更年期生理不順について知っておきたいこと

40代を過ぎて生理不順が続くようになると、そろそろ更年期が始まるのでは?と不安になる方も多いのではないでしょうか。更年期が始まる時期は人それぞれ違いますが、早い方だと30代から更年期に入る場合もあります。

ただ、生理不順になったからと言ってすぐに更年期になるというわけではありません。生理不順と更年期の関係について、意外と詳しく知らない方が多いため不安が募りやすい部分もあるでしょう。そこで、生理不順と更年期についての情報を幅広くご紹介していきますので、参考にしていただければと思います。

PR

更年期とは?

更年期とは?

生理不順が始まると更年期が心配になりますが、そもそも更年期とはどのようなことを指すのでしょうか。更年期とは、閉経の前後5年を合わせた10年の期間のことを指します。

閉経のタイミングとしては50歳前後が多く、40代後半から50代前半にかけて更年期症状が出てきます。ただ、早い人では30代後半から更年期が始まるケースもありますし、遅めの人だと50代半ばから更年期が始まるケースもあります。

更年期が始まる時期にはかなりの個人差があるため、一概に何歳から更年期が始まりますと確定されていないため、生理不順から不安になる方が大勢いらっしゃるのです。

更年期の症状について

更年期の症状について

更年期は閉経の前後5年を合わせた10年の期間のことを言いますが、具体的にどのような症状が現れるのでしょうか。

更年期の症状として代表的なのが体温調節です。気温に関係なく突然顔や上半身が火照って汗をかいたり、寝汗がひどくなったり、顔が真っ赤になっているのに手足は冷えた状態になったりします。

また、気持ちが不安定になってイライラしたり、不眠症に悩まされたり、倦怠感が生じたりすることもあるでしょう。中には不整脈や心臓の鼓動が激しくなって、何かの病気ではないかと不安になる方もいるようです。

さらに、ひとつのことに集中することが難しくなり、記憶力も曖昧になります。トイレの回数が増えたり、身体の節々に痛みを感じたり、ちょっとした衝撃で簡単に骨折してしまったりすることもあるでしょう。

つまり、更年期の症状は身体のさまざまな機能のコントロールが難しくなり、気持ちも不安定になりやすくなるということです。

更年期の生理不順の理由

更年期が起きる理由

更年期では、身体のさまざまな機能がコントロールできなくなり、気持ちも不安定になってしまいます。では、更年期ではなぜそのような不調が生じてしまうのでしょうか。

それは、女性ホルモンの影響が強く関係しています。通常、女性の身体は初潮を迎えたころから女性ホルモンの分泌量が増えていきます。

女性ホルモンには、卵胞ホルモン(エストロゲン)と黄体ホルモン(プロゲステロン)がありますが、30代をピークに徐々に減少していくようになります。

40代になると卵巣の機能が低下し始めるため、女性ホルモンの分泌量も徐々に減っていきます。そして、排卵がストップし閉経すると女性ホルモンの分泌量は一気に減少してしまうのです。

そのため身体には大きな影響が生じ、更年期特有の身体と気持ちの不調が現れてしまいます。このような仕組みで、更年期は起きてしまうのです。

女性ホルモンと生理不順の関係

女性ホルモンと生理不順の関係

更年期が起きるのは、女性ホルモンの分泌が減少することが大きく影響しています。女性ホルモンは、排卵がストップし閉経すると一気に減少していきますが、40代に入り卵巣の機能が徐々に低下することで少しずつ減少していきます。

そのため、今までのホルモンバランスが変化し、生理不順になりやすくなってしまうのです。それまでコンスタントに生理が来ていたのに、40代に入ってから生理不順が目立つようになったと感じたら、そろそろ閉経が近づいているサインと言えるかもしれません。

更年期ではない生理不順

更年期ではない生理不順

40代で生理不順が起きると、更年期がそろそろ始まるのではないかと不安になりがちですが、生理不順はさまざまな原因から引き起こされるものです。

人によっては50代から更年期に入る方もいらっしゃいますから、「40代の生理不順=更年期のスタート」と決めつけないようにしましょう。

生理不順は、生活習慣の乱れや精神的なストレスなどの影響でも生じるものです。仕事で強いストレスを感じていたり、人間関係に悩んでいたり、不規則な生活が続いているという方は、それを改めることで規則正しい生理に戻していきましょう。

もしかして妊娠の生理不順

もしかして妊娠の生理不順

自然妊娠可能年齢の平均が40代前半と言うのは、皆さんご存知でしょう。ちょうどこの頃は閉経の一端である生理不順が起こり始める時期でもありますから、もう妊娠とは関係ないと思ってしまう方も多いです。

しかし、閉経するまでは不規則ではありますが卵子が排卵されるので、生理不順になってきても排卵を伴う生理が起こる場合があります。特に、毎月まだ生理が来ているのに急に来なくなったという場合は、年齢に関係なく妊娠の可能性を考えたほうが良いかもしれません。

妊娠しているかどうかは基礎体温で判断できますので、これから起こる体の変化を考えると基礎体温計測を習慣にするのをおススメします

病気による生理不順

病気による生理不順

40代で起きる生理不順は、更年期以外にもストレスや生活習慣の乱れから引き起こされることがあります。しかし、もうひとつ病気からも生理不順が発生することを覚えておきましょう。

