高温期が次の生理開始日を越えてもなお続いている場合、妊娠が成立して可能性もあります。妊娠を希望している方はこの時点から自分の体の変化に注意を払うようにしましょう。

妊娠している場合はそのまま高温期が続きます。これは黄体ホルモンの分泌が引き続き活発なためで、黄体ホルモンのはたらきにより妊娠の状態が継続されます。

実際に妊娠しているかどうかの検査に関しては、次の生理予定日を一週間程度経過してからでなければ、はっきりとした判定は出来ません。次の生理予定日を越えても高温期が続いている場合でも、そのまま基礎体温を測り続けるようにしましょう。

黄体依存症とは?

高温期が続く原因のひとつに黄体依存症があります。妊娠の可能性がまったくないにも関わらず、高温期が続く場合には黄体依存症の可能性もあります。体調も悪くなく、妊娠の可能性もない、それにも関わらず高温期が長く続くようであれば、一度産婦人科で診察を受けるようにしましょう。

まとめ

基礎体温に関する基本的な知識から基礎体温グラフの種類や特徴などについてまとめてみました。基礎体温は女性の体の状態をそのまま反映する大切なデータ。基礎体温は毎日記録するだけでなく、一ヶ月ごとのグラフをよく観察し、グラフの波型が正常に推移しているかどうか、確認するようにしましょう。

正常なグラフにはいくつかの特徴があります。低温期と高温期がくっきりと二相に分かれていること、排卵日にがくんと体温が下がること、低温期と高温期の差が0.3℃から0.5℃あること、高温期が十分な期間続くことなど、正常な基礎体温のグラフの特徴をよく把握しておくと、自分のグラフを見極める際に必ず役に立ちます。


シェア