生理前に子宮が痛い時に知っておきたいこと

生理前になると様々な体の不調が現れますが、その中でもお腹の痛みは違和感が一日中続くようで嫌ですよね。生理前から生理中にかけての下腹部痛は重く鈍いような痛みですが、生理前に子宮がチクチクするような痛みを感じる方も少なくありません。

子宮というデリケートな部分だけに、いつもとは違った痛みが現れると何か異常があるのではないかと気になってしまうでしょう。そこで、生理前の子宮の痛みについて、原因や対処法・病気や妊娠の可能性などをご紹介していきます。

PR

生理前の子宮の痛みは月経前症候群の一症状

生理前の子宮の痛みは月経前症候群の一症状

生理周期を通してホルモン分泌は常に変化していますが、この変化が女性の体調に大きく影響しています。この影響によって現れる様々な症状を月経前症候群と呼びますが、生理前の子宮の痛みもその位置症状と考えてよいでしょう。

ただし、子宮の痛みが生理直前に終わるようなら問題ありませんが、生理後も続く場合は病気の可能性を考えましょう。

生理前のホルモン変化

生理前のホルモン変化

生理前のホルモン変化の特徴として、エストロゲンの分泌が減りプロゲステロンの分泌が増えるという点が挙げられます。

プロゲステロンには体温を上げたり体内の水分を保持する働きがありますが、これらは排卵後妊娠した場合に備えて体が動いているためです。

またのホルモンの動きによって、ホルモン分泌と深いつながりがある自律神経や他のホルモン・物質の分泌量が変わり、いわゆる月経前症候群と呼ばれるようなイライラ・眠気・頭痛・腰痛・腹痛などの原因となります。

生理前に子宮の痛みが起こる原因

生理前に子宮の痛みが起こる原因

子宮の痛みがなぜ起こるのか、その原因を見ていきましょう。生理前の子宮の痛みは月経前症候群の一症状ですから、他の症状と同じようにプロゲステロンが原因と思ってしまいますが、実はその他にも理由がいくつか考えられます。

プロスタグランジンの分泌が増える

プロスタグランジンの分泌が増える

生理前に分泌量が増えるのは、プロゲステロンだけではありません。そのほかにもプロスタグランジンというホルモンに似た生理活性物質の分泌量が増えますが、これが子宮の痛みの大きな原因です。

プロスタグランジンには子宮を収縮させる働きがあり、生理が始まった時にはしっかりと血液を排出するように機能しています。この物質は生理前から分泌し始めますが、過剰分泌となった場合には生理前から子宮収縮の痛みを感じることがあります。

体の冷え

体の冷え

体の冷えに悩む女性も増えていますが、体が冷えるとプロスタグランジンの分泌量が増え、月経前症候群や月経痛が酷くなることが分かっています。

体が冷えると血流が滞りやすくなりますが、そうすると筋肉も柔軟性を失ってしまい十分に伸縮が出来なくなります。子宮は筋肉ですから、体が冷えたままでは収縮が鈍り血液をしっかり排出できなくなります。

そこで脳は、収縮を促すプロスタグランジンを多く分泌して通常の収縮作用を起こそうとするため、結果として子宮の痛みが起き、更に痛みが強くなる可能性すら出てくるのです。

自律神経の乱れで

自律神経の乱れで

ホルモン分泌と自律神経をコントロールしているのは脳の視床下部なので、ホルモンが大きく変化する生理前は自律神経も影響を受けやすく、月経前症候群が起きる一因とされています。

特に体の冷えやストレスが、交感神経を優位にさせて筋肉や脳の緊張を引き起こすので、更にイライラが増して月経前症候群の症状が悪化したり、プロスタグランジンが過剰分泌され子宮の痛みが出てくるようになります。

妊娠の可能性を考える

妊娠の可能性を考える

妊娠を望む方は、生理前に現れる症状を注意深くチェックしていることでしょう。月経前症候群と着床後から生理予定日までに起こる妊娠症状は似ていますから区別がつきにくいのですが、普段から生理前の症状を観察していれば、いつもとは違う症状が見つかるかもしれません。

中には子宮の痛みが普段とは違って気づいた、という方もいらっしゃるので、子宮の痛みを忘れずにチェックしましょう。

妊娠した時の子宮の痛みはどんな感じ?

妊娠した時の子宮の痛みはどんな感じ?

