ピルの副作用について知っておきたいこと

女性なら「ピル」という薬の存在を、一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。ピルには、避妊や生理に関する症状の治療、また病気や更年期障害にも効き目があると言われています。

女性の強い味方と言われるピルですが、実は副作用に悩んでいるという方は非常に多いのです。ピルには、良い効果が現れるメリットもあれば、副作用というデメリットも現れることを良く理解したうえで摂取しなければなりません。

そこで、ピルの副作用を含めた詳しい情報をご紹介していきますので、ピルを選択するかどうかの参考にしていただければと思います。

PR

ピルってどんな薬?

ピルってどんな薬?

ひとくちにピルと言っても、さまざまな種類があります。例えば、ピルにどれくらいホルモンが含まれているかによっても細かく分類されているのです。

卵胞ホルモンの含有量が50マイクログラムを越えるものは、「高用量ピル」と分類されます。

50マイクログラムジャストのものは、「中用量ピル」と分類されます。

そして、50マイクログラム未満のものは、「低用量ピル」と分類されています。

このように、ホルモンの量により細かく種類がわけられているのは、副作用の影響を考えているからです。基本的にどれも効果は同じですが、副作用の出方としてはホルモンの含有量が多ければ多いほど強く出るとされています。そのため、高用量~低用量まで幅広いタイプのピルがあるのです。

副作用との戦い

ピルには、高用量ピル、中用量ピル、低用量ピルとありますが、実はピルが使われ始めた当初は、高用量ピルと中用量ピルが主流となっていました。

当時は無排卵を治療したり、生理不順を治療したりするためにピルを使用されていたため、ホルモンの含有量が高く効果が期待できるものが優先されていたからです。

しかし、ピルの効能をうまく利用することで避妊にも活用できることがわかり、もっと手軽にピルを服用できるようにと低用量ピルが開発されました。

低用量ピルは、ホルモンの含有量がギリギリのラインまで抑えられているため、副作用も出にくく手軽にピルを服用することができるとして、多くの産婦人科で使用されるようになったのです。

主流となっている低用量ピル

主流となっている低用量ピル

近年では、避妊や軽い生理痛などの治療には、低用量ピルを処方するのが一般的となりました。低用量ピルも実は細かく分類することができます。

低用量ピルは、「一相性ピル」「段階型ピル」に大きく分類され、更に段階型ピルは、段階ピルはさらに「二相性ピル」と「三相性ピル」に分類されます。

細かく分類されるのは、1つの錠剤に含まれているホルモンの割合や服用方法が異なるからです。

一相性ピル

「一相性ピル」の場合、錠剤に黄体ホルモン(プロゲステロン)と卵胞ホルモン(エストロゲン)が同じ割合で含まれています。

「段階型ピル」の場合、生理痛などの症状や体調、生理周期のタイミングなどに合わせて黄体ホルモンの量を段階的に増やしたり減らしたりしていきます。

黄体ホルモンの量をどのように増やしたり減らしたりするかによって、段階ピルはさらに「二相性ピル」と「三相性ピル」に分類されますので、ご説明しておきましょう。

段階型ピルの種類について

段階型ピルの種類について

低用量ピルは、含まれているホルモンの割合により一相性ピルと段階型ピルに分類されます。そして、段階ピルはさらに「二相性ピル」と「三相性ピル」に分類することができます。

二相性ピル

「二相性ピル」は、卵胞ホルモン(エストロゲン)の量は一定で、黄体ホルモン(プロゲステロン)の量を2段階で調節していくものです。二相性ピルの場合、後半に黄体ホルモンを増やしていきます。

三相性ピル「中間増量型」

三相性ピル「漸増型」

「三相性ピル」は、卵胞ホルモン(エストロゲン)の量は一定で、黄体ホルモン(プロゲステロン)の量を3段階で調節していくものです。

さらに「三相性ピル」を分類すると、服用し始めて中間の時期に黄体ホルモンを増やし減らすのが「中間増量型」で、服用し始めて身体の状態を見ながら少しずつ黄体ホルモンを増やしていくのが「漸増型」となります。段階型ピルは、身体の状態を観ながら服用を調整していくため、身体に優しい分タイミングが非常に重要になります。

