生理後の頭痛について知っておきたいこと

生理が終わったら快適な時期に入るはずなのですが、実際は頭痛やめまい・腹痛でつらい思いをしている方も多いです。

それは生理前~生理中~生理後という時期はホルモンバランスが急激に変化しやすいため、その変化に引きずられて体調も悪化してしまうことが理由として挙げられます。生理終了後もまだ調子が悪い理由や、頭痛になった時の対処法、頭痛が起きないための対策などをご紹介していきましょう。

PR

生理後の頭痛の原因

生理後の頭痛の原因

生理前や生理中が辛くても、その後はスッキリすると皆さん思っていますが、実は辛い状態が続くことも珍しくないのです。その原因はホルモン変化によるもの以外にも、元々の自分の体調も影響していると考えられます。

エストロゲンの分泌低下する人も

エストロゲンの分泌低下する人も

生理が終わるとエストロゲン分泌は上昇に向かいますが、人によってはこの分泌増加が遅れる場合がありますエストロゲンには血管を広げたり狭める働きがありますが、分泌が低下すると血管が拡張し、血管のそばを通る神経を圧迫して頭痛を引き起こします。

この場合は、頭のどちらか片方だけ痛くなる片頭痛であることがほとんどです。エストロゲン分泌が次第に増えるにしたがってこの片頭痛も収まります。

セロトニンの分泌低下

セロトニンの分泌低下

安眠や気持ちを落ち着かせる作用のあるセロトニンには、血管を収縮させる働きもあります。ただ、セロトニンの分泌量はエストロゲンの分泌量と比例していて、エストロゲンの分泌が減少する生理前から生理後にかけてはセロトニンも同様に減少します。

よってこれらの働きが鈍くなり、イライラや不眠などの月経前症候群が発症しやすくなります。それ以外にも、セロトニンの減少によって血管の収縮が弱まり一気に拡張されるため、周辺の神経が圧迫されてエストロゲンと同じように片頭痛の原因となります。

貧血

貧血

生理は体内の血液を排出しますから、生理の時は貧血でない方もめまいや立ちくらみを起こすことがあるでしょう。酸素を運ぶ赤血球が少なくなると頭にまで十分な酸素を運べなくなり、脳が酸素不足の状態となって頭痛を引き起こします。

また、血液量が足りないため血行不良となって、背中や肩・首の筋肉が硬くなり肩こりや腰痛となって現れることがありますが、それもまた頭痛の原因となります。

貧血は頭痛だけでなく、体のだるさややる気の無さなど心身に影響してくるので、早急に改善すべき症状と言えるでしょう。

低体温

低体温

一般的な平熱は36.5度と言われていますが、35度台という女性も少なくありません。基礎体温が高くなるはずの高温期でも、36度を超えたり超えなかったりという女性が多いですが、実は低体温は頭痛と大きな関係があります。

生理直前になると基礎体温がガクッと下がりますが、その時に体温が低いと血流が悪くなってしまい、脳に酸素が届かなくなって頭痛の原因となるのです。

また、低体温は自律神経を乱してしまうので、この状態が続けば自律神経失調症を発症する可能性も出てきてしまうでしょう。

自律神経の乱れ

自律神経の乱れ

ホルモンの変化につられて自律神経のバランスも崩れてしまうと、交感神経が有利になって筋肉が緊張します。筋肉が緊張すれば血行不良につながりますから、頭痛が起こりやすくなるのです。

特に30代後半や40代の女性は更年期が近いため、自律神経が乱れやすいのですが、更年期ではなくてもストレスなどで同様の症状が起きる可能性があります。

風邪などの感染症

風邪などの感染症

プロゲステロンには、免疫機能を抑える働きがあります。生理前や生理中に、必ず風邪を引いてしまう方も多いのではないでしょうか。その時期に感染してしまうと、生理が終わる頃から頭痛が現れるようになります。

元々生理前から生理中は免疫力が低下するのですが、加えてストレスや疲労が溜まっていると更に免疫力が低下して感染の可能性も高くなってくるでしょう。

生理後のホルモンバランスはどうなっている?

