生理中、生理前の体臭で知っておきたいこと

生理前は月経前症候群、生理中は生理痛など不快な症状が続きますが、その中でも一番気にしてしまうのが体臭かもしれません。

臭いがあるということは衛生面で問題があるイメージにつながりますから、期間限定でも体臭があるというのは大きな悩みとなってしまうでしょう。しかし、きちんと原因を知れば、必ず臭いを抑える対策は出てきます。

そこで、臭いの原因とその対策を詳しくご紹介していきます。少しでも生理時の辛い症状を緩和したい方はぜひ参考にしてください。

PR

生理前の体臭 何が原因

生理前の体臭 何が原因

生理前の不快な症状をまとめて月経前症候群と呼びますが、その症状は多数にわたりその中には体臭が強くなるといった症状も含まれています。

この体臭の原因は生理前のホルモン変化と強く関係していますので、ある程度軽減できても根本的になくすことは難しいと考えましょう。それでは、ホルモンの動きがどのように作用して体臭へと結びつくのか見てみましょう。

体温上昇

体温上昇

排卵後から生理直前にかけて基礎体温が上がる高温期で、生理後から排卵前の低温期と高温期の差は0.3~0.5度が正常と言われています。

数字で見ればほんの僅かな差なのですが、それでも体は体温をコントロールしようと汗を多く出すようになります。

汗は無臭ですが、そのままにしておくと垢や皮膚の常在菌が混ざって匂いが出てきます。特にプロゲステロンが過剰に分泌されている方は体温差が激しくなるので、余計に汗をかきやすくなります。

皮脂分泌が活発化

皮脂分泌が活発化

生理前になると必ずニキビが出来たり毛穴が大きくなるのが悩みという方も多いですが、それはプロゲステロンの皮脂分泌を促進する作用によるものです。

放置すると皮脂が空気に触れて脂肪酸へと酸化してしまい、それが嫌な臭いを放つようになります。実は女性も卵巣から男性ホルモンが分泌されていて、普段は女性ホルモンとのバランスが取れているため男性ホルモンの特徴は現れません。

しかし、強いストレスなどで女性ホルモンバランスが変化すると相対的に男性ホルモンが多くなり、生理前から生理中にかけて皮脂分泌がより過剰になることもあります。

おりもののにおい

おりもののにおい

生理前のおりものは普段と違って独特です。ベタベタしていたり白・黄色っぽくなるといった特徴がありますが、何より何だか酸っぱい臭いがすると感じる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

酸っぱい臭いの正体は乳酸菌で、膣内に細菌が進入しないような環境を保っているのです。おりもの量はエストロゲン分泌に比例するので、普段は分かりませんが生理前はおりものの量が少ない分、臭いや色が現れやすくなります。

この時期おりものシートをつけている方はこまめに替えないと、おりものが空気に触れて菌が繁殖し臭いが強くなりやすい状態です。

病気の可能性は

生理前はおりものの臭いが気になりますが、酸っぱい臭いであるならば膣内環境が正常ということですから、あまり心配する必要はありません。しかし、これまで無かったような悪臭がする場合は病気の可能性がありますので、おりものの状態も併せてチェックしてください。

例えば悪臭に加えておりものがボロボロの状態だったり緑がかっている、おりもの量が少ない時期なのに急に増えたといった点が確認できる時は、すぐ病院で治療を受けましょう。

生理中の体臭 何が原因

生理中の体臭 何が原因

生理中は、自分でも経血の臭いが気になって気分が滅入ってしまいます。

この臭いが他の人に分かってしまうのではと思うと家から出たくなくなってしまいますが、こまめにナプキンを替えれば気づかれることは少ないと思われます。

生理中の体臭は生理前とは原因が異なり、生理前と同じようなケアを続けても効果が出ない可能性がありますので、まずは原因を見ていきましょう。

経血のにおい

経血のにおい

生理中でやはり一番気になるのが、出血の臭いではないでしょうか。体内から排出された直後の経血は無臭ですが、ナプキンに吸収されると空気に触れて菌が繁殖し臭いが出てきます。

臭いを出さないためにも量の多い日などは1~2時間で替える必要がありますが、仕事中や授業中ではそう頻繁にトイレに行けず時間が経ってしまうケースが非常に多く見られます。

嗅覚の変化

嗅覚の変化

生理前から生理中にかけて、いつも気にならない臭いが鼻について嫌だという方も多いです。はっきりとした理由は分かっていないのですが、この時期に限って嗅覚が鋭くなるのはやはりホルモンバランスの変化からくるものだと考えられています。

ですから、「自分が臭う」と悩んでいても、実際は周りの人は全く区別がつかないということもおおいにあり得るのです。

ワキガ臭がするのはなぜ?

