生理のたびに起こる生理痛。生理痛の感じ方や症状は一人一人の女性によって異なりますが、症状の度合いに差こそあれ、女性なら誰でも経験する不快な症状です。。

生理だからおなかが痛いのは仕方ない、と思ってただ我慢していても、生理痛は緩和されません。毎月起こるものだからこそ、生理痛の効果的な緩和方法や対処法を身につけておくことが重要です。

生理痛を緩和するには、冷え性やむくみの改善が必要といわれています。適度の運動やストレスの解消などとともに、食事の内容や飲み物について気を配ることも冷え性の改善につながります。

普段口にしているものの中には、生理中はなるべく控えほうがいいものもあります。生理中にお勧めの飲み物とは?生理中に控えたほうがいい飲み物は?など、生理痛を効果的に緩和するために知っておきたい知識をまとめてみましたので、ぜひ参考にしてください!

PR

生理痛が起こる仕組みとは?

生理痛が起こる仕組みとは?

生理痛が起こる理由については、いくつかの要因が絡み合っていますが、もっとも大きな影響を与えると考えられるのが、プロスタグランジンの過剰分泌。プロスタグランジンのはたらきは子宮を収縮させることで、これにより子宮内膜の要らなくなったものが生理の経血として膣をとおして排出されます。

プロスタグランジンは生理の経血のスムーズな排出に不可欠な物質ですが、同時に痛みを強くする作用や血管を収縮させる作用もあり、これによって生理痛が生じてしまいます。

冷え症や血行不良により、生理の経血の排出がうまく行われないと、この問題を解消させようと、体はプロスタグランジンの分泌を増やします。プロスタグランジンの過剰分泌により、子宮まわりの血管も収縮してしまい、痛みも強く感じやすいことから、おなかや腰の痛み、違和感、倦怠感などの生理痛の症状があらわれます。

生理痛について知っておきたいこと

生理痛の主な原因は、プロスタグランジンの過剰分泌にあると考えられます。女性の生理に伴って生じる症状ですので、どんなに健康でも生理痛をまったく経験しない方はいません。

生理のある女性であれば、誰でも経験しているはずの生理痛。生理痛は軽く済む方もいれば、生理のたびにつらい思いをする方もいます。

生理痛の緩和の仕方は

生理痛の緩和の仕方は

生理なのだから、生理痛があるのは仕方ない、と我慢してしまう方も多いでしょう。また生理痛があるからといって、生理のたびに鎮痛薬を飲んでいるとくせになってしまうと考え、鎮痛薬を飲まずにひたすら我慢してしまう方もいます。

しかし生理痛は頭痛や歯痛と同じで、鎮痛薬を飲んだからといってくせになるということはありません。生理痛がひどくつらいときには我慢せずに、早めに鎮痛薬を飲んだほうが断然楽になります。

ただし生理痛対策として鎮痛薬だけを頼りにするのは間違い。鎮痛薬の服用は対処療法ですので、鎮痛薬を飲んだからといって、次の生理のときの生理痛が軽くなるわけでも、重くなるわけでもありません。生理痛自体を軽くするには、日ごろから生活習慣・食習慣を正し、運動不足を解消するなどの努力が必要です。

またこれと同時に、生理中の食べ物や飲み物にも配慮すると、生理痛を上手に緩和することが期待できます。生理中にお勧めの飲み物と避けたほうがいい飲み物についての知識を備えておくことが必要です。

生理中に避けたい飲み物とは?

生理中に避けたい飲み物とは?

生理痛の緩和に効果的な飲み物について挙げていく前に、まずは生理中はなるべく避けたほうがいい飲み物について挙げてみましょう。生理痛を緩和してくれる飲み物を把握しておくことも重要ですが、同時に避けたほうがいい飲み物についても知っておくと便利です。

自宅にいるときであれば、生理痛にお勧めの飲み物を用意することも出来ますが、外出先や外出中、職場などでは選べる選択肢が限られています。こんな場合にも、避けたほうがいい飲み物について知っておくと安心です。

生理中のカフェインのメリットとは?

生理中のカフェインのメリットとは?

