低用量ピルについて知っておきたいこと 効果は?種類は?副作用は?など

女性の身体は、初潮を迎えてから閉経するまでの期間、毎月生理がおきます。初潮を迎えてからすぐの時期や、閉経が近づいている時期は、女性ホルモンのバランスが安定しないことが多くなります。

また、ストレスや不調から毎月決まって生理が起こらないという方もいらっしゃるでしょう。さらに、まだ妊娠したくない女性にとって生理周期を把握し避妊することは重要となってきます。

そんな女性たちの悩みを解決してくれるのが、「低用量ピル」という薬です。「名前は聞いたことがあるけど、イマイチわからない」「避妊を望まない人が使う薬でしょ?」などさまざまなイメージがあると思います。

低用量ピルは、治療にも避妊にも使用できる非常に優れた薬です。意外と知らない低用量ピルについて詳しい情報をご紹介していきますので、是非参考にしていただければと思います。

PR

低用量ピルとは

低用量ピルとは

低用量ピルとは、女性ホルモンを安定させコントロールするお薬のことです。そもそもピルは避妊用として開発されておらず、生理不順や無排卵などを緩和させる目的で使用されていました。

治療薬としては、中用量ピル、高用量ピルが使用されていましたが、強い薬なので副作用が生じやすく服用をためらう人が多い傾向があったと言います。治療や避妊に使用するには少し重すぎたため、最低限の効能が発揮できるレベルにまでホルモンの量を下げた「低用量ピル」が開発されました。

高用量ピル、中用量ピル、低用量ピルの違いは、含まれている女性ホルモンの含有量により異なります。

高用量ピルは卵胞ホルモンの含有量が50マイクログラムを越えるもの、中用量ピルはちょうど50マイクログラムのもの、低用量ピルは50マイクログラム未満のものと分けられています。

どのピルにも避妊効果や女性ホルモンをコントロールする力はありますが、副作用を考えると身体に負担が少ない低用量ピルが最適だとされています。そのため、多くの産婦人科で低用量ピルが使用されているのです。

低用量ピルの種類

低用量ピルの種類

副作用のことを考え、女性ホルモンの含有量をギリギリまで抑えたのが低用量ピルです。低用量ピルにもさまざまな種類があり、「一相性ピル」「段階型ピル」に大きく分けられます。

それぞれの違いは、黄体ホルモン(プロゲステロン)と卵胞ホルモン(エストロゲン)がどの割合で入っているかによるものです。

「一相性ピル」は、すべての錠剤に黄体ホルモン(プロゲステロン)と卵胞ホルモン(エストロゲン)が同じ量で入っています。

「段階型ピル」は、女性の生理周期や症状、体調などに合わせて黄体ホルモンの量を段階的に調整していくものです。段階型ピルにおいては、さらに細かく分類することができますので、さらに詳しくご紹介しておきましょう。

段階型ピルについて

一相性ピル

低用量ピルには一相性ピルと段階型ピルがありますが、段階ピルはさらに「二相性ピル」と「三相性ピル」に分けることができます。

二相性ピル

二相性ピルはホルモンの量を2段階で調節していくもので、後半に黄体ホルモンを増量していきます。

二相性ピル

三相性ピルはホルモンの量を3段階に調節していくもので、中間に黄体ホルモンを増量し減少させる「中間増量型」

三相性ピル「漸増型」

様子を見ながら黄体ホルモンを増加していく「漸増型」とがあります。

一相性ピルでも、段階型ピルでも結果的に効果は同じですが、段階型ピルは身体の様子を見ながら服用していくので負担が少ない方法だと言われています。

ただ、段階型ピルは服用の順番やタイミングを間違えると、避妊効果が薄れたり、ホルモンバランスが不安定になったりして不正出血に繋がる恐れもありますので、医師の指示にきちんと従うことが必要です。飲み間違いなどで不安があるという方は、手軽な一相性ピルが良いでしょう。

低用量ピルの販売について

低用量ピルの販売について

低用量ピルは、薬局などで購入することはできません。そのため、医師の診断を受けてから処方される必要があります。

低用量ピルを避妊のために使用するのか、治療のために使用するのかによって、選択するピルも変わってくるので、きちんと目的を伝えることが大切です。

また、受診することで新たな婦人科系の病気を発見するきっかけにも繋がりますので、生理痛や不正出血、おりものなど不安に感じていることは全て伝えるようにしましょう。

ネットで販売されている格安ピルがありますが、安全が保障されていない場合があります。必ず医師の診断を受けてから処方を受けてください。医師の管理下で服用しない場合、健康を害する危険性がありますので注意が必要です。

