ピルの飲み忘れについて知っておきたいこと

ピル、と言えばどんなイメージを持ちますか?避妊用の薬、生理周期を治す薬、更年期障害に効く薬、などさまざまなイメージがあると思います。じつは、どれもピルの効果が期待できるものです。

ピルは、女性ホルモンを調整する働きがあるため、女性ならではのさまざまな悩みを解決することができます。ただ、ピルは正しく服用しなければ効果は期待できません。

うっかり飲み忘れてしまうと、せっかく続けてきたピル治療のリズムも崩れてしまいます。ついやってしまいがちなピルの飲み忘れは、どうすれば防ぐことができるのでしょうか。そこで、ピルの飲み忘れについて知っておきたいことを詳しくご紹介していきたいと思います。

PR

ピルについて

ピルについて?

ピルは飲み忘れると今まで継続されてきたリズムが崩れてしまうものです。では、そもそもピルとはどのような薬なのでしょうか。ピルとは、もともと生理や排卵に関するトラブルに対処するために開発されたものです。

ピルとして使用されたものとしては、高用量ピルと中用量ピルが主流となり、女性の身体に起こるさまざまなトラブルを解決してきました。

ただ、当時主流となっていた高用量ピルと低用量ピルは効果が期待できる分副作用も強く出ていたため、副作用が辛いことから治療を断念したり飲み忘れたりする事態もたびたび起きるようになったと言います。

そこで開発されたのが、現在広く使われている低用量ピルです。低用量ピルは、治療に必要な最低限のホルモンしか含まれていないため、副作用も最小限に抑えることができます。

ただ、その分管理が非常に大切で、うっかり飲み忘れてしまうとあっという間に効果が薄れてしまう部分があるのです。

ピルの違いについて

ピルの違いについて

ピルには、高用量ピルと、中用量ピル、そして低用量ピルがあります。それぞれの違いは、薬に含まれるホルモンの量です。ピルには女性ホルモンが含まれており、黄体ホルモン(プロゲステロン)と卵胞ホルモン(エストロゲン)があります。

高用量ピルの場合、卵胞ホルモンの含有量は50マイクログラムを越えるものと設定されています。

一方、中用量ピルはジャスト50マイクログラムのものと設定されています。

そして、低用量ピルは50マイクログラム未満のものと厳密に分けられているのです。

それぞれ含まれているホルモンの量は異なりますが、結果的に効果としては同じものを期待することができます。近年では低用量ピルが主流となって使われていますが、これは副作用や身体の負担を考えて選択されているのです。

ピルの種類について

ピルには、高用量ピルと、中用量ピル、そして低用量ピルがありますが、近年主流として使われている低用量ピルは、さらに細かく分類することができます。

大きく分けると、低用量ピルは「一相性ピル」「段階型ピル」にわけられます。細かく分類されるのは、黄体ホルモン(プロゲステロン)と卵胞ホルモン(エストロゲン)の割合が異なるからです。

一相性ピル

「一相性ピル」は、錠剤に含まれている黄体ホルモン(プロゲステロン)と卵胞ホルモン(エストロゲン)が同じ割合で配合されています。

一方、「段階型ピル」は、生理周期や生理痛などの症状、身体の状態などに合わせて黄体ホルモンの量を段階的に調整していくものです。

段階型ピルは、量の増やし方によってさらに細かく分類することができるので、簡単にご紹介しておきましょう。

段階型ピルの種類について

低用量ピルには、「一相性ピル」と「段階型ピル」があります。段階ピルは、量の増やし方によってさらに細かく分類することができます。

二相性ピル

ホルモンの量を2段階で調節していき、後半に黄体ホルモンを増量していくのが「二相性ピル」です。

三相性ピル「中間増量型」

ホルモンの量を3段階に調節していくもので、中間や段階的に黄体ホルモンを増減させるのが「三相性ピル」です。「三相性ピル」は、中間に黄体ホルモンを増減させる「中間増量型」と、身体の様子を見ながら少しずつ黄体ホルモンを増加していく「漸増型」とがあります。

段階型ピルは、身体の状態を観察しながら少しずつ黄体ホルモンの量を調整するため、身体のストレスや違和感も少ない方法だと言われています。

ただ、管理が非常に重要になるため、少し飲み忘れが発生してしまうと、一気にバランスが崩れてそれまでの治療に満足のいく結果が得られないこともあるので注意が必要です。

もし、飲み忘れが怖いという方や、できれば簡単に手軽にピルを利用したいという方は、一相性ピルの方が良いでしょう。

それぞれの効果について

ピルには、高用量ピル、中用量ピル、低用量ピルがありますが、低用量ピルは更に細かく分類することができます。それぞれ量や服用方法は異なるものの、結果的には同じ効果を期待することができます。

