生理じゃないのに生理痛なんで・・原因は

そろそろ生理が来るはずなのに、生理痛のような症状だけがあって生理が来ない。生理予定日までだいぶあるのに、生理痛のような症状が出てきて、いつ生理が始まってしまうのか気になってしまう。

このような、生理じゃないのに生理痛が発生するという症状に悩まされた経験はありませんか?生理じゃないのに生理痛が発生するのは、さまざまな原因が関係しているからです。

生理痛の症状は、気持ちを憂鬱にさせてしまいますが、原因がハッキリとわかれば無意味に不安になることもなくなるでしょう。そこで、生理じゃないのに生理痛の症状が出る原因について、詳しくご紹介していきたいと思います。

PR

生理痛の症状について

生理痛の症状について

ひとくちに生理痛といっても、その症状は人によって違いがあります。下腹部痛が出る人もいれば、熱っぽく気だるさを感じる人、腰が重くなったり腰痛が発生したりする人、気分が不安定になりイライラする人、何日も便秘が続くようになる人、胸や乳首が張って苦しい人などいろいろです。

生理痛は、卵胞ホルモン(エストロゲン)や黄体ホルモン(プロゲステロン)といった女性ホルモンや、プロスタグランジンという子宮を収縮させる物質から引き起こされます。

生理じゃないのに生理痛が起きるのは、女性ホルモンやプロスタグランジンなどが作用していることが考えられるでしょう。

生理じゃないのに生理痛のケース

生理予定日が近い場合は

生理予定日が近い場合は

生理じゃないのに生理痛が続くのが、生理予定日に近い場合、妊娠の可能性が考えられます。生理予定日が近いため、生理前の症状と勘違いしやすいですが、妊娠初期の症状は生理痛と非常によく似ているため、気づかないケースも良くあります。

いつもとは少し違う生理痛が起きているのなら、妊娠の可能性を考えてみるようにしましょう。基礎体温をチェックし、高温期が続いている状態なら妊娠の可能性は高くなります。

ただ、妊娠検査薬を試せるのは、生理予定日を1週間以上過ぎてからになりますし、陽性反応が出ても産婦人科で確認されなければまだ妊娠とは確定されません。

妊娠の可能性があるのなら、生理痛に似た症状が悪化しないように身体を温めたり、ゆったり過ごしたりするようにしましょう。

微量の出血(着床出血)があった場合は

微量の出血があった場合は

生理じゃないのに生理痛が続くのが、生理予定日に近い場合、妊娠の可能性があります。この時期に、微量の出血が伴うこともあるでしょう。

下腹部がチクチク痛み、おりものに少量の血液が混じることから、間もなく生理が始まると思ってしまいます。しかし、微量の出血はすぐに止まり、再び生理痛の症状が続く場合は、妊娠による着床出血の可能性が高いでしょう。

着床出血とは、受精した卵子が子宮内膜に着床する時、絨毛が組織を傷つけ出血することから発生するものです。

妊娠したすべての人に現れる症状ではありませんが、着床出血が起きるときは、下腹部痛や腰の重みなど生理痛に似た症状が出るため、気づく場合もあるようです。

着床出血が起きるのは、排卵日から5日後~生理予定日の間が多く、生理前の症状と勘違いしやすいので注意が必要です。

生理予定日が先の場合は

生理予定日が先の場合は

生理じゃないのに生理痛が続くけれど、生理予定日まではまだまだ日にちがあるという場合、排卵により引き起こされていることがあります。

排卵日は、前の生理と次の生理予定日のちょうど中間あたりに発生することが多いため、この時期に生理痛?と不思議に感じることも多いようです。

排卵により起きる痛みは排卵痛と呼ばれ、卵巣から卵子が飛び出す時に、周囲の組織を傷つけることから発生します。卵子による組織への損傷が深い場合は、微量の出血が起きることもあり、排卵出血と呼ばれます。

排卵日前後の場合は

排卵日前後の場合は

生理じゃないのに生理痛が続くのが、ちょうど排卵日前後にあたる場合、排卵により生理痛のような症状が引き起こされていると考えられます。

排卵日に生理痛に似た症状が起きるのは、女性ホルモンの分泌量が急激に変化するからです。生理後から排卵までは卵胞ホルモン(エストロゲン)という女性ホルモンが積極的に分泌されていますが、黄体ホルモン(プロゲステロン)が分泌されると排卵が引き起こされ、生理前まで積極的に分泌されます。