カフェインにはメリットとデメリットがあります。メリットのいちばんに挙げられるのが眠気覚ましです。カフェインを飲んでから、家事や仕事に取り掛かる人も多いでしょう。

他には利尿効果、運動能力を高める効果、集中力を高める効果、基礎代謝を上げる効果、交感神経を刺激する、などが指摘されています。また頭痛を抑えるなどの鎮痛効果もあり、鎮痛薬に成分として配合されていることもあります。

カフェインのデメリット

カフェインのデメリット

いろいろなメリットのあるカフェインですが、適量を超えて飲んでしまうとデメリットも生じます。利尿効果のあるカフェインですが、利尿作用があるゆえに、飲み過ぎるとかえって逆効果。水分を逃さないように、体は水分を溜め込もうとしますので、むくんでしまうこともあります。

またカフェインを飲み過ぎると、尿と一緒に女性にとっては必要不可欠なカルシウムなども流れ出てしまいます。

生理中にカフェインを飲む場合には量に注意しましょう。カフェインはコーヒーだけでなく、緑茶や紅茶、エネルギードリンクなどにも含まれています。コーヒー以外は大丈夫と考えて、他のカフェイン飲料をたくさん飲んでしまうことがないようにしましょう。

清涼飲料水などの糖分の多いもの

清涼飲料水などの糖分の多いもの

市販の清涼飲料水には糖分が多く含まれているものが多いので注意が必要です。砂糖の取りすぎは肥満の原因になるだけでなく、生理痛や月経前症候群の症状を悪化させるおそれもあります。生理前から生理の前半にかけては、普段にもまして甘いものが欲しくなります。

これはホルモン分泌の変化やそれに伴うストレスを解消させようと、甘いものを食べることで手っ取り早くセロトニンを作り出そうとするため。甘いものを食べると一時的に安心感が得られますが、食欲を抑えらず、甘いものを摂り過ぎてしまい、結果的に生理痛をひどくしてしまうおそれがあります。

冷たい飲み物

冷たい飲み物

冷たい飲み物は体を内側から冷やしてしまいます。生理痛の緩和には冷たいものではなく、温かい飲み物を選ぶようにしましょう。

冷たいジュースや清涼飲料をごくごく飲んでしまうと、体の内部を冷やすだけでなく、太りやすい体質を作る原因になることもあります。生理痛で腹痛や腰痛がする場合には、温かい飲み物を少しずつ飲んだほうが、生理痛緩和に効果的です。

アルコール お酒

アルコール お酒

アルコールはごく少量を飲む場合にはそれなりのメリットがありますが、適量を守らずに飲みすぎてしまうと体調を崩す原因にもなります。生理中は体の機能全体が普段よりも少し落ちています。

アルコールを分解するはたらきにしても同様で、普段よりもアルコールを分解するのに時間がかかってしまい、結果として二日酔いや悪酔いをしてしまいます。

また普段よりも控えめに飲んでいても、酔いやすいので、体力のない方やアルコールに弱い方は、生理中のお酒は出来れば控えたほうが良いでしょう。さらにアルコールには出血を促す作用もありますので、生理中の飲酒には注意が必要です。

生理痛がつらいときにお勧めの飲みものとは?

生理痛がつらいときにお勧めの飲みものとは?

生理痛がつらいときに避けたほうがいい飲み物についてみてきましたが、今度は生理中にお勧めの飲み物について、一つ一つ紹介していきましょう。

生理中は体も精神状態も普段よりもデリケート。たかが飲み物と甘く考えずに、上手に飲み物を選び、生理痛の緩和に役立てましょう。どんな飲み物を選ぶべきかを把握しておくと、外食のときや自販機で飲み物を買うときにも便利です。

ハーブティー

ハーブティー

ハーブティーはカフェインレスで、カロリーも気になりませんので、生理中の女性にはお勧めです。ハーブティーにはいろいろな種類がありますので、好みや気分によっていろいろな味を楽しむことができます。

いくつかのハーブを組み合わせたブレンドハーブティーはどなたにでも合うよう、口当たりよく出来ていますので、手軽に楽しめて、便利です。生理痛の緩和という目的だけでなく、美容や健康に良い効能を備えたハーブも多いので、複合的な効果も期待できます。

ただしひとつ注意したい点があります。ハーブの中には妊娠中の方や授乳中の方は摂取できないものもありますので、妊娠している可能性がある方や妊活をしている方はきちんと医師に確認してからにしましょう。

カモミールティー

カモミールティー

カモミールには鎮静効果や安眠効果がありますので、生理中のイライラや疲労感を和らげてくれる効果が期待できます。西洋ではカモミールは昔から伝統療法に用いられて来ました。爽やかな香りで、すっきりリラックスしたいときにお勧めです。