ワキガ臭がするのはなぜ?

生理中は出血の臭いだけでなく、脇やデリケートゾーンから強い臭いを発することがあります。体から出る汗のほとんどがエクリン腺という汗腺から出ますが、耳・脇・デリケートゾーンにはエクリン腺ではなくアポクリン腺という汗腺があります。

アポクリン腺から出る汗は水分の他にアンモニアや脂質・たんぱく質などを含んでいるため、この部分は菌が繁殖しやすく臭いもきつくなります。

生理前や生理中はアポクリン腺を刺激するホルモンが分泌されるという説があり、また嗅覚も鋭くなっているため、余計に臭いを感じやすくなるのです。

妊娠の可能性はあるのか?

妊娠の可能性はあるのか?

妊娠検査薬ではまだ判定できない時期に、体臭が普段よりも強くなったことに気づいて妊娠が発覚したという方は多いです。

妊娠すると女性ホルモンバランスが生理時よりも大幅に変化するため、体臭も一層強く感じられるのだと考えられます。

ただ、もちろん体臭があるからといって必ずしも妊娠しているというわけではありませんから、他の妊娠初期症状の有無をチェックし、必ず妊娠検査薬で調べるようにしてください。

体臭対策

体臭対策

生理前から生理終わりまで、自分の体臭にびくびくしながら約2週間を過ごすのは疲れてしまいますよね。

体臭はホルモンの変動によって出てくるものですから全く無臭に治すことは出来ませんが、ちょっとした工夫である程度体臭を軽減することが出来ます。

ただ、生理前と生理中では体臭の原因が異なるため、ここでは普段の生活と生理前・生理中と3つに分けてそれぞれの対策をご紹介します。

普段からできること

体臭に気づいてから対処を取るのもよいですが、普段から意識して行動すると生理中の体臭自体を予防することが出来ます。

生理前の体臭は月経前症候群の一症状ですから、体臭を改善できれば他の症状も併せて緩和できるでしょう。

便秘を治す工夫を

便秘を治す工夫を

便秘が続くと体臭や口臭につながることは多くの方がご存知でしょう。便は老廃物や食物の残りが溜まったものですが、体内に留まったままだと有害物質が発生し、血液や内臓を通して体外に排出されるために臭いが発生するのです。

生理前は体臭が出やすくなっていますから、便秘の体臭と合わさってきつい臭いになってしまう可能性もおおいにあり得ます。食物繊維やオリゴ糖など、お腹の環境を整える食べ物を毎日意識して食べるようにして、便秘を改善していきましょう。

シャワーではなくお風呂に入るように

シャワーではなくお風呂

お風呂に入るのが面倒くさいからとシャワーで済ませていると、落としきれなかった汚れや皮脂が少しずつ溜まっていきます。

そして皮脂分泌が活発になる生理前になると、その溜まった皮脂から臭いが出るようになります。ですから、毎日の入浴はお風呂で細かな汚れまで落としておくのがベストです。

シャワーでもきちんと洗っているから大丈夫と思っていても、実際は洗い方の癖で残る部分も出てきますので、お風呂に入らない方は洗い方が偏っていないか時折確認しておきましょう。

ストレスを溜めない

ストレスを溜めない

ストレスは女性の大敵で、実はストレスによって体臭が悪化することもあるのです。ストレスを感じるとじっとり嫌な汗や冷や汗をかきますが、通常の汗とは異なりストレスの汗にはミネラルや疲労物質とも言われる乳酸が含まれていて、それが強い体臭の原因となります。

また、ストレスで内蔵機能が低下している時はアンモニア臭がする体臭が出ると言われています。普段からこのような臭いがあれば生理前・生理中は更にきつい臭いになってしまいますから、なるべくストレスを溜めない・軽減するようにしましょう。

生理前から出来ること

普段は自分の体臭に気づいていなくても、生理前になって「あれ?何か臭う」と気づく方が多いです。

生理前の肌は刺激を受けやすいですから、臭うからといってゴシゴシ洗うのはNGです。体の負担にならないように少しずつ体臭対策をしていきましょう。

体臭が出やすい服装はしない

体臭が出やすい服装はしない

おりものが不快だったり、いつもより暑く感じる時期です。こんな時にガードルやストッキングをつけた格好をしていると、デリケートゾーンの湿度が上がって菌が繁殖しやすい状態になってしまいます。

