生理中の眠いときに知っておきたいこと

生理が始まるとなぜか眠気に襲われてしまう、こんな経験はありませんか?生理中に眠気を感じない女性はいないといっていいほど、生理と眠気は密接に関わっています。

生理中の症状にはさまざまなものがあります。眠気、だるさ、熱っぽさ、食欲の変化などの身体的な症状に加えて、イライラ感、憂鬱感、無気力感、怒りっぽさなど、精神的な不快感も多く見られます。体調も感情も大きく起伏するこの時期を出来るだけ快適に過ごすには、それ相応の知識が必要です。

女性の生理周期を司るホルモン分泌の変化。生理中の眠さの原因や対処法について知るには、まず女性ホルモンの作用についての知識を得ることが不可欠です。生理中に眠いときにぜひ知っておきたい知識をまとめてみました!

PR

生理中の眠気は生理前のプロゲステロンのはたらきのせい?

生理中の眠気は生理前のプロゲステロンのはたらきのせい?

女性なら誰しも生理中に眠気に襲われ、生理中に限って眠いと感じるのはなぜ?と疑問に思ったことがあるはずです。生理中に眠気を感じる主な理由は、女性ホルモンプロゲステロンの分泌量の増加にあります。

プロゲステロン(黄体ホルモン)とは、エストロゲン(卵胞ホルモン)と並び、女性の体を司る大切な女性ホルモン。プロゲステロンとエストロゲンは、生理周期にしたがって、規則的に分泌量の増減を繰り返しています。

生理中に眠いのはなぜか?を理解するには、プロゲステロンのはたらきについてよく理解する必要があります。ここでプロゲステロンの作用についておさらいしておきましょう。

プロゲステロンのはたらきについて

子宮内膜 月経周期

プロゲステロンの主なはたらきについて挙げてみましょう。プロゲステロンのもっとも重要なはたらきは受精卵が着床しやすいように、子宮の状態を整えることにあります。子宮内膜に血液を集め、ふかふかのベッドを作ることが、プロゲステロンの役目です。

子宮が着床に相応しい状態になり、着床が成立したあとは、妊娠を継続させることがプロゲステロンに課せられた次の役目になります。他にも基礎体温を上げる、体の水分量を引き上げる、乳腺を発達させる、エストロゲンの分泌量を抑え、ホルモンバランスを整えることなどが、プロゲステロンの主なはたらきになります。

生理前の分泌の影響やズレの影響

生理前の分泌の影響やズレの影響

プロゲステロンの分泌量が急に増えるのは、排卵後から次の月経が始まるまでの間になります。排卵後、着床・妊娠に備えて準備を整えてくれるのがプロゲステロン。基礎体温の変化でいうと、排卵後以降、次の生理の開始前までの高温期が、プロゲステロンの分泌がもっとも盛んな時期です。

生理中でも生理前の分泌の影響やホルモンバランスの乱れにより、生理中でもプロゲステロンの影響を受けていると言うことです。

生理中に眠くなる原因は?

プロゲステロンの主なはたらきと生理中の眠気とは密接なかかわりがあります。なぜ生理中に眠くなるのか、詳しく見ていきましょう。

通常下がるはずの基礎体温の上昇

通常下がるはずの基礎体温の上昇

生理周期の中で高温期に当たるのが生理前です。排卵日を境にこれまで優勢だったエストロゲンに代わり、プロゲステロンの分泌量が盛んになります。

生理中でも生理前の分泌の影響やホルモンバランスの乱れにより、生理中でもプロゲステロンの影響が考えられます。

プロゲステロンのはたらきにより、基礎体温は低温期に比べ、約0.3度から0.5度上昇します。低温期と高温期の体温差には個人差がありますが、理想的な体温差は上に挙げたとおり。排卵があり、プロゲステロンの分泌が正常に行われている限り、低温期と高温期には必ず差が生じます。

わずかではありますが、低温期に比べると体温が上がることにより、体は熱を持ち、ほてりやのぼせなど、風邪の初期症状に似た眠気を催します。

ホルモンバランスの変化による体調不良

ホルモンバランスの変化による体調不良

排卵日を境にエストロゲンの分泌量は減り、プロゲステロンの分泌量は急激に増えます。エストロゲンの分泌が盛んな時期は、体調も精神状態も好調。しかし生理前から生理のはじめにかけては、ホルモンバランスが急に乱れることにより、体調も崩れてしまいます。

