生理前のおならについて知っておきたいこと

生理前になるとお腹が張って苦しくなる、おならが多発して周囲にばれないか心配。そんな症状に悩まされている方は、実はたくさんいらっしゃいます。

おならという症状からか、相談するケースも少なく心の内で不安になっていることが多いですが、一刻も早く解決したいという方が多いのではないでしょうか。

生理前になるとおならが出やすくなっているのは、あるメカニズムが関係しているからです。その仕組みを理解し適切に対処することで、悩んでいた生理前のおなら問題を解決することができるかもしれません。そこで、生理前のおならについてさまざまな情報を詳しくお届けしていきましょう。

PR

なぜ生理前におならがでるの?

なぜ生理前におならがでるの?

毎月生理前になると、おならが増えて困ってしまうという方はたくさんいらっしゃいます。では、なぜ生理前はおならが増えてしまうのでしょうか。

おならを発生させるのは、ある女性ホルモンが関係しているからです。プロゲステロンと呼ばれる黄体ホルモンがたくさん分泌され始めると、さまざまな作用を身体に引き起こし、おならを発生しやすくさせます。

プロゲステロンは、生理前に活発に分泌される女性ホルモンのひとつですが、具体的にどんな作用があるのでしょうか。

女性ホルモンの影響

女性ホルモンの影響

生理前になると、おならが増えてしまうのはプロゲステロンがたくさん分泌されるからです。プロゲステロンは、黄体ホルモンのことで女性ホルモンの一種です。

卵巣から卵子が排卵される頃から、生理が始まるまでの期間に分泌されるため、生理前のおならもこの女性ホルモンが関係していると考えられています。プロゲステロンは、卵巣から排卵された卵子が無事に受精し着床して育っていくまで、身体をより良い状態に保つ働きがあります。

受精して着床した卵子を刺激しないためにも、子宮周辺の動きを抑えようとしてくるのです。これが、おならに大きく関係してきます。

蠕動運動の低下

蠕動運動の低下

生理前の期間は、プロゲステロンと呼ばれる女性ホルモンが活発に分泌されます。受精し、着床した卵子が無事に成長していくために、子宮周辺の動きを抑えようとするため、筋肉の動きを抑制し、周囲の臓器にも影響を与えます。

子宮のすぐそばには腸が位置しているため、その影響をダイレクトに受けてしまい、腸にとって大切な蠕動運動を低下させてしまうのです。

蠕動運動がなければ、腸の中にたまった便を外に押し出す力が弱まってしまいます。そのため、便が腸の中に長期間滞在することが増えてしまい、発酵しておならを生み出してしまうのです。

便とおならの関係は?

便とおならの関係

生理前になると、プロゲステロンの働きにより子宮周辺の筋肉の動きが抑制され、腸の蠕動運動も低下してしまいます。すると、腸の中にたまった便が発酵しやすくなるため、いつもよりおならの量が増えてしまうのです。腸内におならのガスがたまると、お腹がパンパンに張って苦しくなることがあります。

定期的におならとしてガスを外に排出すれば問題ありませんが、勤務中や公共施設など周囲に人がいる状況ではおならを我慢してしまうこともあるでしょう。

しかし、おならは我慢していても自然に消滅することはありません。腸の中にどんどんガスとしておならがたまっていってしまうため、お腹はますます膨らんで苦しくなってしまうでしょう。

便秘が原因でおならが出る

便秘が原因でおならが出る

生理前になるとおながら出やすくなるのは、プロゲステロンの作用により腸の蠕動運動が低下してしまうからです。これにより腸の中に便がたまりやすくなり、ガスが発生しておならが増えやすくなります。

腸の中に便がたまり、便そのものが外に出ないことが増えていくと、慢性の便秘になりおならもニオイが強くなってしまうこともあるでしょう。

便秘になるのは、腸の蠕動運動の低下だけが問題というわけではありません。プロゲステロンには食欲を増加する作用もあるため、いつもよりたくさん食べ物を食べようとしてしまいます。そのため、腸にはどんどん食べカスとしての便がたまっていくため、よりおならが発生しやすくなってしまうのです。

プロゲステロンの作用

プロゲステロンの作用

生理前になると、おならが増えてくるのはプロゲステロンが活発に分泌され、腸の蠕動運動を低下させたり、食欲を増加させたりすることが原因です。

しかし、このプロゲステロンの作用はこれだけではありません。腹痛を引き起こしたり、腰痛が発生したり、吐き気が伴うこともあります。また強い倦怠感に襲われたり、理由もなく悲しくなったりすることもあるため、心身ともにさまざまな不具合が生じてしまいます。

このような生理前に起きる心身の不具合は、「月経前症候群」としてまとめられています。PMSと略されて言われることもあるため、聞き覚えのある方もいらっしゃるのではないでしょうか。

月経前症候群は、プロゲステロンの過剰な分泌や、生理直前の女性ホルモンの急激な減少により引き起こされると言われています。

少しでも生理前のおならを抑えたいと思うのなら、プロゲステロンをはじめとした女性ホルモンのバランスを整える必要が出てくるでしょう。

生理前のおならが臭うのはなぜ?

生理前のおならが臭うのはなぜ?

生理前になるとおならが増えるし臭うと悩んでしまいますが、これは多くの女性に起こる事なので安心してください。黄体ホルモンによって腸の働きが鈍くなると、通常なら排出されるはずの老廃物が溜まったままになり、そこから有毒ガスが発生し、おならとなって体外に排出されます。

老廃物が長く腸内に留まるほどガスの量や臭いも増えてくるので、普段から便秘の方や黄体ホルモンの働きが強い場合は、悩んでしまうかもしれません。しかし改善する方法はありますので、悩んだまま放っておかずに色々試してみてください。

むくみとおならの関係とは?

