妊娠初期おりものについて知っておきたいこと

妊娠を待ち望んでいる方にとって、妊娠するとどんな兆候が表れるのかは、気になるところですよね。妊娠初期の症状を把握することができれば、お酒を控えたり体調を整えたりとさまざまな準備を始めることができます。

妊娠初期にはさまざまな症状が現れますが、「おりもの」の変化もひとつのサインとなります。妊娠初期のおりものにはどんな特徴があるのか、詳しくご紹介していきましょう。

PR

おりものとは?

おりものとは?

妊娠初期のおりものについて触れる前に、まずはおりものとは何かについて簡単にご紹介しておきましょう。おりものとは、膣内から分泌される液体と膣内の古い組織が剥がれ落ち混ざりあったものを言います。おりものの役割としては、妊娠の手助けや膣内を安全で清潔な状態に保つ役割があります。

おりものが多い時期にも違いがあり、排卵日前後や生理前後には分泌量が多くなりますが、全体的におりものの量が多い方や少ない方など個人差が見受けられます。

おりものが下着につくと不快感が出やすいですが、女性の膣内や子宮を守るためにおりものは欠かせないものなのです。

普通のおりものの特徴

普通のおりものの特徴

おりものは、時期によって少し変化はありますが、基本的に透明~白っぽい色をしていることが多いです。

ニオイは無臭か、少し酸っぱいニオイがすることもあるでしょう。個人差があるため、人によってニオイや分泌量には違いがあります。

おりものの色やニオイ、分泌量に違いがあるのはホルモンの影響を受けているからです。排卵や生理は、黄体ホルモン(プロゲステロン)と卵胞ホルモン(エストロゲン)が分泌されることにより引き起こされますが、おりものもその影響を受けるため、透明になったりニオイが酸っぱくなったりするのです。

妊娠初期のおりものの変化

妊娠初期のおりものの変化

妊娠初期になると、おりものにはどんな変化が現れてくるのでしょうか。まず、おりものの量ですが妊娠初期の頃は比較的多くなると言われています。

妊娠初期におりものの量が増えるのは、妊娠により子宮の活動が活発になり、その刺激により分泌が促されることが関係していると考えられています。

排卵日前後はおりものが多い時期が続きますが、排卵日を過ぎると徐々に分泌量は落ち着いてきます。生理予定日前になると再びおりものの量は増えてきますが、排卵日を過ぎてからおりものの量が減らず、増えているようなら妊娠している可能性が考えられるでしょう。

ただ、人によっては妊娠によりおりものの量が一時的に減少する場合もあります。おりものが減ったから妊娠していないということにはなりませんので、心当たりがある方は妊娠の可能性を考えておくと良いでしょう。

おりもの量が増えるのはなぜ

おりもの量が増えるのはなぜ

おりものの不快さも一層増してしまいますが、妊娠するとなぜおりものが増えるのでしょうか?妊娠初期の胎児はお母さんとしっかり繋がっていないため不安定で、ちょっとした事に影響を受けやすいです。

特に菌の進入は流産・早産や母子感染の原因になるので、殺菌効果のあるおりものを多く分泌して胎児を守り妊娠状態を維持しようとしているのです。

おりもの量が多いといつまで続くのか心配ですが、減ってくるのは胎盤が完成する妊娠4ヶ月ごろと言われていて、出産間近になると再びおりもの量が増えるようになります。

妊娠初期のおりものの粘度

妊娠初期はおりものの量が増える傾向がありますが、他にどのような特徴があるのでしょうか。次に注目したいのが、おりものの水っぽさです。

おりものは、分泌される時期によりサラサラの水っぽい感じで出るときもあれば、生卵の白身のようにトロリとした感じで出てくるときもあります。

妊娠初期のおりものは、サラサラの水っぽい感じで出ることが多いので、排卵日後にサラサラの水っぽいおりものが続くようなら、妊娠の可能性が疑われるでしょう。

妊娠初期のおりものの色

おりものの色について

妊娠初期のおりものは、白っぽい色をしていることが多いと言われています。人によって個人差があるため、透明に近い白っぽさになることもあるでしょう。ただ、時折茶色や赤色がおりものに混じることがあります。

妊娠初期の頃に、おりものの色が茶色になったり赤い色になったりするのは、血液によるものだと考えられるでしょう。

妊娠初期に血液が出てくるというと、流産の可能性など不安にあることもあるでしょうが問題のない出血であることが多いので、心配はありません。

着床出血でのおりものの色

着床出血について

妊娠初期におりものに茶色や赤色が混じることがありますが、それは血液によるものだと考えられます。血液は、着床出血により引き起こされている可能性が高いでしょう。

着床出血とは、受精卵が子宮内膜に着床する時、絨毛が子宮内膜を傷つけたことから出血することです。また、受精卵が成長する時にも絨毛が広がるため、再び着床出血が起きることがあります。

