生理前の体重について知っておきたいこと

食べる量も気をつけているし、カロリーもきちんと計算しているのに体重が増えていてギョッとした経験はありませんか?女性の身体は生理前になると体重が増加するため、気づかずにショックを受ける方も多いと思います。

生理前になると体重が増えるのは、さまざまな原因が関係しているからです。その原因を突き止めることで、体重が増加することを防ぐだけでなく、効率よくダイエットを成功させることができるでしょう。そのためにも、生理前に体重が増えてしまう原因と対策方法について、詳しくお伝えしていきたいと思います。

PR

生理前はなぜ太る?

生理前はなぜ太る?

生理前に体重が増えてしまうのは、何が関係しているのでしょうか。ひとつは、「生理」というキーワードが強く影響していると言えます。

生理前になると体重が増加してしまうのは、女性ホルモンのバランスにより体重が増加するよう作用しているためです。女性ホルモンにはどんな作用があるのか、みていきましょう。

2つの女性ホルモンについて

2つの女性ホルモンについて

生理前になると体重が増えるのは、女性ホルモンの働きが作用しているからです。では、女性ホルモンとはいったい何なのでしょうか。女性ホルモンは、月経と排卵を繰り返すために必要な作用を引き出すホルモンのことで、2つの種類に大きく分けられます。

ひとつは、月経から排卵にかけて分泌される「卵胞ホルモン」でエストロゲンとも呼ばれます。卵胞ホルモン(エストロゲン)は、卵子を育てて無事に排卵するまでの期間を主にサポートしている女性ホルモンです。

一方、排卵から月経にかけて分泌されるのが「黄体ホルモン」でプロゲステロンとも呼ばれます。黄体ホルモン(プロゲステロン)は、受精した卵子が着床するための期間を主にサポートしている女性ホルモンです。

このように、女性ホルモンは2つの種類により分担され、さまざまな役割を担っているのです。

生理前に出ているホルモンは

生理前に出ているホルモン

生理前になると体重が増えるのは、その時に分泌されているホルモンが関係しているからです。この時期に積極的に分泌されているのは、黄体ホルモンです。

黄体ホルモンは、主に受精した卵子が着床するための期間をサポートしていますが、そこに体重増加の原因が隠されています。受精した卵子を着床させ、育てるためには子宮内膜に卵子が着床しやすい組織を作り上げる必要があります。

ふかふかの厚みのある組織を用意することで、卵子は着床し安定しやすくなるからです。このふかふかの厚みのある組織を作り上げるには、たくさんの栄養が必要になります。このことから、生理前の着床期間には栄養を欲しがる身体になっており体重が増えやすくなっているのです。

体重が増加しやすくなります

体重が増加しやすく

生理前になると体重が増えるのは、黄体ホルモンの影響が関係しています。黄体ホルモンは受精した卵子が着床するためのサポートをしていますが、そのために必要な栄養を体内からどんどん吸収していくため、必要な栄養素を蓄えようとする作用が強まります。

吸収した栄養はできる限り溜め込んで使うようにし、水分さえも体外に排出しにくくなるため、体重が増加しやすくなるのです。黄体ホルモンが活発に分泌されている時期にたくさん食べてしまうと、その栄養やカロリーが全て体内に取り込まれると思った方が良いでしょう。

生理前は見た目の変化するの?

生理前は見た目の変化するの?

生理前になると体重だけでなく見た目にも変化が生じてきます。栄養も水分も取り込んで排出しにくくさせるため、身体全体がむくんだように見えてしまいます。

顔や首、手足にむくみが出やすくなるため、体重以上に太ったように見られてしまうこともあるでしょう。塩分の濃い食事をとっていたり、甘いものを食べすぎたりしていると、生理前にはあっという間に太った印象に見られてしまうので注意が必要です。

ダイエットが無駄な時期とは

ダイエットがムダな時期

生理前になると、どんな栄養や水分も取り込もうとするため、この時期にダイエットをスタートさせるのは無謀とも言えます。かなりがんばっているつもりでも、一向に結果に表れないため、続ける威力も喪失されてしまうでしょう。

また、ダイエット中の方にとってはリバウンドに感じたり、体重が変化しなかったりする時期なのでストレスが溜まりやすくなる時期です。生理前になると食欲も増幅されるため、ご褒美機関として少し緩やかにダイエットを過ごしていくようにしましょう。

具体的な増減体重は?

