子宮内膜症について知っておきたいこと

あなたは「子宮内膜症」という言葉を聞いたことがあるでしょうか。子宮内膜症は、近年発症する女性が増えていることから注目を集めています。

子宮内膜症は、子宮に関する病気なので妊娠に関係してくる重要な病気のひとつです。とはいえ、子宮内膜について良く知らないという方も多いことでしょう。

子宮内膜ってどんな病気?子宮内膜ができるメカニズムは?子宮内膜はどう治療すべき?などさまざまな疑問が湧きあがってくるのではないでしょうか。そこで、子宮内膜に関するさまざまな情報を幅広くご紹介していきたいと思います。

PR

子宮内膜症とは?

子宮内膜症とは?

子宮内膜症とは一体どのような病気なのでしょうか。大まかにいうと、子宮内膜症は、子宮以外の場所に子宮内膜に似た組織ができてしまう病気のことを言います。

子宮内膜は、排卵や着床、生理などに深くかかわる大切な部位で、本来は子宮の内腔にしか存在しません。

しかし、卵巣やダクラス窩、S状結腸、直腸、仙骨子宮靱帯、腟、外陰部、膀胱、腹壁、お臍などに子宮内膜に似た組織ができてしまい、子宮内膜と似た作用をしてしまうため、さまざまな不具合が身体に生じてしまいます。

子宮内膜症による作用

子宮内膜症による作用

子宮内膜症は、子宮以外の場所に子宮内膜に似た組織ができてしまう病気のことを言います。単に、姿かたちが似ているだけなら問題ありませんが、子宮内膜に似た作用をしてしまうため、身体にさまざまな不具合が生じやすくなります。

子宮内膜以外の場所にできた子宮内膜に似た組織は、子宮内膜と同じように厚さができ、時期が来ると剥がれ落ちます。

子宮内膜では生理としてこの作用が起きますが膣から外に出ていくため子宮内に剥がれた組織や経血がたまっていくことはありません。

しかし、子宮内膜に似た組織には出口がないため、子宮内膜にたまり続けてしまいます。その結果、チョコレート嚢胞へと進行し、周辺の臓器と癒着して新たな不具合を引き起こしてしまいます。

子宮内膜症のメカニズムについて

子宮内膜症のメカニズムについて

子宮以外の場所に、子宮内膜に似た組織ができてしまう子宮内膜症ですが、なぜこのようなことが発生してしまうのでしょうか。そのメカニズムについて、詳しくご紹介しておきましょう。

まず、子宮以外の場所に子宮内膜に似た組織ができてしまうメカニズムとして、経血などが逆流していることが関係していると言われています。

経血は生理が引き起こされた時に膣を経由して体外へと輩出されますが、その一部が逆流し、卵管を経由して他の場所に逆流してしまうことがあります。卵管は、卵巣を出た卵子が子宮方向へと進み、精子と出会う重要な部位です。経血の逆流は、異常なことではなく健康な人でも度々起こると言われています。

子宮内膜症になる場合、逆流した経血の中に含まれていた子宮内膜の組織の一部が、そのまま卵巣や腹膜などの組織に定着し、成長してしまうことから引き起こされると言われています。

組織の突然変異

組織の突然変異

子宮内膜症が引き起こされるメカニズムとして、経血の逆流をご紹介しましたが、他の原因でも子宮内膜症は引き起こされます。子宮内膜症は、組織の突然変異によって引き起こされることもあります。

本来卵巣や腹膜などになるはずの組織が突然変異を起こし、子宮内膜と似た組織になってしまうのです。

突然変異の原因は究明されていませんが、子宮内膜症になりやすいのは、強いストレスや高学歴の人に多いと言われているため、毎日のように心と身体に負担がかかっている人は要注意だと言えるでしょう。

ホルモンの影響

ホルモンの影響

子宮内膜症が引き起こされるメカニズムには、経血の逆流や組織の突然変異などが関係しています。しかし、それだけでは子宮内膜症は進行しません。

子宮内膜症が進行し、チョコレート嚢胞に発展してしまうのは、女性ホルモンの作用が強く関係しています。女性ホルモンには、エストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)がありますが、この二つの女性ホルモンが作用することから、排卵が起き、子宮内膜が厚くなり、生理が引き起こされるようになっています。