そうなれば体臭もきつくなってしまうので、この時期のファッションは二の次にして通気性を優先した服装を選びましょう。

デリケートゾーンは洗いすぎない

デリケートゾーンは洗いすぎない

嫌な臭いも洗ったらなくなると通常は思いますが、デリケートゾーンの場合は逆効果です。

デリケートゾーンは善玉菌・悪玉菌といった常在菌がバランスを取り合って環境を維持していますが、汚れをとる以上に殺菌してしまうとそのバランスが崩れて、大腸菌などの悪玉菌が多く残った場合に更に悪臭を発するようになります。

加えて生理前は免疫力が低下して感染しやすい状態ですから、感染しないためにもデリケートゾーンは洗い過ぎないようにしましょう。

おりものシートの交換頻度を気を付ける

おりものシートの交換頻度

下着が汚れてしまうのが嫌でおりものシートを使っている方は、どの頻度でおりものシートを交換していますか?

この時期のおりものは臭いの原因となりますから、2~3時間に1回、出来ればトイレに行くたびに交換するのが理想です。おりものシートは漏れることがないため長時間つけてしまうかもしれませんが、きちんと交換するようにしてください。

食べのもを工夫する

食べのもを工夫する

生理前から免疫力が落ちるので、気をつけていたとしても菌の繁殖による体臭が現れやすくなります。低下する免疫力を少しでもカバーするために、この時期は抗酸化作用のある食べ物を意識してとるようにしましょう。

例えばβカロチンやビタミンC・ビタミンEを含む緑黄色野菜や果物・ナッツ類などがおススメですし、その他にも女性ホルモンバランスを整えるイソフラボンも積極的にとりたいですね。反対に肉類や油脂は体臭を悪化させる原因となりますので、この時期は控えた方が良いでしょう。

生理中に出来ること

生理中は体調が優れないため、あれこれ積極的に体臭対策を採っている余裕もないと思われます。

出血が多い時は体臭を気にするよりも、まずは体を休めることを優先してください。出血が少なくなってきたとしてもまだ敏感な状態が続いていますから、入浴して清潔を保つ程度にとどめたほう良いかもしれません。

生理用品を変えてみる

生理用品を変えてみる

生理中の臭いの元は、やはりナプキンに吸収された経血です。取り替える時間が長くなって臭いが気になってしまうようならば、生理用品を変えてみるのも一つの方法です。

経血は空気に触れると臭いが発生するので、体内で吸収するタンポンや血液を溜める月経カップに変えてみるのもよいでしょう。

また、ナプキンのベタベタした感触が嫌という時は布ナプキンがおススメです。しかし、どの生理用品も推奨する交換時間がありますから、必ず守るようにしてください。

体臭を抑える石鹸を使ってみる

体臭を抑える石鹸を使ってみる

生理中の臭い、特にアポクリン腺から出るワキガのような臭いをどうにかしたい時は、デオドラント石鹸やデリケートゾーン専用石鹸を使いましょう。

一般の石鹸では余計に菌が繁殖して臭いが酷くなってしまうことも考えられますから、臭いだけでなくかゆみ対策としても殺菌成分が含まれた石鹸を使うのがおススメです。よく泡立てて皮膚を傷つけないように洗うのがポイントです。

他の香りは使わない方がいいかも

他の香りは使わない方がいいかも

体臭が気になるからとコロンや香水をつける方もいらっしゃるかもしれませんが、生理中は無理にごまかそうとするのは止めたほうが良いでしょう。

嗅覚が敏感になっている分、他の香りをつければその臭いで気分が悪くなってしまうかもしれませんし、体臭と合わさって余計に臭いを際立たせてしまう可能性があります。他の臭いで上乗せするよりも、まずは体臭を抑えるように気をつけましょう。

まとめ

生理前は女性ホルモンの変化によって、また生理中は出血や嗅覚の変化によってと、体臭の原因は異なります。

そのためそれぞれの時期において体臭対策は異なってきますが、何よりも普段の生活を正しくして生理周期のバランスを整え、全体的に体臭を抑えていくのが大事なのかもしれません。生理時の体臭に悩む方はぜひ対策を試してみてください。

 

PR

シェア