もしピルを飲み忘れたりしてしまうと、せっかく調整してきたホルモンバランスも崩れてしまい、不正出血や避妊効果が薄れる可能性もあるので注意が必要です。

一相性ピルでも、段階型ピルでも効果は同じなので、飲み間違いが心配な方は服用が手軽な一相性ピルを選択すると良いでしょう。

ピルの服用方法について

避妊や治療などでピルを服用するという場合、基本的に1日1錠を21日間続けていきます。そして7日間休薬期間をはさみ、再び21日間飲み続けるというのが通常です。

1シートに21錠のピル

ピルのシートもそれに合わせて錠剤の数が決められています。1シートに21錠のピルが含まれているタイプ

シートに21錠のピル2

1シートに21錠のピルと、偽薬7錠を合わせた28錠タイプがあります。

どちらもピルを服用するのは21錠ですが、飲み忘れ防止やタイミングを誤らないために偽薬7錠を合わせた28錠タイプが出ています。

偽薬なのでホルモンは含まれておらず身体に影響はありませんが、薬を飲まない日を作りたいという方で、きちんとスケジュールを管理できる方は21錠タイプでも大丈夫でしょう。

ピルの効果は?

ピルを服用すると、身体にはどんな効果が現れてくるのでしょうか。

避妊の効果

避妊の効果

まずご紹介したいのが避妊の効果です。ピルを服用すると、本来卵巣から分泌されていた女性ホルモンが他から入手することができるため、卵巣が働く必要が無くなり活動休止の状態になります。

卵巣が活動休止になると、女性ホルモンが分泌されず排卵や月経が引き起こされないため、妊娠する可能性がほとんどなくなるのです。

また、万が一卵子が排卵されて精子が侵入してきたとしても、着床部分である子宮内膜が薄い状態のままなので着床が定着せず妊娠が不成立に終わります。より確実に避妊をしたいという方は、ピルの服用で対処するようにしましょう。

生理痛や生理周期の改善

生理痛や生理周期の改善

ピルの効果としてもうひとつご紹介したいのが生理痛や生理周期の改善です。ピルを服用することで、女性ホルモンを安定させることができるため、つらい生理痛や不規則な生理周期を改善することができます。

生理痛が起きる原因は、女性ホルモンが過剰に分泌され経血量が増えて子宮が激しく収縮することが関係しています。

ピルを服用することで、女性ホルモンが過剰に分泌されることを防ぎ、必要最低限の量を安定して配給してくれるので生理痛も大幅に軽減されることでしょう。

また、ピルは21日間服用し、7日間休薬するというリズムが徹底されているため、生理周期をリセットしたり調整して改善したりする効果があります。生理周期は疲れやストレスで狂ってしまいやすいのでピルで調整するようにしましょう。

病気の治療と抑制効果

ピルの効果には、婦人科系の病気や症状を治療したり抑制したりする作用があります。婦人科系の病気は、女性ホルモンの分泌が過剰になったり激減したりすることで引き起こされることが多いため、それをピルによりコントロールすることで病気に立ち向かうことができます。

また、ピルから女性ホルモンを摂取することで、卵巣や子宮を休ませることができるため、病気の進行を抑制し、縮小することもできるでしょう。

更年期に差し掛かると女性ホルモンの分泌バランスが崩れて、身体に辛い症状が現れやすいですが、ピルを服用すれば辛い時期を無理なく乗り越えていくことができるでしょう。

ピルの副作用の症状は?いつから?

ピルには、たくさんの嬉しい効果がありますが、忘れてはいけないのが副作用の存在です。ピルは薬なので、良い効果を得られるメリットもあれば、副作用というデメリットもあるので、両方をきちんと把握しておく必要があります。

さまざまな副作用

さまざまな副作用

ピルの副作用として、身体に現れやすいのが、吐き気、胃のムカムカ、食欲不振、体重増加、倦怠感、頭痛、むくみ、乳房の痛み、発熱、のぼせ、情緒不安定などがあります。

さらに、血栓症や死亡するケースもあるので注意が必要です。

ピルの中でも副作用の出にくい低用量ピルなら、比較的症状は軽めに済みますが、それでも初めてピルを飲み始めてからしばらくの間は、以上のような副作用が起きやすくなります。

基本的に、ピルを服用し始めて1週間ほどで副作用の症状は落ち着いてくると言われていますが、個人差があるため、副作用が辛い場合は医師に相談するようにしましょう。

体重増加、太ってしまう副作用

体重増加の副作用について

ピルを飲み始めると、副作用のひとつとして体重が増加してしまうことがあります。体重が増加する原因は、むくみと食欲の増加です。

ピルの副作用には、むくみ症状がありますが身体に水分がたまりやすくなり、外に排出しにくくなるので、どうしても水太り状態となり体重が増加してしまいます。

また、ピルの副作用として空腹感を強く感じてしまうということがあるため、必要以上に食欲が増し、食べすぎた結果体重が増えてしまうことがあるのです。

5kg以上太ってしまったという方もいれば、ほとんど体重が変わらなかったという人もいるため、誰にでも現れる副作用ではありませんが、ピルを服用し始めてから体重が増加しはじめたら医師に相談するようにしましょう。