錠剤の数について

病院を受診すると、その人に適した低用量ピルを処方してもらうことができます。

一相性ピル、段階型ピルに関係なく、1つのシートに21錠のピルが入っている「21錠入り」と、1つのシートに21錠のピルとホルモンが入っていない偽薬が7錠入っている「28錠入り」の2つから選ぶことになるでしょう。

これは、生理周期に合わせて薬を21日間飲み続け、7日間は服用しないで身体を休ませるのが基本的なピルの飲み方とされているからです。

錠剤の数21錠

「21錠入り」の場合、1シート分飲み終えると、7日飲むのを止めて身体を休ませてから次のシートを飲み始めます。

錠剤の数28錠

「28錠入り」の場合、ピルを服用する習慣を継続させたり、飲み忘れを防止したりするために、身体を休ませる7日間は女性ホルモンの入っていない偽薬を7錠飲み続けます。

このことから、飲み忘れが心配だという方は、ずっと服用の習慣を続けられる28錠タイプがオススメです。たまには薬を飲まない方が良いという方や、飲み忘れの心配がないという方は、21錠タイプで大丈夫でしょう。

低用量ピルの効果について

低用量ピルの種類についてご紹介してきましたが、具体的にどんな効果を発揮してくれるものなのでしょうか。

避妊効果

避妊効果

まず、期待できるのが避妊効果です。低用量ピルを服用している間は、必要な女性ホルモンが充分あるので卵巣から女性ホルモンが分泌されず休眠状態になります。そのため、排卵や生理が起こらず受精する可能性がほぼなくなるのです。

また、卵巣が休眠状態になることにより子宮内膜が厚くならないため、万が一受精が成立したとしても着床しづらくなります。さらに子宮頸管から分泌される粘液の濃度が上がってくるため、子宮の入り口が狭まり、精子が侵入しづらくなります。

絶対に妊娠したくないという方は、コンドームよりも低用量ピルの方が効果は高いので、確実性の高い避妊として選択するようにしましょう。

生理周期を安定させる効果

生理周期を安定させる効果

低用量ピルを使用することで、生理周期を安定させることが可能になります。いままで生理周期が不順になりがちで、何ヶ月も生理が来なかったり、短いサイクルで生理が繰り返されたりする方は、低用量ピルでコントロールすることで規則正しく生理が来るようになります。

低用量ピルの服用は、21日間とされており7日間のお休み期間がありますが、この期間中に生理が来ることになります。

そのため、旅行やレジャーなどで生理予定日をずらしたい方は、低用量ピルを使用することで生理周期をずらすことができるようになります。どうしても生理予定日をずらしたいという方や、生理周期が不安定な方は、一度低用量ピルを試してみると良いでしょう。

生理痛を緩和させる効果

生理痛を緩和させる効果

低用量ピルを使用することで、生理痛を緩和させることもできます。生理痛が起きる原因のひとつに、子宮内膜が厚くなりすぎて経血量が多くなってしまうことがあります。

子宮内膜を厚くさせるのは、卵胞ホルモン(エストロゲン)の仕業で、過剰に分泌されることで経血量は多くなってしまいます。経血量が多くなると、その分生理の時に子宮を収縮させる必要が出てくるため、生理痛が引き起こされやすくなるのです。

しかし、低用量ピルを使用すれば、子宮内膜の厚みを最小限に抑えることができるため、経血量が減り生理痛も抑えられるようになります。いつも生理痛に悩まされているという方は、低用量ピルを試してみると良いでしょう。

病気を抑制させる効果

病気を抑制させる効果

低用量ピルを使用することで、さまざまな婦人科系の病気を抑制させる効果が期待できます。

子宮内膜症や、子宮筋腫、卵巣がん、子宮体がんなどは、女性ホルモンが活発に分泌されたり、バランスが崩れたりすることから引き起こされ、進行してしまいます。

しかし、低用量ピルを服用することで病気が進行するのを食い止めることができ、場合によっては小さくすることも可能になります。病気の状態により低用量ピルを使用できる場合と、できない場合がありますので医師と相談するようにしましょう。

貧血予防効果

貧血予防効果

ピルのメイン効果は避妊ですが、その他に得られる副効用も非常に幅広く、女性につきもののトラブルを一気に解消してくれると言っても過言ではないでしょう。

その中でも4人に1人が貧血といわれる環境では、ピルによる貧血予防の副効用は非常に大きなメリットがあります。ピルを服用する事によって子宮内膜が増えるのを抑制するので、結果として出血量も少なくなり体から失われる鉄分を確保できます。

