更年期の症状について知っておきたいこと

歳を重ねてから生理不順が続くようになると、そろそろ更年期の症状がスタートするのかもしれないと不安に感じてきますよね。更年期の症状が始まる時期には個人差が、早い場合は30代から更年期の症状が出はじめることがあります。

更年期の症状はさまざまで、本人が気づかないうちに進行している場合もありますので、気づいたら閉経していたということもあるでしょう。女性なら誰しも経験する可能性がある更年期の症状について、詳しく知ることで今抱えている不安を払拭してみてはいかがでしょうか。

更年期は何故発生するのか、症状にはどんなものがあるのか、また対処方法として何がオススメなのか幅広くご紹介していきますので、参考にしていただければと思います。

PR

更年期って何だろう?

更年期って何だろう?

更年期とは、閉経の前後に身体のあちこちにさまざまな不具合が起きる時期のことを言います。更年期が起きる時期としては、閉経の前後5年を合わせた約10年間が多く、40代~50代の方が体験しています。

早い人なら、30代後半から更年期の症状がスタートするケースもありますし、50代半ば辺りからやっと更年期の症状がスタートするケースもあります。

更年期の症状が出始める時期には個人差があるため、ひとくくりにどの時期から更年期の症状が出るとは言い切れないのです。

更年期の症状について

更年期は閉経を挟んだ10年の期間のことを言います。では、具体的に更年期にはどのような症状が身体のあちこちに現れるのでしょうか。

更年期症状 火照り

火照り

更年期の症状として代表的なのが火照りです。涼しい季節なのにやけに身体が火照るように感じたり、暑くもないのに寝汗をびっしょりかいたり、緊張しているわけでもないのに顔が赤くのぼせたりしてきます。

また、手足は氷のように冷たくなり、胴体の部分だけが暑くなって汗が止まらなくなることもあるでしょう。

更年期の症状として体温調整がコントロールできなくなることが多く、人前に出たくなくなるなど気持ちの面にも影響してくることがあります。

更年期症状 情緒の不安定

情緒の不安定さについて

更年期の症状として、定朝の不安定さを取り上げる方も大勢いらっしゃいます。特に傷ついたわけでもないのに、気持ちがひどく落ち込んで涙が止まらなくなってしまったり、些細なことなのに意味もなくイライラして怒鳴ってしまったり、今までは難なくこなせていた家事や仕事に手がつかなくなったりしてしまいます。

テキパキと仕事や家事をこなせていた人ほど、うまく気持ちをコントロールできないことに苛立ったり焦ったりすることが多く、周囲との関係性もギクシャクしてしまうようになることがあります。

更年期症状 身体がもろくなる

身体がもろくなる

更年期の症状として、身体のあちこちがもろくなるというものがあります。骨の密度がスカスカになって、ちょっと転んだりつまずいたりしただけで骨折してしまうようになります。

また、身体の軟骨部分がすり減り関節痛が出て歩いたりしゃがんだりするのが苦痛になることもあるでしょう。

今まで活発にスポーツを楽しんでいたという方も、更年期の症状から一気に消極的になり自宅にこもりがちになることもあります。

更年期症状 動悸・息切れ

更年期症状 動悸・息切れ

更年期症状に代表されるホットフラッシュなどとは異なり、あまり関連付けられないのが動悸や息切れです。卵胞ホルモンの急激な減少によって自律神経の乱れもかなり大きくなりますが、自律神経には心臓の脈拍を調整する働きも持っているため、動悸や息切れがこれまでに無く強く現れるようになります。

動悸や息切れは通常は心臓に異常があったり肥満の方に起きますが、更年期の動悸・息切れはホルモンの減少に加えてストレスや疲れなど、精神的なものが強く影響しているのが特徴です。

40代は家族や仕事などが大きく変化する時期でもありますから、その変化が動悸や息切れの間接的な理由なのだと言えるでしょう。

更年期の症状を引き起こすもの

更年期の症状を引き起こすもの

更年期でさまざまな身体の不具合が出てしまうのは、なぜなのでしょうか。更年期の症状を引き起こしているのは、女性ホルモンのバランスが乱れているからです。

女性ホルモンは、排卵や妊娠、生理をコントロールしているものですが、バランスが崩れると生理不順や生理痛、PMS(月経前症候群)などを引き押します。

更年期の症状として、さまざまな不具合があるのは、この女性ホルモンのバランスが乱れているからなのです。女性ホルモンはどのような作用があるのか、またバランスが崩れるとなぜ更年期の症状が現れるのか、詳しくご紹介していきましょう。