排卵をきっかけに、卵胞ホルモン(エストロゲン)の分泌量は減少し、黄体ホルモン(プロゲステロン)の分泌量が急上昇するため、身体に大きな変化が生じてくるのです。

排卵日に起きる身体の変化

排卵日に起きる身体の変化

排卵日前後は、卵胞ホルモン(エストロゲン)と黄体ホルモン(プロゲステロン)の分泌量が変わるため、身体に大きな変化が生じてきます。最も大きな変化としては、基礎体温が上昇することが挙げられるでしょう。

黄体ホルモン(プロゲステロン)が分泌されると、高温期に切り替わるため、急激な体温の上昇にめまいがしたり、眠気や倦怠感がでたりします。

それに排卵痛も加わるため、生理痛に似た症状だと感じるようになるのです。排卵の時に身体にどのような変化が生じるのかは個人差があるため、全く排卵痛が起きない人もいます。

排卵痛や生理痛に似た症状が起きないからと言って、排卵していないということではありませんので、心配する必要はないでしょう。

ホルモンバランスの急変

ホルモンバランスの急変

排卵日前後は、女性ホルモンのバランスが急変しますが、それ以外の時にも同じような作用が起きることがあります。

女性ホルモンの分泌が安定していないと、ホルモンの分泌量が急に増えたり減ったりするため、身体が追い付かず生理痛に似た症状が起きることがあるのです。

本来、卵胞ホルモン(エストロゲン)も黄体ホルモン(プロゲステロン)も分泌期間や分泌量は安定しているものです。それぞれの女性ホルモンが分泌される期間は14日前後が多く、トータルで28日前後となり生理周期の1回として巡っていくのが通常です。

しかし、女性ホルモンが安定していない人は、身体も安定しないため、不正出血や生理痛に似た症状が起きやすい状況が続きます。症状が進行すると、無排卵となったり、生理周期が大幅に乱れたりすることにも繋がるので、早めに対処するようにしましょう。

お腹の冷えによる痛み

お腹の冷えによる痛み

冷たいものを食べ過ぎたり夜布団をはいで寝てしまった後で、キューっと差し込むような痛みに苦しんだという経験を持つ方は多いと思われます。体幹部の冷えが過ぎれば生命の危険につながりますから、体は少しでもこの部分が冷えるようだと様々な対策を採って体温を上げようとします。

差し込むような痛みも対策の一つで、腸の運動を過剰に促して体温を上げ、体内の水分を排出して体温低下の原因を排除するためなのです。

手足の冷えでは体はここまで反応することはないため、冷えでお腹が痛むことは体からの注意信号だと捉えても良いかもしれません。

性交痛による痛み

性交痛による痛み

性交後にお腹の痛みを感じて、不安になる方も多いと思われます。女性の下腹部には男性よりも多くの臓器がありますから、強く挿入したり動かすと振動や刺激を受けて痛みが発生することがあります。

このような痛みはすぐ治まりますが、子宮内膜症など子宮の病気が隠れている場合は痛みを強く感じたり出血することがありますので、出血が認められた時は病院を受診しましょう。

性交後、毎回痛みがあってもそれを我慢し続けているようだと次第に苦痛となり、ひいては性行為自体が嫌になってしまう可能性も出てきますから、性交後の痛みが辛い時はパートナーとよく話し合ってください。

病気の可能性がある場合は

病気の可能性がある場合は

生理じゃないのに生理痛が続く場合、病気が関係している場合があります。子宮内膜症や子宮筋腫、子宮頸管ポリープ、卵巣嚢胞、子宮付属器炎、骨盤腹膜炎、クラミジア感染症、子宮発育不全などの病気が考えられるでしょう。

いずれの病気も、生理じゃないのに生理痛が発生することが多く、生理が起きている時の生理痛も悪化する傾向があります。

生理が終わってもずっと生理痛が続く場合や、どんどん痛みが悪化してきている場合は、病気の可能性を考え、早めに病院を受診し原因を特定してもらうようにしましょう。

病気の場合、早期発見と早期治療が重要です。不妊に繋がる可能性もあるため、不安な場合はすぐに診てもらうようにしてください。

まとめ

生理じゃないのに生理痛が起きる原因について詳しくご紹介しました。妊娠の可能性や、着床出血、排卵出血など自然な作用として生理痛に似た症状が発生することがお分かりいただけたと思います。

また、病気が隠れている可能性もあるので、心配な場合は少しでも早く病院を受診するようにしましょう。生理じゃないのに生理痛が起きるのは、身体から何かメッセージが届いているということです。

生理痛の原因をきちんと探り、自分の身体が今どのような状態になっているのか把握できるようにしてくださいね。


シェア