そのため、妊娠初期の頃には茶色や赤色のおりものが混じることがあるのです。血液の色は通常赤色ですが、酸化すると茶色に変色するため、おりものに茶色が混じることがあるのです。

不正出血でのおりものの色

妊娠初期におりものに茶色や赤色が混じる場合、着床出血である可能性が高いとご紹介しましたが、妊娠検査薬を試して陽性反応が出た後におりものに茶色や赤色が混じった場合は、少し注意が必要です。

着床出血は、妊娠初期の中でもかなり早い時期に発生するものです。排卵日~生理予定日の間に起きることが多いため、妊娠検査薬を使用できる生理予定日1週間後には、落ち着いていることが多いとされています。

そのため、妊娠検査薬を試した後におりものに茶色や赤色が混じる場合、不正出血である可能性が高くなるでしょう。不正出血とは、生理以外の時期に膣から血液が出てくることを言います。

おりものに微量の血が混じったものも不正出血とみなされるため、すぐに産婦人科で診てもらうようにしましょう。

妊娠初期の異常なおりものは?

異常なおりものについて

妊娠初期には、おりものの量が増えたり、色が白っぽく変化したりしますが、中には異常なおりものが確認されることがあります。おりものから異臭がしたり、カッテージチーズのようにボロボロと白い塊が出てきたり、黄色や緑色のおりものが出てきたりします。

このような、異常なおりものが確認されるのは、何かの細菌に感染している可能性がありますので、すぐに病院で診てもらうようにしましょう。

膣内が感染している状態を放置していると、症状が悪化したり、不妊に繋がったりする可能性があります。また、妊娠している場合は早産や流産の危険性も発生するので、早めに処置するようにしましょう。

通常のおりものの状態を知っておこう

通常のおりものの状態を知っておこう

妊娠初期には、おりものの状態が変化することが多いですが、通常のおりものの状態を把握していなければ、妊娠初期や異常を発見することは難しくなります。

おりものをチェックすることは、自分の健康状態をチェックすることでもありますので、できれば毎日チェックしておくようにしましょう。

下着についたおりものだけでなく、トイレットペーパーで拭いた時におりものの色やニオイ、量をチェックしておくようにしましょう。また、排卵日や生理前後などおりものが多い時期のサイクルを知ることも大切です。

通常のおりものの状態を把握することができていれば、異常や妊娠をすぐに発見し対策を取ることができるでしょう。

洗浄のしすぎは注意

洗浄のしすぎは注意

増えたおりものが気になっても、過剰に洗浄するのは止めましょう。おりものには殺菌や菌の進入を防ぐ働きがあり、妊娠初期におりものが増えるのも、子宮や膣が炎症を起こして胎児に悪影響を与えるのを避けるためです。

それを徹底的に洗い流してしまえば性器周辺の常在菌バランスが崩れ、悪さをする菌が繁殖しやすくなってしまいます。また、殺菌性の高い石鹸を使うと、妊娠して敏感になっている粘膜に強い刺激を与えてしまうので、低刺激の石鹸などで優しく洗うようにしましょう。

増えたおりものはおりものシートをこまめに替えたり、体を締め付けない服装にする事で不快さを和らげる事ができます。自分の体の仕組みをサポートする程度に止めておくのがよいでしょう。

基礎体温のススメ

基礎体温のススメ

妊娠初期には、おりものの量が増えたりしますが、排卵日前後や生理前後にも増えるため、なかなか気づきにくい部分があります。そんなとき、基礎体温を測っておけば妊娠によりおりものが増えているのか、それ以外の原因なのかを判別しやすくなるでしょう。

基礎体温は身体の状態が反映されるので、今身体がどのような状態になっているのかを把握することができます。

基礎体温は低温期と高温期に分けられ、低温期は卵胞ホルモン(エストロゲン)、高温期は黄体ホルモン(プロゲステロン)が活発に分泌されています。それぞれ同じ日数続いて入れ替わり、そのサイクルにより排卵や生理が引き起こされているのです。