妊娠した時の子宮の痛みは、一体どのような感じなのでしょうか。受精卵が着床すると子宮は収縮を繰り返し、受精卵が成長するにしたがって大きく伸びる準備を始めます。

子宮が少しずつ伸び縮みを繰り返して柔軟性を高めていくので、伸びた時にチクチクしたり外に向かって広がるような痛みを感じることが多いようです。

生理前の子宮の痛みは、ぎゅっと血液を押し出して排出する動きですから、その点が異なると言えるでしょう。

月経前症候群と妊娠超初期症状の違い

月経前症候群と妊娠超初期症状の違い

妊娠すると、子宮の痛み以外にもいくつか普段の生理前とは異なる症状が見られることがあります。まずは妊娠するとプロゲステロンの分泌が更に増えるため、基礎体温が下がらず高体温のまま持続します。

ですから妊娠すると、生理直前になれば熱が下がるはずなのに熱っぽさが続くことがあるようです。また、外部から子宮内部への菌の侵入を防ぐために、通常ならば減るはずのおりものが逆に増えることがあります。

また、甘いものが急に食べたくなったり、酷い眠気といった個人の体質によって、現れる症状が異なるでしょう。

病気の可能性を考える

病気の可能性を考える

子宮と卵巣は、肝臓と並んで沈黙の臓器と呼ばれています。病気が進行するまで自覚症状が現れないことからの呼び名なので、進行してしまう前に異常がないかを常にチェックしておく必要があります。

子宮の痛みが生理後も続く場合は病気の可能性がありますが、病気によってそれぞれ出血やおりものの異常など、普段と異なる症状が現れます。そういった症状を認めた時は放置せず、すぐに病院を受診してください。

子宮筋腫

子宮筋腫

子宮筋腫は女性の4人に1人がなると言われる珍しくない病気ですが、自覚症状のない方を含めると更に患者数が多くなると言われています。

子宮筋腫は子宮内部または外側に筋腫ができ大きくなる病気ですが、出来た場所によっては不妊につながる可能性もあります。

子宮の内側に筋腫が出来ると月経量が多くなったり不正出血を起こしやすいため貧血の原因となり、また生理前は子宮やお腹の痛みが強くなりやすいので、もしかしてと思った時には病院で検査をしてもらいましょう。

子宮内膜症

子宮内膜症とは?

子宮内膜は、通常子宮内にあって最終的に排出されますが、中には卵管を通ってお腹の中に出てしまい腹膜に癒着して増殖してしまうことがあります。これを子宮内膜症と言いますが、卵巣に内膜が増殖するとチョコレート嚢胞となり卵巣機能が低下する原因となります。

放置すれば不妊につながる可能性が高くなるので、早い治療が必要です。40代女性の発症率が最も高いのですが、子宮内膜症になると生理前だけでなく慢性的に痛みが起こるようになり、排便痛や性交痛が出るようになります。

感染症

感染症

生理前は免疫力が低下するため、常在菌による感染や性感染症を発症しやすくなります。怖いのは、これらの菌が膣内・子宮頸管を通って子宮内まで到達してしまうことで、子宮内部で炎症を起こせば子宮内膜炎となって、生理前にかなり強い子宮の痛みを引き起こします。

また、菌の進入が卵管や卵巣にまで及んだ場合は、これもまた卵管炎・卵巣炎となって生理前の子宮の痛みの原因となります。腹膜炎・卵管炎・卵巣炎と併せて不正出血やおりものの異常を確認した場合は、抗生物質での治療が必要ですので、すぐ病院を受診してください。

膀胱炎

膀胱炎

子宮は膀胱と腸の二つの臓器に挟まれています。ですから子宮が痛いと思っても、実際は膀胱炎であることも少なくありません。

膀胱炎は女性に多く、免疫力が低下している時に大腸菌などの常在菌が尿道を通って膀胱で炎症を起こす病気で、毎回生理前になると膀胱炎に悩まされる方も多いです。膀胱炎は生理前のシクシクするような痛みの他に、排尿痛や頻尿といった症状が現れます。

生理前の子宮が痛い時の対処法

生理前の子宮が痛い時の対処法

妊娠、病気以外で子宮が痛くて動けない!こういう時は安静にしているのが一番ですが、ゆっくり出来ない時もありますね。そこで痛みを軽減できる方法を2つご紹介します。

痛くなってしまってからでは効果が出るまで時間がかかりますから、予防策として毎日の習慣にすると良いでしょう。症状が少しでも気になる場合は医師に相談し、指示を受けるようにしてください。

