生理前の腰痛について知っておきたいこと

腰に鈍い痛みが出てきたり、ズシリと重たい感じが出てきたりしたら「そろそろ生理が始まるのかな」と思いませんか?生理前になると腰痛を感じる女性はたくさんいらっしゃいます。

軽度の腰痛レベルの方もいれば、同じ体勢を続けるのが辛いほど激しい腰痛を感じる方もいます。毎月のように訪れる腰痛に、何か解決策はないかと悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

そこで、生理前に起きる腰痛の原因と、対策方法について詳しい情報を幅広くお届けしていきたいと思います。

PR

生理前の腰痛の原因は?

生理前の腰痛の原因は何?

生理前になると決まって腰痛が出てくるけれど、普段全く腰に違和感がない方もいらっしゃいます。では、生理前になると腰痛を感じるのは何故なのでしょうか。

腰痛を引き起こす原因としては、女性ホルモンの影響が一番に挙げられるでしょう。その他に月経前症候群や血行不良、骨盤のゆがみなどが挙げられます。それぞれ詳しく見ていきましょう。

女性ホルモンの影響

生理前になると腰痛になるのは、女性ホルモンの影響があると考えられます。女性ホルモンは、生理や排卵を促すホルモンのことで、さまざまな種類があります。

生理前になると腰痛になることに関係している女性ホルモンとしては、リラキシンとプロスタグランジンがあります。どちらも腰痛を引き起こすものですが、身体への働きかけは異なりますので、それぞれご説明していきましょう。

リラキシンにと腰痛

リラキシンについて

生理前になると腰痛が起きるのは、リラキシンという女性ホルモンの働きが影響していると考えられます。リラキシンは卵巣ホルモンの一種で、骨と骨を繋いでいる関節の靭帯を緩める働きがあります。関節部分の靭帯が緩められると、骨や関節の可動域が広がり筋肉や腱の負担が大きくなってしまいます。

リラキシンは全身の関節の靭帯を緩めますが、特に恥骨部分の靭帯を緩める作用が強いため、骨盤のバランスが崩れ、腰痛を引き起こしやすくなってしまうのです。生理前になるとリラキシンがたくさん分泌され始めることから、腰痛を感じやすくなってしまうのはこのためです。

プロスタグランジンと腰痛

プロスタグランジン腰痛

生理前になると腰痛が起きるのは、リラキシンだけでなくプロスタグランジンという女性ホルモンも関係しています。プロスタグランジンは、黄体ホルモンの一種で受精卵を着床させ、育てるための働きがあります。

ホルモンバランスの乱れにより大量のプロスタグランジンが分泌されてしまうと、腰痛だけでなく頭痛や腹痛などさまざまな痛みが身体に生じやすくなります。

また、プロスタグランジンが活発に分泌されている期間は、体調も優れないことが多く、気持ちも滅入りやすいため腰痛を敏感に察知してしまうこともあるでしょう。

このプロスタグランジンは排卵後からたくさん分泌され、生理が始まるまで継続することから、生理前になると腰痛を感じやすくなってしまうのです。

月経前症候群と腰痛

月経前症候群と腰痛

生理前になると腰痛が起きるのは、月経前症候群が関係しているかもしれません。月経前症候群は、生理前の急なホルモンバランスの変化から生じるもので、たくさんの女性が体験しています。

月経前症候群にはさまざまな症状がありますが、腰痛もそのひとつとして認識されています。他には、吐き気や頭痛、腹痛、食欲増加、便秘などが挙げられるでしょう。

月経前症候群の特徴としては、生理前になるとさまざまな身体の不調が生じ、生理が始まると治まることから、生理が始まった途端に「そうだったのか」と不調の原因に気づくことが多々あります。

生理不順になりやすい方や、不正出血などが起きやすい方は、月経前症候群が生じやすい傾向にあるでしょう。月経前症候群は、ホルモンバランスを整えることで緩和させることができます。

生理前の血行不良と腰痛

血行不良と腰痛について

生理前になると腰痛が起きるのは、血行不良が関係しているかもしれません。腰回りの血行不良が強くなると、腰痛を引き起こしやすくなるのは、筋肉の動きが硬くなり関節への負担が大きくなってしまうからです。

