高温期の基礎体温について知っておきたいこと 特徴とは?

女性の生理周期は四つに分けることが出来ます。まず生理の起こる月経期、そして卵胞ホルモンの分泌が活発になる卵胞期、排卵の起こる排卵期、そして黄体ホルモンの分泌が盛んになる黄体期、この四つにより女性の生理周期は成り立ちます。

この周期を基礎体温の高低によって分けたものが低温期と高温期。低温期とは月経が始まるときから排卵日まで、また高温期とは排卵日以降生理が始まるまでの基礎体温の高い時期を指します。

妊娠を望んでいる場合には基礎体温を付けるのは当たり前ですが、たとえ今は妊娠を望んでいないとしても、自分の体の機能や状態を把握する上で、基礎体温を付けることは非常に重要です。

基礎体温グラフの後半期である「高温期」。高温期の特徴や高温期の過ごし方など、高温期の基礎体温に関して知っておきたいポイントの総まとめになりますので、ぜひ参考にしてください。

PR

基礎体温について

基礎体温とは起床時、絶対安静の状態で計測する体温を指します。基礎体温を計測する正しいタイミングは、人間の体を維持していくために必要最小限のエネルギーのみ消費されているときに測ること。目覚めてすぐ、まだ横になっている状態で測るのが最適です。

基礎体温が変化する理由とは?

基礎体温が変化する理由とは?

女性の体は二つの女性ホルモンのはたらきにより大きな影響を受けています。女性ホルモンとはエストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)を総称したもので、基礎体温が変化するのはこの二つのホルモンの分泌量が変化するためといえます。

卵胞期の特徴

卵胞期の特徴

エストロゲンの分泌が活発な時期を卵胞期と呼びます。エストロゲンには生殖にかかわるさまざまなはたらきがありますが、肌のきめを整え、女性らしい美しさをもたらします。

エストロゲンの活発な時期の基礎体温は低温期にあります。低温期の体温に関しては個人差がありますので、具体的な数字はあまり意味がありませんが、高温期の体温は低温期に比べて0.3℃から0.5℃くらい高いことが望ましいとされています。

黄体期の特徴

黄体期の特徴

排卵日を境に分泌が盛んになるのが黄体ホルモン。PMS(月経前症候群)になりやすい時期でもあります。妊娠を助けるホルモンと呼ばれる黄体ホルモンですが、この黄体ホルモンには体温を上げる機能が備わっています。このため黄体ホルモンの分泌が盛んな時期は、基礎体温の高い高温期に合致します。

高温期とは?

高温期とは?

高温期とは排卵日以降の基礎体温の高い時期を指します。排卵日まで分泌量の多かったエストロゲンに対して、高温期はプロゲステロンの分泌が多くなる時期。高温期の特徴や注意点などについて見ていきましょう!

高温期の基礎体温について

卵胞期には低温だった基礎体温は、排卵日を境にその後高温期に突入します。その後約2週間ほど高温期が続き、妊娠しなかった場合には生理の始まりとともに再び低温期に戻っていきます。これが女性の基礎体温の変化の基本になります。

高温期の基礎体温は何度くらい?

高温期の基礎体温は何度くらい?

高温期の基礎体温は通常何度くらいあるのでしょうか。基礎体温に関しては一人一人の女性により個人差が大きく、平均値を割り出すことはなかなか困難といえます。

体調の良し悪しや精神状態の些細な変化によっても差が出てくるのが基礎体温の特徴。高温期の基礎体温の平均値を出すのは予想以上に難しいのですが、あえて言うと36.5℃前後から36.8℃前後という方が多いようです。

これに対して低温期の基礎体温は36.0℃前後から36.4℃程度、高温期と低温期の差は0.3℃から0.5℃くらいが理想的です。

高温期と低温期との差

高温期と低温期との差

女性の生殖機能の状態は、二つの性ホルモンの分泌量やはたらきによって左右されます。妊娠しやすい体作りを目指している方はご存知かと思われますが、高温期と低温期の基礎体温の差は最低でも0.3℃以上あることが望ましいとされています。

低温期と高温期の差があまりない場合には、黄体ホルモンの分泌が不十分だったり、黄体機能の低下が考えられます。

高温期の基礎体温が低い場合

高温期の基礎体温が低い場合

高温期と低温期の基礎体温にあまり違いがない場合、黄体機能の低下に加えて、生殖機能自体が低下していることも疑われます。また体質的に冷え性の方や自律神経のバランスが崩れていても、高温期の基礎体温の高さを維持できなくなります。

ただし、基礎体温は最低でも数ヶ月以上記録した上でなければ、妊娠しにくさや生殖機能の問題などを特定することは出来ません。一ヶ月だけの基礎体温をもとに、妊娠しにくい体なのでは?と不安を感じる必要はありませんが、その状態が引き続き続く場合には体質改善に積極的に取り組まなければなりません。

高温期の続く期間とは?