むくみとおならの関係とは?

生理前に増える便秘は腸の機能低下によるものですが、腸の働きが鈍る原因はむくみだと言われています。腸は内部の老廃物の水分を腸壁から吸収し、ぜん動運動を起こして体外へ排出するのですが、血行が悪いと老廃物からの水分を排出する事ができずに留まってしまいます。

そうすると更に腸の動きが鈍くなり、老廃物からガスが出ておならとして出てくるのです。特に生理前はむくみが顕著ですから、このようになってしまう傾向が強いです。

生理前はおならもむくみも酷いと悩んでいる方は、まずむくみを改善するようにしましょう。そうすれば改善するにつれて、おならもおとなしくなってくれるでしょう。

おならの改善方法は?

女性ホルモンのバランスの乱れを改善

女性ホルモンのバランス

生理前のおならを少しでも抑えたいという方は、女性ホルモンのバランスを整えるのがオススメです。女性ホルモンのバランスは、睡眠と食事、ストレスの管理をすることで整えることができるでしょう。

まず、睡眠不足の状態が続くとどんなに健康的な生活を送っていても、ホルモンバランスは崩れてしまいます。できるだけ同じ時間に眠れるようにし、深い質の良い睡眠を取ることを心掛けましょう。

部屋の状態が明るいままだったり、寝る直前にスマートフォンの光を浴びたりしていると、脳が興奮して眠りの深さが浅くなってしまいますので、できるだけ暗い状態をキープして寝るようにしてください。

おならを抑える食事について

食事について

生理前のおならを少しでも抑えたいという方は、食事面も見直してみましょう。外食が多く、野菜不足で肉が多い食事ばかりしていると、便秘になりやすくおならも発生しやすくなってしまいます。

和食を中心にし、野菜をたっぷりとることを大切にしましょう。また、カフェインやアルコールなどの刺激物は、女性ホルモンのバランスを崩してしまうことがあるので控えるようにしてください。

水分が不足すると便が硬くなって排便しづらくなってしまいますので、こまめな水分補給も大切です。その他に、女性ホルモンに似た働きをする大豆製品や、ビタミンを豊富に含む野菜や果物、DHAなど良質の脂が含まれている小魚や青魚を積極的に摂るようにしましょう。

ストレスをためない工夫を

ストレスについて

生理前のおならを少しでも抑えたいという方は、ストレスをためすぎないようにすることが重要です。ストレスを感じると、生理前ではなくても女性ホルモンのバランスが乱れ、腸の蠕動運動が低下してしまうことがあるため、余計に便秘がひどくなりおならが発生しやすくなるからです。

適度に身体を動かして気分をリフレッシュしたり、好きなアロマオイルの香りを嗅いでリラックスしたりするようにしましょう。

マッサージでおなら解消

マッサージでおらな解消

生理前のおならを少しでも解決したい、おならでパンパンに張ったお腹をどうにかしたいという方は、マッサージにチャレンジしてみてください。

仰向けになった状態になり、両手で「の」の字にお腹に描いていきましょう。「の」の字は腸の配置とほぼ同じなので、ゆっくりと何度もなぞることで腸の蠕動運動と同じ効果を与えることができます。

リラックスしながら行うことが大切ですので、身体が温まっているお風呂上りや、夜寝る前に行うと良いでしょう。

ストレッチをプラス

ストレッチをプラス

生理前のおならを少しでも減らしたいなら、ストレッチもプラスしていきましょう。開脚をしたり、腰をぐるぐると回したりするストレッチは、骨盤周辺を刺激し腸の運動を促してくれる作用があります。

プロスタグランジンの働きにより、動きが鈍くなった子宮周辺の筋肉をストレッチで刺激し、腸にたまった便やおならを出しやすくしていきましょう。

おならを我慢しないこと

おならを我慢しないこと

生理前になると、おならが出やすくなりますが、恥ずかしいからと我慢していると良くない現象を引き起こしてしまいます。おならは便から発生するものですが、外に出せないままでいると腸の中にたまっていきます。

そして腸の中に納まりきれなかったおならは小腸へと逆戻りし、血液へと吸収されて肺を経由し、口臭として外に排出されるようになるのです。

また、さらにおならを我慢してしまうと皮膚を通じて体臭としてニオイが出てくることもあります。長期間便秘が続いている場合は、口臭や体臭としておならが体外に排出される可能性があるため、早めに便秘を解決するようにしましょう。

急におならが出る?妊娠の可能性も

妊娠の可能性

いつもは生理前におならなんて出ないのに、今回は急におならが増えてビックリしているという方や、お腹の張り方やおならの回数に違いを感じている方は、妊娠の可能性を疑ってみましょう。妊娠してすぐの状態だと、おならが出やすくなるからです。

生理が起きると、プロスタグランジンの働きは弱まり、便秘は解消されておならの回数も減っていきますが、生理が起きないままでいるとプロスタグランジンの分泌は治まらないため、便秘とおならがたまりやすい状況が続いてしまいます。生理が来る日を過ぎてもまだ気配がないようなら、妊娠検査薬を試してみると良いでしょう。

まとめ

生理前のおならについて詳しくご紹介しました。おならの原因は、この期間中に分泌されるプロスタグランジンという女性ホルモンの作用が関係しています。

しかし、睡眠や食事、ストレスなどでも便通は変わりおならがたまりやすい状態になってしまうため、ひとつひとつ見直していくようにしましょう。

生理前のおならは周囲にばれないか不安になるものですから、ひとずつ原因や対策を見直し、少しずつおならの不安から解き放たれていきましょう!


シェア