具体的な増減体重

生理前になると体重が増えやすくなりますが、具体的にはどれくらい増えるものなのでしょうか。食欲の増加や体型にもよりますが、平均すると1kg~3kg増えることが多いでしょう。この範囲であれば、生理前に体重が増加するレベルとして正常ですから心配する必要はありません。生理が始まり終わるころになれば、元の体重に戻っていることでしょう。

ただ、生理前に増幅した食欲が継続されると、生理が終わった後でも体重が戻りづらくなります。このタイミングで体重を戻すことができなければ、徐々にベースの体重は増えて言ってしまうので気をつけましょう。

生理前に体重が急に減る場合も

生理前に体重が急に減る場合も

生理前はほぼ100%体重が増えるといっても過言ではないですが、生理前に急に体重が減ってしまう場合があります。排卵日後から少しずつ減っているようなら病院で確認した方が良いですが、生理予定日2・3日前にガクッと体重が減るのは問題ないので安心してください。

排卵日後から増えてきた黄体ホルモンは、生理開始日の数日前に分泌量が急激に下がります。そうすると黄体ホルモンの働きで、今まで体内に溜めていた水分や老廃物が排出され代謝機能も元の状態に戻り、体重も元通りになるのです。

対策を立ててこの時期なるべく体重を増やさないようにすれば、元の体重よりも更に減らす事も可能ですから、排卵日後から生理前までは気をつけるようにしましょう。

体重増加以外の症状

体重増加以外の症状

生理前になると体重が増加してしまうのは、誰でも経験のあることです。食欲が増加するだけでなく、水分や栄養を溜め込もうとする作用が強まるため、仕方がないことでもありますが体重増加以外にもさまざまな症状が生理前には発生します。

例えば、生理前になると便秘になりやすい方がいらっしゃいますが、これは食べ過ぎによる胃腸の疲れと、分泌されるホルモンの影響により腸の蠕動運動が鈍くなるからです。

また、気持ちが不安定になって泣いたり落ち込んだり怒ったりしやすくなります。さらに、腹痛や頭痛、腰痛といった痛みが伴う症状もあるため、生理前になると憂鬱な気分になる方も多いでしょう。

このような生理前に起きるさまざまな身体の不調は、月経前症候群としてまとめられています。月経前症候群は、生理前に発生し生理と共に消失する症状のことで、体重増加や食欲増進もこれに含まれています。

月経前症候群の原因

月経前症候群の原因

生理前になると体重が増加してしまうのは、月経前症候群が引き起こされているからです。月経前症候群は、黄体ホルモンの影響だけでなく卵胞ホルモンに切り替わる際の急激な変化も関係していると言われています。

黄体ホルモンが分泌されているときは、体温が高い状態が続いていますが、生理が始まる直前やその時に急激に体温が下がるため、身体に大きな負担が生じます。

身体に不調な作用をもたらす黄体ホルモンの影響から、ストレスを感じやすい期間が長引くため、生理をきっかけに切り替わるホルモンバランスの変化は、思った以上に大きな影響を及ぼしてしまうのでしょう。

月経前症候群がどれくらいのレベルで生じるかは個人差があり、日常生活でも気にならないという方もいれば、仕事も手につかないほど辛い状態になる方もいらっしゃいます。

月経前症候群には、女性ホルモンのバランスだけでなく生活習慣やストレスも関係しているので、総合的なバランスを見直していく必要があるでしょう。

体重が増えやすい時期を把握

体重が増えやすい時期を把握

生理前になると体重が増えやすいとわかっていても、時が過ぎれば忘れてしまうものです。なんだか最近食欲が増えている、体重が増えてきたと感じる前に、体重が増えやすい時期を把握できるようにしておきましょう。体重を増やすホルモンとして、黄体ホルモンをご紹介しましたが、黄体ホルモンと卵胞ホルモンが分泌される期間は、基礎体温の平均値が異なります。

基本的に、卵胞ホルモンが活発に分泌されるときは低い体温が続くことが多く、排卵の直前に最低体温になり、排卵されると高い体温に切り替わります。排卵後は黄体ホルモンが活発に分泌されるため、体温が高い状態が続くようになるのです。

体温が高い時期が始まったら、体重が増えやすく食欲も増幅しやすい時期だと確認しておくようにしましょう。また、きちんと基礎体温を測り続けていれば、いつごろ生理が訪れるかを予測することができます。

「この日ぐらいまで注意すれば大丈夫」とゴールを確認できるため、注意する期間が限定されストレスも溜まりにくくなるでしょう。

体重を増やさない対策

体重を増やさない対策

生理前になると体重が増えるのは、栄養や水分を吸収し溜め込みやすくなることと、食欲が増加することが関係しています。できるだけ水分を溜め込まないようにするためには、塩分を摂りすぎないことが大切です。