高温期は一体何日くらい続くことが望ましいのでしょうか。たとえば月経周期が28日間の方の場合、低温期と高温期がそれぞれ半分ずつ、すなわちどちらも14日間あることが理想的とされています。

一般的には高温期が12日間から14日間程度あることが望ましいとされていますが、これはあくまでも理想で、実際には10日間続けばとくに問題はないとされています。

高温期と黄体機能不全との関係とは?

基礎体温を付けることにより、卵巣の機能や黄体機能が正常にはたらいているかどうか、ある程度推測できます。黄体機能不全が疑われるケースを以下に挙げてみましょう。

以下に挙げるケースは黄体機能不全だけでなく、無排卵症や卵巣機能不全などにつながることもありますので、妊娠を望んでいるかいないかは別にして、自分の基礎体温には常に注意を払うようにしましょう。

1、高温期が10日間に及ばない場合

高温期が10日間に及ばない場合

2、低温期と高温期の差が0.3℃以内の場合

低温期と高温期の差が0.3℃以内の場合

3、高温期の途中で体温が下がり始める場合

高温期の途中で体温が下がり始める場合

正常な基礎体温のグラフでは、排卵後に上がった基礎体温は次の生理が始まるまでそのまま高温期を維持しますが、黄体機能に問題が見られる場合、高温期を維持できずに基礎体温は途中から下がってきてしまいます。

4、低温期から高温期に移行するのに4日間以上かかる

低温期から高温期に移行するのに4日間以上かかる

理想的な基礎体温のグラフでは、黄体期に入ったとたんに基礎体温は一気に上昇しますが、黄体機能が正常に機能していない場合、排卵日以降の基礎体温は低温期からゆるやかに高温期に移行していくことがあります。

低温期から一日で一気に高温期に入るのが望ましいとはいえ、基礎体温に関しては個人的な体質や生活習慣により大きな違いがあります。

低温期から高温期への移行がゆるやかで、高温期に移るまでに2、3日かかる方もいますので、一気に高温にならないからといってとくに神経質になる必要はありません。ただし低温期から高温期への移行にあまりにも日数がかかる場合には注意が必要です。

5、低温期・高温期の区別がつかないほど基礎体温がガタガタな場合

低温期・高温期の区別がつかないほど基礎体温がガタガタな場合

正常な基礎体温のグラフは排卵日を境にきれいに二相に分かれますが、二相に分かれずに不規則にぎさぎさと動く場合にも妊娠しにくいといわれています。

6、高温期がない場合

高温期がない場合

基礎体温グラフに高温期がまったくない場合はどうでしょうか。高温期がなく、低温期だけという状態が続いている場合には、排卵障害が起こっている可能性があります。排卵障害の中には排卵が起こらない無排卵症から軽い排卵障害までさまざまな段階がありますが、いずれも不妊の原因になりかねません。

ただしこれはあくまでも高温期がない周期が継続して続く場合のこと。体調の悪さやストレス・過労などにより一時的に軽度の排卵障害を起こし、生理周期が乱れてしまうこともあります。このような場合には生活習慣を見直し、ストレス軽減に努めるようにすると、再び自然な生理周期が戻ってきます。

7、高温期が続く場合

高温期が続く場合

高温期は通常12日間から14日間ほど続き、その後生理の開始とともに再び低温期へと移行していきます。これまでの基礎体温グラフから割り出した次の生理予定日になっても、依然として高温期を保ったままの場合、着床が起こった可能性もあります。妊娠の可能性がわずかでもあるようならば、それなりに注意をして過ごすようにしましょう。

妊娠以外の可能性として挙げられるのは、風邪やインフルエンザで発熱をしている場合。この場合も当然ですが基礎体温は上がってしまいます。風邪などにより発熱している場合には、後々のためにその旨きちんとメモしておくようにしましょう。