また生理前は妊娠に備えて子宮付近に血液が集中しますが、ピル服用後はその状態もなくなるため、生理前に起こりがちな立ちくらみやめまいを怖がる必要が全くなくなるでしょう。

美肌を作る効果

美肌を作る効果

低用量ピルを服用することで、思わぬ効果を得られることもあります。それが、美肌効果です。

肌に吹き出物が出やすいという方や、皮脂の分泌が過剰になりすぎている方は、女性ホルモンの分泌が乱れている可能性が高いため、低用量ピルを服用することで肌の状態を安定させることができるようになります。

肌トラブルは、ストレスから引き起こされることが多いと言いますが、ストレスにより女性ホルモンは乱れてしまい皮脂などの分泌も乱れてしまいます。だからこそ、低用量ピルを服用し美肌を取り戻せるようにしましょう。

肌がきれいだと気持ちも前向きに明るくなるため、ストレスに負けない良い循環も得ることができます。

気になる副作用について

気になる副作用について

低用量ピルには、さまざまな効果があることがお分かりいただけたと思います。しかし、ピルは薬でもあるので副作用が心配だという方も多いことでしょう。

低用量ピルの副作用には、吐き気、胃もたれ、食欲不振、頭痛、身体のむくみ、乳房の痛み、のぼせなどがあります。

低用量ピルの場合、副作用が起きるにくいと言われていますが、初めて低用量ピルを飲んだ方には一定期間現れることがあります。

多くのケースで飲み始めた時期に集中していますが、1週間ほどで落ち着くことが多いと言われているので、様子を見ながら服用するようにしましょう。

ピルを服用できない場合

ピルを服用できない場合

低用量ピルは副作用が少ないですが、効果は十分発揮されるため利用したいと考える方も多いことでしょう。ただ、低用量ピルは誰でも服用できるというわけではありません。

ピルの副作用には、血液が固まりやすくなるということもあるため、血栓症のリスクがある方は服用ができないことになっています。また、妊娠している人や出産直後は血栓症のリスクが上がるため、服用は避けた方が良いでしょう。さらに、低用量ピルは母乳の分泌にも影響するため、授乳中の服用もオススメできません。

その他にも、高血圧の人、年齢が35歳以上で喫煙数が1日に15本以上の人、過去に静脈血栓症を患った人、重い偏頭痛を持っている人、乳がんや子宮体がんの可能性がある人、現在がんを患っている人、重い持病のある人 などは低用量ピルを服用できない事となっています。

以上のようなことに心当たりがある方は、医師の質問にすべて正確に答えて判断をうかがうようにしましょう。

低用量ピルを飲み始めるタイミング

低用量ピルを飲み始めるタイミング

低用量ピルを初めて服用するなら、飲み始めるタイミングは重要になります。21日服用し続け、7日間休んで生理が起きるため、生理が始まるタイミングをあらかじめ決めることになるからです。低用量ピルの服用は、基本的に生理が始まった日から飲み始めます。

平日は仕事で、週末はレジャーなどを楽しみたいという方は、生理がはじまって最初の日曜日から低用量ピルを飲み始めると良いでしょう。

この方法は「サンデースタート」と言われていますが、低用量ピルを飲み始めた最初の7日間は、100%避妊できるというわけではないので、コンドームなどの避妊を併用するのが安心です。

救世主?アフターピルについて

救世主のアフターピルについて

低用量ピルは、避妊や婦人科系の病気治療で使用されることがほとんどです。ただ、効果を発揮できるのはある程度飲み続けていることが必要です。もし、妊娠が心配でどうしても避けたいという方はアフターピルを試してみてはいかがでしょうか。

性交したときに避妊が不十分だと思った時は、72時間以内に中用量ピルを服用すれば妊娠を防ぐことができます。望まない妊娠を避けるために開発されましたが、中用量ピルなので副作用が強く、値段も高いので良く考えたうえで服用するようにしましょう。

まとめ

低用量ピルについて詳しい情報を幅広くご紹介しました。ピルの種類や、飲み方、効果についてお分かりいただけたと思います。

上手に使うことで生理不順や生理痛、さまざまな病気や、避妊にも役立てることができるので、医師と相談しながら上手に活用するようにしましょう。

PR

シェア