生理前の胸焼けで知っておきたいこと 症状 原因 対処方法 など

生理が始まる前には体と心にさまざまな不調が生じます。生理前の不調というと、眠気、ニキビ・肌荒れ、イライラ、頭痛、胸の張りなどが一般的ですが、中には胸やけや胃痛、吐き気を感じる方も大勢います。生理前に胸焼けを感じる原因は何でしょうか?

生理前の胸焼けについて、その原因から対処法まで、ぜひ知っておきたい知識をまとめてみました。生理前は体調が悪いだけでなく、イライラや気分の落ち込みを感じる時期でもあります。生理前の不快な症状に関する正しい知識を備え、効果的な緩和方法を身につけましょう!

PR

生理前の胸焼け

生理前の胸焼け

生理が始まる10日から生理の始まりまでの期間は、女性にとって非常に辛い時期。女性ホルモンの分泌バランスに大きな変化が起こるため、体と心にはさまざまな不調が生じます。

生理前の辛い症状は月経前症候群(PMS)と呼ばれていますが、胸焼けや胃痛、消化不良、吐き気もそのひとつ。これらはすべて胃腸のトラブルと捉えることが出来ます。生理と胃腸トラブルとはまったく関係ないような気がしますが、実際には生理前は胃腸のトラブルも起きやすい時期。生理前の胸焼けや胃痛は決して珍しいものではありません。

胸焼けとは?

生理前の胸焼け

胸焼けの症状とはそもそもどんな症状でしょうか?胸焼けとは胸が締め付けられる、ちりちりと痛む、胸に違和感がある、といった状態を指します。

一般的には胸焼けの原因は胃酸の逆流にあります。胃には胃の粘膜を保護する物質が分泌されていますので、胃酸によって胃壁が溶けることはありませんが、食道にはこのような機能はありません。

食べ過ぎや消化不良などにより、胃酸が食道に逆流してくると、食道の粘膜が荒れてしまい、酸っぱい胃液が逆流し、喉に痛みや苦味を感じます。

逆流性食道炎とは?

逆流性食道炎とは?

逆流性食道炎とは胃酸が食道に逆流することにより、食道の粘膜に炎症が起きる病気を指します。逆流性食道炎にいったんかかってしまうと、再発することが多く、毎日の生活の中で食事の内容や仕方を見直すことが重要です。

逆流性食道炎にかかる方が増加している背景には、食習慣の欧米化や慢性的な運動不足、姿勢の悪さ、デスクワークの時間が長いこと、ストレス、栄養に偏りのある食事、睡眠不足や夜更かしなどが挙げられています。

逆流性食道炎の症状とは

逆流性食道炎の症状とは

逆流性食道炎の症状は人によってさまざま。主なものを挙げてみると、胸焼けがする、胸が締め付けられるように痛い、喉に苦味を感じる、酸っぱいものがこみ上げてくる、げっぷが出る、吐き気やムカつきがある、喉に違和感を感じるなど。

症状が悪化した場合には、胸だけでなく背中に痛みを感じたり、喉がかすれる、咳が出る、喘息、出血などの症状も発生します。再発を繰り返し、症状が悪化すると、最悪の場合がんになってしまうおそれもあります。

たかが胃酸過多と甘く考えるのは間違い。逆流性食道炎は一度治療しても再発しやすいため、根本的に解消したい場合には内服薬の服用だけでなく、胃酸過多になりやすい食事の悪習慣を絶つことが必要です。

胸焼けの原因とは?

胸焼けの原因とは?

胸焼けの原因は胃酸過多。脂っこい食べ物、甘いもの、辛いものなど、胃腸に負担のかかる食べ物を過剰に摂取すると胃酸が出過ぎてしまい、食道のほうに逆流してしまいます。

他にもおなかを締め付ける服装をしたり、食事のあとすぐに横になったりすることも、胃酸の逆流の原因になります。

生理前の胸焼けの原因とは?

