生理の時に困ることとは何?さまざまな困ること

生理が重い方は、毎月生理前になると憂鬱になります。今まで生理時にトラブルが全くなかった方はいないと言ってよいほど、非常に多くの方が生理時にはなんらかの不快な症状を抱えています。

生理時のトラブルは女性ホルモンの急激な変化によるものですが、だからと言って1週間も我慢したままなのも辛いですね。また生理中は普段と体調が異なりますから、普段どおりの生活をしても良いのか迷ってしまうでしょう。そこで、生理時におきる困ったことの原因や緩和ポイントをご紹介します。

PR

生理時に困るこんな症状

生理時に現れる困った症状は、女性ホルモンの変化や生理中の体の動きによるものが原因で起こります。

女性ホルモンの変化の程度はストレスや自律神経が影響するため、症状が複数現れて生理中ずっと寝込んでしまう方もいれば、1つだけ軽度の症状が現れる方もいるなど個人で大きく異なります。

ただ、その症状の原因が分かれば対策も採りやすくなり、症状を緩和することも可能です。そこで、生理時に現れる困った症状とその原因をご紹介します。

下腹痛の症状が困る

下腹痛

最も代表的な症状が下腹部痛で、誰しも生理中に1度は経験したことがあるのではないでしょうか。生理時は、子宮収縮を促して子宮内にある血液を排出させるプロスタグランジンというホルモンが分泌されます。

プロスタグランジンの分泌が不足すれば出血が長く続いてしまいますが、反対に分泌過剰になれば強い子宮収縮が起きて痛みが強くなります。

特に出産経験のない方は子宮の出口が狭く血液が排出されづらいことも重なって、下腹部痛が酷くなりやすいのです。

頭痛の症状が困る

頭痛

生理になると毎回頭痛に悩まされる方も多く、よくある症状です。生理前から生理中にかけて起こる頭痛は月経関連片頭痛と呼ばれ、女性ホルモンの急激な変化が原因です。

特にエストロゲンが減少すると、それと比例して幸せホルモンと呼ばれるセロトニンも少なくなります。セロトニンは血管の緊張を調節する機能があるため、セロトニンが減少すると血管が拡張して周辺の神経を圧迫し片頭痛を引き起こすのです。

この場合は片頭痛が特徴ですが、頭部全体が締め付けられるような痛みの場合は、首や肩の筋肉が凝り固まって頭痛を引き起こす緊張型頭痛と呼ばれ、その多くはストレスが原因です。緊張型頭痛は肩こりも併発しやすいので、生理中に頭痛や肩こりが酷くなる方はストレスが溜まっているかもしれません。

立ちくらみの症状が困る

立ちくらみの症状

普段から貧血だと体内の血液を排出する生理中はその症状が更に酷くなり、立ちくらみやめまい、酷い時には吐き気などの症状が現れます。

ただ、生理中は貧血でない方でも立ちくらみやめまいを起こすことがあるのをご存知でしょうか。生理中に限定して起こる貧血のような症状を、虚血性貧血と呼びます。生理中は不要な血液を排出するという仕事に集中するため血液は子宮周辺に偏ってしまい、脳にまで届きにくくなって貧血と同様の症状が現れるのです。

生理が終われば改善しますが、ずっと継続して症状があったり次第に悪化する場合は鉄欠乏性貧血の可能性を考えましょう。放置すれば生理周期に影響してくるので、早めに病院を受診して治療を始めましょう。

だるい症状が困る

だるい症状が困る

上記に述べたように、生理中は元々貧血でない方でも貧血のような症状が現れます。脳への血液供給が減ってしまえば、ボーっとしてしまう・やる気が出なくなってしまうこともおおいにあり得ます。

特に体は血液を排出することに大きなエネルギーを使っていますから、すぐにエネルギー不足となってだるさが出てくるのです。

眠気が困る

眠気が困る

生理中はいくら寝てもすぐ眠くなる方も多いですが、これには夜熟睡できていないのと体が疲れてしまうのが原因と考えられます。

通常は熱を放散しながら体温を下げて眠りに入りますが、生理中は低体温ためこのシステムが上手く働かず熟睡できない状態となり、昼間の強い眠気へとつながります。

それから生理中は普段よりも体があれこれ機能しているため疲れやすくなっているので、すばやく疲労回復するために睡眠を増やすようにしているのです。

下痢の症状が困る

下痢の症状

生理直前にはプロゲステロン分泌が急激に減少するため、プロゲステロンに影響されていた便秘やむくみといった症状が改善します。

ただ生理中プロスタグランジンが過剰分泌されると、腸にも作用して過剰なぜん動運動が起こり下痢につながります。

また、生理中は低体温期であるのに加えて血液が排出されるので、余計に体温が下がりやすい体調になっています。体温低下の原因となる体内の水分を排出しようと体が動くために、下痢を引き起こしてしまうのです。