チェストツリー(チェストベリー)

チェストツリー(チェストベリー)

チェストツリーは月経前症候群の症状の緩和に効果があるとされるハーブ。そのはたらきとは、黄体ホルモンの分泌を促すことにより、女性ホルモンのバランスの崩れを調整すること。

最近とくにチェストツリーの効果に注目が集まっていて、女性向けにチェストツリーやビタミンなどを配合したブレンドハーブティーやサプリメントもたくさん販売されています。まだ試したことのない方はぜひ一度チェックしてみましょう。

ペパーミントティー

ペパーミントティー

ペパーミントにも鎮静効果や吐き気や胃痛を抑え、胃の調子を整えるはたらき、リラックス効果、安眠効果などがあるとされています。すっきりした爽快な味で、頭痛などの痛みを和らげてくれる効果が期待できます。

生姜入りドリンク

生姜入りドリンク

生姜湯には体をぽかぽかと温めてくれる効果があります。生姜の有効成分には血行促進効果や疲労回復効果、新陳代謝をアップさせる効果など、女性にとって嬉しいさまざまな効能が備わっています。

また生姜にはプロスタグランジンE2の分泌を抑えるはたらきもありますので、生理中には最適な成分といえるのではないでしようか?

生姜入りの飲み物というと、生姜はちみつ湯が人気。他には紅茶と組み合わせた生姜紅茶などもありますが、生理中は出来るだけカフェインを控えたいので、生姜紅茶にする場合には飲む量に十分注意しましょう。

ココア

ココア

ココアの健康効果はさまざま。自律神経のバランスを整える効果や血行促進効果などに加えて、鉄分の吸収を良くする効果などがありますので、生理痛を和らげる効果が期待できます。ココアに含まれる成分を挙げてみると、マグネシウムやカルシウム、食物繊維、ポリフェノール、ビタミンなど、健康に良い成分をたくさん含んでいます。

またココアにはカフェインが含まれていますが、その量はコーヒーや紅茶に比べると少ないので、コーヒーや紅茶の代わりにホットココアにするのもひとつのアイデアです。市販のココアはそれぞれカカオの純度に違いがありますので、純ココアに近いものを味わいたい方はカカオの純度の高いものを選びましょう。

豆乳

豆乳

豆乳に含まれる大豆イソフラボンのはたらきは、卵胞ホルモン(エストロゲン)のはたらきに似ているといわれています。大豆イソフラボンは女性にとって強い味方。卵胞ホルモンは女性に美しさをもたらすホルモン。

卵胞ホルモンの分泌量が減り、黄体ホルモンとのバランスが崩れると、自律神経のバランスも崩れ、体と心にさまざまな不調が生じてしまいます。

生理前から生理中にかけて起こる女性ホルモンのバランスの崩れ、豆乳はこのバランスの崩れをうまく調整してくれます。上に挙げたココアとの組み合わせで、豆乳ココアにすると相乗効果が期待できます。

カフェインレスの飲み物

カフェインレスの飲み物

上に挙げた飲み物があまり好きでない方は、麦茶や杜仲茶などに代表されるカフェインレスの飲み物を選ぶようにしましょう。他にもルイボスティーや黒豆茶などのカフェインレスの飲み物もお勧めです。

カフェインレスの飲み物であっても、冷たいまま何杯もごくごく飲んでしまうと、体を冷やしてしまいます。カフェインレスの飲み物でも温めて飲めるものはホットで飲むようにしましょう。

これらの飲み物はどれもカロリーが非常に低いので、その点でも安心です。自販機で何を購入しようか迷ったときに覚えておくと便利です。

まとめ

生理中にお勧めな飲み物についてまとめてみましたが、いかがでしたか?腹痛、頭痛、腰痛、イライラ、眠気、にきびや肌荒れ、むくみなど、生理中にはさまざまな不調が生じてします。生理に関する不調の最たるものが生理痛。生理痛のおなかの痛みや腰のだるさは、他の何とも比べられないほど辛いもの。毎月経験するものだからこそ、生理痛の効果的な緩和法を知っておくことが必要です。

生理痛の緩和に役立ちそうな飲み物はたくさんあります。生理中の体はデリケート。食べ物だけでなく、飲み物にも気を使い、生理痛の緩和に少しでも役立てましょう。

PR

シェア