胸焼けの主原因は胃酸過多ですが、生理前に胸焼けがするのはなぜでしょうか?生理前の胃腸トラブルとしては、胸焼け以外にも胃痛、吐き気、消化不良などを挙げることが出来ます。

これらはすべて生理前に起こる月経前症候群の症状。月経前症候群というと、おなかや腰の痛み、頭痛、イライラなどを思い浮かべますが、月経前症候群には胃腸系の症状もたくさんあります。

黄体ホルモンのはたらき

黄体ホルモンのはたらき

生理前にはそれまで分泌が少なかったプロゲステロン(黄体ホルモン)の分泌が増える時期。プロゲステロンの重要なはたらきは、子宮に栄養分のある血液を集め、受精卵が着床しやすい状態にすること。黄体期には基礎体温も上がり、妊娠に備えて体を出来るだけ休ませようとします。

眠気やだるさ、熱っぽさを感じるのはこのはたらきのため。またプロゲステロンには食欲を増進させるはたらきもあり、普段よりもたくさん食べてしまう方も多いのが、この時期の特徴といえるでしょう。

また水分や養分を溜め込みやすく、血行不良やむくみが生じることもあります。黄体ホルモンは妊娠を成立させ、その後も妊娠状態を継続させる役割を担っていますので、子宮の収縮を抑えるはたらきがあります。

子宮の収縮を抑えるという機能により、胃腸の動きもやや弱まってしまい、これが原因で下痢の症状が出ることもあります。

食欲増進による食べ過ぎ

食欲増進による食べ過ぎ

黄体ホルモンには食欲を増進させるはたらきがあります。生理前になるとなぜか食欲が増したり、甘いものが食べたくなるのはこのため。また女性ホルモンのバランスの乱れにより、交感神経と副交感神経のバランスも乱れてしまい、ストレスを感じやすくなります。

ストレスを手っ取り早く解消させようと、体は甘いものを欲しがり、さらに食べ過ぎが進んでしまいます。甘いものなど、消化に悪い食べ物を過剰摂取することにより、胃酸過多が生じます。生理前の胸焼けや胃痛の原因のひとつは食べ過ぎにあります。

自律神経の乱れ

自律神経の乱れ

生理前は二つの女性ホルモンの分泌に変化が起こる時期。ホルモン分泌を司るのは脳の視床下部ですが、視床下部の近くにある脳下垂体からは、交感神経・副交感神経をコントロールするための指令も発せられます。

このため、女性ホルモンの分泌を促す指令に乱れが生じると、結果的に自律神経のバランスを取る機能の乱れにつながります。自律神経の乱れは、胃痛や胸焼けなど、胃腸トラブルの原因になることがあります。自律神経の乱れが悪化すると自律神経失調症にかかってしまい、胃痛や消化不良だけでなく、他にもさまざな不調が体にあらわれます。

プロスタグランジンのはたらき

生理が始まる前にはプロスタグランジンという物質が分泌されます。プロスタグランジンのはたらきは、子宮を収縮させ、子宮内膜の血液を排出させること。プロスタグランジンは子宮付近の筋肉を収縮させることにより、出血を生じさせます。

プロスタグランジンの分泌量が適正なときには問題ありませんが、なんらかの理由によりその分泌量が過剰になると、収縮作用が過剰になり、胃や腸の筋肉にも収縮作用を与えてしまいます。生

理中のおなかや腰の痛み、吐き気、胸焼けなどは、このプロスタグランジンによる収縮作用に原因があります。生理直前の胸焼けや胃痛の原因に関しては、月経前症候群でなくプロスタグランジンという可能性が高いでしょう。

妊娠の兆候としての胸焼け・胃痛

妊娠の兆候としての胸焼け・胃痛

生理予定日近くになって胃痛や胸焼け、吐き気がする場合、妊娠しているという可能性もあります。胃痛やムカムカ、げっぷなどは、妊娠超初期・妊娠初期の兆候として挙げられています。

妊娠の兆候?それとも月経前症候群?

妊娠の兆候?それとも月経前症候群?

胸焼けや胃痛といった症状は月経前症候群のひとつでもありますが、また同時に妊娠の兆候の可能性もあります。どちらの症状も似通っていますので、これだけをもとに妊娠している、あるいは妊娠していないと判別することは困難です。少しでも妊娠の可能性がある方は慎重に体調を見守るようにしましょう。

胃痛や胸焼けがするからといって、安易に市販の胃薬を服用することは、避けたほうが安心です。生理前の胸焼けは市販の胃薬では緩和されないこともあります。自己判断は避け、気になることがあれば専門医のいる病院で診察を受けるようにしましょう。

妊娠している可能性があったとしても、市販の検査薬を使用できるの生理予定日の一週間後からになります。産婦人科での診察も同様で、生理予定日前に診察を受けても確定的なことは分かりません。

生理前の胸焼けの対処方法とは?

生理前の胸焼けの対処方法とは?