生理前から生理のはじめにかけては、下腹部痛、腰痛、むくみ、ほてり、のぼせなどの身体的な不調が出やすい時期。体調が悪いために、だるさや眠気を覚えることがあります。

貧血による眠気

貧血による眠気

女性は男性よりも貧血にかかりやすいといわれています。とくに生理中は普段よりもさらに、貧血の症状が悪化することがあります。経血の量が多い方や生理期間が長い方に関しては、普段から鉄分やカルシウムをたくさん摂取するよう注意が必要です。

貧血の症状がひどくなると、めまいや立ちくらみがしたり、異常な眠気や吐き気を覚えることがあります。生理中の貧血だからと諦めず、生活習慣や食生活を立て直すよう努力しましょう。

月経前症候群の続きの症状で

月経前症候群の続きの症状で

月経前症候群(PMS)とは、月経前に起こる身体的・精神的な症状で、生理開始日の二週間前から一週間前に始まり、生理が始まると自然になくなります。

月経前症候群の主な症状はというと、頭痛、眠気、胸の張り、イライラ、おなかや腰の痛みなど。月経前症候群という名前が示すとおり、通常は生理がはじまるとこれらの不快な症状は、次第におさまってきますが、体調や体質によっては、生理がはじまってもしばらくの間続くこともあります。

生理痛を抑える薬による眠気

生理痛を抑える薬による眠気

生理痛のひどいため、生理痛を抑える薬を常用している場合、薬の副作用により眠気を催すことがあります。運転をしなければならない場合や、仕事がある方は、痛み止めの薬を選ぶ際には、眠気を催さないものを選ぶようにしましょう。

夜間の睡眠が満足に取れない場合

夜間の睡眠が満足に取れない場合

おなかや腰の痛みや経血が気になり、夜間の睡眠の質が悪くなることがあります。また体がだるく、気分が優れないことから、昼間に仮眠や昼寝をしてしまい、その結果、眠いにのに夜になるとなかなか眠れない、という悪循環にはまる人もいます。

生理中の眠気と吐き気

生理中の眠気と吐き気

生理中のどんな症状があらわれるかは、一人一人の女性によって異なります。眠気に加えて、おなかや腰の痛み、体のだるさ、頭痛、食欲の変化、胃痛、背中の痛み、めまい、立ちくらみなど、生理中にあらわれる症状はさまざま。吐き気もまたその一つで、なんとなくムカムカと気持ちが悪く、胃のもたれや痛みを感じることがあります。

生理中の吐き気の原因とは?

生理中に吐き気を感じるのは、プロスタグランジンという物質の分泌にあるといわれています。プロスタグランジンの役割とは、子宮を収縮させることにより、血液を含む子宮内膜を排出させることにあります。

子宮の収縮に伴い、胃も収縮することがあり、これが原因で胃もたれや胃痛、吐き気などを感じることがあります。

生理中の眠気対策

生理中に異常な眠気に襲われたときに覚えておきたいポイントをまとめてみましょう。生理中に眠いと感じたら、とりあえず仮眠を取るのがいちばんですが、仕事や勉強、家事・育児がある場合には、そのまま横になって休むというわけにはいきません。生理中の眠気に対する効果的な方法をぜひ覚えておくようにしましょう!

眠気覚ましの飲み物を用意しておく

眠気覚ましの飲み物を用意しておく

眠気覚ましに効く飲み物というと、コーヒーなどのカフェイン飲料を思い浮かべます。確かにコーヒーを飲むと、眠気が一気にさめ、集中力も上がるといった効果があります。ただしカフェインの摂取が過剰になると、カフェインに対する耐性がついてしまい、眠気覚ましとしての効果が上がらなくなってしまいます。

カフェインはコーヒーだけでなく、緑茶や紅茶にもカフェインが含まれています。摂取量にさえ注意すればもちろん飲んでも構いませんが、砂糖のたっぷり入った甘い紅茶を何杯も飲んでいると、今度は砂糖の取りすぎが気になります。

また生理中はむしろカフェインは控えたほうがいいという意見もあります。カフェインには覚醒作用や疲労回復効果、利尿効果などのメリットがありますが、同時にいくつかデメリットもあります。