女性ホルモンについて

女性ホルモンについて

女性の身体には女性ホルモンがあり、排卵や妊娠、生理をコントロールしています。女性ホルモンは、初潮を迎えると徐々に増加し、30代に入るとピークに達しますが、その後徐々に分泌量は減っていき、閉経後にストップする仕組みになっています。

女性ホルモンには、卵胞ホルモン(エストロゲン)と黄体ホルモン(プロゲステロン)があり、それぞれ排卵や生理などをコントロールしています。

女性ホルモンの分泌が減少しバランスが崩れると、それぞれが身体に指令している作用も乱れるため、身体にさまざまな症状として不具合が現れてくるのです。

卵胞ホルモンの働きについて

卵胞ホルモンの働きについて

女性ホルモンは、排卵や妊娠、生理をコントロールしていますが、分泌量が徐々に減っていくと閉経し、さまざまな症状を身体に引き起こします。

卵胞ホルモン(エストロゲン)には、原始卵胞を育て排卵させる働きがあり、子宮内膜組織を厚くして着床しやすい環境づくりのサポートもしています。

卵胞ホルモン(エストロゲン)が分泌されるのは、生理が終わってから排卵されるまでの期間が中心で、排卵後は少しずつ減少していきます。受精が成立しなかった場合は急激に減少し、生理を引き起こさせる働きがあります。

卵胞ホルモン(エストロゲン)は美人ホルモンとも呼ばれており、気持ちを明るくさせたり新陳代謝を活発にさせたりして身体を動きやすくさせる働きがあります。

黄体ホルモンの働きについて

黄体ホルモンの働きについて

黄体ホルモン(プロゲステロン)には、受精を成立させやすく、受精卵を着床させて育てる働きがあり、体温を上昇させたり生理のきっかけを作ったりしています。

黄体ホルモン(プロゲステロン)が分泌されるのは、排卵されてから生理が始まるまでの期間が中心で、生理が近づくと徐々に減少し、生理直前には一気に減少していきます。

そして、黄体ホルモン(プロゲステロン)は、受精が成立した場合継続して分泌が続くため、体温が上昇した状態も続きます。そのため、生理不順の原因が妊娠によるものなのかどうか基礎体温から予測することも可能です。

黄体ホルモン(プロゲステロン)は、ブスホルモンとも呼ばれており、気持ちを不安定にさせたり、新陳代謝が低下したり、太りやすくむくみやすい身体にしてしまいます。

更年期と生理不順の関係

更年期と生理不順の関係

閉経が近づいてくると、女性ホルモンのバランスは乱れ、更年期の症状が出てきます。女性ホルモンは排卵や妊娠、生理に関係しているためバランスが崩れると生理周期も乱れてくるようになります。

年齢を重ねた時期に生理不順が始まると、閉経が近づいているサインだと言われますが、本当にそうなのでしょうか。生理不順を引き起こす女性ホルモンの不安定さは、さまざまな条件で簡単に引き起こされるものです。年齢を重ねているからと言って、生理不順は閉経のスタートと思い込まないようにしましょう。

ただ、生理不順が起きると不安になってしまうのは避けられません。そこで、閉経による生理不順の特徴と、単なる生理不順の特徴について、ご紹介しておきましょう。

閉経による生理不順の特徴とは

閉経による生理不順の特徴

年齢を重ねた時期に生理不順が起きると、閉経が近づき更年期の症状もスタートしたと思い込みがちですが、違う原因により生理不順が引き起こされている場合もあります。では、閉経による生理不順だと判断するためにはどのような特徴を捉えておく必要があるのでしょうか。

閉経が近づくと、生理周期の間隔が開いていくと考える方が大勢いらっしゃいますが、実際は短くなることから始まっていくことが多いです。これは、黄体ホルモン(プロゲステロン)の分泌量が減少していくからです。

閉経が近づいていくと、黄体ホルモン(プロゲステロン)の分泌が減少し、排卵から生理が始まるまでの期間が短くなるため、早く生理が来るようになるのです。

生理周期の変化

閉経による生理不順は、まず生理周期が短くなることからスタートすることがほとんどです。黄体ホルモン(プロゲステロン)の分泌量が減り、排卵から生理が始まるまでの期間が短くなることが関係していますが、徐々にこの状態が継続すると、今度は生理周期が長くなることがあります。

