生理前にトイレが近いとき知っておきたいこと 症状 原因 対処方法 など

生理前になるとトイレが近くなるので憂鬱。こんな経験をされたことはありませんか?生理前になるとトイレが近くなるのは、女性ホルモンの分泌と関係があるとされています。

生理前にトイレが近くなる原因や症状、そして対処方法について詳しくまとめてみました。生理前の頻尿は妊娠の初期・超初期の兆候という話もあり、妊娠を待ち望んでいる方にとって、生理前の頻尿は妊娠の兆候のように感じられます。

生理前の頻尿についてその原因として考えられることや、それに対する対処法を学び、生理前の頻尿に上手に対応しましょう!

PR

生理前にトイレが近くなるのはなぜ?

生理前にトイレが近くなるのはなぜ?

生理前になるとなぜかトイレが近くなる、という方が意外に多いようです。生理前にトイレが近くなる原因はいくつか考えられますが、いずれにしても生理前の頻尿は、生理前に分泌量の増える黄体ホルモンのはたらきと関係があると考えられます。生理前の頻尿について詳しくみていきましょう。

生理前の頻尿は月経前症候群のひとつ?

生理前の頻尿は月経前症候群のひとつ?

生理前にトイレが近くなる症状は、生理前に起こる「月経前症候群」の症状のひとつに挙げられています。

月経前症候群とは生理前に身体と心に生じる不快な症状を総称した呼び方で、頭痛、腹痛、眠気、イライラ、胸の張りなどがその主な症状になります。

月経前症候群の症状はさまざま

月経前症候群の症状はさまざま

月経前症候群の症状は一人一人の女性により異なります。上に挙げた症状はその中でももっとも典型的なもの。月経前症候群というと、これら五つの症状だけを指すかのように考える方もいるようですが、これは大きな間違い。

月経前症候群の症状は実にさまざま。身体的な不調としては、上記の五つに加えて、吐き気、のぼせ、めまい、肌荒れ、にきび、食欲の減退(あるいは増進)、下痢、頻尿、排尿痛、かゆみ、だるさ、少量の出血など。

また精神的な不調として挙げられるのは、イライラ、無気力感、倦怠感、憂うつ、気分の落ち込み、情緒不安定など。頻尿もこれら月経前症候群のひとつと考えられます。

生理前になると頻尿になるメカニズムとは?

生理前になると頻尿になるメカニズムとは?

生理前になるとトイレが近くなる仕組みについて見ていきましょう。生理前に分泌が増える黄体ホルモンのはたらきのひとつに、水分や栄養分を体に溜め込むというものがあります。生理前にむくみや血行不良の症状が生じるのは、この黄体ホルモンの作用のせい。

生理前は体が水分を保持しようとしますので、一回に出る尿の量は減るとされています。黄体ホルモンの作用により、尿は出にくくなるために、排尿痛を感じるのも月経前症候群のひとつ。

尿が出にくいのであればトイレが近くなることはないような気がしますが、一回に出る尿の量が減ることにより、残尿感があり、このためトイレに行く回数が増える、これが生理前に頻尿になる仕組みと考えられています。

骨盤底筋のゆるみ

骨盤底筋のゆるみ

生理前にトイレが近くなるもう一つの原因は、骨盤底筋のゆるみにあります。骨盤底筋のゆるみは女性の尿漏れに特有の原因で、妊娠や出産により骨盤底筋がゆるむことにより、尿漏れや頻尿、残尿感といった症状があらわれます。

出産経験のある方や運動不足などで骨盤底筋にゆるみが生じている方は、生理前や生理中にトイレが近くなることがあるようです。

妊娠・出産による骨盤底筋のゆるみ

妊娠・出産による骨盤底筋のゆるみ

妊娠をすると骨盤底筋にゆるみが生じることが多いといわれています。妊娠中は胎児の成長につれ子宮の重みが増し、骨盤に負担がかかる上、分娩に備えて骨盤が徐々に開いていくため、骨盤底筋にゆるみが生じてしまいます。

妊娠中や出産後に尿漏れの症状に悩む方が多いのはこのため。女性の場合、尿漏れの原因のほとんどは妊娠・出産にあるといわれています。これに加えて生理前には子宮や膀胱の筋肉がゆるみやすいこともあり、トイレが近くなる傾向にあります。

生理前の頻尿は妊娠超初期症状?

生理前の頻尿は妊娠超初期症状?

