生理痛の痛みは下腹部や頭痛だけではありません。腰痛もまた生理痛のひとつ。普段は何でもないのに、生理中になるとなぜか腰痛がひどくなるという女性もたくさんいます。腰痛の症状がひどく、立っているのも辛く感じるため、毎月生理が来るのを憂鬱に感じる女性も大勢います。

生理痛は症状が軽い場合にはあまり気になりませんが、下腹部痛や腰痛がひどくなり、日常生活にも支障を来たすようになると、適切な対策を講じることが大切。場合によっては医師の治療を受ける必要も出てきます。

生理中の下腹部痛や腰痛を単なる生理痛と考え甘く見ていると、症状が悪化することもあります。生理痛のときの腰痛がつらいときに知っておくべきポイントをまとめてみました。生理中の腰痛を少しでも緩和するための方法などについて、しっかり覚えておきましょう!

PR

生理中の痛みのいろいろ

生理中の痛みのいろいろ

生理中には腹痛でなく、頭痛や腰痛など、体にさまざまな痛みや不調を感じます。生理中の痛み全般を総称して生理痛と呼んでいますが、生理痛の種類や症状のあらわれ方は、一人一人の女性によって異なります。

生理でおなかが痛い、というのはほとんどの女性が経験するもの。腹痛や下腹部痛にくわえて、腰痛や頭痛も生理痛の一種で、他には吐き気、下痢、発熱、嘔吐などの症状があらわれることもあります。

生理痛の症状の中でもっとも一般的なのが、腹痛や下腹部痛。その次に来るのが腰痛と頭痛。生理痛に関しては、体質・生活習慣・体調などによって、症状が軽かったり、重かったりします。

生理痛のときに腰痛が起こる原因とは?

生理痛のときに腰痛が起こる原因とは?

生理中は下腹部痛だけでなく、腰痛も起こります。生理だから腰が重く、だるいというのはよくある話で、中には立っているのもつらい、という女性も多く見られます。

生理になるとどうして腰痛が起こるのが、その原因はいくつかあります。考えられる原因についてそれぞれ詳しく見ていきましょう。

リラキシンの分泌

リラキシンの分泌

リラキシンという物質は骨盤周りの靭帯や関節を緩めることを促すペプチド物質で、妊娠中および生理中に多く分泌されます。妊娠中にたくさん分泌される理由は、分娩に備えるため。骨盤や骨盤周辺の関節や靭帯が緩くなっていないと、赤ちゃんが産道を通りにくくなり、難産になるおそれがあります。

このため赤ちゃんが通りやすいよう、骨盤が緩み、開きやすくなるように、妊娠中にはリラキシンが多く分泌されます。生理中も同様で、子宮からの経血を排出しやすくするために、リラキシンの分泌が多くなります。

リラキシンと腰痛の関係

骨盤の関節や靭帯を緩めるはたらきのあるリラキシンですが、骨盤の靭帯などを緩める際に恥骨結合という部分も一緒に緩んでしまいます。

恥骨結合とは名前が示すとおり、左右の恥骨の結合部分を指します。恥骨結合は左右の骨盤を支える箇所で、この部分が緩んでしまうと、体の重みを支えるバランスが崩れてしまい、結果として腰に違和感やだるさ、痛みを感じてしまいます。

プロスタグランジンの分泌

プロスタグランジンの分泌

生理中に分泌されるもうひとつのホルモンがプロスタグランジン。プロスタグランジンのはたらきとは、子宮を収縮させ、生理の経血が子宮から排出しやすくすること。プロスタグランジンは子宮内膜から分泌され、要らなくなった子宮内膜の粘膜や血液を子宮外に排出させます。

プロスタグランジンにはいくつかの種類がありますが、子宮収縮の作用を持つプロスタグランジンは、分娩の際に陣痛促進剤として用いられています。

プロスタグランジンは痛みを強める

プロスタグランジンのはたらきは子宮収縮作用だけに留まりません。血管拡張作用や、発熱や痛みを強くしてしまう作用もあります。

血行不良や冷え症などにより、子宮内膜からの経血がうまく排出されない場合、プロスタグランジンの分泌が過剰になり、結果的におなかや腰の痛みがひどくなります。

プロスタグランジンの過剰分泌

プロスタグランジンが過剰に分泌されると、腰痛や腹痛だけでなく、胃のむかつきや嘔吐、下痢、悪心などの症状があらわれることがあります。

プロスタグランジンの分泌量が適切である場合、生理痛は軽くなる傾向にありますが、過剰に分泌されると、子宮の収縮が強くなると同時に、痛みを感じやすくなり、これが原因で腰痛や腹痛が激しくなる傾向が顕著です。