体、お腹を温める

体、お腹を温める

上に述べたように、体が冷えるとプロスタグランジンの分泌量が過剰となって痛みが増したり、自律神経が乱れて月経前症候群の症状が悪化する恐れが出てきます。

シャワーではなくお風呂に入ったり、または足湯をすることでゆっくり全身を温めればリラックス効果も得られますが、早く何とかしたい、という時はお腹の上にカイロを貼って、直接温めても良いでしょう。

無理をしない、体をいやすく工夫を

無理をしない、体をいやすく工夫を

仕事が忙しかったりストレスが溜まると、自律神経のバランスが崩れて子宮の痛みを含めた月経前症候群が悪化してしまいます。

疲れている時に限って生理前の子宮の痛みも強いというのは、こういった理由からなのです。ですから子宮の痛みが強い時は、まず無理をせず休むのが一番です。回復には睡眠が一番ですが、昼寝などもうまく取り入れていきましょう。

痛み止めの飲み方ポイント

痛み止めの飲み方ポイント

子宮の痛みがあっても、もうすぐ収まるしと放置してしまう方がいます。放置してもプロスタグランジンが過剰分泌されている限り良くはなりませんので、我慢するよりも鎮痛剤を服用した方が楽になるでしょう。

鎮痛剤の効果を十分に発揮するためには、痛くなる前や痛み始めた段階で服用することです。ただ鎮痛剤も含有成分によって効果が異なりますから、一度病院で相談すると安心です。

もし、最も効果の出るタイミングで服用したとしても全く効果が出なかったり、服用するにつれて効果が薄れてくる場合は、子宮内膜症・子宮筋腫の可能性も考えられますので病院で受診してください。

症状改善には規則正しい生活を

症状改善には規則正しい生活を

毎月の生理前の痛みに悩まされるのはもう嫌、という方はぜひ規則正しい生活を送るよう意識してみましょう。

ストレスや偏食・睡眠障害など、生活習慣の乱れが生理前の子宮の痛みや月経前症候群につながりますので、ぜひ出来る範囲から少しずつ生活習慣を見直して改善していきましょう。

運動を生活の一部に

運動を生活の一部に

体の冷えを治すことが生理前の子宮の痛みを軽減する近道ですが、毎日の入浴では冬の寒さや夏の冷房を十分カバーすることは出来ません。やはり一番効果的なのは軽い運動でしょう。

運動で筋肉が鍛えられれば子宮もしっかりと収縮できて、プロゲステロンを過剰分泌する必要がなくなります。駅から会社までを早足で歩いたり、少し遠くの店までショッピングをするなど、軽い運動を毎日の動きの中に取り入れると、無理なく続けられるでしょう。

食事の内容、取り方

食事の内容、取り方

スイーツなど糖分の多い食事は、体温が下がる原因です。また、筋肉に必要なたんぱく質やビタミンB6・カルシウムなど生理に関するトラブルを抑えてくれるビタミンやミネラルなどの摂取量が不足すると、子宮の痛みが悪化する可能性が考えられます。

だからといってエネルギーを必要とする時期に糖分を全く摂らないのも問題ですから、糖分は砂糖ではなくご飯や小麦粉・イモ類から摂るようにし、肉・魚・野菜とバランスよく食べるのが大事です。

睡眠の質の向上

睡眠の質の向上

生理前の子宮の痛みや月経前症候群を緩和するには、ちょうど良いホルモンバランスである必要があります。ホルモンバランスを整える最も手軽な方法が睡眠です。

午後10時~午前2時までは成長ホルモンが多く出ることは皆さんご存知ですが、実は女性ホルモンも多く分泌されています。睡眠は疲労回復にも役立ちますから、せめて12時くらいには就寝するようにしましょう。

病院を受診する目安は

病院を受診する目安は

生理前の子宮の痛みは家庭内で対処できることも多いのですが、中には病院を受診しなければならないケースもあります。

どんな時に病院に行くべきか分かりづらいのですが、鎮痛剤が全く効かない、または生理前に鎮痛剤を使うことを繰り返しているうちに効かなくなる状態が、病院受診の目安です。しかし症状が気になる場合は迷わず受診しましょう。

まとめ

生理前の子宮の痛みは月経前症候群の一症状ですが、中には妊娠超初期症状である可能性もあります。妊娠を希望する方は生理前の状態をチェックしておくと良いでしょう。

生理前の子宮の痛みは月経前症候群以外にも病気の可能性がありますが、病気の場合は月経前症候群とは異なる症状が現れますので、その時は病院で処置を受けてください。生理前の子宮の痛みは疲れやストレスから来ることが多いですから、体からのメッセージだと考えてゆっくり休むようにしましょう。

PR

シェア