ピルの副作用が心配な方にとって、ピルの中でも低用量ピルが服用しやすく、低用量ピルの中でも段階型ピルの三相性ピルが身体の反応としては優しくなるでしょう。

ただ、身体に優しい分、飲み方も複雑になりやすいため医師の指示をきちんと理解し実行する必要があります。

初めてピルを服用する方にとっては、少しハードルは高めとなるため、チャレンジする時はきちんと準備しておくようにしましょう。

ピルの入手方法について

ピルの入手方法について

さまざまな効能を持つピルですが、どこでも簡単に手に入るというものではありません。ピルを処方してもらうには、必ず医師による診断が筆王になります。

産婦人科のある病院に行き、症状を伝えることで必要な種類のピルを処方してもらうことができるでしょう。また、最初から避妊を目的としたピルの服用について相談することもできます。

どのような目的でピルを使用したいかで、処方されるピルも変わってくるので、きちんと伝えるようにしましょう。

ピルの飲み方について

ピルを服用することで、生理周期をコントロールしたり、避妊したり、病気にアプローチすることができます。病院へ行き診察を受けると、ピルの錠剤の数を選ぶことになるでしょう。

ピルは種類に関わらず2種類のシートを選択することができます。

21錠入り ピル

ひとつはシートに21錠のピルが入っている「21錠入り」のタイプ、もうひとつはシートに28錠のピルが入っている「28錠入り」のタイプです。

それぞれ数が異なるのは、飲み忘れ防止のための工夫です。

28錠入り ピル

実は、「28錠入り」のタイプには、21錠のピルしか入っていません。残りの7錠はホルモンが入っていない偽薬になっています。これは、一度に飲み続けるピルの量が21錠と決められているからです。

飲み忘れ防止の工夫

飲み忘れ防止の工夫

ピルの服用は、21錠、21日と決められているため、基本的にシートに含まれているピルは21錠となります。28錠入りのピルシートも販売されていますが、7錠は偽薬でホルモンは含まれていません。

これは、飲み忘れ防止の工夫のために偽薬が詰められています。実は、ピルは22日以上服用しないルールとなっています。

21日服用を続けたら、7日間服用をやめて休息期間を設け、再び21日継続してピルを服用していきます。

管理がきちんとできる人なら、7日間の休息を経過しても同じサイクルでピルの服用を継続することができますが、ピルに慣れていない方や、つい忘れてしまいやすい方は、休息期間が何日過ぎたかわからなくなってしまうことがあります。そのような状況に陥らないために、偽薬が含められた28錠入りシートがあるのです。

ピルを服用し続ける習慣はそのままに、身体はしっかり休めることができるためうっかり飲み忘れをしたくない人にはオススメのタイプだと言えます。

飲み始めるタイミングが重要

飲み始めるタイミングが重要

ピルの服用は、21日間継続し7日間の休息を含めるため、基本的には28日周期で巡っていきます。そのため、ピルを飲み始めるタイミングによって、ピルを飲み忘れることを防ぐことができます。

例えば、ピルの飲み方として良くオススメされるのが「サンデースタート」と言われる方法です。生理が始まって最初の日曜日からピルを服用し始めることで、毎週日曜日にピルについての意識をリセットすることができます。

週末は、何かと予定が重なることも多いのでサンデースタートにすることで、生理を気にせず楽しめることもメリットのひとつと考えられています。

ピルを飲み忘れるとどうなるか

ピルを飲み忘れるとどうなるか

ピルは女性ホルモンのバランスをコントロールする作用があります。基本的にピルは21日間飲み続ける必要がありますが、もし飲み忘れた日ができたらどうなるのでしょうか。

ピルを飲み忘れると、一時的に必要な女性ホルモンの量が減ってしまうため、生理に近い状態が引き起こされるようになります。そのため、少量の出血が起きたり、避妊の確率が下がったりしてしまうようになるでしょう。

ピルを飲み忘れても、すぐに服用を再開すれば出血は止まりますが、飲み忘れた期間が長いと生理が始まってしまいます。すると、ピルを服用する期間もずれてしまうため、注意するようにしてください。

ピルを飲み忘れて24時間以内に気づいた場合

ピルを飲み忘れて24時間以内に気づいた場合

ピルの飲み忘れに気づいた時が、前回の服用から12時間以内ならば、その時点で服用すれば避妊効果は続きます。12時間以上24時間以内の場合は気づいた時点で服用しますが、その日の分も服用するため、1日2回薬を飲むかもしれません。

他に問題なのは、ピルの飲み忘れを繰り返す場合です。ピルはやはり毎日同じ時間に服用するのがベストですから、24時間以内なら大丈夫だろうとしょっちゅう服用時間を変えてしまうと、ピルの効果が十分に得られない可能性が出てきます。

服用時間が自分のスケジュールに合ってない場合は、食事時間や就寝前など飲みやすいタイミングをもう一度確認してみましょう。

ピルの飛ばし飲みは絶対にNG

飲み忘れをまったく思い出せず次の日にピルを服用してしまう飛ばし飲みは、排卵や妊娠につながる可能性が高くなるので絶対に止めましょう。

低用量ピルは副作用や体への負担が少ない分、毎日きちんと服用しないとすぐに避妊効果が薄れてしまいます。飛ばし飲みをしても性交していなければそのまま服用を続けますが、休薬期間は7日ではなく生理初日までと短く調整します。