生理前にトイレが近くなるのは妊娠の兆候、という話を聞きますが、これはほんとうでしょうか。トイレが近くなるのは確かに妊娠の兆候といわれています。

妊娠を待ち望んでいる方や不妊治療を行っている方にとって、妊娠超初期・妊娠初期の兆候は待ちに待った妊娠の証し。排卵日以降生理予定日までの間は、自分の体の変化にことさら注意を向けているはずです。

妊娠超初期・妊娠初期にあらわれる妊娠の兆候

妊娠超初期・妊娠初期にあらわれる妊娠の兆候

妊娠超初期とは妊娠週の数え方で妊娠0週~4週目までを指します。しかしながら妊娠0週はまだ受精も成立していませんので、妊娠の兆候を感じる可能性があるのは、妊娠3週目以降。

妊娠超初期に妊娠の兆候を感じるとすると、それは妊娠3週のおわりから4週目にかけてということになります。それ以前には受精・着床が成立していません。

妊娠初期とは妊娠4週目から妊娠15週目までを指しますが、妊娠の兆候を探すという観点から考えると、超音波検査や尿検査により妊娠の成立が確認されるまでの期間、すなわち妊娠4週目から5週目にかけてあらわれる体の変化を指して、妊娠の兆候と呼んでいます。

頻尿は妊娠の兆候のひとつ

頻尿は妊娠の兆候のひとつ

生理予定日前から生理予定日にかけて感じる妊娠の兆候にはどのようなものがあるのでしょうか?

妊娠の兆候として挙げられているのは、眠気、吐き気、頻尿、下腹部痛、少量の出血、食べ物の好みや食欲の変化、頭痛、寒気、めまいなど。トイレが近いのも妊娠超初期・妊娠初期の兆候のひとつと考えられます。

妊娠するとトイレが近くなる理由とは?

妊娠するとトイレが近くなる理由とは?

妊娠するとトイレが近くなる原因はプロゲステロンの分泌増加により、子宮や膀胱まわりの筋肉がゆるむことに加えて、子宮が大きさを増すことにより膀胱が圧迫されることにあります。

また妊娠初期は気分や体調が悪く、免疫力も落ちているために、膀胱自体の機能も低下することがあります。妊娠というこれまでとは違う状態に置かれ、精神的なストレスを感じる方もいて、これもまた体の機能を低下させる一因になるといわれています。

生理前の頻尿対策

生理前の頻尿対策

生理前にトイレが近くなったらどのような点に注意すればいいのでしょうか?生理前の頻尿はホルモン分泌と関連がありますので、完全に防ぐことは困難ですが、普段からちょっとしたことに注意するだけで、頻尿を予防することが可能です。

骨盤底筋を鍛える運動

骨盤底筋を鍛える運動

女性の頻尿の主原因の一つが骨盤底筋のゆるみ。とくに出産経験のある方は骨盤底筋がゆるんでいることが多く、生理前だけでなく、咳やくしゃみによっておなかに力が入ると尿もれが起りやすくなります。

まだ出産経験のない方でも、骨盤底筋は加齢とともに徐々にゆるんできますので、日頃から骨盤底筋を鍛える運動を行うようにしたほうが安心です。骨盤底筋を鍛える運動は器具を使うことなく、立ったまま誰にでも出来ますので、出来れば毎日続けるようにしましょう。

骨盤底筋の運動

骨盤底筋の運動

まっすぐに立ち、片手をおなかに、もう一方の手をおしり側に当てます。この状態で膣と肛門だけに力を入れて、膣と肛門を締める・緩めるを繰り返します。このとき腹筋やその他の筋肉の力を使うのではなく、膣まわりに神経を集中させ、この部分の筋肉を鍛えるつもりで行いましょう。

体を冷やさないようにする

体を冷やさないようにする

生理前は体がむくみやすく、血行不良になりやすい環境が整っています。体にむくみがあるということは、血液やリンパ液の流れが悪くなっているということ。体の中の老廃物や水分が排出されにくくなります。

これは一見すると頻尿にはつながらないように思えますが、膀胱に尿が溜まりにくく、一回に出る尿の量が少なくなり、そのためにかえってトイレが近くなります。

生理前はとくに体を冷やさないように注意しましょう。シャワーだけで済ませる習慣のある方はこれをあらため、浴槽につかり、体をしっかり温めるようにします。体の冷えの改善は月経前症候群の改善に必ずつながります。

カフェインの飲みすぎに注意

カフェインの飲みすぎに注意

コーヒーや紅茶など、カフェインを多く含む飲み物を飲みすぎないように注意しましょう。カフェインには利尿作用があり、生理前にトイレが近くなる原因になります。これに加えてカフェインには血管を収縮させる作用もあり、血行不良がさらに進んでしまうおそれもあります。