8、高温期の基礎体温にばらつきがある場合

高温期の基礎体温にばらつきがある場合

高温期の基礎体温に日によってばらつきがあるのは決して珍しいことではありません。注意したいのはばらつきの範囲。高温期の基礎体温がばらつき、高温期の最中であるにも関わらず、低温期の基礎体温にまで下がってしまう場合には注意が必要です。

高温期のばらつきが問題ないかどうか判断するには、少なくとも三周期分の基礎体温グラフを手元に置き、低温期と高温期の基礎体温の開きなどをよく把握しなければなりません。

高温期にも関わらず低温期並みの基礎体温に下がる場合には、黄体機能が十分にはたらいていない恐れもあります。また冷え性や血行不良などにより、体質的に体温が上がりにくい場合もありますので、独断で原因を断定せずにまずは専門医に相談するようにしましょう。

高温期の体の状態について

高温期の体の状態について

高温期は黄体ホルモンの分泌が活発な時期。これまで優勢だった卵胞ホルモンには美肌効果やアンチエイジング効果があり、そのため低温期は身体的にも精神的にもベストコンディションを保つことが出来ます。

しかし黄体期になると、体全体が妊娠に備えるようになり、眠気、だるさ、ほてり、のぼせ、熱っぽさなどの症状を覚えることがあります。

また肌荒れやにきび、吹き出物が増えたり、体が脂肪を蓄えやすくなり、むくみやすくなることもあります。さらに自律神経のバランスが乱れやすく、イライラしたり、気分にむらが出たりと、情緒不安定になる方も多いようです。

高温期の過ごし方

高温期の過ごし方

高温期は黄体ホルモンのはたらきにより、イライラしたり、また肌荒れなども起こることから、身体的にも精神的にもやや過ごしにくい時期といえるでしょう。

高温期を上手に乗り切るコツは無理をしないこと。この時期は体がだるく、ちょっとしたことで気分が落ち込んでしまいます。イライラや気持ちの落ち込みを助長するような行動は避け、出来るだけリラックスした気分で過ごすようにしましょう。

高温期の基礎体温を十分に上げるには

さきほどから述べてきたように、理想的な基礎体温のグラフでは低温期と高温期に基礎体温に十分な差があります。

妊娠しやすい体を目指すには、高温期の基礎体温を十分に上げておく必要があります。高温期の基礎体温を高いままキープするには、どのような点に注意すべきでしょうか?

体を冷やさないようにする

体を冷やさないようにする

高温期が続かない、高温期の基礎体温が低い、基礎体温がばらばら、このような場合はまず体を冷やさないように注意しましょう。とくに下半身や足先など体の末端が冷えすぎないよう、エアコンの中に長時間いたり、薄着をしたりしないようにしましょう。

食生活を見直す

食生活を見直す

栄養バランスに欠けた食事を続けていたり、鉄分やカルシウム、ビタミンといった栄養素が不足していることもまた、生理周期を乱す原因と考えられています。食事の内容はよく吟味し、栄養バランスが取れた食事メニューを目指しましょう。

生活習慣を正す

生活習慣を正す

慢性的な睡眠不足や夜更かし、運動不足、不規則な食事時間、アルコールやタバコの過剰摂取、ストレスの多い仕事、過労など、健康状態を悪化させなねないものはすべて生殖機能の低下を招きます。

とくに妊娠を望んでいる方は体質改善が絶対不可欠。体に悪いことは出来るだけ避けるようにし、基礎体温グラフがきれいに二相に分かれるよう、体質改善と生活習慣を見直すようにしましょう。

体の血行を良くすること

体の血行を良くすること

冷え性とも関連がありますが、体の血行不良もまた高温期の継続を妨げる原因になると考えられます。慢性的な運動不足に陥っている方はこれを直す努力をしましょう。

運動不足は体温調節機能を低下させるともいわれています。体力が極端に落ちている方も生理不順になりやすいので、この点にも注意して適度な運動を欠かさないようにしましょう。

まとめ

基礎体温に関する知識とともに、高温期の基礎体温について知っておきたいポイントをまとめてみました。黄体ホルモンの分泌が優勢になる高温期。高温期に関する正しい知識を備えておくようにすると、基礎体温グラフから把握できることも自然に増えていきます。

高温期の基礎体温を理想の状態に保つよう、日頃から基礎体温をきちんと記録しておくことをお勧めします。

PR

シェア