じっと座ったままの姿勢が多い場合や、腰回りを冷やしやすい衣服を着ていると、あっという間に血行不良が加速してしまいますので注意しましょう。

生理前の骨盤のゆがみと腰痛

骨盤のゆがみと腰痛について

生理前になると腰痛が起きるのは、骨盤にゆがみがあるからかもしれません。骨盤にゆがみがあると、ひとつの関節部分だけに負担が集中し、生理前に靭帯が緩んだ時にさらに大きな負担がかかりやすくなります。

脚を組む癖がある方や、ヒールばかり履いている方、猫背になりやすい方は骨盤がゆがんでいる可能性が高いので注意が必要です。

生理前の腰痛対策、予防方法?

生理前になるとさまざまな原因から腰痛が引き起こされることがお分かりいただけたと思います。では、実際に腰痛が発生したときはどのように対処すると痛みが緩和されやすいのでしょうか。

腰痛の対策方法として、ホルモンバランスの見直し、血流の改善、骨盤の矯正などが挙げられます。それぞれ詳しく見ていきましょう。

ホルモンバランスの見直し

ホルモンバランスの見直し

生理前の腰痛を少しでも緩和させるために、ホルモンバランスの見直しを行いましょう。腰痛の原因として、リラキシンとプロスタグランジンをご紹介しましたが、それぞれの分泌が過剰になると腰痛も激しさを増してしまいます。

ホルモンバランスを整えるためには、まず睡眠時間を重要視しましょう。いつも夜中まで起きていて、短時間睡眠を繰り返している方はホルモンバランスが乱れやすくなってしまいますので注意が必要です。

夜の22時~午前2時までは、身体からさまざまなホルモンが活発に分泌され、バランスをとる時間帯です。そのため、夜遅くまで寝ている方はこの時間に身体と脳を安静にしていないことから、バランスが崩れやすくなってしまうのです。

できるだけ0時を回るまでにはベッドに入るようにし、朝は早めに起きて太陽の光をしっかり浴びるようにしましょう。睡眠時間がバラバラになると体内時計が狂ってしまいますが、朝、太陽の光を浴びることでリセットすることができます。

食生活の改善

食生活は大丈夫?

生理前の腰痛を緩和させるために、ホルモンバランスの調整が必要ですが、睡眠だけでなく食生活もホルモンバランスに大きく影響します。インスタント食品ばかりで、食べる時間も遅く、おやつでは甘いものをたっぷり食べてしまう日々を過ごしていると、あっという間にホルモンバランスは崩れてしまいます。

食事はできるだけ決まった時間に食べるようにし、甘いものやインスタント食品は時々楽しむ程度にしておきましょう。

野菜や大豆を中心としたヘルシーな献立にすると、ホルモンバランスが整いやすくなります。女性ホルモンと似た働きをする大豆製品や、ビタミン類を豊富に含む野菜、DHAやEPAをたくさん含んでいる小魚・青魚類も積極的に食べるようにしましょう。

カフェインとアルコールには注意

カフェインとアルコール

生理前の腰痛を緩和させたいなら、カフェインとアルコールをできるだけ抑えるようにしましょう。これらの成分は、過剰に摂取するとホルモンバランスを崩してしまうため、生理前はできるだけ摂らないようにしましょう。

特に、カフェインは身体を冷やしてしまう作用があるため、飲みすぎると血行不良に陥る可能性があります。ホットコーヒーでも身体が冷えてしまうので、飲みすぎないようにしてください。ルイボスティーや甜茶、麦茶にはカフェインが含まれていないので、気軽にお茶を楽しむことができます。

血行不良の改善には

血行不良の改善について

生理前の腰痛を緩和させたいなら、血行不良を改善していきましょう。身体が冷えてしまうと腰痛を激しく感じてしまうため、腰回りを中心に温めるようにしてください。

時間がある場合はお風呂に浸かり、全身をじんわりと温めていきましょう。外出中や仕事中の場合は、ホッカイロを貼るのがオススメです。腰骨の辺りや、お臍の下辺りに貼ると、温まりやすくなります。