病気の発生リスクに関する副作用

病気の発生リスクに関する副作用

ピルを服用してから時間が経つにつれて、様々な効果を実感できます。さらに5年・10年の長期に渡って服用すれば、卵巣がんや子宮体がん・骨粗しょう症の発生率を抑える事ができます。

しかし病気の種類によっては、反対に長期服用で発病確率が上がるものもあるので、覚えておいたほうがよいでしょう。

その例として、子宮頸管がんや乳がん・子宮筋腫・悪性肝腫瘍・肝良性腫瘍などが挙げられます。またピルには血管を硬くし血栓ができやすい特徴があるため、脳卒中や心筋梗塞になる確率も、ピルを服用していない女性よりもかなり高くなります。不安な場合は病院で確認してみると良いでしょう。

うつの副作用について

うつの副作用について

ピルを飲み始めると、副作用として「うつ」が引き起こされることがあります。生理痛は緩和し、生理周期も安定しているけれど気持ちは沈み、倦怠感に悩まされ、集中できない状態が起きてしまうことがあるからです。

ピルとうつの関係については、まだ解明されていない部分もありますが、ひとつの原因として人工的に女性ホルモンが投与されていることが関係していると考えられます。

女性ホルモンは本来、卵巣から分泌されるものですが、違う方法で人工的に女性ホルモンが体内に入るため、身体が誤作動や違和感を起こしてそれがうつに繋がると言われています。ひとりで悩まず、産婦人科の医師や、心療内科の医師に相談するようにしましょう。

不正出血に関する副作用

不正出血に関する副作用

ピルの飲み始めに不正出血が起きる方も多いですが、これはホルモンバランスが崩れた事によるものです。子宮内膜を増やすのは卵胞ホルモンの役目で、それを維持するのが黄体ホルモンの役目ですが、ピルによって卵胞ホルモン量が過剰になると、黄体ホルモンは子宮内膜を維持できずに剥がれ落ちてしまい、それが不正出血となるのです。

それから、低用量ピルは生理初日からの飲み始めを勧められますが、この時期にホルモンバランスが崩れてしまうと経血を排出する力が中途半端になってしまい、子宮内に血液が残ってしまい、それが後に不正出血となって排出されます。体がホルモンバランスの状態に慣れれば不正出血もなくなるので、あまり心配しないようにしましょう。

性交に関する副作用について

性交に関する副作用について

ピルを飲み始めると、性交にも影響が出てくることがあります。ピルを服用すると、子宮の入り口が狭くなり分泌液も濃くなる分減少するため、性交痛が生じやすくなると言われています。また、分泌液が減少することで感染症にかかりやすくなるのも問題です。

さらに、性欲そのものが減退してしまうこともあるでしょう。パートナーがいる場合、性交に関する副作用は非常に重要な問題です。

恥ずかしがらずに医師に相談し、ピルの種類を変えたり対処方法をアドバイスしてもらったりするようにしましょう。

ピルを服用できない人は?

ピルを服用できない人は?

ピルには、血液を固まらせやすいという副作用があるため、血栓ができやすい人は注意が必要です。実際にこの副作用のリスクを考え、以下のような人たちはピルを服用できないことになっています。

ピルを服用できないのは、高血圧、35歳以上で1日15本以上の喫煙習慣がある、重度の片頭痛がある、過去に静脈血栓症を経験している、妊娠中、出産直後~授乳期間、がんを発症している、乳がんや子宮体がんの可能性がある、その他重い持病を抱えている、という人たちです。

妊娠中や出産直後~授乳期間にピルを服用できないのは、血栓症のリスクが上がることと、母乳の分泌に影響が出るからです。

その他にも、ピルを服用できない条件がありますので、医師に自分の身体について正確に伝え、少しでもピルの副作用を軽減できるようにしておきましょう。

死亡の危険性について

ピルは、基本的に安全な薬とされていますが、実は死亡例も出ています。ピルには、血を固まらせやすくするという副作用があるため血栓ができやすく、それが原因で脳梗塞や心筋梗塞、脳血管障害などで死に至ることがあります。

高血圧や血栓症を引き起こしやすい人がピルを服用してしまうと、死亡のリスクが上がることを理解しておく必要があるでしょう。

まとめ

ピルの副作用を含めたさまざまな情報をご紹介しました。ピルには良い効果が得られるメリットもあれば、副作用というデメリットもあることがお分かりいただけたと思います。

体調や持病などをきちんと医師に伝え相談することが大切ですので、ピルを上手に活用し無理なく服用できるようにしていきましょう。

PR