主にエストロゲンとプロゲステロンの女性ホルモンが変動することで、女性の体調や心理状態に影響を与えているのはみなさんご存知でしょう。

ただし、「生理後はエストロゲンが増える」「生理前はプロゲステロンが増える」という風に、大まかにしか捉えていないのが現状ではないでしょうか。そこでもう一度、生理周期のホルモンバランスの変化を確認してみましょう。

月経期から卵胞期にかけて

月経期

生理周期の第1日目が月経初日ですが、生理中はエストロゲンとプロゲステロン両方とも分泌量が少ないのが特徴です。これらのホルモンはそれぞれ子宮に対して役割がありますが、この時期は子宮内に溜まった血液を排出することを優先するため、ホルモン分泌を抑えるのです。

生理が終わればエストロゲン分泌が増えるので、体も心も快適に過ごせる卵胞時期に入ります。ただ、様々な理由でエストロゲン分泌が少ない時は、生理時のような症状が続くことがあります。

卵胞期から排卵期にかけて

卵胞期

卵胞期はエストロゲンとその一種である卵胞刺激ホルモンが更に多く分泌されて、卵胞の成熟を促し、それと同時に受精卵のベッドとなる子宮内膜を少しずつ蓄えています。

プロゲステロンはまだ分泌量が少ないままなので、心身ともに充実した日々が送れる時期でもあります。エストロゲンは排卵日前後になると分泌量が急激に増えますが、これはおりものの量を増やして精子をスムーズに子宮内に送って受精が出来るように作用しているからです。

排卵期から黄体期にかけて

排卵期

エストロゲンは役目が終わったため、排卵期を過ぎると急速に減少していきます。その代わりに増えるのがプロゲステロンですが、プロゲステロンには実際には妊娠していなかったとしても、妊娠状態を維持するための様々な働きを行います。

たとえば体温を上げて受精卵が成長しやすい環境に整えたり、体内に水分を蓄えて受精卵の成長に回せるように準備をしているのですが、プロゲステロン分泌増加や自律神経の乱れの影響で、眠気やだるさ・腰痛・便秘など様々な月経前症候群を発症しやすくなります。

生理後の頭痛の種類は

生理後に起こる頭痛は実はおおまかに2種類あり、ホルモン変化によるものと血行不良によるものに分かれますが、原因が異なれば対処法も変わってきます。

生理後の頭痛が何をしても治らないという方は、もしかしたら違う原因による対処法を行っていたのかもしれません。今一度確認してみてください。

月経関連片頭痛

月経関連片頭痛

生理に関連する頭痛を月経関連片頭痛と呼びます。片頭痛というように、こめかみや頭の片方が脈を持ったようにズキズキ・ガンガン痛みます。

片頭痛で特徴的なのが、周りのものがまぶしくチカチカして見えたり、音が急に大きくなったように聞こえる・急に嫌なにおいがするなど目・耳・鼻が敏感になる点で、酷い時には吐くこともあります。

月経関連片頭痛の対処法

月経関連片頭痛の対処法

片頭痛は動くと痛みが悪化するので、まずは楽な姿勢で安静にします。また痛む部分を冷やすのも効果的で、これは片頭痛が血管が拡張して周囲の神経を圧迫することで起こるものだからです。

冷やせば血管は収縮するので、痛みを軽減することが出来るでしょう。ただ、この頭痛はかなり痛くなってから対処しても効果が出ないので、痛みが弱いうちに対処し始めるのが大事です。

片頭痛の前兆として目・耳・鼻の症状が起こる場合もあるので、対処を行う目安の一つとして考えると良いでしょう。頭痛薬の助けになりますので我慢せず服用することも大切ですが、できるだけ市販薬よりも医師に相談し処方してもらったものを服用するようにしましょう。

緊張性頭痛

緊張性頭痛

首や肩の筋肉が緊張して、頭への血行が悪くなり発生する頭痛を緊張性頭痛と呼びます。頭全体が締め付けられるように痛んだり、後頭部がずっしり重くなるような痛みがあり、片頭痛とは痛みの現れ方が異なります。

血行が悪くなるため、めまいや立ちくらみなど貧血のような症状を伴うことも多いです。片頭痛ほど激しい痛みではありませんが、生理中から始まり生理後も続くなど頭痛が長く続くことも少なくありません。

緊張性頭痛の対処法

緊張性頭痛の対処法

緊張性頭痛は血行が悪いために起こるので、まずは温めましょう。ただし頭ではなく、まずは腰や肩・首など筋肉が緊張している部分を温めてほぐし、血行を促すのがポイントです。足湯や入浴でも良いのですが、カイロやレンジで過熱した蒸しタオルなどが手軽です。

また、スマホやPCを使いすぎると目の奥までも痛むようになりますから、まずは目を使う機器はすべてオフにして、それから蒸しタオルを当てたり、目の周りのツボ押しやマッサージなどでケアしてあげましょう。