生理中のカフェイン摂取のデメリット

生理中のカフェイン摂取のデメリット

カフェインには利尿作用がありますが、過剰に摂取してしまうのはNG。尿とともに鉄分などの重要な栄養素も流れでていってしまいます。

またカフェイン自体が鉄分の吸収の妨げになるおそれもありますので、妊娠中だけでなく、生理中もカフェインの過剰摂取はNGになります。生理中のカフェイン摂取は、普段よりも量を控え目にしたほうが良さそうです。

ノンカフェイン飲料で眠気覚まし

ノンカフェイン飲料で眠気覚まし

カフェイン摂り過ぎると依存体質になってしまい、デメリットがメリットを上まってしまいます。生理中の眠気覚ましはカフェインだけに頼らず、ノンカフェイン飲料を上手に取り入れるようにしましょう。

ノンカフェイン飲料の代表は麦茶やハーブティーなど。ハーブティーは種類も豊富、ホットでもアイスでも美味しく飲める上、カロリーも低く、口当たりがさっぱりとしているので、生理中の眠気覚ましにお勧めです。

カモミールティー、ローズヒップティー、ルイボスティーなど、お好みでいろんな種類のハーブティーを用意しておくと便利です。

適当に体を動かす

適当に体を動かす

ずっと座ったままでいると、どんどん眠気が増していきます。仕事中や家事の途中で、軽いストレッチや体操を行うようにしましょう。体を動かさずにいると、血流がさらに悪くなり、下腹部・腰の痛み、むくみやだるさもひどくなります。

同じ姿勢を取ったまま動かないでいると、眠気は増す一方です。眠気覚ましも兼ねて軽い運動をこまめに行うようにすると、手足のむくみも改善されます。座ってできる手足のストレッチをセットで覚えておき、職場での休憩時間や家事・勉強の合間に行うようにしましょう。

頭や体を冷やす

頭や体を冷やす

生理中は眠いだけでなく、のぼせやほてりを感じる方も多いようです。体や顔がのぼせてしまうと、眠気が吐き気やムカムカに変わることもあります。

顔や首筋にほてりを感じたら、市販の熱さまし冷却ジェルシートなどで暑いと感じる部分を冷やすと、眠気がさめます。眠気をさましてくれるだけでなく、ほてりやのぼせもうまく緩和してくれます。

冷却ジェルシートがなくても大丈夫。冷たく冷やしたおしぼりやタオルで顔や手足を冷やすようにすると、眠気をおさめることが出来ます。

ミントガムで気分転換&すっきり

ミントガムで気分転換&すっきり

ミント系のガムを噛むのも、眠気覚ましには効果的です。ミントの清涼感ある香りには、気持ちを落ち着かせる効果もあり、生理中のイライラを効果的に鎮めてくれます。

ガムを噛むことにより、脳のはたらきが活性化され、集中力も高まります。生理中の集中力欠如や仕事の能率低下に悩む方にもお勧めです。

昼寝をしすぎない

昼寝をしすぎない

眠いからといって昼間寝すぎてしまうと、夜になって眠いのになかなか寝付けないという問題が生じてしまいます。昼寝や仮眠は時間を決め、だらだらと寝すぎないように注意しましょう。昼間たっぷり睡眠を取ってしまうと、夜間の睡眠の質が逆に低下してしまいます。

生理中の不調の予防について

生理中の不調の予防について

生理中の不快な症状のあらわれには個人差があり、比較的軽く済む人もいれば、生理のたびに激しい生理痛や頭痛が起こる人もいます。生理中の症状のあらわれ方には体質的なこともありますが、そのときどきの体調や生活リズムによっても変わってきます。

生理痛やその他の不快な症状を少しでも軽減するには、生活習慣や食事メニューに配慮し、生理周期を整えることが先決。ホルモン分泌に乱れが起こらないよう、注意するようにしましょう。

まとめ

生理中に眠いと感じる理由や対策などについてまとめてみました。生理中の異常な眠気により、仕事がはかどらない、試験前なのに勉強に集中できない、家事や育児に集中できない、などに悩みを抱える女性も少なくありません。

生理中は眠いだけでなく、顔や体がほてる、イライラする、吐き気がするなど、さまざまな不調をもてあましてしまいます。これらの生理中の不快な症状は生理現象で、これを完全に防ぐことは出来ませんが、眠いと感じたときに行いたいことを覚えておくようにすると、多少なりとも楽になります。

生理痛や生理中の不調を少しでも軽くするには、普段から規則的な生活習慣や食習慣を身につけ、心身ともに健康な状態に近づけるようにすることが大切です。

PR

シェア