冷え性、骨盤内のうっ血、血行不良、むくみなどにより、血流が悪化すると、月経時の経血の排出も悪くなり、これを解消しようとプロスタグランジンの過剰分泌が起こります。

月経困難症による腰痛

月経困難症による腰痛

女性であれば、大多数の方が多かれ少なかれ経験する生理痛。生理痛の症状の度合いについては個人差があり、軽い方は多い日に多少おなかに張りを感じる程度ですが、ひどい方になると立っていることも辛く感じてしまいます。

生理のたびに仕事や学校を休んでしまう、立ち仕事が出来ない、寝込んでしまう、外出が出来ない、痛みが激しく痛み止めが効かない、このような場合には月経困難症が疑われます。生理のたびにこのような症状がある場合には、産婦人科で診察を受けたほうが無難です。

月経困難症の原因とは?

月経困難症の原因とは?

月経困難症には大きく分けて二つの原因が考えられます。ひとつは子宮内膜症や子宮筋腫など、子宮の病気によるもので、これは器質性月経困難症と呼ばれています。

もうひとつは機能性(原発性)月経困難症と呼ばれるもので、これは上に挙げたような子宮疾患に原因があるのではなく、ホルモンの分泌や体調、体質などに原因があるのを指します。

具体的には冷え性やストレス、ホルモンバランスの乱れ、栄養に偏りのある食事、運動不足、無理なダイエットなどにより、プロスタグランジンの過剰分泌が起こるのでは?と考えられます。

器質性月経困難症の場合

子宮筋腫や子宮内膜症などの病気にかかっている場合にも、生理痛のときに腰痛や腹痛が激しくなることがあります。生理痛以外にも、生理が終わった後も不正出血がある、生理の経血が多い、生理周期が乱れている、などの症状があらわれますが、初期の段階では自覚症状がない場合もあります。

子宮の病気や異常は、生理中の腰痛や腹痛といった症状だけから自己判断することは出来ません。子宮の病気が疑われる場合には、専門医の診察を受け、精密検査を受けることが必要です。診断の結果、子宮の病気が判明した場合には、治療を行わなければ月経困難症は改善されません。

機能性月経困難症の場合

子宮筋腫や子宮内膜症といった疾病が原因ではない場合、生理痛の痛み対策としては、腰痛や下腹部痛などの痛みを緩和する鎮痛薬を服用することが一般的です。

生理痛の痛みだけでなく、胃痛、吐き気、嘔吐、胃のむかつきなど、胃のトラブルが多い場合、鎮痛薬の種類によっては服用すると、さらに吐き気が増すことがありますので注意が必要です。

鎮痛薬を服用しても、症状の緩和が見られない場合には、他の理由も疑ってみなければなりません。生理が終わってもなお腰痛が続く場合、不正出血がある場合は、産婦人科で診察を受けたほうが安心です。

現代女性と生理痛

現代女性と生理痛

現代女性は昔の女性に比べると、生理痛に悩む人の割合が非常に高くなっているといわれています。これは社会の変化により、女性が生涯に経験する月経の回数が多くなっているため。

一人の女性が生涯に4、5回出産し、母乳だけで育児をしていた時代もありましたが、現在では晩婚化・少子化・社会進出が加速。妊娠・授乳期間が長かった時代には、女性が経験する生理の回数も少なく、生理に伴う不調も少なかったといわれています。

これに対して晩婚化・少子化が進む現代では、女性が生涯に経験する生理の回数が増加。これに伴い、月経前症候群や月経困難症などの生理に関わるトラブルも増加しています。

生理中の腰痛対策

生理中の腰痛対策

生理中に起きる辛い腰痛。もともと女性は男性よりも腰痛に悩む人が多く、生理中だけでなく普段から腰痛に悩まされている女性は少なくありません。

生理中でなくても辛い腰痛、生理が始まると症状はさらに悪化してしまい、腰が重く、だるく感じられ、立っていることも辛くなる。こんなときに知っておきたい生理中の腰痛の緩和法や対処法について、一つ一つ見ていきましょう。

冷え性の解消

冷え性の解消

体の冷えやむくみは血行不良につながります。血行不良になると、生理の経血の排出もスムーズにいかない場合があり、その結果プロスタグランジンの分泌が過剰になってしまいます。