子宮内膜症が引き起こされるのは、女性ホルモンの中でもエストロゲン(卵胞ホルモン)の働きが過剰に活発になることが原因と言われています。

エストロゲン(卵胞ホルモン)は子宮内膜を厚くさせる作用があり、分泌量が減ると厚くなった組織が剥がれ落ちて生理が引き起こされます。

子宮内膜症は、子宮以外の場所に子宮内膜に似た組織ができ、同じ作用が引き起こされるため、エストロゲン(卵胞ホルモン)が活発になればなるほど、子宮内膜症は進行していってしまうのです。

子宮内膜症が発症する年齢

子宮内膜症が発症する年齢

子宮内膜症が引き起こされるのは、20代~40代の女性に多いといわれています。10代はほとんど発症することはなく、40代が患者数としてはピークと言われています。近年、子宮内膜症の発症率は上がっており患者数も急増しています。生理の多い方、期間が長い方はなりやすい傾向です。

その背景としては、ストレスを受けやすい環境や、スマートフォンやパソコンの普及から人間関係がより複雑になったり、慢性的な運動不足になったりすることが関係していると言われています。

また、少子化により赤ちゃんを産む機会が減り、妊娠や出産、授乳により生理がストップしなくなったことも関係していると言われています。子宮内膜症は、閉経を迎えると減少傾向にあることから、女性ホルモンの分泌と大きく関わっていることがわかるでしょう。

子宮内膜になりやすい人の特徴

子宮内膜になりやすい人の特徴

子宮内膜症を発症しやすい人の特徴に、高学歴でストレスが多いということがあります。真面目で几帳面な人も子宮内膜症にかかりやすい傾向があるでしょう。

つまり、細かなことに気づくことができてそれを気にする人ほど、子宮内膜症にかかりやすいと言えます。また、ストレスをうまく発散できず言いたいことを言えないタイプの人も要注意です。

高学歴の方も、受験勉強などでストレスを強く受けていますし、机にかじりついて勉強していることが多いため慢性的な運動不足が考えられます。ストレスをうまく発散させ、適度な運動が子宮内膜を遠ざけてくれるでしょう。

子宮内膜の症状

子宮内膜の症状

子宮内膜のメカニズムについてご紹介しましたが、子宮内膜症になるとどんな症状が身体に現れてくるのでしょうか。実は、子宮内膜の症状にはかなりの個人差があり、全く症状が身体に現れない人もいれば、激しい腹痛ですぐに手術が必要になる人もいます。

一般的な子宮内膜症の症状としては、生理痛と経血量の増加が挙げられるでしょう。下腹部を中心とした痛みが強くなり、腰痛なども悪化することがあります。経血量においては夜用のナプキンでも間に合わないくらい、多くなりすぎてしまうことがあるでしょう。

また、生理が起きているときに排便すると痛みが生じたり、吐き気や発熱などの症状が出たりすることもあります。

いつもの症状よりひどいと思って鎮痛剤を飲んでも、いつものように効かない場合は子宮内膜症の可能性を考えた方が良いでしょう。ダグラス窩や、子宮を支える靭帯に子宮内膜症ができると、性交により傷みが出てくることもあります。それまで平気だったのに急に成功の痛みを感じた場合も、子宮内膜の可能性を考え、検査を受けるようにしましょう。

子宮内膜症の進行について

子宮内膜症は、身体に症状が現れないこともあるため、気づかないうちに進行していることがあります。子宮内膜症が進行していくとどのような状態になっていくのか、4つの段階に分けてご説明しておきましょう。

第一段階の状態について

第一段階の状態について

まず、第一段階の状態では、経血の逆流や、組織の突然変異により、子宮内膜症の組織が卵巣や腹膜など子宮以外の場所に発生し始めます。

子宮内膜の組織が定着し、成長を始めている途中の段階なので、身体に症状が現れることはほとんどありません。他の目的で手術をした時や検査などで偶然発見されることが多いでしょう。

この段階では、小さな血の塊として確認されることが多く、青黒く見えることから「ブルーベリースポット」と言われています。

第二段階の状態について

第二段階の状態について

子宮内膜症が第二段階に進行すると、小さなブルーベリースポットは徐々に大きく成長してきています。子宮内膜に似た作用も引き起こされているため、組織が厚くなったり剥がれ落ちて徐々に溜まっていくようになったりします。