肌荒れの症状が困る

肌荒れの症状

生理前から引き続き、生理中も肌荒れに悩まされる方も多いです。生理中はエストロゲンとプロゲステロンの両方ともに分泌が低下する時期なので、生理前のようにプロゲステロンの影響による肌荒れは少しずつ改善しつつある頃です。

しかし、肌の調子を整えるエストロゲン分泌が低いままなので、肌のバリア機能が回復せずに肌荒れを引き起こしてしまいます。

イライラするから困る

イライラする

生理中は辛い痛みやだるさで動けなかったりしますから、自分の体が思い通りに動かないというだけでイライラしてしまいます。

また生理中は女性ホルモンの変動が激しい時期で、その急激なホルモン分泌の変化は密接している自律神経にまで影響して、交感神経が優位な状態をもたらします。

交感神経が優位になればいつでも緊張してトゲトゲした態度をとったり、普段は気にならない周りの言動が気になってイライラしてしまうなど、態度にも変化が現れやすくなります。

お腹がすいて食べ過ぎるて困る

お腹がすいて食べ過ぎる

生理中は血液を排出したり、子宮周辺に集まった血液を全身に回す・次の卵胞成熟の準備をするなど、普段よりも体が活発に動く時期なので、エネルギーが必要となります。

生理中に甘いものが食べたくなるのは、脳がエネルギーとなる炭水化物を摂取するように命令しているからなのです。生理後は痩せるからと食べ過ぎてしまうと、生理が終わっても痩せられなくなってしまうので、この時期の食欲には注意が必要です。

アルコールが弱くなって困る

アルコールが弱くなる

季節によっては、生理中に飲み会が続くこともあるでしょう。実は生理中にお酒を飲むと、普段よりも酔いやすかったり二日酔いが残りやすくなります。

生理の終わりごろからエストロゲンが増え始めますが、実はエストロゲンにはアルコール分解を遅らせる作用があります。その結果アルコールが普段よりも長時間体内に留まるため、酔いやすくなってしまうのです。

またお酒の血管拡張効果が過剰になれば出血量の増加に繋がりかねませんし、血管が再び元に戻れば今度は体の冷えがエスカレートすることになるので、どちらにしても生理中の女性にとってプラスにはなりません。

生理中どうする悩むこと OK?NG?

何ヶ月も前から予定していたり、予約を入れていたけど急に生理になってしまった、と慌てた経験を持つ方も多いのではないでしょうか。

泣く泣くキャンセルを入れる方もいれば、せっかく前から計画していたのだから生理中でも参加したいと思う方もいるでしょう。実際はどうするのが良いのか、起こりやすいシチュエーションごとに見ていきましょう。

温泉・プールはどうする

温泉・プール

最も悩んでしまうシチュエーションが温泉やプールですね。現在はタンポンや月経カップなど経血が外に漏れないようなアイテムもあるため、余計に悩んでしまうかもしれません。

経血対策をしているから温泉やプールはOKと思っても、共同温泉ならば免疫力が低下している生理中は感染症の心配がありますし、プールならば体を冷やして生理痛が悪化するといった他の注意点も気になってくるでしょう。

自分の体調をよくチェックして、少しでもダメそうと思った時は無理せず他の事で楽しんでくださいね。

性行為は?どうする

性行為は?