朝早く出かける方や、夜遅くまで仕事をしている方、同じ姿勢で作業をしている方は、腰回りが冷えやすいので、ホッカイロを上手に活用するようにしましょう。

骨盤の矯正は姿勢から

骨盤の矯正

生理前の腰痛を緩和させたいなら、骨盤の矯正をしていきましょう。骨盤が歪んだままの状態でいると、生理前に分泌されるリラキシンの影響により強い腰痛を感じやすくなります。

骨盤は、左右の腸骨と背骨に繋がる仙骨で成り立っており、さまざまな関節でつながっています。そのため、骨盤がゆがんでいると一部の関節にだけ大きな負担がかかり、痛みを感じやすくさせてしまうのです。脚を組むと骨盤が大きくゆがんでしまうため、両足の裏をピッタリと床につけるようにしましょう。

また、猫背になると骨盤が後ろに歪んで倒れてしまいますので、胸を張って姿勢を良い状態に保つことも大切です。

腰に手を当ててぐるぐる回したり、開脚をして股関節からほぐしていったり、前の太ももや後ろの太ももをストレッチしていくと歪んだ骨盤が修正しやすくなり、良い姿勢も保ちやすくなります。

骨盤低筋を鍛える

骨盤低筋を鍛える

生理前の腰痛のきっかけとなる骨盤のゆがみは、骨盤周辺の筋肉を鍛える事で、多少ゆがんでも正常な位置に戻る事ができます。

腹筋・腰・臀部などの筋肉しか目立ちませんが、実は骨盤を下から支える骨盤低筋が骨盤位置には最重要パーツで、骨盤低筋が弱くなれば、ゆがみだけでなく隙間が空いて脂肪がたまり肥満になったり、腸が骨盤内に落ち込んで便秘の原因となります。

また血流が悪くなるので体の冷えにつながり、生理前の他の症状が悪化してしまう可能性も大きいです。骨盤低筋を鍛えるには肛門と膣を緩めたり緩める動作が効果的ですが、いつでもどこでも出来るので今すぐ試してみてはいかがでしょうか。

腰の痛みが片寄っている時は

腰の痛みが片寄っている時は

腰痛の原因がどこにあるのか自分では分かりづらいのですが、腰の痛みが左右どちらかに片寄っている場合は卵巣に異常がある可能性が高いです。卵巣は子宮を中心にして左右にあり、毎月左右どちらかの卵巣から卵子が排卵されるので、左右の痛みは卵巣が腫れて圧迫しているからだと考えられます。

卵巣が腫れる原因としては、子宮に溜まるはずの血液が卵巣に流れ込んで、そこに子宮内膜と同じ組織を作り出してしまうチョコレート嚢胞が考えられます。

症状が進行すれば、下腹部痛や体重の変化がなくても下腹部が膨らんでいるのが分かるようになるので、そうなってしまうと不妊を避けるために早急に治療を始める必要が出てきます。これらに当てはまる時は病院で検査をしてもらいましょう。

妊娠しているから生理前に腰痛?

妊娠しているから生理前に腰痛?

生理前の腰痛の対策をあれこれしていてもなかなか治まる気配がなく、生理もなかなか来ないという場合は、妊娠の可能性を疑うべきかもしれません。妊娠の超初期症状として腰痛が出ることがあるため、生理前の腰痛を勘違いしやすいからです。

妊娠検査薬は生理予定日を過ぎて7日~10日ほど後から使うことができます。もしかしたら・・?と感じた方は、一度調べてみると良いでしょう。

まとめ

生理前の腰痛についてさまざまな情報を幅広くご紹介しました。腰痛の原因にはさまざまな種類があり、対策方法もいろいろです。

まずは生活習慣や食事から改善していき、冷えに充分注意して姿勢を良くすることを心掛けていきましょう。ひとつずつクリアしていくことで、きっと次の生理前の腰痛を緩和せることができるはずです。辛い腰痛を少しでも和らげるためにも、日々の対策をしっかり継続していきましょう!

PR

シェア