第二段階になると、身体の症状として現れ始めることが多く、生理の時に経血の量が増えてきたり、生理痛が強くなったりしてきます。

ただ、仕事のストレスや疲れからくるものと誤解しやすいレベルなので、見過ごすことも多いでしょう。治療するタイミングとしては、第二段階で発見し、早期治療を受けるのがベストです。

第三段階の状態について

第三段階の状態について

子宮内膜症が第三段階に進行すると、子宮内膜症の組織は大きくなってきています。何度も組織が厚くなったり剥がれ落ちたりすることから、チョコレート嚢胞へと発展してしまうこともあります。

また、子宮内膜症が水風船のように大きくなっていくことから、周りの組織を圧迫したり癒着を起こしたりして次の不具合を引き起こしてしまいます。

身体に現れる症状としては、生理痛がひどすぎて日常生活に支障が出てきたり、性交痛などを感じたりするようになります。

第三段階では、稀にチョコレート嚢胞が破裂して漏れてしまうことがあり、緊急手術が必要になるケースもあるので、早い治療が必要になります。

第四段階の状態について

第四段階の状態について

子宮内膜症が第四段階にまで進行すると、子宮以外の範囲にも大きな影響が出てきます。膀胱、直腸、小腸などの臓器を次々と癒着していき、骨盤の外にある肺にまで到達することがあります。

ひとつひとつの臓器が癒着してしまうため、一塊になってどれが何の臓器なのかわからなくなってしまうこともあるくらいです。

骨盤に納まっている臓器が癒着して一塊になって固まった状態は「凍結骨盤」とされ、生理以外の時期にも下腹部痛や腰痛などが絶えず発生し、日常生活に支障が出るレベルになってくるでしょう。

治療方法について

子宮内膜症は、進行していくとどんどん悪化してしまうものです。だからこそ、早めに発見し治療していく必要があります。

子宮内膜症がどれくらい進行しているかにより治療方法は異なりますが、大まかに分類すると、薬を使用した治療方法と手術による治療方法となります。それぞれの治療方法のメリットやデメリットを簡単にご紹介しておきましょう。

薬を使用した治療方法

薬を使用した治療方法

子宮内膜症の進行がまだ進んでいない状態なら、薬を使用した治療方法を行うことがほとんどです。子宮内膜症は、エストロゲン(卵胞ホルモン)の分泌により進行してしまいますから、薬を使ってホルモンの分泌量を抑え、進行を食い止めていきます。

エストロゲン(卵胞ホルモン)の分泌を止める薬にはいろんな種類があり、卵巣にアプローチするのか、脳にアプローチするのかによって選ぶべき薬は異なります。体質や副作用などさまざまな情報を照らし合わせたうえで、選ぶようにしましょう。

ただ、薬による治療はホルモンの分泌量を抑えたり、止めたりすることがあるため、更年期障害が出たり骨粗しょう症になりやすくなるデメリットもあることを覚えておきましょう。

手術による治療方法

手術による治療方法

子宮内膜症が進行している状態や、根本から治療したいという場合は手術で摘出するのがイチバンです。開腹手術と腹腔鏡による手術がありますが、傷をできるだけ目立たなくさせて回復も早めたいなら腹腔鏡による手術が良いでしょう。

ただ、子宮内膜ができた場所や、進行状況によっては腹腔鏡では手術が行えない場合もあります。その場合、開腹手術になりますが、お腹にメスを入れるので傷跡が残ることが考えられます。医師の判断を良く効き、理解したうえで開腹手術を受けるようにしましょう。

まとめ

子宮内膜症について詳しい情報を幅広くご紹介しました。子宮内膜症は、早い時期だと症状が身体に現れないので気づかないまま進行してしまうことがあります。

早期発見、早期治療が大切ですので定期的に健診を受けるようにしましょう。また、子宮内膜症を放置することでどんどん進行したり、時には破裂したりすることもあるため危険です。

最終的には不妊にも繋がる可能性があるので、少しでも違和感がでたら検査を行い、適切に治療を受けられるようにしましょう。

PR