生理になると、身体に不調が現れるだけでなく行動にもさまざまな制限がかかるようになります。楽しみにしていたプールや、旅行先でのお風呂の時間を奪われてしまうため、ガッカリしてしまいますよね。

生理中にお風呂やプールへ入ることについては、さまざまな意見があります。いろんな意見を見比べることで、自分なりに判断することが大切です。

また、生理中にお風呂やプールへ入る場合の注意点などについても詳しくご紹介していきましょう。

PR

お風呂やプールに経血が漏れる?

お風呂やプールに経血が漏れる?

生理中にお風呂やプールに入ることを控える方は多いですが、その理由として大半の方が「経血が漏れないか心配」と答えています。

確かに、お風呂やプールでナプキンを使用することはできませんから、漏れの心配が出てくるのは当然のことだと言えます。

ただ、基本的に水中に浸かっている間は経血が漏れることはありません。なぜなら、経血は水に比べると濃度が高いため、浸透圧の働きによって経血が抑えられ、外の水に流れないようになっているからです。

ただ、水中から上がると抑えられていた経血は重力や子宮収縮の力によって外へと押し出されてしまいます。そのためプールサイドや湯船から出た瞬間に、経血が漏れてしまう可能性があるのです。

お風呂は積極的に入ろう

お風呂は積極的に入ろう

生理中はお風呂に入ることが億劫になることもあります。しかし、生理痛の緩和や血液循環を促進させるためにも、きちんと湯船に浸かることは重要です。

身体をしっかり温めることで、自律神経も整い生理中のイライラも緩和させることができるでしょう。

ただ、お風呂に入る前にはきちんと陰部を洗っておく必要があります。お風呂に入る前の陰部の洗い方について、簡単にご紹介しておきましょう。

お風呂に入る前の洗い方について

お風呂に入る前の洗い方について

生理中はお風呂にしっかり入り温めることが大切です。経血の漏れを防ぐためにも、入浴前にはしっかり陰部を洗うようにしましょう。

まず、陰部に使用できる低刺激の石鹸を泡立て、陰毛や外陰部についた経血の汚れを洗い流していきます。泡を一度キレイに洗い流したら、清潔にした指を膣内に入れぬめりを取るように経血を掻き出していきましょう。

何回か繰り返していくと、経血が出なくなってきますので、最後にもう一度外陰部周辺を水で洗い流せば終了です。指で膣内の経血を掻き出す時は、決して爪を立てないようにしてください。

膣にはもともと洗浄作用があるため、洗う必要はありませんが、入浴中の経血の漏れを防ぐなら、この方法が安定するのでオススメです。

タンポンの使用について

タンポンの使用について

生理中はできるだけお風呂やプールには入りたくならないものです。しかし、どうしてもプールに入らなければならなかったり、旅行先で突然生理になり部屋にお風呂が無かったりする場合もあるでしょう。

そんな時は、タンポンを使用することで漏れの心配を防いでいきましょう。タンポンは、膣内に挿入して使うものなので経血が漏れる心配もありませんし、説明書にタンポンを使用したままプールやお風呂に入れると記述があります。

普段、ナプキンを使用している方は、あまりタンポンになじみがないかもしれませんので、簡単にご紹介しておきましょう。

タンポンの挿入方法について

タンポンの挿入方法について

生理中に、どうしてもプールに入らなければならなかったり、旅行先で公衆のお風呂に入らなければならなかったりする場合は、タンポンが便利です。

初めてタンポンを使うなら、アプリケーターが付属されているものがオススメです。アプリケーターを使用すれば、初めての方でも良い位置にしっかりタンポンの吸収体を挿入することができます。慣れてきたら、タンポンの吸収体を清潔な指で押し込んでも良いでしょう。

タンポンの使用時間は、8時間以内とされています。それ以上挿入し続けてしまうと、雑菌が繁殖してしまう恐れがあるからです。また、経血量が多いときは4時間ほどで交換するようにしましょう。

お風呂でタンポンを使用する場合、紐が見えることが気になる場合もありますが、切ってしまうと取り出せなくなるため、クルクルと丸めるようにして隠すようにしましょう。

ビデで予備洗いを

生理中にプールや公衆のお風呂に入らなければならない場合は、タンポンを使用するのがオススメです。タンポンを挿入する時は、トイレ昨日のビデを使用し予備洗いを行ってからにしましょう。

予備洗いをしておくことで、プールやお風呂の洗い場で外についた経血の汚れが流れ出なくなります。

プールに入る前は、シャワーでしっかりと汚れを洗い流し、お風呂に入る場合は、洗い場で石鹸などを使い、しっかり経血の汚れを落とすようにしましょう。

生理中にプールやお風呂に入るのはNG?OK?

生理中にプールやお風呂に入るのはNG?OK?

生理中でも、経血の汚れをきちんと落とし、タンポンを使用すればプールやお風呂に入ることは可能です。ただ、生理中に入ることに対して意見が分かれることも知っておきましょう。

どちらかといえば、生理中の人にプールや公衆のお風呂に入ってほしくないという意見が多くみられます。単純に不潔だと感じてしまう人や、タンポンを使用したことがないため水中に経血が漏れるような感覚を持っている人もいます。

ただ、生理だということがわからなければ大丈夫という意見も多数あります。入浴中やプールサイドで経血が漏れるのを見るのは、誰でも不快な思いをしますが、わからなければ不快に思うこともありません。

もし、生理中にプールや公衆のお風呂を利用したい場合は、周囲にできるだけ生理中だということがわからないよう、配慮する必要があるでしょう。

激しい運動は控えよう

激しい運動は控えよう

生理中でも、タンポンを使用することでプールやお風呂に入ることは可能になります。ただ、経血量が多いときに身体を激しく動かしてしまうと、タンポンの吸収力の範囲を超えて漏れてしまう可能性もあるので、注意が必要です。

プールの中で何度もジャンプしたり、長時間泳ぎ続けたりすることは避けるようにしましょう。

お風呂の場合は、熱いお湯につかることで血液循環が加速して経血量が一時的に増えたり、のぼせてしまったりすることもあるので、短めにするようにしてください。

冷えに注意しよう

冷えに注意しよう

生理中でもタンポンを使用すれば、プールやお風呂に入ることは可能です。ただ、長時間プールに入り続けると、骨盤周りが冷えて生理痛が悪化してしまうことがあるので注意が必要です。

暑い季節のプールはひんやりとして気持ちがいいですが、思った以上に身体を冷やしてしまいます。骨盤周りが冷えると、血流が滞り経血量の排出が鈍ってしまうため、子宮収縮を促すプロラクチンがたくさん分泌され生理痛が強くなることもあります。

このことから、長時間のプールは身体を冷やさないためにも控えるようにしましょう。

まとめ

生理中のお風呂やプールの入浴について幅広くご紹介しました。基本的に、浸透圧の作用があるため経血が水中に漏れることはありません。ただ、湯船から上がった瞬間や、プールサイドで経血が漏れてしまう可能性もあるため、公衆の場ではタンポンを使用するようにしましょう。

また、生理中のお風呂は、身体を温めて生理痛を緩和させてくれますが、プールは身体を冷やして生理痛を悪化させてしまうこともありますので、体調や経血量の様子を見ながら、適切に利用するようにしましょう。

そして、生理中のお風呂やプールの利用は、人によって賛否があることも理解し、周りの人にとっても快適に利用できるよう配慮してくださいね。

PR