今生理中と伝えても、全く気にしない男性もいますね。生理中に性欲が増す女性もいますが、生理中の性行為は女性にとっては大きな負担となることをしっかり伝えておきましょう。

生理中は膣内が過敏になっていますから、性行為だけで傷ついたり下腹部痛が悪化する可能性があります。

何より女性側は体調が思わしくないですし出血も気になりますから、楽しむどころではありませんよね。良い機会と思って、生理が終わるまでお互いどうすれば満足するか、を話し合ってはいかがでしょうか。

カラーリング・パーマはどうする

カラーリング・パーマ

昔から生理中にカラーリングやパーマはしないようにと言われていますが、きちんと理由があります。生理中はエストロゲン・プロゲステロンの分泌が少ないため、肌が乾燥しやすく過敏な状態です。

もちろん頭皮も肌ですから、過敏になっている頭皮にカラーやパーマ液剤のような刺激物をつければトラブルが発生するのは当たり前ですよね。

またカラーが定着するのに時間がかかるなど、生理中は上手くいかないことも多いようです。残念ですが、予約日が生理時期に入ってしまった方は、理由を話して予約を取り直しましょう。生理後まで待って行った方が、きっと満足のいく結果となります。

生理時の辛い症状を改善する生活のポイント

生理時に起こる様々な症状が辛くて布団に閉じこもってしまいたくなりますが、実はちょっとしたポイントに気をつけるだけで効果を奏して、症状が軽くなることがあります。

生理痛が辛くなった時の緊急措置として覚えておくのも良いのですが、普段から気をつけておけば生理時の困った症状の改善につなげられるかもしれません。何気なく毎日行っている習慣が生理痛の原因となっている可能性もありますので、少しずつ変えていきましょう。

体温に気を付ける

体温に気を付ける

老若男女問わず平熱が36度以下の方が増えていて低体温が問題になっていますが、女性は特に気をつけるべきでしょう。

体温が下がれば、その分血流が鈍くなるので子宮収縮作用が鈍ります。働きを促進させようとさらにプロスタグランジンが分泌されるので、低体温の方は生理時の痛みが非常に強くなりやすいのです。

特に生理中は体温がより下がる条件が揃っていますから、低体温でない方も服装を意識して、足湯や温かい飲み物などで体が冷えないように注意しましょう。

リラックスする環境を

リラックスする環境を

ストレスが溜まると自律神経の交感神経が優位になって、緊張しっぱなしになってしまいます。生理中は体に負担がかかっていますから、その上緊張も重なれば、生理の症状が悪化してしまうのも無理はありません。

こんな状態が続けばホルモン分泌にも影響が出てしまいますから、せめて生理中だけでも努めてリラックスの時間を作りましょう。入浴やアロマ・音楽などリラックスの方法は様々ですが、自分が一番落ち着けるような方法を見つけておくといざと言う時便利ですね。

コーヒーやチョコレートはできるだけ避ける

コーヒーやチョコレートはできるだけ避ける

生理中はどうしてもチョコレートが食べたくなる方も多いと思われますが、実は生理中のチョコレートはおススメしません。

チョコレートには片頭痛危険因子の一つに数えられるチラミンという成分が含まれていて、血管収縮させる作用があります。

また、チョコレートにはコーヒーと同じくカフェインが含まれていて、これもまた血管収縮作用がありますので、大量に摂取すれば頭痛が発生しやすくなると言われています。特に生理中にいつも頭痛がする方は、避けたほうが良いでしょう。

生理痛の薬の飲み方は

生理痛の薬の飲み方は

生理痛が辛い時は、我慢しないですぐに鎮痛剤を飲みましょう。ただ、生理中の痛みはプロスタグランジンが多く分泌されて発生するものですから、多く分泌されてからでは鎮痛剤で抑えることは出来ません。

プロスタグランジンの分泌が少ないうちに鎮痛剤を服用すれば、分泌量の増加を抑えて痛みを緩和してくれます。生理が始まって、下腹部に違和感を覚えはじめた時に服用するよう意識してください。

辛い時は無理せず病院へ

辛い時は無理せず病院へ

生理が重く、生理初日から2・3日は布団から起き上がることが出来ない方もいらっしゃるでしょう。日常生活が送れなくなるほど酷い生理痛は子宮の病気か月経困難症の可能性がありますので、治療のためにも病院を受診してください。

生理痛を我慢しても意味がありませんし、鎮痛剤を服用し続けたからと言って癖になることもありません。治療で必ず改善しますから、生理が辛い時は専門家の力を頼りましょう。

まとめ

生理中は女性ホルモン分泌が減りますから、その動きによって様々な困った症状が現れます。しかし、生理中の過ごし方に気をつけるだけで症状の緩和が可能ですから、ただ痛みを我慢するのではなく色々試してみましょう。

生理がくると言うことは妊娠できると言うことですから、あまりネガティブに捉えずに上手く折り合っていけると良いですね。

PR

シェア