ピル服用をスキップした日からこれまでに性交をした場合は、服用を中止して次の生理が来るのを待ちます。また、飛ばした日から72時間、つまり3日以内に性交した場合はアフターピルを服用します。

ピルの効能について

ピルには細かな種類がありますが、服用することにより身体にどんな効能が現れるのでしょうか。

避妊

避妊

まず、ピルを服用することで避妊を行うことができます。ピルの避妊はコンドームよりも成功率が高く、女性がコントロールすることができるため安心できる避妊方法のひとつです。

ピルを服用すると避妊効果が得られるのは、ピルに女性ホルモンが含まれているからです。ピルを服用することで、身体に必要な女性ホルモンが充分得られるため、卵巣から女性ホルモンが分泌される必要がなくなります。

卵巣はいわば休眠状態に陥るため、排卵や生理といったシステムも停止してしまうのです。そして、卵巣が休眠状態に陥ることにより、子宮内膜に厚みが産まれず着床する可能性が低くなります。

また、子宮頸管から分泌されていた粘液は、濃度が上昇し子宮の入り口を狭めてしまうため精子の侵入もブロックしてしまいます。このことから、ピルを服用することにより避妊を行うことができるのです。

生理痛にも効くピル

生理痛にも効くピル

ピルというと、避妊のイメージもあるかもしれませんが、生理痛にも効果があります。生理痛が起きるメカニズムはいろんな理由がありますが、その原因のひとつに子宮内膜の厚さが増えすぎて、生理に排出される血液の量が多くなってしまうことが関係しています。

子宮内膜の厚みを増幅させるのは、卵胞ホルモン(エストロゲン)の働きによるものです。

受精卵が着床する上で必要な働きですが、卵胞ホルモン(エストロゲン)が過剰に分泌されると必要以上に厚みが増し、その結果生理の時の血液の量が増えてしまうようになります。そうなると、生理の血液を排出するために収縮する子宮の動きが過剰になり、腹痛や腰痛といった生理痛の症状が出やすくなってしまうのです。

しかしピルを服用することで卵胞ホルモン(エストロゲン)の分泌を抑え、子宮内膜の厚みを増えすぎないようにすることができます。

結果的に生理痛も緩和させることができるようになるので、激しい生理痛に悩んでいる方は、一度ピルの服用を検討してみると良いでしょう。

乱れた生理周期にも効くピル

乱れた生理周期にも効くピル

生理周期がいつも不順で、いつ生理が来るかわからないという方にも、ピルは効果を発揮します。ピルを服用することで、女性ホルモンを必要な時期に必要な分だけ分泌することができるため、生理の周期も自在にコントロールすることができるようになるからです。

何ヶ月も生理が来ない人や、生理が早く来すぎてしまう方は、一度ピルを使用してみると良いでしょう。

また、ピルは乱れた生理周期を整えるだけでなく、生理が来るタイミングをずらしたい時にも利用することができます。どうしても外せない予定があり、生理が重なってほしくない時はピルを活用して楽しく過ごせるようにしましょう。

病気にも効くピル

病気にも効くピル

ピルを服用することで、婦人科系の病気にアプローチすることも可能です。婦人科系の病気には、子宮体がんや卵巣がん、子宮内膜症、子宮筋腫とさまざまな種類がありますが、ほとんどのケースで女性ホルモンの影響を受けています。

女性ホルモンが活発になったり、バランスが崩れたりすることで病気が進行することも多いため、ピルで女性ホルモンをコントロールして病気の進行を遅らせたり、縮小させたりする治療を行うことができます。

病気の種類や状態によってピルをどう使うかは変わってきますが、手術を望まない方はピルで対応する選択肢もあるということを覚えておきましょう。

ピルのデメリットは?

ピルのデメリットは?

ピルにはメリットが大きいですが、デメリットもあるので理解しておいた方が良いでしょう。まず、ピルを服用するには定期的に病院へ行き処方してもらわないといけないのが面倒だしコストもかさむ、というデメリットがあります。

しかし、最近では保険適用されるピルも出てきたので、それを利用するのも良いでしょう。それから、毎日決まった時間に飲まないといけないのも少々面倒です。

また、服用する人の体質によっては、全く問題ない方と副作用が強く出てしまう方がいるので、副作用が出てしまった方はピルではなく違う方法に変える必要が出てきます。低用量ピルを使おうかどうか迷っている方は、メリットとデメリットをよく比較してから決めるようにしましょう。

まとめ

ピルの飲み忘れについて詳しい情報を幅広くご紹介しました。さまざまな予防策を実践し、きちんと飲み続けてピルを活用してください。

PR

シェア