入浴はシャワーで済ませない

入浴はシャワーで済ませない

生理中はおなかと腰周りを冷やさないように十分注意しましょう。入浴はシャワーで済ませずに、ぬるめのお湯に半身浴でじっくり浸かる習慣をつけましょう。

半身浴で体を内側からしっかり温めることは、生理中の腰痛だけでなく、月経前症候群や生理痛全般の緩和につながります。

血行促進や冷え性緩和には熱めのお湯に短時間つかるよりも、ややぬるめのお湯に半身浴でじっくりつかったほうが効果的です。暑い日でも手早くシャワーで済ませず、体を芯から温めるようにしましょう。

温かい飲み物を飲む

温かい飲み物を飲む

生理痛が辛いときは冷たい飲み物は出来るだけ避け、体の温まる飲み物を意識的に摂るようにしましょう。

清涼飲料水や甘すぎるものも避け、生姜入りのドリンクやホットココアなど、心身ともに安らぐものを飲むとストレス解消にもなります。カフェインやアルコール、砂糖がたくさん入った飲み物は控えめにして、ハーブティーやカフェインレスの飲み物を選ぶようにしましょう。

おなかや腰を冷やさない

おなかや腰を冷やさない

生理中はおなかと腰まわりを絶対に冷やさないようにしましょう。服装にも注意し、おなかや下半身が露出した服装や体を締め付けるスタイルは控えるようにします。冷房の効いた部屋で仕事をしている方は、ひざ掛けや使い捨てカイロなどを用意しておくと便利です。

腰痛がつらい場合は、温感湿布やカイロで腰を温めると楽に感じられます。冷え性の方はおなかや腰まわりといった下半身だけでなく、手先や足首など体の末端も冷やさないように注意しましょう。足湯で足先を温めることも冷え性や血行促進、むくみに効果的です。

運動不足を解消する

運動不足を解消する

運動不足もまた冷え症や腰痛の原因のひとつ。定期的にスポーツをしている人は別ですが、普段からこれといった運動をしていない方は要注意。運動量の不足は筋肉の力を衰えさせるいちばんの原因。腰まわりには大きな筋肉が集中しています。

運動不足に陥ると、椎間板や太もも、ふくらはぎ、腰まわりといった筋肉量が低下し、これに加えて血行不良による筋肉の強張りにより、腰痛や関節痛といった痛みが生じてしまいます。

激しい運動をする必要はありませんが、簡単なストレッチや体操で体の強張りをほぐし、血行促進を目指しましょう。

正しい姿勢を保つ

正しい姿勢を保つ

前かがみの姿勢は脊柱に負担をかけてしまいます。背筋を丸めて座ってしまうことや足を交差させて座ることなども、椎間板や腰椎に無理な力をかける原因のひとつ。座っているときも立っているときも、背筋をまっすぐに伸ばし、正しい姿勢を保つようにしましょう。

デスクワークの多い方は、机と椅子の高さを今一度確認し、座ったときに背筋がまっすぐになるよう調整しましょう。前かがみの姿勢を取っていると、腰痛や背中の痛みが生じるだけでなく、おなかまわりに脂肪がついてしまう原因にもなります。正しい姿勢を保つことは、腰痛予防および緩和にとって非常に重要です。

鎮痛薬の服用

鎮痛薬の服用

腰痛予防には努めているものの、生理痛のときの腰痛がつらく、家事や仕事に支障が出て困ってしまう。こんなときは生理痛を和らげてくれる鎮痛薬の服用も考慮しましょう。

鎮痛剤を服用する際には、痛みが激しくなってから飲むよりも、まだ痛みが弱いうちに早めに服用したほうが効率的です。ただし鎮痛薬を服用してもまったく効果を感じられない場合や、生理がおわったあとも腰痛や腹痛が続く場合には、産婦人科で診察してもらったほうが安心です。

腰痛や頭痛ではなく、生理痛で吐き気や嘔吐がする場合には、通常の鎮痛剤の服用は避けたほうが無難です。産婦人科で薬を処方してもらうようにしましょう。

まとめ

生理痛のときの腰痛がつらい方にぜひ参考にしてもらいたいポイントをまとめてみました。生理痛のときの腰痛は生理痛の一種。生理痛の原因として挙げられているのがプロスタグランジン。

生理の経血の排出を促すプロスタグランジンには、痛みを強めるという作用があり、このために腹痛、腰痛、頭痛、胃痛といった症状が生じてしまいます。

生理痛のときの腰痛を予防・緩和するには、生理中の過ごし方だけでなく、普段から生活習慣や姿勢などに注意して過ごす必要があります。おなか・腰周りを冷やさないこと、運動不足やストレスを解消すること、規則正しい生活習慣を保つこと、正しい姿勢をキープすることなど、生理中の腰痛を改善するには、今すぐ出来る簡単なことから始めるようにしましょう!

PR

シェア