卵巣や子宮内膜など子宮のあちこちに病気が発生した場合、生理不順として病気の初期段階が知らされていることがあります。

生理不順と共に、激しい腹痛やめまい、吐き気など身体の異常を感じた場合や、いつもの生理とは違う様子がある場合は、一度病院でしっかり診てもらうようにしましょう。

子宮関係の病気は、早めに発見することで適切な治療を受けることができ、回復も早まります。病気を放置していると不妊の原因となることもありますので、早めに診察を受けるようにしましょう。

生理不順の内容

生理不順の内容

生理不順になると更年期かもしれない、いやストレスかもしれない、もしかしたら病気かもしれないなどさまざまな不安が湧きあがってきます。そんな時は、基礎体温をチェックすることで何が原因なのかを探っていきましょう。

基礎体温は、通常2層に分かれており低温期と高温期を繰り返していきます。低温期には卵巣で原始卵胞が育ち、排卵されることで高温期に切り替わり、卵子が着床し成長しやすい状況になっています。

妊娠すると、高温期が続いていくため生理が遅れている場合は妊娠の可能性をいち早くキャッチすることができるでしょう。

また、ストレスや生活習慣の乱れで生理不順が生じている場合は、低温期と高温期が2層に分かれておらず、上がったり下がったりとグラフが不規則な動きをすることがあるでしょう。では、更年期にはどのような基礎体温の変化があるのでしょうか。

更年期の基礎体温

生理不順が更年期によるものなのか、ストレスや生活習慣の乱れによるものなのか、病気や妊娠によるものなのかを判断するためには、基礎体温をチェックするのがオススメです。

高温期が短い

更年期に見られやすい基礎体温の変化としては、まず高温期が短いということが挙げられます。

通常、低温期と高温期は14日ずつで繰り返されますが、高温期が10日もいかないうちに下がり始めることがあります。

ずっと低温期

また、人によっては高温期が確認できず、ずっと低温期のままだという方もいらっしゃるでしょう。

高温期は、黄体ホルモンという女性ホルモンの作用があって引き起こされるものです。更年期により分泌量が減ると、高温期の期間が短くなったり高温期がほとんど確認できなくなったりしてしまうため、身体にもさまざまな不調が起きやすくなってしまいます。

閉経前の生理周期について

閉経前の生理周期について

更年期に入ると生理不順が目立つようになりますが、生理周期ではどのように変化するのでしょうか。更年期による生理不順の特徴としては、まず生理周期が短くなります。そしてしばらくすると、今度は生理周期が長くなっていきます。

生理周期が短くなったり長くなったりするのは、一定期間繰り返され、2年で終了する方もいらっしゃれば8年ほど続く場合もあります。また、生理中の経血の量にも変化が生じ、量が増えたり、少なくなったりします。

生理中の日数も短くなったり、長くなったりすることが多くなるため、生理周期に乱れがなかったとしても、生理中の内容に変化が生じてきたというかたは、更年期がスタートしている可能性があるでしょう。

閉経のサイン

閉経のサイン

更年期に入ると生理不順が目立つようになりますが、閉経はどのような状態のことをさすのでしょうか。閉経は、生理が1年以上来ないことを言います。

一般的には、生理不順が始まって閉経する流れが多いですが、人によっては生理不順がほとんど確認されないまま閉経することもあるでしょう。

ただ、閉経後も更年期の症状が続いてしまうのは、女性ホルモンが分泌され続けるからです。そのため、閉経後もしばらくの間は更年期の症状が続いてしまうことになります。

女性ホルモンの分泌が少なくなれば、さまざまな身体の症状も治まり、更年期は終了します。

更年期や生理不順への対策

更年期や生理不順への対策

生理不順が始まり、更年期の可能性が高いことがわかると、気持ちは沈んでしまいがちです。女性としての価値がなくなってしまうような気がするからです。

気持ちが沈んでしまうと、ストレスが発生し自律神経が乱れてますます生理不順や更年期の症状がひどくなってしまうことがあるので、リラックスを心掛けましょう。

香りのよいハーブティーを飲んだり、涼しい時間帯に近所を散歩してリフレッシュしたりするのも良いでしょう。また、身体が不調であることを家族に知ってもらうことも大切です。ひとりで悩みを抱え込んでしまわないようにしましょう。

症状がひどい場合

更年期の症状がひどい場合や、生理不順が辛い場合は、我慢せず病院に相談するようにしましょう。ホルモンバランスを整えてもらうことで、症状を緩和することができます。

更年期の症状は、人によって現れ方が異なりますし、ほとんど感じない方もいれば、日常生活に支障をきたす方もいらっしゃいます。更年期は長く続くものですから、少しでも早く相談するようにしましょう。

まとめ

更年期や生理不順についての情報を幅広くご紹介しました。更年期では閉経を経験するため、精神的に辛い思いをされる方もいらっしゃると思います。

女性の価値がなくなってしまったと落ち込む場合もあるでしょうが、逆の考え方をすれば、これからは妊娠や生理に捕らわれず人生を楽しむことができるということです。

生理のタイミングを気にせず温泉を楽しめ、趣味に没頭できる喜びが待っているので、前向きにこの時期を乗り越えていきましょう。

PR