最終的につらい場合は、医師に診察してもらいその上で頭痛薬を服用するようにしましょう。

頭痛を改善する栄養分をチェック

生理後の頭痛がホルモンの変化や自律神経の乱れで起こる場合、ホルモン分泌のバランスを整えることで頭痛だけでなく月経前症候群や生理痛を改善することが出来ます。

ホルモン分泌のバランスを正すには規則正しい生活ですが、実は食事からでもその効果を得られます。その中でも、特に頭痛を抑えるために有効な栄養分をご紹介します。

片頭痛予防として使用されるマグネシウム

片頭痛予防として使用されるマグネシウム

体内マグネシウムの低下は片頭痛を引き起こす因子と関連があるため、マグネシウムを補給することで片頭を減らせると言われています。

ただ、片頭痛予防として使用されるマグネシウムに関しては、必ず病院で検査を受けてから医師の指導の下で治療を行うべきとなっています。マグネシウムの過剰摂取は下痢を引き起こしますので、まずは頭痛外来などで検査を受けると安心です。

大豆製品 イソフラボン

大豆製品 イソフラボン

エストロゲン分泌量の増加が少ないことが原因で起こる頭痛には、エストロゲンと同じような働きをするイソフラボンがおススメです。

イソフラボンにはホルモンバランスを整えるだけでなく血流促進効果があるので、片頭痛と緊張性頭痛の両方に効果が得られるでしょう。イソフラボンを摂取する時はサプリではなく、他の栄養も豊富に含まれている大豆製品をおススメします。

鉄分

鉄分

貧血によって起こる頭痛の場合には、やはり赤血球を増やす鉄が必要になります。鉄剤は飲めない方もいるので、そういう方は鉄分の多い野菜や肉・魚を意識して食べるようにしましょう。

しかし鉄分だけだと体内の吸収率が非常に低いので、それを高めるためのビタミンCや赤血球形成に必要不可欠な葉酸なども必要になってきます。鉄・ビタミンC・葉酸を合わせたメニューを考えてみましょう。

トリプトファンとビタミンB6 チーズ 牛乳など

トリプトファンとビタミンB6 チーズ 牛乳など

トリプトファンはセロトニン合成に欠かせない必須アミノ酸です。トリプトファン摂取量が不足すればセロトニンも減って、生理の後に頭痛が必ず起きる・一度頭痛になったら中々治らないなんてことにもなりかねません。

セロトニン合成に必要なのはトリプトファンと炭水化物で、ビタミンB6はその合成を促進する働きがあります。せっかくトリプトファンを沢山とってもビタミンB6が不足すれば、合成されるセロトニンが減り頭痛緩和の効果が中々現れない可能性も出てきますので、両方とも意識して摂取するようにしましょう。

規則正しい生活で頭痛を改善する

規則正しい生活で頭痛を改善する

毎月生理が終わっても、頭痛に悩まされることが当たり前だと思っていませんか。生理後の頭痛は、規則正しい生活を心がけることで十分改善が可能です。

規則正しい生活で重要になるのが、運動の習慣と十分な睡眠時間です。運動を習慣にすれば血行の悪さを改善できますし、質の高い睡眠時間をしっかりとればホルモンや自律神経が乱れることも少なくなるでしょう。

どのようにすればよいか分からない方は、頭痛外来や女性外来を受診し、指導してもらってみてはいかがでしょうか。

頭痛が酷いときは病院へ

頭痛が酷いときは病院へ

生理後の頭痛は風邪でなければ、エストロゲンやセロトニン分泌が増加するにしたがって治まります。しかし、その時間も待っていられないほど頭痛が酷いようならば、我慢せずに病院を受診しましょう。

検査によっては頭痛の原因が他にあることが判明して治療を行うケースもありますし、何より市販薬よりも効果のある薬を処方してくれますから、それだけでも行った甲斐があるのではないでしょうか。頭痛は婦人科よりも専門外来の受診をおススメします。

まとめ

生理後の頭痛は、ホルモンの変化や自律神経の崩れに引きずられて起こるもので、頭の片側だけ痛む片頭痛と頭全体が締め付けられるように痛む緊張性頭痛に分かれます。

原因が異なれば対策も変わってきますから、自分の頭痛がどのタイプかチェックしてからそれに合った方法を試すようにしてください。もし、頭痛があまりにも強かったり何回も起こる場合は、生理に関係する症状以外の病気が考えられますので、頭痛外来を受診してみましょう。

PR