妊娠による基礎体温の変化

妊娠による基礎体温の変化

おりものに変化が生じたとき、妊娠によるものなのか他の原因によるものなのかを判別するために、基礎体温を参考にするのがオススメです。

基礎体温は低温期と高温期に分けられますが、妊娠するとどのような変化が生じてくるのでしょうか。

妊娠は、排卵された卵子に精子が結びつき受精して子宮内膜に着床することです。

卵子が排卵されると低温期から高温期に切り替わるため、高温期が続いていくことになります。

妊娠が成立せず生理が引き起こされると基礎体温は下がり始め高温期から低温期に切り替わっていきますが、妊娠が成立した場合は、基礎体温は下がることがありません。

生理予定日近くになっても基礎体温が高いままで、おりものにも変化が生じている場合は、妊娠している可能性が高くなっていると考えられるでしょう。

基礎体温の測り方について

基礎体温の測り方について

おりものに変化が生じたとき、妊娠によるものかどうかを判別したい時は、基礎体温をチェックしてみるのがオススメです。ただ、基礎体温はおりものと同じように毎日チェックしていなければ、正常な状態を把握することはできません。

そこで、基礎体温の測り方について簡単にご紹介しておきましょう。

まず、基礎体温は最も安定している舌下で計測します。そして、起床したらすぐに計測するのが鉄則です。

起き上がったり寝返りを打ってしまったりすると、基礎体温に変化が生じてしまいますので、体温計は手が届く枕元に置いておくのがオススメです。そして、計測し終わったら基礎体温をグラフに書き込み、全体的なカーブを把握していきます。

基礎体温は低温期と高温期に分かれていますが、グラフが二層に分かれていなかったり、ランダムになっていたりする時はホルモンの分泌バランスが乱れている可能性があるので、一度産婦人科で検査してみると良いでしょう。

妊娠初期に起きるその他の症状

妊娠初期に起きるその他の症状

妊娠初期には、おりものの量が増えたり白っぽくなったりと変化が生じてきますが、それ以外にも妊娠初期の症状は出てきます。例えば、妊娠初期の症状として鼻水や唾液が増えるなど、分泌液が増えることがあります。

おりものだけでなく、身体のさまざまな分泌液が増えるのは、身体の中にいらないものを侵入させないようにする効果と、防御する効果があるからです。

鼻水がたくさん出ていると、細菌や風邪などのウィルスの感染を防ぐことができますし、唾液には殺菌性があるため、食中毒などを予防することができます。

妊娠すると、身体を守ろうとする作用が強くなるため、おりものや鼻水、唾液など分泌液が活発に分泌されるようになるのです。

微熱の症状について

微熱の症状について

妊娠初期の症状として、その他に微熱があります。受精が成立し、着床すると基礎体温は高温期が継続されるため、いつもより身体が暑く感じたり火照ったように感じたりすることが増えてきます。

また、実際に体温を計測すると高いことが多いため、風邪の引き始めかもしれないと勘違いする方もいるでしょう。妊娠の可能性を考えず、安易に強い風邪薬を飲んでしまわないように気をつけるようにしてください。

便通の変化について

便通の変化について

妊娠初期の症状として、便通の変化もあります。生理前になると便秘になりやすくなりますが、妊娠すると便秘になりにくいので、いつもの生理前とは違う状態を感じやすくなります。

また、妊娠により下痢気味になる方もいらっしゃいますので、いつもの生理前とは違う症状が現れたら妊娠の可能性を疑ってみると良いでしょう。

胃や腸は子宮に近いため、妊娠などさまざまな変化を反映しやすくなるので、食欲や胸やけ、便通の変化も把握しておくと妊娠に気づきやすくなるでしょう。

妊娠検査薬について

妊娠検査薬について

妊娠初期には、おりものに変化が生じたり、微熱や便通などさまざまな兆候が表れたりしてきます。しかし、妊娠かどうかを決定づけるためには検査が必要不可欠です。

自宅で使用できる簡易的な妊娠検査薬が反応するのは、生理予定日を1週間過ぎてからになります。それまでは、基礎体温などで変化をチェックしておくと良いでしょう。

ただ、妊娠検査薬に反応したからと言って妊娠が確定されるというわけではありません。受精卵の着床が定着する必要があるので、必ず産婦人科を受診し、心拍を確認してもらうようにしましょう。

まとめ

妊娠初期のおりものについてさまざまな情報を幅広くご紹介しました。下着につくと不愉快に感じるおりものですが、実はとても大切なものなのだとお分かりいただけたと思います。

おりものをチェックすることで、身体の状態を把握しやすくなるのでトイレの時には毎回チェックするようにしましょう。また、基礎体温や妊娠初期の症状などを参考にし、妊娠の可能性について検討することも大切です。

さまざまな方向から妊娠の可能性を調べることで、身体から発せられている大切なメッセージを見逃さないようにしてくださいね。

PR