塩分を摂りすぎると調整を取るためにたくさんの水分を体に取り込もうとするため、思った以上に身体全体がむくんでしまいます。お酒を飲んだ後に身体がむくみやすいのは、味が濃く塩分の高いおつまみと、アルコールによる水分不足が原因です。

このような現象が生理前には起きやすいので、できるだけ薄味の料理に切り替えるようにしましょう。また、食欲が増加してしまうためカロリーが低めの物を選ぶことも大切です。

お腹にたまりやすく、カロリーも低いイモ類やコンニャク、海藻などをうまく利用し、カロリーコントロールして体重を増やさないように気をつけましょう。

豆乳で女性ホルモンを調整

豆乳が大活躍

生理前になると体重が増加しやすいという方は、1日200mlの豆乳を飲むようにしましょう。豆乳には大豆イソフラボンがたくさん含まれていますが、女性ホルモンと似た働きをするため、乱れたホルモンバランスを調整しやすくなるからです。

黄体ホルモンの働きが活発になると、体重が増えやすい条件がますます増えてしまいますので、豆乳を飲んでバランスを取り戻すようにしましょう。また、豆乳を飲むと満腹感が得られるため、余計な暴飲暴食を防ぐ効果もあります。

食事をとる前に飲むことで、あらかじめお腹が少し満たされた状態から食べ始めるため、必要なカロリーの範囲内で満足することができるでしょう。

カリウムで水分排出

カリウムで水分排出

暴飲暴食に気をつけているのに体重が増えてしまうのは、水分を身体に溜め込みやすい状態になっているからです。必要以上の水分が身体に蓄積されるため、むくんで体重が増えて太ったようにもみられてしまいます。

そんな時は、カリウムを多く含む食材を積極的に摂るようにしましょう。カリウムは塩分のナトリウムと結びつき、体外に排出されやすくなります。

バナナやキュウリ、トマトなどは、カリウムをたくさん含んでいますのでおやつや朝食、おつまみなどに取り入れると最適です。

運動でリフレッシュ

運動でリフレッシュ

生理前になると体重が増加しやすくなりますが、そんな時は食べる量を気にするのではなくできるだけ動いて消費するようにしましょう。

ジムで汗を流したり、近くをジョギングしたりするだけでもカロリーを消費することができますし、汗を流してリフレッシュすることもできます。外で運動するのが苦手な方は、部屋でストレッチやヨガなどを取り入れると良いでしょう。

血流を促進し、筋肉を刺激することで生理前の身体の重さも改善できますし、落ち込んでいた気持ちもリセットすることができます。

過度な食事制限はしない

過度な食事制限はしない

体重が増えるのが嫌だからと、生理前に食事制限をしてしまう方もいるかもしれません。気持ちはわかりますが、この時期体重が増えるのは女性として当然の体の変化である事を理解しましょう。

体は妊娠に備えて最も動きが盛んな時期ですから、そんな時に十分なエネルギーがないと月経前症候群の症状が酷くなってしまう場合があります。

特に血液は脳まで回らず、健康な方でも脳貧血を起こしやすいのですから、食事制限をしてしまえば血液精製に最も必要な鉄・亜鉛・ビタミンが不足し頭痛・吐き気・めまいの症状を引き起こし、生活に支障が出る可能性すらあります。生理が始まれば自然と体重は減りますから、この時期はある程度体の動きに従った方が良いでしょう。

ダイエットに最適な時期とは

ダイエットに最適な時期

生理前になると水分や栄養を摂り込みやすいため、体重が増えやすくダイエットには向かない時期です。しかし、生理が終わると新陳代謝が活発になり消費しやすい身体に切り替わるため、ダイエットのタイミングとしては最も適しています。生理期間中に治まってきた食欲を元の通りに戻し、生理が終わったらいつもより少なめの食事を心がけましょう。

野菜を多くしてカリウムを摂取して不要な水分を体外に排出し、炭水化物や脂を控えることで、身体にたまった余分な脂肪を消費させていくことが大切です。

他の時期にダイエットするよりも、生理後にダイエットした方が効率がよいため、この時期だけ集中して行うのもオススメです。生理前に必ず体重が増加してしまうという方は、生理が終わったらしっかりダイエットすると決め、今は無理をしないようにするのも良いでしょう。

また、生理前に体重の増加をストップさせるよう努力することで、生理後に何もしなくても自然とダイエットすることも可能になります。生理前にがんばるか、生理後にがんばるかはその時の気分や体調に合わせて選ぶようにしましょう。

まとめ

生理前の体重についてさまざまな情報をご紹介しました。どのような原因があり、どんな対処方法が最適かを知ることで、辛い時期を楽しく乗り越えていけるようにしましょう。そうすれば、生理前の体重計も怖くなくなるはずです。

PR