血行不良は冷え性を助長させ、トイレが近くなる原因になりますので、生理前や生理中のカフェインの摂りすぎには十分に注意しましょう。

冷たい飲み物も同様に出来るだけ控え、胃腸に負担のかからない、おなかに優しい温かい飲み物を選ぶようにします。

規則正しい睡眠と生活習慣を心がける

規則正しい睡眠と生活習慣を心がける

生理前にトイレが近くなるのは、黄体ホルモンの分泌が増えるだけでなく、黄体ホルモンと卵胞ホルモンのバランスが崩れているせいかもしれません。ホルモンバランスの乱れは、体全体の機能低下に結びつく上、交感神経と副交感神経のバランスが崩れる一因にもなります。

不規則な睡眠や生活態度はあらため、アルコールやタバコも出来るだけ控えるようにしましょう。タバコやアルコールは血管の収縮を招き、これにより血流が悪くなり、むくみや冷え症の症状があらわれます。規則正しい食事と生活習慣を心がけ、ホルモンバランスを正常な状態に保つよう努力しましょう。

ストレス緩和に努める

ストレス緩和に努める

ストレスや疲労もまた月経前症候群を悪化させます。生理前は月経前症候群のせいで、イライラ、気分の落ち込み、憂うつ感を感じることも多い時期。この時期にさらにストレスを抱え込んでいると、月経前症候群の精神的な不調はさらに悪化してしまいます。

生理前でイライラするのは仕方ありませんが、生理前だからこそ出来るだけ気持ちをリラックスさせて、ストレスを少しでも軽減するようにしましょう。

家事も仕事も無理はせずに、自分の好きなことをする時間を積極的に作り、寛げる時間を捻出するようにしましょう。

トイレが近くなるのは月経前症候群のせい?それとも妊娠の兆候?

生理予定日前にトイレが近くなるのは月経前症候群の症状であると同時に、妊娠超初期の兆候でもあります。月経前症候群と妊娠の初期症状は非常に似通っているので、注意深く観察しないと、どちらなのかはっきりと把握することは出来ません。月経前症候群と妊娠の兆候を見極めるポイントについてまとめてみましょう。

妊娠時の基礎体温の変化

妊娠時の基礎体温の変化

排卵日以降は基礎体温は高温期に移行していますが、妊娠している場合には生理予定日が来ても基礎体温はそのまま高温期を保ったままになります。

妊娠していない場合には基礎体温は低温期に移行していきますので、今すぐの妊娠を望んでいない方でも、基礎体温をきちんと毎日計測し、記録しておくことは非常に重要です。

妊娠の兆候を把握するだけでなく、基礎体温グラフを見ることにより、ホルモン分泌の異常や生理不順などの婦人病の兆候を発見することが出来ます。計測・記録に便利なアプリを利用して、基礎体温を毎日欠かさず付けるようにしましょう。

食べ物の好みの変化

食べ物の好みの変化

妊娠すると食べ物の好みに変化があることが多いといわれています。食べ物の好みが急に変わったり、酸っぱいものなどが急に食べたくなったら、妊娠している可能性も十分にあります。

ただし月経前症候群の場合にもこれは同じで、生理前には食べ物の好みに変化があるだけでなく、食欲も多いに増進します。これはあくまでも傾向ですが、生理前になると甘いものやカロリーの高いもの、濃い味付けのもの、揚げ物などが食べたくなる方が多いようです。

妊娠した場合ですが、これまではあまり好きでなかったものを好むようになったり、反対にこれまでは好きだったものが食べられなくなることがあります。また妊娠すると食べ物の匂いに敏感になり、匂いを嗅いだだけで胃がむかむかしたり、吐き気を覚える方も大勢います。

膀胱炎に注意する

膀胱炎に注意する

女性は体の構造上、膀胱炎にかかりやすいといわれています。生理前にトイレが近くなったにも関わらず、尿意を我慢していると、膀胱炎にかかるリスクが生じてしまいます。

尿意は我慢しないよう、こまめにトイレに行くようにしましょう。下着は常に清潔なものを身につけるようにし、おりものが多い場合にはおりものシートを利用して、下着かぶれを防ぐようにしてください。

まとめ

生理前にトイレが近いときにぜひ知っておきたい知識についてまとめてみました。生理前の頻尿は月経前症候群のひとつ。女性ホルモンの分泌量に大きな変化がある生理前は、心身ともにさまざまな不調が起きる時期であり、排尿に関しても普段よりもトラブルが起きやすくなっています。

生理前の排尿トラブルには、頻尿や残尿感、尿漏れ、デリケートゾーンのかゆみや痛みなど、さまざまなものがあり、適切に対処しなければ膀胱炎にかかるおそれも生じます。

生理前にトイレが近くなる原因をきちんと把握し、その上で効果的な対処法を覚えておきましょう!


シェア