これは、卵胞ホルモン(エストロゲン)の分泌量が減っていくからです。卵胞ホルモン(エストロゲン)の分泌量が減ると、卵子が育つスピードが遅くなり排卵日も遅くなっていきます。

また、黄体ホルモン(プロゲステロン)の分泌量も同時に減るため、生理が起きるきっかけが発生しにくくなってくるのです。そのため、生理周期はどんどん長くなっていきます。

閉経が近づいている場合、生理周期は短いサイクルと長いサイクルを繰り返すようになり、最終的には長いサイクルがどんどん伸びて、閉経に近づいていくのです。

原因を特定したい場合

原因を特定したい場合

閉経が近づいてくると、生理不順が出やすくなってきます。しかし、生理不順はさまざまな原因から引き起こされるため、原因が閉経かどうか特定しにくい部分があります。

生理不順の原因を閉経かどうか特定したい場合は、基礎体温をチェックするのがオススメです。基礎体温は、女性ホルモンの分泌量によって左右されるため、不調の原因を探りやすくなります。

生理不順がない場合、基礎体温は二層にキレイに別れており、低温期と高温期が繰り返されるようになっています。

原因を特定したい場合2

もし、高温期だけが短くなっていたり、高温期が発生していなかったりする場合は、閉経による生理不順である可能性が高くなるでしょう。

基礎体温の測り方について

基礎体温の測り方

基礎体温をチェックすることで、生理不順の原因を特定しやすくなります。基礎体温は継続的に測ることが必要なので、毎日正しく計測するようにしましょう。計測の方法としては、できるだけ同じ条件で行うようにしてください。

起床する時間を決めて、枕元に体温計をスタンバイさせておき、目が覚めたらすぐに計測できる状態にしておきます。

基礎体温は舌下で測るのが最も安定していますので、舌下に入れられる体温計を使用するようにしましょう。予測型や実測型などさまざまな体温計がありますが、自分に適したものを選ぶようにしてください。計測した基礎体温はグラフに書き込んで行くことで、アップダウンをより把握しやすくなるでしょう。

更年期の症状の和らげ方

更年期の症状が現れてくると、自分の体調や気分を予測しづらくなるため、強いストレスを感じるようになります。症状を少しでも和らげることができれば、辛い状態を少しでもほぐすことができるでしょう。

理解者を作ること

理解者を作ること

 

一番の方法としては、理解者を作ることです。更年期の症状は、予測がつかないため自分でもどうコントロールしていいのかわからないことがあります。しかし、近くに理解者がいれば更年期の症状が現れたとしても焦ったり不安になったりすることが少なくなるでしょう。

更年期が始まったと家族にきちんと話すことは、最初は抵抗があるかもしれませんが知ってもらえることで気持ちがずいぶん楽になります。家族全員でなくてもいいので、気持ちを打ち明けておきましょう。

リラックスのススメ

リラックスのススメ

更年期の症状が現れてきたら、立て直そうと頑張らずリラックスするようにしましょう。温かい飲み物を飲んだり、お風呂に入ってリラックスしたり、好きな香りを嗅ぐことで気持ちを和らげることができます。

焦りやストレスを感じると、更年期の症状が悪化することもあるため、多少ワガママでも自分の気持ちを優先させるようにしましょう。

また、外をお散歩して風にあたり、気持ちをリフレッシュさせることもオススメです。理解者と共におしゃべりしながらお散歩することで、不安な気持ちを払拭させることができるでしょう。

ホルモン治療について

ホルモン治療について

更年期の症状がひどい場合や、どうしても不安な場合はお医者さんに相談してみましょう。女性ホルモンのバランスを整えてくれる治療を行うことで、更年期の症状を軽減させることができます。

ホルモン治療については、低用量ピルを使用することが多く、副作用の出方をみながら上手に取り入れて行きましょう。また、お医者さんに相談することで具体的な対策方法について相談ができるため、気持ちも和らいできます。

まとめ

更年期の症状について原因や対処方法など詳しくご紹介しました。女性なら誰でも体験する可能性があるものですから、更年期の症状について知識を深め、準備しておくことも大切です。

さまざまな知識や対策で辛い時期を乗り越え、自分らしく過ごせる楽しい人生を過ごしていきましょう!

PR