生理前に胸焼けや胃痛がする場合の対処法について見ていきましょう。生理前に不快な症状が起こるのはある程度仕方ありませんが、生活習慣や食習慣が不規則になっていると、月経前症候群や生理痛は確実に悪化します。生理前の胸焼けを解消するために必要な対処法を学んでおくようにしましょう。

食べ過ぎは禁物

食べ過ぎは禁物

生理前に食欲が増進するのはある程度仕方ありませんが、度を越えて食べることないよう、また甘いものや脂っこいもの、辛過ぎるもの、消化に悪いものなどは、出来るだけ控えるようにしましょう。

生理前はただでさえ肌荒れやニキビが出来やすい時期。この時期に脂肪分や糖分の高い食べ物ばかりを口にしていると、胃腸に無理な負担をかけてしまいます。食べ物だけでなく、アルコールやタバコ、カフェインの飲み過ぎにも注意しましょう。

食事の際に注意したいこと

食事の際に注意したいこと

腹八分目を心がけ、消化吸収のよい食べ物を選びましょう。早食いは胃痛の原因。じっくり咀嚼しながら食べる習慣をつけると、胸焼けの症状が緩和されます。

テレビを見ながら、本を読みながら食べるといった「ながら食べ」もよくありません。食事の合間に四六時中なにかしら口にする習慣がある方は、今すぐこれを改めましょう。

生理前は体重が増加しがちですので、太ることが気になり食事を抜いてしまう方もいるでしょう。しかし主食抜きで甘いものばかり食べるのはこの点でも逆効果。おやつやデザートばかりではかえって胃腸を酷使してしまいます。

油分・カロリー控えめ、すべての栄養素を満遍なく摂取できる、バランスの取れた食事を心がけましょう。

食事後の注意

食事後の注意

食後すぐに横になると胃酸が逆流してしまいます。生理前で体調が悪いときでも食べてすぐに横になることは控えてください。また胃酸が食道のほうに上がってこないように、水や牛乳を飲むことも効果的です。

胃に優しい食べ物を摂る

胃に優しい食べ物を摂る

毎月生理前に胸焼けがひどくなる方は、毎日の食事メニューを根本から見直すようにしましょう。脂肪分の多い食べものや消化に時間のかかる食べ物は、胃酸の分泌量を増やしてしまいます。

胸焼けの症状が一向におさまらない場合には、油脂を避け、胃に優しい消化の良いもの、胃の中に長く留まらないものを意識して食べるようにしましょう。

よく咀嚼して食べる習慣を付ける

食べるときはよく咀嚼して食べるようにしましょう。よく噛んで食べることにより唾液の分泌も多くなります。胃酸は酸性、唾液は弱アルカリ性で、唾液には過剰に分泌された胃酸を中和するはたらきがあります。

食事をする際にはゆっくり噛んで食べ、よく咀嚼して食べる習慣をつけると胃液の逆流を予防できます。また食後の胸焼けが気になる方は、ガムを噛むことも効果的です。

症状が継続するときは病院で診察を受ける

症状が継続するときは病院で診察を受ける

食習慣や生活習慣を見直しても、生理前の胸焼けの症状が一向におさまらない場合、生理前だけでなく、生理中、そして生理後も胸焼けや胃痛が続く場合には、早めに病院で診察を受けたほうが安心です。

市販の胃薬を服用している場合、一定期間服用しても改善が見られない場合も同様に専門医の診察を受けるようにしましょう。痛みを伴う胸焼けの場合には次のような病気が隠れていることもあります。

痛みを伴う胸焼けは病気のサイン?

胸焼けに痛みが伴う場合、病気の兆候の可能性もあります。ただし胸焼けという症状があるというだけではなんとも判断のしようがありませんので、気になる方は内科で診察を受けるようにしてください。

可能性のある病気とは、食道潰瘍、食道裂孔ヘルニア、食道がん、心筋梗塞など。いずれの病気にしても、診察と精密検査を受けなければ診断を下すことはできません。おかしいと感じることがあれば、躊躇わずに専門医の判断を仰ぐようにしましょう。

まとめ

生理前の胸焼けについて、考えられる原因や対処法についてまとめてみました。生理前は女性ホルモンのはたらきにより体と心にさまざまな不調があらわれやすくなります。

生理前の胸焼けもそのひとつ。頭痛やおなか・腰の痛み、肌荒れ、イライラなどに加えて、胸焼け、げっぷ、ムカムカ、吐き気、胃痛などの胃に関する症状も多く見られます。

生理前の辛い胸焼けの症状を緩和するためには、食事の内容を見直すことがもっとも大切。生理前のイライラを甘いものを食べることで紛らわそうとすると、胸焼けや胃痛を悪化させる結果に終わります。生理前の辛い時期を少しでも快適に過ごせるよう、日ごろから生活習慣や食習慣を規則的でヘルシーなものにするよう努力しましょう!

PR

シェア